悪質?Youtubeトレンドマーケティング(株式会社move・バナナデスク・岡田崇司)徹底批評レビュー。

どうも、yuuです。


いつも応援クリックありがとうございます。



人気ブログランキングへ


最近ブログの内容が、
YouTube系の情報発信ばかりになってしまっていますね。


本当は他の事にも触れていきたいんですが、
いかんせんYouTubeに関する相談が圧倒的に多いもので・・。


YouTube系の教材や塾についての、
「レビュー依頼」ひとつにしても消化不良を起こしている状態です(笑)



まあ、とくに最近はYouTube系の教材や塾。
サービスがここぞとばかりバンバン販売されていますからね。


一時の「トレンドアフィリエイト」のような流行りを見せていて、
もう、次から次へとプロダクトローンチやら、
無料セミナーやら、情報教材やらツールやら塾やらが新しく出てきます。


ここ最近このブログでレビューしたものだけでも下記。


YouRMマスタークラブ第一期(三橋泰介・平野久信)批評レビュー

斉藤和也氏のYouTuber大学と、YouTubeフルオートシステムについての見解。

YouRMマスタークラブと、斉藤和也氏のYouTuber大学・YouTubeフルオートシステムの商法について。

Youtube Ultimate Bible(守破離ネット・高橋賢治)批評レビュー

YouTube Leaders(加倉淳治・カクラジュンジ)徹底レビュー。


上記はこのブログで取り上げた一部のものですが、
まだまだ他にも沢山のYouTube教材が売られています。


それだけYouTube関連の情報自体が流行していて、
同時に「売り易い」というわけですが、
総体的に見てあまりにも「質の低い」教材が多すぎるというのが率直な感想です。



そしてその「売り方」が酷いものが多いですね。


これは上記の教材だけに言える事ではないんですが、
明らかに価格に見合わないような「質」の情報商品が、
普通に高額で売られていて、それがバンバン売れていたりします。

(まだブログでは取り上げていない、
 「そういう教材」のレビューも今後追ってしていきます。)


また、そういう販売者が発信している情報
(メールや動画、レターなど)を見ていても、

「本当にYouTube使った事(詳しい知識)あるのかな?」

と思ってしまうような販売者さんも少なくありません。


つまりYouTubeに精通しているわけではないのに、

「YouTubeで稼ぐ方法という商品を売って稼いでいる」

ような方も少なくないような印象を受けるわけです。


まあ、実際既にYouTubeで結果を出している方からすれば、
少し見ればわかるようなレベルなんですが、
総体的にみてそこまでの知識がある方は殆どいないのが現状なので、
何のとっかかりもなく素直に信じて購入してしまうだと思います。


YouTube今、間違いなく「YouTubeバブル」と言える程、
YouTube参入における「敷居」は低く「稼ぎやすい」のが現状です。



YouTubeアドセンスにしろ、
YouTubeを使ったマーケティングにしろ、
ネットビジネスの知識が浅い初心者でも比較的結果を出し易い。


実際に僕のノウハウを実践して頂いている方は
トントン拍子で結果を出していっています。


ただ、その「敷居の低さ」に目を付けた、
いわゆる「そっち系」の販売者さんからしてみれば、

「YouTubeバブルを“利用”したYouTube系情報販売バブル」

なわけで、実際に裏付けのない「価値のない情報」が売られ、
そういう教材に限って「数」が売れてしまっていたりします



それくらい「売り易い」ビジネスモデルなんですね。とくに今は。


ましてや好き放題キャッチコピーを書き殴れば、売れて当然です。


ほんと、まともな情報を提供している側の人間からすれば、
こんな状況は「迷惑」以外の何物でもないわけですが、

逆に考えれば、間違えた情報が拡散されている分、
他と「差別化を図っていきやすい」と捉える事もできます。


まあ正直個人的には、
他の販売者なんか別にどうでもいいんですが、
そういう教材を手にして悲惨な目に遭ってしまっているような、
購入者さんからの相談も少なくないのが現状なんですね。


なので、今後YouTube教材を手にする場合は、
ただ単純にキャッチコピーや無料動画を鵜呑みにするのではなく、

「情報の質を見極める」

事にもフォーカスを当るべきだと思います。
(YouTube教材以外にも言える事ですが)


その辺に関しては以前にも触れた事がありましたね。


多くの人が稼ぐ事ができない「理由」。

多くの人が稼ぐ事ができない「理由」。その2。


勿論、YouTube系教材ひとつにしても、
全てがそういう粗悪なものだと言っているわけではなく、
前回レビューした下記の「YouTube Leaders」なんかは、
ノウハウ的にも販売者の経験的にも問題ない商品だと思います。


YouTube Leaders(加倉淳治・カクラジュンジ)徹底レビュー。


ただ、その「価格」や「売り方」には頷けません。
(詳しいレビューは上記からご確認ください。)


そんなこんなで、
大量に販売されているYouTube系の情報商品についての
「レビュー依頼」も沢山寄せられているわけですが、
教材云々以外のYouTubeにまつわる相談も多く寄せられています。


そしてそれらの相談元となる方は大きく分けて、

・これからYouTubeに取り組もうと考えている方
 (主にYouTubeそのものに対する不安要素における相談)

・既にYouTubeへの動画投稿を実践している方
 (主にYouTube教材を購入して実践していているからの相談)


に二分されます。


中でも後者である、

・既にYouTubeへの動画投稿を実践している方
 (主にYouTube教材を購入して実践していているからの相談)


で最も多いのが、
株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんが販売している
Youtubeトレンドマーケティング(YTM)をいう教材実践者の方です。


■Youtubeトレンドマーケティング(株式会社move・岡田崇司):
http://www.youtubetm.info/top/



Youtubeトレンドマーケティング



他の教材実践者や、
独学でYouTubeを活用されている方もいますが、
圧倒的に多いのがこのYoutubeトレンドマーケティング(YTM)ですね。


それだけ売れているという事であり、
同時にそれだけ「躓いている実践者」が多い教材だという事になります。



そこで今日はYoutubeトレンドマーケティング(YTM)について、
僕なりの見解を批評レビューしてみようかと思います。





Youtubeトレンドマーケティング(YTM)の販売者、
株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんについて。



まずYoutubeトレンドマーケティング(YTM)の販売者である、
株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんについてですが、
彼は業界でもわりと有名な方で代表的なもので言えば、
これまでに下記の教材を販売してきた経緯があります。


■下克上(脱ノウハウコレクター教材GEKOKUJO)
http://www.gekokujo.info/


Youtubeトレンドマーケティング3


■心理学アフィリエイト(フリスキー豊中・バナナデスク)
http://xn--cckcdp5nyc8g2837ahhi954c.com/


Youtubeトレンドマーケティング4


■秀吉塾~天下統一~(加藤秀吉・バナナデスク)
http://tenkatouitsu.com/f_top/


Youtubeトレンドマーケティング5


で、バナナデスク(岡田崇司)さんが有名になったキッカケは、
下克上(脱ノウハウコレクター教材GEKOKUJO)という教材ですかね。



当時はトレンドアフィリ系教材が大流行し始めたばかりで、
その先駆けとなるタイミングで、
「下克上」という教材を販売した事をキッカケに、
一気にアフィリエイターの味方を付けて知名度を上げた方です。


それこそ当時「下克上」という教材は、
どのアフィリエイターも

「トレンドアフィリならこの教材です!」

的なノリで太鼓判を押し爆発的に売れていました。


「下克上」単品でも、
7,000本以上売れているようですから、その数は尋常じゃありません。


僕自身はトレンドアフィリエイト自体、

「労力対効果を考えても割に合わない」

と考えていますので、
「下克上」に限らずトレンドアフィリ系の情報商品は、
どのアフィリエイト媒体でも推奨した事はありませんが、
(下克上の中身自体は持っています)

・当時がトレンドアフィリ流行期という点
・大半のアフィリエイターが力を入れて売っていた点


などが掛け合わさり、
情報業界では一躍その名が知れ渡っという印象です。


それを皮切りに「心理学アフィリエイト」や、
「秀吉塾~天下統一~」などを続々とリリースしていった流れですが、
基本的にあまり「評判はよろしくない」ようです。



当初「下克上」や「バナナデスク」さんを、
大半のアフィリエイターがガッツリ推奨していた手前、
さほど核心的な情報は出回っていない印象ですが、

購入者側の目線ではどうやら、

・販売している情報の「質」
・サポートの「質」
・返金保証への不平不満(トラブル)
・商品そのものの「売り方」(煽り方)


など色々不信感を募るような事がボロボロ出ているようです。


まあ正直、その辺りについてここで、
あーだこーだと言うつもりはありません。


個人的に興味も関係もありませんし、ツッコミだせばキリがないので。


ただ、「バナナデスク」さんがこれまで販売している
情報商品のセールスレターを見て総じて言えるのは、

「誇大広告が過ぎるなあ・・」

という事。


実際、アフィリエイターを虜にして、
一斉を風靡した「下克上」についても、
そのヘッドコピーから明らかな誇大広告だと言えますし、
「心理学アフィリエイト」や「秀吉塾~天下統一~」なんかもかなり酷い。


【下克上のセールスコピー】

・無料ブログに一日一記事書くだけで
 毎月アドセンス報酬が50万円発生


【心理学アフィリエイトのセールスコピー】

・URLを記載しただけの1通のメールで日当200万円
 5日間で600万年を稼ぎ出せる心理学アフィリエイトの真髄


【秀吉塾~天下統一~のセールスコピー】

・思考停止状態で検索窓にキーワードを入れ、
 マウスの左クリックをカチッと2回押し書くだけで報酬発生



などのキャッチコピーを冒頭から大々的に謳っていますが、
どれもそのそれは異常な誇大広告です。


というか冷静に考えれば、
どう考えても明らかに「現実味」が無い事は
誰の目から見てもわかるレベルだと思います。



それでも、このキャッチコピーを信じて
購入してしまった方が多いわけですが、
そういった方からすれば「悪意」しか感じないと思います。


また、それはセールスレターのコピーのみならず、
その「売り方」についても同様で、
基本的に「今しか買えません」という流れで売る傾向があります。


まあ、これはバナナデスクさんのみではなく、
他の悪質な販売者に総じて言える事なんですが、
高額塾によく見かけるカウントダウンタイマーが0になった際の
「値上げ準備中」や「販売終了準備中」「ロスタイム中」などの意味不明な表記。


そして「販売終了を謳いながらもまだ購入できる現象」です。


これらは購入者を頭から欺くような、
全く理解できない「悪質」な手法ですが、
バナナデスクさんはこれらを普通にやってのけます。


また、商品の「売り方」という面では、
商品購入後のバックエンド商品についても同様で、
「秀吉塾~天下統一~」については128,000円で販売した直後に、
248,000円のバックエンドが売り込まれます。


購入者からすれば「なんのこっちゃ」な話で、
まさに「寝耳に水」で信用を一気に失墜させる行為なわけですが、
そういう手法も平然と取るような販売者だということです。


そして今回記事にするこの、
「Youtubeトレンドマーケティング(YTM)」についても、
当初は「下克上」の「購入者限定」で、
「一週間限定販売」を名目に販売開始された教材になります。



Youtubeトレンドマーケティング2


・・が、今も普通に販売されていますね(苦笑)。


要するに、「そういう販売者」だというわけですが、
そういった面を一切“抜き”にして、
Youtubeトレンドマーケティング(YTM)を評価していっても、
あまりおススメできるようなものではありません。



※かなり話が脱線しましたが、
 バナナデスクさんが過去販売していた情報商品についてのレビュー
 (実際の内容や再現性等)に需要(レビュー依頼や相談)があれば、
 詳しくレビューしていきます。

 あくまでも今回はYoutubeトレンドマーケティング(YTM)についての、
 レビュー記事なのであしからず。



株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんの、
Youtubeトレンドマーケティング(YTM)レビュー。



上記の通り「Youtubeトレンドマーケティング(YTM)」は、
当初「下克上」の「購入者限定」で、
「一週間限定販売」を名目に販売開始された教材になります。


そして、こんな評判にある今現在も、

「YouTubeで稼ぐならこの教材です!」

というようなノリで、
この「Youtubeトレンドマーケティング(YTM)」に
太鼓判を押しているアフィリエイターが少なくないような現状です。


その要因としては、

・YouTube系の教材が売り易いから
・比較的手ごろな価格帯でそれなりの内容に思えるから
・それなりのアフィリエイト報酬だから


などの点が挙げられると思います。


だからこそこの
Youtubeトレンドマーケティング(YTM)が飛ぶように売れて、
同時にYoutubeトレンドマーケティング(YTM)で稼げていない購入者から、
沢山の相談が寄せられているんだと思います。


ちなみにYoutubeトレンドマーケティング(YTM)の価格は40,000円。


YouTube教材にしてはやや高額な印象ですが、
その「ノウハウ」が価格に“見合っていれば”全然問題ない範囲かと思います。


・・で、その肝心の内容の方なんですが、
個人的にはその価格に見合うとは到底思えないようなクオリティになっています。


株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんの、
Youtubeトレンドマーケティングで学べるものと総体的な批評。



まず、Youtubeトレンドマーケティングは、
基本的に「動画」と「書き起こしPDF」で成り立っています。


この「カリキュラムの提供体制」については全然問題ありません。


そしてその提供される肝心のノウハウとしては下記なんですが・・


・バナナデスクさんのマインドセット?
・アカウント準備などの基礎中の基礎
・著作権についての知識
・トレンドキーワードリサーチ方法
・YouTubeのアクセスアップノウハウ



とにかくまあ「全体的にパッとしない」というのが率直な感想です。


っていうのも、
どのノウハウも全体的に「薄い」しハッキリ言って、

「これじゃあ~アクセス集まんないよね」

って感じ。


おそらく購入者の大半は、

「なんとなーく言いたい事はわかったけど、どうやって動画作るの?」
「動画作ってみたけど、一体どうやってアクセス集めるの?」
「っていうか、全然再生されないんですけど・・」


という状態に陥ると思います。


動画作成ノウハウについても基本的に、

「他人の動画をアップロードしていく」

という主旨で、
そこに関連するノウハウが解説されている流れですが、
ここのノウハウについても「薄い」です。


だからおそらく、
このYoutubeトレンドマーケティングの知識を取り入れても、

「動画作成してアップしたけど、著作権違反で収益化できない」
「第三者からの申し立てで収益化ができなくなった」
「アカウント(チャンネル)が凍結された」


という事がザラに起きてくると思います。


あまり大声で言いたくはありませんが

「他人の動画を編集して効果的にアップロードしていく」

という事自体に問題はないし、その再現性はかなり高いです。


むしろ僕もその手法を取って、
それなりの収益を稼ぎ出していますが、
それを行っていくにはそれなりの知識と対策が必要になってきます。



そんな「動画作成ノウハウ」や「著作権」についてのノウハウは、
以前紹介したエビルユーチューバーで解説されているわけですが、
この部分のノウハウではエビルユーチューバーの方が上です。


エビルユーチューバーとGiga Tube(ギガチューブ)を解剖してみた。


また、Youtubeトレンドマーケティングにしろ、
エビルユーチューバーにしろ、

「投稿した動画へのアクセスアップノウハウ」

が、ほぼ「無い」に等しいわけですが、
その点については
僕がエビルユーチューバーの特典として提供している、

「YouTubeマスターズ攻略の経典」

で全て網羅しています。


ちなみにその特典は、
あくまでも「特典」なので「0円」です。つまりタダ。



「キーワードのリサーチ」という観点でも、
先程のエビルユーチューバーの特典では、

「海外ユーザーを対象としたキーワード選定ノウハウ」

も含んでいますし、
YouTubeやYouTubeアドセンスにおける基礎知識、
動画作成ノウハウにおける基礎知識においては、
下記のYouTube Adsense攻略情報共有プログラムの方が圧倒的に「質」が高いです。


YouTube Adsense攻略情報共有プログラム(株式会社バロー)特典付きレビュー


また、Youtubeトレンドマーケティングの「特典」として提供されている、
「購入者限定のフォーラム」についても、
YouTube Adsense攻略情報共有プログラムに付いていますし、
「他のSNSとの連携」などについても
YouTube Adsense攻略情報共有プログラムの「特典」で手厚く解説されています。


さらに言えば、
僕の特典ではそのあたりのノウハウをより具体的に、
そして実践的なテクニックを交えて「網羅」しています。


要するに、
このYoutubeトレンドマーケティングを、
40,000円という価格で購入するメリットは何一つないわけです。



ちなみにYouTube Adsense攻略情報共有プログラムの価格は9,800円。
エビルユーチューバーの価格は19,800円です。


そして僕の特典は「0円」です。


また、バナナデスクさんの誇大広告は、
今回のYoutubeトレンドマーケティングでも健在で、
明らかに現実味の無いキャッチコピーを大々的に謳っています。


株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんの、
Youtubeトレンドマーケティングの常軌を逸した誇大広告。



先述の通り、
Youtubeトレンドマーケティングでは、


・バナナデスクさんのマインドセット?
・アカウント準備などの基礎中の基礎
・著作権の勉強
・トレンドキーワードリサーチ方法
・YouTubeのアクセスアップノウハウ


を学んでいく事ができるわけですが、
その実践ステップとしては下記のような流れになっています。


1、トレンドキーワードリサーチ(10分)
2、コンテンツの選定(5分)
3、コンテンツの編集(5分)
4、トレンドマーケティングを駆使したタイトルの編集(3分)
5、YouTubeへの動画投稿



まあ、この辺の再現性やノウハウの「質」については、
これまで解説した通りなんですが、

バナナデスクさん曰くその再現性は100%との事で、
そのセールスレターには下記のようなコピーが綴られています。



・83日目にして200万円ものアフィリエイト報酬を達成しました。

・このYoutubeノウハウだけでも
 30万円程度の金額なら誰でも稼ぐ事が可能です。

・パソコン初心者のモニターですら、
 実践翌日には初報酬が発生しています。

・たった1つの動画で毎月30万もの報酬を生み出している



あくまでもほんの一部のコピーですが、
実際にYouTubeを触った事がある方からしてみれば、

「笑っちゃう程滑稽な謳い文句」

だと思います。


一番その「知識」を垣間見れる部分は、

・たった1つの動画で毎月30万もの報酬を生み出している

という部分。


Youtubeトレンドマーケティング9


「毎月30万の報酬を生み出している動画がある」という事は、

「たった一つの動画で毎月約500万回以上再生されている」

という事になります。


それも“毎月”です。


ちなみに、日本のユーチューバーとして有名な、
「HIKAKIN」さんの最高再生回数と言われている下記の動画。


Youtubeトレンドマーケティング6


この動画の総再生回数は770万回程。


Youtubeトレンドマーケティング7


そしてこの動画を公開した日時は2013年1月です。


Youtubeトレンドマーケティング8


約2年半で770万再生ですので、逆算すると月平均25万再生程。


つまりバナナデスクさんが
Youtubeトレンドマーケティングのセールスレターで謳っている、
「毎月30万のアドセンス報酬を稼ぎ出す動画」は、

日本を代表するユーチューバーの最多再生数動画の、
“20倍”の再生回数を“毎月”叩き出しているという事になります。



重要なのでもう一度言いますが、

「日本を代表するユーチューバーHIKAKINの最多再生数動画の、
 “20倍”の再生回数を“毎月”叩き出している」


のです。


半端じゃないですよね(笑)


その辺の真偽についてはさておいても
このYoutubeトレンドマーケティングのセールスレターには、
ツッコミどころが満載なわけですが、
あまり突き詰めても何の意味のないので、
(ツッコミどころが多すぎるので)この辺にしておきます。


また、このYoutubeトレンドマーケティングには、
本人曰く「ユニークな返金保証」が付けられているわけですが、

「別の意味でユニークだなあ・・」

と感じるような理不尽なものになっています。


株式会社moveのバナナデスク(岡田崇司)さんの、
Youtubeトレンドマーケティングに付けられている
「90動画収納アカウント買い取り保証」について。



Youtubeトレンドマーケティングには、
「90動画収納アカウント買い取り保証」という返金保証が付いています。



Youtubeトレンドマーケティング10


要するに、

「稼げなければアカウントを買い取る形で返金します」

というものなんですが、
その内容が支離滅裂で意味が分かりません。


概要としては

「90個の動画をアップしているアカウントを買い取ります」

という返金保証なんですが、
その条件が色んな意味で“ユニーク”なんですね。


まず面白いのが、

・1日複数の動画投稿していても1動画としてしかカウントしない

という点。


つまり毎日複数の動画をいくらアップしようが、
返金保証の対象となる90動画の1つにしかならないという事です。


「90本の動画」ではなく「90日分の動画」という事ですね。


この時点でユニークなんですが、さらに面白いのが下記の条件。


・購入日から1か月間の投稿動画はカウントしない
・買い取り保証は購入日から4か月以降、その後3か月以内
・Youtubeトレンドマーケティングのノウハウに逸脱しているアカウントは対象外



なぜ、最初の一ヶ月分はカウントされないのかが疑問ですが、
要するに、この「アカウント買い取り保証」が適用されるには、
購入日から起算して、
2か月目~4か月目まで一日も欠かさずに
動画をアップロードしていく必要があるという事です。


その上で、

「Youtubeトレンドマーケティングのノウハウに逸脱しているアカウントはNG」

との事ですが、こちらも抽象的すぎて理解できません。


「異常な収益性」や「確実な再現性」を大きく謳っている割には、
そのノウハウによほど稼がせる自信がないんでしょうか。



どう考えても弱気ですし、
「ハナから返金する気がない」と思われても仕方ないと思います。


まあそもそも、
返金保証をアテにして教材を購入する事自体どうかとも思いますが、

「この保証目的でyoutubeトレンドマーケティングを購入して頂いても構いません。」

と大々的にこの買い取り保証を謳っている手前、
この内容はさすがに「どうなのこれ?」って感じです。


・・と、Youtubeトレンドマーケティングのレビューはこんな感じです。


バナナデスクさんという販売者の「人間性」は度外視しても、
40,000円という価格で、
Youtubeトレンドマーケティングを購入するメリットはないと思います。


それではまた次回。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


yuuの「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

こんな人の日記です。


最終学歴、中学一年の2月頃。
履歴書に掛ける職歴、ほぼ0。
持っている資格、0。
持っている知識、0。
持っているスキル、0。
持っている人脈、0。
yuuの詳しいプロフィールはこちら

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

カテゴリー

タグ

DRMダイレクトレスポンスマーケティング DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐ DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐネットビジネス Facebook収入プロジェクト JackTubeジャックチューブ JackTube小西和夫 TheMillionWritingミリオンライティング宇崎恵吾 YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI- YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI-特典 YouTube動画SEO対策 「神龍」オートコンテンツビルダーACB エビルユーチューバー エビルユーチューバー実績事例 エビルユーチューバー特典 エビルユーチューバー稼げない エビルユーチューバー評価評判 ギガチューブ コピーライティング ダイレクトレスポンスマーケティング ツイッターアフィリエイト ツイッターブレイン ツイッターブレインTwitterBrain ツイッターブレイン凍結 ツイッターブレイン活用事例 ツイッターブレイン特典 トレンドアフィリエイト稼げない フュージョンメディアアカデミー フュージョンメディアアカデミーFMA フュージョンメディアアカデミー大西良幸 ブログアフィリエイトやり方 ユーチューブで稼ぐ ユーチューブで稼ぐ方法 ユーチューブ稼ぐ ユーチューブ稼げない ワードプレスアフィリエイト ワードプレスブログで稼ぐ 匿名アフィリエイト 匿名ブログ 匿名ブログアフィリエイト 大西良幸 小西和夫 株式会社イーブックジャパン 田中政信 稼げるワードプレス講座

このページの先頭へ