YouTubeで稼ぐ!爆発的に再生されるトレンド動画作成の流れとポイント。

yuuです。


いつも応援クリックありがとうございます。




今日は前回の続きですね。


YouTubeで稼ぐ!初心者でも手っ取り早く稼げる動画ジャンル?


前回はYouTube初心者層の実践者から寄せられる、
投稿していくYouTube動画のジャンルの選定について。


そしてそのアドバイスとして、
初心者でもわりと結果を出し易いトレンド動画について記事にしました。


そこで今日はそんなトレンド動画を作成していく流れや、
リサーチポイントの方を紹介しておこうかと思います。


では早速。


YouTubeにおけるトレンド動画のメリットとデメリットと、
初心者でも再現できる脅威の「瞬発力」。



前回も触れましたが、
トレンド動画をザックリ説明するなら、

「今流行っているトレンドネタに関する動画」

という事になります。


今トレンド(流行)にあるネタは、

「それだけ多くの人が興味のあるネタ」

という事になりますので、そんなネタの動画は

「多くの人から再生される需要のある動画」

になるというわけです。


適切なYouTubeSEOなどのアクセスアップを図っていけば、
アクセス(再生回数)を集めやすいYouTubeにおいて、
「競合の薄いトレンドネタ」をいち早く取り入れていけば、
投稿直後から一気にスタートダッシュを決めていく事も普通に可能です。


この「再生回数を瞬発的に稼ぐ事ができる」というのが
トレンド動画を投稿していく一番のメリットかと思います。



反対にデメリットを挙げるなら、
1つのトレンド動画から長期的に再生回数を望んでいく事は難しいという事。


あくまでもその時その時のトレンドネタを動画にしているので、
そのトレンドが過ぎ去ってしまえばそのネタに興味を抱く人も少なくなります。


そしてそのトレンドに興味のある人が少なくなれば、
当然再生回数も稼げなくなってしまうというわけです。


一般的(王道的)なYouTube活用の流れは、
長期的に安定した再生回数を稼ぐ動画を量産して最終的には、

「新たな動画を投稿しなくても右肩上がりにアドセンス報酬が伸びていく」

ようなYouTubeチャンネルを構築していく事が理想的です。


言うなれば、

「YouTube上に安定した再生回数を稼ぐ貯金箱を設置していく」

イメージですね。


ただ、トレンド動画はそれと全く逆の発想で、

「瞬間的に再生回数を稼ぐ動画を定期的にブチ込んでいく」

イメージで、月間の再生回数(アドセンス報酬)を、
「維持」しながら長期的に稼いでいくには、
新たなトレンド動画を投稿していく流れになります。


こう書けば「面倒くさい」というイメージを持たれそうですが、
その「瞬発力」は馬鹿にできない程、半端じゃないです。


ちなみに僕はトレンド動画を扱うチャンネルも運用していますが、
トレンド動画一本から再生回数が十万、百万単位で伸びていく事も少なくありません。


こんな感じですね。


ユーチューブで稼ぐ!トレンド動画事例Y


上記はクリエイターツール内からの動画の管理ページ内のキャプチャですが
トレンド動画であればこれくらいの再生回数はサクッと稼げてしまいます。


そしてそのトレンド動画のネタにもよりますが、
この再生回数を1、2日で稼いでしまう事も普通にあります。


実際に上記はまだ投稿してから10日も経ってない動画ですし、
このペースで再生回数が伸びていく動画は別に珍しくありません。


要するにこういう、

「瞬間的に再生回数を稼ぐYouTube動画」

を定期的に投稿していく事で平均して馴らした際に、
まとまったアドセンス報酬を稼ぐ事ができるわけです。


勿論、トレンド動画のみで毎月まとまったアドセンス報酬を
毎月「安定」して稼いでいく為には定期的に、

・トレンドのリサーチ
・トレンド動画作成、投稿


していくという「労力」は掛かってしまいますが、
そこを踏まえてもトレンド動画の瞬発力はオイシイと思います。


というか、トレンド動画は一般的な動画よりも、

「作成していく労力が掛からない」

という点も大きなメリットの一つです。


つまり量産し易い。


それこそYouTube初心者の方にとっては魅力的だと思いますし、
経験者にとっても、手っ取り早く稼げるトレンド動画はオイシイわけです。


勿論トレンド動画の中にも、
そのトレンドが過ぎた後もジワジワ再生されるものもありますし、
長期的に根強く再生されるような動画も沢山あります。


ただ、最初のインパクト(瞬間的な再生回数)がかなり大きいので、
それとその後の再生回数の伸びを比べるとやはり霞んでしまいますね。


そんな、言わば「一時的な再生回数」を期待して投稿していく、
トレンド動画でもYouTubeの場合は、
1つ1つのトレンド動画作成への労力や時間がムダになることはありません。


それは「その動画からのアドセンス報酬」という意味ではなく、
その動画をキッカケに次のアクセスへ繋げる仕組みがYouTubeにはあるからです。


そこについては前回詳しく記事にした通りですが、


YouTubeで稼ぐ!初心者でも手っ取り早く稼げる動画ジャンル?


要するにチャンネル登録や動画内のアノテーション、
カード機能や動画説明文、再生リストなどなど、
これらYouTube特有の機能を使っていけば、
自然に視聴ユーザーを「次」に繋げていく事ができるわけです。


そもそもYouTube動画を視聴する事は

「無料」

であり、その視聴ユーザーは少なくともその

「トレンドネタ」

に興味があるわけですから、そのトレンドネタに関連した動画へ

「YouTube特有の機能」

を使ってこちらから効果的に誘導すれば、
自然とアクセス数を稼いでいく事ができるわけです。


これがブログを用いたトレンドアフィリエイトと違う点であり、
これもYouTubeでトレンド動画を投稿していく大きなメリットのひとつです。


また、詳しくは後述しますが、
「トレンドネタ」は日々生み出されますのでネタに困る事もありません。


よってここまでお伝えしただけでも、


・瞬間的な再生回数を期待できる
・作成に労力や時間が掛からない
・トレンドとはいえYouTubeでは1アクセスを2に繋げられる
・日々トレンドが生み出されるのでネタに困らない
・トレンドブログよりも競合に打ち勝っていきやすい
(※後程解説します)


という点がトレンド動画を投稿していくメリットとして挙げられるわけです。


そういう意味でも、

「とりあえずアドセンス報酬を稼ぐ」

事にのみフォーカスしているのであれば、
トレンド動画は最も手っ取り早いジャンルなんじゃないかと思います。


そこでここからはトレンド動画を実際に作成していく大まかな流れと、
その際の実践ポイントについて触れていこうと思います。


再生されるトレンド動画作成の流れとポイント。



まず、そのトレンド動画作成までの大まかな流れとしては下記のような感じかと思います。


1、トレンド(流行)をリサーチ
2、既存のトレンド動画をリサーチ
3、そのリサーチを元にトレンド動画を作成
4、そのリサーチを元にYouTubeSEOを意識して動画を投稿



大まかには上記の流れでリサーチし、
そのリサーチを元に動画を作成してYouTubeへ投稿していく流れです。


上記のポイントを押さえていけば普通に、


・チャンネル登録者を集めるYouTubeチャンネル
 (多くの視聴ユーザーに支持されるチャンネル)

・再生回数を稼ぐ(アクセスを集める)YouTube動画
 (多くの視聴ユーザーが見たい動画へ人を集める)



を作成していく事ができるかと思います。


順を追って解説していきますね。


どんなトレンド(流行)ネタがあるかをリサーチする。



まず世間のトレンド(流行)をリサーチしていくわけですが、


・各検索エンジンの急上昇キーワード
・グーグルトレンド
・ついっぷるトレンド(ツイッターの急上昇キーワード)
・各ニュースサイト


などを見ていけば、
今多くの人が関心のあるキーワードを調べていく事ができます。


これについてはブログやサイトを用いた、
一般的なトレンドアフィリエイトと同じですね。


テレビや雑誌などのメディアからも、
トレンドを読み取っていく事ができますが、
「手っ取り早くトレンドを調べる」という意味では、
上記のサービスやサイトを見ていく流れが一般的です。


例えば、急上昇キーワード。


「急上昇」というくらいですから、

・これまでは検索されていなかったけれど、急に検索され始めたキーワード

という事になります。


その中でも分かり易い「例」を挙げるなら、


・今日ニュースになった時事ネタ
・今日報道された芸能人の熱愛スクープやスポーツ結果の速報


などがそれにあたります。


少なくとも上記のような「ネタ」はその時に初めて生まれたネタであり、
これまで存在しなかったネタなわけですから、
これまで話題になった事もなければ
そのネタに関するコンテンツもネット上には存在しません。


よってトレンドアフィリエイトの場合は、
上記のようなサービスやサイトを使ってトレンドを調べ、
競合が少ない中でそのトレンドネタにちなんだコンテンツを、
ブログやサイトに投稿してそこにアクセスを集めていくわけです。


そしてそれはYouTube動画もしかり。


そんな今日生まれるネタを予測して、
動画を作成している人がいれば話は別ですが、
基本的に今日ニュースになったような時事ネタを先取りして動画化し、
YouTubeSEO対策を行っていく事は物理的に不可能です。


それまで検索を掛けられる事がなかったキーワードやネタが、
テレビや新聞、ネットなどのメディアを介して世間に一気に広まる事で、
そのネタについてネットで検索を掛ける人が一気に増え、

「急上昇」

しているわけですから、
そのトレンドキーワードのネタが「動画」と相性の良いものであれば、

「多くの人が見たいと思う需要の高い動画」

だという事になります。


だからこそ、
そのトレンドネタをテーマにした動画を投稿していけば、
先程のように「瞬発的」に再生回数が伸びていくわけです。


急上昇キーワードは、
あくまでも「今」話題になり検索ボリュームが
一気に増え始めたキーワードになりますので、
YouTube上にはまだそのネタに特化した動画も少なく
数という面での「競合」は低い状況にあります。


その競合の数という意味では、

「トレンドブログ(サイト)を用いたトレンドアフィリエイト」

にも同じ事が言えるわけですが、
そんな一般的なトレンドアフィリエイトと、
YouTubeにおけるトレンド動画で大きく異なるのは、

「競合に勝つため(結果を出す)のハードルが低い」

という事です。


ブログやサイトを用いたトレンドアフィリエイトの場合は、


・競合サイトが大量にある中で、
 検索エンジンにおける上位表示を取っていかなければならない
 (0からブログやサイトを構築して膨大な競合に打ち勝っていかなければならない)

・その為にはオリジナルの文章で作成したトレンド記事を作成しなければならない
 (コピペ記事ではまず上位表示は狙えなく、それなりのセンスが必要)

・その為には一日に何記事も投稿しなければならない
 (検索上位を狙うには更新頻度が重要)

・その為にはそれなりの専門的なSEOスキルや集客スキルが必要
 (初心者にとってリサーチが難しい(再現できない)点も多い)


のに対し、YouTubeにおけるトレンド動画においては、


・トレンドアフィリエイトよりも圧倒的に競合ユーザーが少ない
 (競合ユーザーが圧倒的に少ないのでグーグル検索や
  YouTube検索における上位表示も狙いやすい)

・その競合動画の関連動画に表示されれば、競合からのアクセスも見込める
 (競合動画の関連動画に表示させれば逆に、
  その競合が再生されればされる程アクセス流入が見込める為、競合にすらならない)

・その関連動画への表示を狙うYouTubeSEOを図っていく事も可能

・YouTubeSEOを意識して動画を投稿している競合が少ない
 (ただ動画をアップロードしている競合も多く、その競合を出し抜きやすい)

・トレンド動画を作成していくのにセンスは必要ない
 (声も顔も出さずにPCだけで機械的に作成していく事が可能)

・再生回数を狙える動画だけ動画を投稿していくだけでもOK
 (重要なのはあくまでもトレンド動画のネタとYouTubeSEOであり、
  競合が少ない為、投稿頻度はそこまで重要ではない※ただ、多い方が良い)

・競合の人気動画の「全て」をリサーチできる
 (YouTubeの場合はブログやサイトのように不透明な部分がなく、
  どうすればどんな結果が出るのかを全てリサーチできる)

・再生回数を稼いでいくのに専門的なスキルは不要
 (動画作成やYouTubeSEOまで専門的なスキルは不要であり、
  リサーチを元に人気動画を再現していく事際も特別なスキルは不要)


というような感じで、
同じ「トレンド」を扱っていくにしても、
結果を出す為のハードルや労力対効果に「決定的な違い」があるわけです。



そしてそんなトレンド動画を作成していくのにまず必要なのが、

・世間のトレンド(流行)をリサーチしていく

という事であり、
それを手っ取り早くリサーチできるのが先に紹介した、


・各検索エンジンの急上昇キーワード
・グーグルトレンド
・ついっぷるトレンド(ツイッターの急上昇キーワード)
・各ニュースサイト


だという事。


例えばグーグルで検索が急上昇しているキーワードを調べたい場合は、
グーグルトレンドを見れば


・どんなキーワードの検索ボリュームが急上昇しているか
・どのキーワードが急上昇していてどれだけの検索件数があるか
・どんな関連キーワードで検索されているか



がひと目でわかります。


トレンド動画事例4


そしてその中から

「動画として需要のありそうなトレンドネタ」

を選定してトレンド動画を作成し、
そのトレンドネタにちなんだYouTubeSEOを行っていけば
必然的にYouTube検索上位表示を取りながら、
爆発的な再生回数を稼いでいく事に繋がっていきます。


そしてそのトレンド動画ネタを決めた次に行うべきなのは、

「そのトレンドネタにちなんだ既存の動画のリサーチ」

になります。


既存のトレンド動画をリサーチする。



実際に急上昇キーワードなどから、
ひとまず投稿していくトレンド動画のネタを決めたなら、

「実際にそのキーワードでYouTubeに投稿されている動画」

をリサーチしていきます。


この際、


・そのトレンドネタで既に動画が存在している場合
・そのトレンドネタでまだ動画が存在していない場合



に分かれます。


トレンドブログの場合は、
既にそのトレンドネタでのコンテンツ数(ブログ記事など)が
ネット上にあればある程「不利」になる傾向があります。


なぜなら、その競合を差し置いて、
検索エンジン上で上位表示を狙わなければならないからです。


ただ、YouTubeにおいては、

「競合が多いから不利」

というトレンドブログの概念がそのまま当てはまる事はありません。


それは先述の通り、
そもそも競合が少なくその競合が弱いという事。


そしてその競合動画からのアクセス流入も見込める上に、

「なぜその競合動画がアクセスを集められているのか」

などの競合動画の全てをリサーチし、
それを再現していく事が可能だからです。


そしてその、

・そのトレンドネタで既に動画が存在している場合


のリサーチポイントとしては下記です。


狙ったトレンドネタ(キーワード)で
既存のトレンド動画がある場合のリサーチポイント。



まずリサーチしていくべきなのは、
そのトレンドキーワードや狙いたい関連したキーワードで
YouTube検索を掛けた際の、

「上位表示されているYouTube動画とその再生回数」

です。


YouTube検索で上位表示されているという事は、
単純に「YouTubeに評価されている」という事。


そして、そんな狙ったキーワードで上位表示されている動画の、


・動画の構成
 (動画そのものの内容やサムネイル、
  アノテーションやカードなどの視覚的な部分)

・動画の各設定項目
 (動画タイトルや説明文、タグなどのYouTubeSEO的な部分)



はリサーチしていく「価値」があります。


YouTubeで上位表示している動画が

「どうやって上位表示を獲得しているか」

をリサーチできるわけですからね。


またそのキーワード検索でのリサーチによって、

「どんな動画でどれだけのアドセンス報酬を上げているのか」

もリサーチしていく事ができますので、

「このトレンドネタを動画にしていく事でどれだけ稼ぐ事が見込めるか」

という点においての1つの指標にもしていく事ができます。


つまりここである程度、


「こういう動画構成や設定にすればこのくらい稼げるんだ」


という事がおおよそリサーチできるわけです。


最近で言えば下記はタレントのベッキーさんと、
ミュージシャンである「ゲスの極み乙女」の川谷絵音さんの
不倫報道があった5日後に、

「ベッキー」

というキーワードでYouTube検索を掛けた際のキャプチャが下記。


トレンド動画事例3


タレントのDAIGOさんと、
女優の北川景子さんの結婚報道後の3日後でこんな状況です。


トレンド動画事例2


いずれも僅か3~5日で数十万回~100万回以上再生されているのがわかります。


という事は、これらの動画一本だけで、
数万円以上のアドセンス報酬が発生しているという事。


そしてその後も日を追うごとに
再生回数はどんどん伸びていっているわけですが、
これらの動画に特別な「何か」があるのかと言えばそうではありません。


実際にこれらの動画を見てみるとわかりますが、
その動画の内容自体は決してオリジナル性のあるものではなく

「誰でも作成できるような簡単な動画」

だという事がわかります。


言ってしまえば、

「多くの人が見たいと思っているネタ」

を動画にしてそのまま投稿しているだけで、
そこに興味のある視聴者が再生しているという自然な流れです。


つまりこの再生回数を稼ぎ出す大きな要因は、

「トレンドに乗れているかいないか。」

だけであり、
それだけでこの爆発的な再生回数を叩き出しているわけです。


つまり、同じような動画を投稿して、
同じような設定を行っていっていれば、
同じように1日で数十万再生も普通に見込めたという事です。


そして「トレンドキーワード」を追っていけば、
いち早くそのトレンドをキャッチしていく事ができますので、
上記のような瞬発的に爆発力のある動画を作成していく事が可能になります。


また、そのトレンド時期からタイムラグがあっても、
適切なYouTubeSEOを施していけば、
爆発的ではないにしろ再生回数を伸ばしていく事も可能になります。


・・で。


そのあたりのリサーチを指標にして、
まずは動画ネタの方を選定しましたら、
本格的にそのトレンドネタで動画を作成していく事を前提に、
さらに深追いしてリサーチをしていく流れになります。


そこでリサーチしていくべきなのが、


・狙ったキーワードやネタで再生回数の多い動画
 (再生需要の高い動画)

・狙ったキーワードやネタでユーザーアクションの多い動画
 (視聴維持率の高い動画)



になります。


YouTubeは検索の際にフィルタを掛けていく事で、
検索条件を変えていく事ができます。


ユーチューブで稼ぐ方法(ユーチューブチャンネル)5


ちなみにそのフィルタの内容は、


【関連性の高い順】
 →そのキーワードでYouTubeで普通に検索を掛けた結果順

【アップロード日】
 →そのキーワードにちなんだ動画でアップロード日が近い順

【視聴回数】
 →そのキーワードにちなんだ動画で視聴回数が多い順

【評価】
 →そのキーワードにちなんだ動画の評価が多い順


というような感じです。


ちなみに何もフィルタを設定せずに普通に検索を掛けていく際は、

「関連性の高い順」

で検索を掛けられています。


そして

・狙ったキーワードやネタで再生回数の多い動画
 (再生需要の高い動画)


をリサーチしていくには、YouTubeの検索フィルタで、

「視聴回数」

を設定して検索を掛ければ、
そのキーワードでYouTubeに評価されている動画の
再生回数が多い動画をある程度リサーチできるという事になります。


また、

・狙ったキーワードやネタでユーザーアクションの多い動画
 (視聴維持率の高い動画)

については、
その動画の「高評価数」や「コメント数」などを見る事で、

「どれだけその動画の視聴維持率が高いか」

を垣間見ていく事ができます。


その点に関しては下記の記事で詳しく解説した通りです。


YouTubeで稼ぐ上でYouTubeSEOとYouTubeリサーチの観点からみる「評価」の重要性。


その他にも方法次第で、

「お気に入りされている数」

なども調べていく事ができますが、
現状のYouTubeのみを使っていく場合は仕様的に、

・高評価の数
・コメントの数

を見て視聴維持率をリサーチしていく流れですね。


そしてそれらのリサーチからある程度、


・そのキーワードやネタで上位表示されている動画
・そのキーワードやネタで関連動画に表示されている動画
・そのキーワードやネタで再生回数の多い動画
・そのキーワードやネタで視聴維持率の高い動画



を見つけたなら、そういった動画が、


・どんな構成(内容)の動画なのか
・どんなタイトルを付けているか
・どんな説明文にしているのか
・どんなタグを設定しているのか
・どんなサムネイルを設定しているのか
・どんなアノテーションを設定しているのか
・どんなカードを設定しているのか
・どんな再生リストを作成しているのか



などを見ていけばおおよそ

「何をどうしているのか」


をリサーチしていく事ができます。


それこそ上位表示されている動画や
関連動画への表示頻度が高い動画なんかは、
タイトル説明文、タグなどの設定部分を参考にしていく価値はありますし、

再生回数の多い動画や視聴維持率の高い動画については、
その動画の内容やサムネイルなどを参考にしていく価値は高いと言えます。


自分が思いもしないキーワードや各設定内容によって
YouTubeに評価されていることもありますので、
参考にする価値は多いにあるわけです。


そしてそういったポイントを押さえて、
取り入れられる部分は取り入れていく事で、
その人気動画に寄せた動画を作成、投稿していく事ができるわけです。


また、競合となるトレンド動画の中には、
YouTubeSEOやアクセスアップは意識していないのに
バンバン再生されていたり上位表示されているケースなどもあります。


そういう場合は逆にそれらの動画よりも、
再生回数を稼いだり上位表示を狙っていく事もできますね。



そしてその為に別の競合動画のリサーチを行い、
「いいとこ取り」して自身の動画作成に活かしていくというわけです。


また、そのトレンドキーワードを元に、
YouTubeサジェストをリサーチしていく事で、

「視聴者がどんな複合キーワードでYouTube検索を行っているか」

もリサーチしていく事ができます。


トレンド動画事例ユーチューブサジェスト


このYouTubeサジェストもリサーチして、
そのキーワードを盛り込み設定していけば、
よりトレンド動画のアクセスアップに繋げていく事が可能になります。


つまり、その複合キーワードでの上位表示や、
複合キーワードでの上位表示動画の関連動画への表示頻度を上げるなど、
アクセス流入を狙っていく幅を広げていく事も可能になるわけです。


もちろんYouTubeサジェスト以外にも、
グーグルサジェストや関連キーワード、
ヤフー虫眼鏡などもリサーチしていけば、
より手広くアクセスアップを図っていく事ができます。


既存の人気トレンド動画からチャンネルリサーチも・・



また、そこからさらに深追いしていくなら、
そのトレンド動画を投稿しているチャンネルをリサーチしていけば、
その人気動画を投稿しているチャンネルは
どんな動画を他に投稿しているのかなどをリサーチしていく事ができます。


よって別の動画ネタのリサーチも兼ねていく事ができますし、
何よりチャンネル登録者が多いチャンネルなんかは要チェックですね。


チャンネル登録者はYouTubeで稼ぐ上で重要なポイントになりますので、


・どんな動画を投稿してチャンネル登録者を集めていっているのか
・どうやってチャンネル登録を促し集めていっているのか、



などを参考にする価値はおおいにあります。


まあ、YouTubeチャンネルについては、
今回のテーマから脱線しますので詳しくは割愛しますが、
下記でも一部触れていますので機会があれば参考にして頂ければと思います。


YouTubeで稼ぐ!チャンネル設定時のポイントとYouTubeSEO対策。

Jack Tube:ジャックチューブ(小西和夫)YouTubeチャンネル登録者増加ツールを買ってみた。


狙ったトレンドネタ(キーワード)で既存のトレンド動画が無い場合。



上記は既存の動画がある場合のリサーチポイントですが、
そのトレンドネタや時期によってはまだ
既存の動画が無い、あるいは少ない場合もあります。


まあ、言うまでもありませんが、

「既存の動画が無い(少ない)」

という事はそれだけ競合が薄いということ。


言ってしまえばブルーオーシャンなわけですから、
いち早くトレンド動画を投稿してYouTubeSEOを施していく事で
必然的にアクセスを集めやすい状況を作れます。



それこそYouTubeサジェストや、
グーグル、ヤフーのキーワードリサーチも行ってアクセスアップを図っていけば、
ほぼ高い確率でYouTubeで上位表示を取っていく事ができます。


YouTube動画はグーグル検索にも強い傾向もありますので、
検索エンジン上からのアクセス流入も狙える可能性もあります。


YouTube AdSense(YouTubeアドセンス)で「稼ぐ人」と「稼げない人」。


また、考え方を変えると、

「ニーズが無いから既存の動画が無い」

という場合もありますが、
仮にそのトレンドネタが爆発しなくても、
関連動画や再生リスト、チャンネル登録やアノテーションなど、

「そこからアクセス巡回させていく仕組み」

がYouTubeにはありますから、
その布石を作っていく意味でも十分価値はあるわけです。


そのキーワードでは上位表示を取れるわけですから、
少なからずアクセス流入のキッカケは増やしていく事ができるわけです。


これもトレンドブログにはないトレンド動画の強みですね。


トレンドネタとトレンド動画のリサーチを元にした
トレンド動画の作成とYouTubeSEO対策。



上記まででトレンドネタや
トレンド動画のリサーチはおおよそ終えています。


つまり、


1、トレンド(流行)をリサーチ
2、既存のトレンド動画をリサーチ
3、そのリサーチを元にトレンド動画を作成
4、そのリサーチを元にYouTubeSEOを意識して動画を投稿



の内の1と2は終えているわけですが、
ここまできたらあとはトントン拍子です。


言ってしまえばこのリサーチさえ終えてしまえば、
あとはそのトレンドネタに沿ったトレンド動画を作成して、
リサーチを元にYouTubeにアップロードしていくだけ。


そして「動画作成」という点においては、
下記のYouTube Adsense攻略情報共有プログラムで学んでいく事ができます。


YouTube Adsense攻略情報共有プログラム(株式会社バロー)特典付きレビュー


また、作成していくトレンドネタによっては、

「どんなものであれば著作権の観点や、
 YouTubeの規約の観点から問題がないのか」

という点のノウハウを押さえていく必要がありますが、
そこについては下記のエビルユーチューバーの方で学べます。


エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)特典付きレビュー。


そしてそこに足りないのが、
投稿した動画へのアクセスアップノウハウや、
YouTubeSEOのポイントを押さえていけるかどうかという点です。


そのYouTubeSEOやアクセスアップノウハウを押さえていないと、

「何をどうしたらどうなるか」

という点が分からない為リサーチ自体も効果的に行えませんし、

「リサーチを元に何をどう設定していくべきなのか」


もわかりません。


そしてそこについては上記のエビルユーチューバーに
僕から特典としてマニュアルの方を付けていますので、
そちらの方を参考にして頂ければ、効果的に運用していけます。


上記各教材共に、
その他にもここでは書ききれないボリュームの特典を付けていますので、
それらも併せて参考にして頂ければ
より効率的にYouTubeで稼いでいく事が出来るかと思います。


是非、今回の講座と合わせて実践してみてください。


いずれにせよ、今回ご紹介したトレンド動画は、
初心者でも扱い易く結果を出し易い動画ジャンルになります。


トレンドのリサーチから動画の作成、編集に至るまで、
専門的なスキルが必要になる事は0です。



実際に僕自身、先程の事例のチャンネルや動画も、
上記までに紹介した流れだけで、何も変わった事はしていません。


ユーチューブで稼ぐ!トレンド動画事例Y


強いて言えば、効果的なYouTubeSEOと
上記のリサーチを徹底しているだけ。



要するに、誰でも上記のような再生回数は稼いでいく事ができるという事。


もしあなたが今、


「需要の高い動画がつくれない」
「なかなか再生回数が伸びない」



という状況であればぜひ、参考に実践して頂ければと思います。


ちなみにエビルユーチューバー及び
YouTube Adsense攻略情報共有プログラムのレビューや
特典詳細については、下記のページからご確認頂けます。


エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)特典付きレビュー。

YouTube Adsense攻略情報共有プログラム(株式会社バロー)特典付きレビュー



また、前回の記事の流れで今回

「トレンド動画」

に特化したリサーチの流れを紹介しましたが、

「YouTube動画のリサーチ」

はトレンド動画に限らずどの動画ジャンルにも共通して言える重要なポイントです。


YouTube検索によるリサーチ、
YouTubeサジェストのリサーチ、
既存のYouTube動画のリサーチ。


そしてそれらを元にしたYouTubeSEO。


これらを押さえていけばどのジャンルでも
それなりに稼ぐ動画やチャンネルを構築する事はできますので、
是非参考にして頂ければと思います。


【重要なお知らせ】

YouTubeリサーチ&YouTubeSEOに特化した
ツールとノウハウをリリースしました。

下記で詳しくレビューしておりますので、
YouTubeでガンガン稼ぎたい方は一読ください。

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-(株式会社カルマ)が販売開始。


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuuの「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

こんな人の日記です。


最終学歴、中学一年の2月頃。
履歴書に掛ける職歴、ほぼ0。
持っている資格、0。
持っている知識、0。
持っているスキル、0。
持っている人脈、0。
yuuの詳しいプロフィールはこちら

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

カテゴリー

タグ

DRMダイレクトレスポンスマーケティング DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐ DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐネットビジネス Facebook収入プロジェクト JackTubeジャックチューブ JackTube小西和夫 TheMillionWritingミリオンライティング宇崎恵吾 YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI- YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI-特典 YouTube動画SEO対策 「神龍」オートコンテンツビルダーACB エビルユーチューバー エビルユーチューバー実績事例 エビルユーチューバー特典 エビルユーチューバー稼げない エビルユーチューバー評価評判 ギガチューブ コピーライティング ダイレクトレスポンスマーケティング ツイッターアフィリエイト ツイッターブレイン ツイッターブレインTwitterBrain ツイッターブレイン凍結 ツイッターブレイン活用事例 ツイッターブレイン特典 トレンドアフィリエイト稼げない フュージョンメディアアカデミー フュージョンメディアアカデミーFMA フュージョンメディアアカデミー大西良幸 ブログアフィリエイトやり方 ユーチューブで稼ぐ ユーチューブで稼ぐ方法 ユーチューブ稼ぐ ユーチューブ稼げない ワードプレスアフィリエイト ワードプレスブログで稼ぐ 匿名アフィリエイト 匿名ブログ 匿名ブログアフィリエイト 大西良幸 小西和夫 株式会社イーブックジャパン 田中政信 稼げるワードプレス講座

このページの先頭へ