【含み損無し】EXバージョンアップ版「フォロースナイパーEA」がリリース。【FX自動売買】

yuuです。


以前、プランスゴールドアービトラージ(PGA)などの
ポンジスキーム・HYIP(ハイプ)案件について取り上げましたが、
かなり多くの反響?を頂いています。



まあしかし、びっくりしたのが

「私も被害に遭いました」

といった声が多い事多い事・・。


中には数千万単位のエグすぎる金額を投じてしまっていた方もいて、

「いやほんと、マジで何してんすか・・」

って感じです。


上記の記事でもお伝えしている通り、
「騙す側」が諸悪の根源である事に違いはありませんが、
「騙される側」にも問題がある事をしっかりと認識してください。


防御策はただひとつ、自分の情報リテラシー上げる事です。


何度も言いますが、、
投資にせよビジネスにせよ、
お金が発生するという事は、そこにお金を支払っている人がいます。


なので投資にせよビジネスにせよ

「100%確実」
「月利●●%確定」


なんて事は“あり得ない”し、
その時点で投資としてもビジネスとしても

“成立しない”

という事は肝に銘じておいてくださいね。


冷静に考えて、
「100%確実」に稼げるなら全世界人口が総動員でやります。


それで成立するわけないでしょ?って話です。


同時に、

「この案件はどうですか?」

といった相談も以前に増して寄せられるようになりました。


それこそ最近は仮想通貨関連のP2P案件とかが流行っていますね。


キャラ転売とか、そういう類のヤツです。


ちょっと案件が多すぎるので全て記事にできるかわかりませんが、
可能な限り、それらについても後々記事にしていこうと思います。


ただ1つ言える事は、

「100%確実に」

という時点でまず信用に値しない事。


せめて僕の読者さんだけでもいいので、
これだけは頭の片隅に入れておいてくださいね。


そんなこんなで、
本当はすぐに本題に入りたかったんですけど、
かなり反響が大きかったので簡単に注意喚起させて頂きました。


という事で!今日の本題です。


EXのバージョンアップ版「フォロースナイパーEA」がリリースされた件。



今回は手短なご案内とはなりますが、
以前(2019年10月)に紹介した

“EA(自動売買ソフト)”

についての、進捗報告と重要な連絡事項になります。


■以前紹介したEA(自動売買ソフト)EXについての記事はこちら。



・・で、早速本題なんですが、
タイトルにもある通り、
こちらの自動売買EA「EX」の新バージョンが正式にリリースされました。


ちなみに既存の「EX」がバージョンアップされたというわけではなく、

「これまでのEXの失敗要因と成功要因を研究・分析し、
 ロジックそのものが一新された、新しいEAとして誕生した」


って感じです。


なので、これまでのEXとは別のEAとして運用していく形になります。


EAの名称は

FollowSniperEA(=フォロースナイパーEA)

というEAです。


フォロースナイパーEAの改善点(ポジションの持越しゼロ化)と、
運用パフォーマンス事例



既にEXを運用されている方には
運営側の専用のサポートLINE@から
直接ご連絡がいっているかと思いますが、
控えめに言ってかなり「良い方向」に“進化”しています。


何より、EAを運用していく上での
ポジションの持越し(含み損・含み益)による「ストレス」と「不安」がなくなった。


これが一番“デカい”です。
(ユーザーの方であればこの時点でかなり興味を持つはず)


そして、肝心のパフォーマンス(収支)そのものも、
今のところ「大幅」に上がっています。



僕は開発者から、公式リリースの前に情報を頂いていたので、
11月5日から実際に運用を開始しているんですが、
11月の月利で言うと25%で、
一日10%の日利を出す事もザラにあります。
(※1、この間長期のポジション持越し(含み損・含み益)は無しです)
(※2、以下の画像は全てクリックで拡大します)

【11月5日~11月30日までの月利:+25%】


一応、12月に入ってからの日々の利回りとしては以下のような感じ。


【直近(12月)に入ってからの利回り】

【12月1日:日利+9.9%】

【12月2日:日利-4.9%】

【12月3日:日利+4.1%】

【12月4日:日利+5%】
(過去のバックテストやフォワードテスト等については運営側から公開されているので、後程シェアします)


ちなみに上記の
FollowSniperEA(=フォロースナイパーEA)に
投じている証拠金は、EXと同様に100万円です



EXは日々コツコツと利益を積み重ねていくタイプなので、
EXのユーザーからすると、
このフォロースナイパーEAの利回りにちょっと驚くかもしれません。


また、上記の利回りを出しているのに、
ポジションの持越し(含み損・含み益)が無いというのが一番のポイント
です。


この仕様やロジックの変更については、
後程運営からの解説を含めシェアしていきますが、
フォロースナイパーEAは

・EXのロジックの「強み」は据え置き
・EXのロジックの「弱点」はカバー(ロジックの修正)


といった形で、

「EXのマイナス要因を排除して全く別のEAに生まれ変わっている」

・・という感じです。


もちろん、前身のEXもその同期間、
そして現在進行形で利益を生み出し続けています。


そのEXの11月のパフォーマンスとしては以下の通りです。


【EXの11月1日~11月30日までの月利】


月利で7.7%。


もちろん、これも悪い数字ではありません。


100万円の証拠金であれば
1か月で77000円の利回りが出ているわけですからね



ただ、同時にフォロースナイパーEAは
その「3倍以上」の利回りを叩き出しているわけです。



しかも、ポジションの持越し無しで、です。


もちろん、こんな目先の利回りを
うんぬんかんぬん言って「煽る」気はさらさらありません



それだとそこら辺のSNSによくいる
IB報酬目当てのアフィリエイターと同じですので。


ただ、これまでのEXの「強み」は据え置きながら
事実として「パフォーマンスも上がっている」ので、
今回のフォロースナイパーEAのリリースは
既存のEXユーザーとしてもかなり大きなチャンスになる
と思います。


フォロースナイパーEAの概要(運営情報)



フォロースナイパーEAの概要や仕様、
開発までの経緯や詳細については
運営側からの情報や資料を転載した方が明確ですので、
公式に案内された情報をシェアしておきますね。


※以下、転載分です。


【重要なお知らせ:新EAがついに誕生!】


いつもお世話になっております。

今回は半年以上開発を続けていた新EAのご案内になります。


————————

■新EAの特徴とコンセプト

現在ご利用中のEAは、ポジションバランスを取りながら利益を積み重ねていく画期的なトレードスタイルであり、唯一無二のものです。

しかしながら、コロナ禍による大幅な相場変動や社会情勢の変化により、コロナ禍以降の相場では、過去からの相場のテクニカル的な概念が大きく崩れるものとなりました。

本来であれば含み損を抱えながらうまくバランスを取って利益を積み重ねていくことが売りであったこちらのEAも、その相場状況によっては逆にそれが最大の弱点になってしまう場面にも遭遇し、

それは特に投資初心者の方にとっては多大なストレスになっていたものと想像に難くありません。

そこで、我々のチームは今までに無い新たな概念を組み入れた新しいEAの開発に着手し始めました。


設計・開発・テストに半年以上の時間を費やして誕生したのが、


FollowSniperEA(=フォロースナイパーEA、以下FS)です。


FSはプライス(=各通貨ペアの価格)に波状性があることに注目し、その波に常に追従するトレードスタイルがメインロジックになっています。

行動ファイナンス理論、金融工学の観点からプライスの波を読み取り、波の大きさ、方向性に合わせてポジション取りを行います。

各通貨ペア毎のボラティリティの考え方を元にした可変パラメータにより、通常時から荒れ相場までを幅広く攻略することに成功しました。


FSでは良好なリスクリワード比率を通貨ペアごとに自動分析してその都度実行しますので、利益を最大化するために、勢いのある時は利を伸ばし、勢いがなくなれば早めに利食いします。

逆に含み損の際も、勢いのある時は早めに損切りし、勢いがなくなれば反転の可能性を計算しポジションを維持するかジャッジします。

これにより、数ヶ月等の長期に渡ってポジションを保持し続けたり、安値・高値で大量のポジションを保有し続けるということが一切無くなりました。


また、設計に組み込まれたパラメータ値は、単月・単年等の成績の安定性を重視して、ドローダウン値を最小化して資金効率を高めています。

さらに、メインロジック以外にも複数のロジックを組み込ませることにより、どうしても一時的に相場が向かないときをカバー出来るようにしてあります。

そのため、同じ資金量でも他EAより数段高い資金効率と安全性を実現しています。


運用開始から1ヶ月もあればEAの能力の高さをご実感頂けるでしょう。

————————

■バックテストとフォワード(実運用)テスト

2018年1月1日~2020年10月31日のバックテストの結果と、

2020年11月5日~2020年11月27日までのフォワードテストの結果を以下にまとめておりますので、参考までにご参照ください。


~テスト結果~
https://ux.nu/60sgV
※スマホからはGoogleドキュメントのアプリをインストールし、「デフォルトのブラウザで開く」にて閲覧いただくと見やすいです。

————————

■証券会社について

新EAでは「FXDD」という証券会社を使います。

こちらは現在利用中のXM社と同レベルの認知度があり、歴史も古く、出金停止等のトラブルも聞いたことがないので、非常に安全なブローカーになります。

なお、FXDDではゼロカットシステムを採用しておりませんが、通常の値動きであれば証拠金維持率が50%を下回った段階で強制ロスカットが行われますので、口座残高がマイナスになる可能性は限りなく低いかと考えております。

そもそも、ハイレバレッジだからとロットを上げすぎるので、おかしなことになるわけです。
適正ロットで運用すればそのような心配は必要ありません。

なお、確かに過去に追証を請求したという事実はありますが、その際も最終的にはFXDD側で全額保証して解決しています。
※この事実はネットにはどこにも書かれていませんが、FXDDの責任者の方に確認しましたので間違いありません。

ちなみに、「ゼロカットの証券会社が安全だ」と思われる方も多いかもしれませんが、ゼロカットをうたっているその他の海外証券会社について、今後も同じようにその状況が続くかどうかは正直確証は無いと考えています。
※規約等で「相場の変動によっては」的な注釈をつけている業者も多々あります。

そのため、今後どこでも起こりうる、というところは念頭に置く方が思考として安全かと思っています。

叩きやすい材料があるので、ネットでFXDDを叩いている人は、それをネタにして自分が推奨する証券会社のアフィリエイトがしたいだけです。

こちらはFXDDの担当と直で繋がっており、FXDDの対応は非常に良いものですのでご安心ください。


なお、ゼロカットの証券会社への要望も多いので、今後については提携を検討していきますが、当面はFXDDのみのご用意になりますのでご了承ください。

————————

■EAの利用料について

FSには多大な開発費がかかっておりますが、今回も本当に良いものを自信を持ってお届けしたいという思いから、

利用料等は一切無料でご提供いたします。(今後発生することはありません。)

そのため、運用に必要な証拠金のご用意だけお願いいたします。

なお、推奨証拠金は20万円以上となっております。

※ただし、最低10万円から運用も可能な設計になっています。

————————

■新EAの申請について

最後に、新EAのご利用をご希望の方は、以下の「FSサポートLINE」までご登録ください。

新EAに対する口座作成方法等はそちらのLINEにてご案内いたします。


~FSサポートLINE~
→●●●●
(※上記リンクから登録出来ない場合は、画像のQRコードを読み込んでください。)

————————

ぜひFSを皆様の手にお取りいただければ幸いです。


上記が公式な案内をそのまま引用したものです。


上記の案内からリンクされている資料の方では、
過去のバックテストやフォワードテストについても掲載されています。


・・ただ、ハッキリ言って、
以前もお伝えした通り、
バックテストだけを鵜呑みにするのは危険です。



そしてこの点に関しては、
上記からリンクされている運営側の資料でも伝えられています。
(※以下抜粋)


こちらはFollowSniperEA(以下FSと略)のメインロジックで使われている5つの通貨ペアでのテスト結果となりますが、まず前置きをさせていただくと、我々のチームは本来はあまりバックテストの結果を重視していません。

それは、「バックテストの結果とフォワードテスト(リアルトレード)の結果は、往々にして異なることがほとんどである」、ということを知っているからです。

テストはあくまでもテストとして捉え、その後のフォワードテスト(実運用テスト)でどれくらい乖離があるのかを見極めることが重要です。

また、例えば10年間等の長期間のバックテストも無意味と考えています。


これ、同業者からすると「耳が痛い」でしょうね。


要は、

「このEAを過去のデータに当てはめると、これだけ勝てたはずだよ」

というのがバックテストですが、

「こんなデータ信用しないでね」
「重要なのはフォワードテスト(実運用)だよ」


という事を「運営者自ら前置き」しているわけです。


正直、EAを紹介したい(ユーザーを集めたい)だけであれば、
こういったマイナスに捉えられる情報を
わざわざ伝えるメリットはないはずです。



それでもこの開発者は
良い面だけを掲げるのではなく
マイナス面も普通にさらけ出して情報を発信してくれるんです。
(※これはEXのユーザーであれば毎週の情報発信でわかっていると思います。)


上っ面だけ良い事ばかり言うのは簡単ですし
マイナス面を伝える事でユーザー離れに繋がる可能性もあるのに、
あえてそういった情報もしっかりと発信してくれる
わけです。


また、ユーザーひとりひとりに真摯にサポートもしてくれます。


それらの点から多くのユーザーから信用を集めているのと、

「実際に複数のEAを運用しているユーザーは
 他のEAがどんどん破綻していく事を身をもって経験していく」


事もあり、実際のところは

「ユーザーが離れるどころかファン化している」

傾向にさえあります。


・・まあ、その辺については後述するとして、です。


自動売買EAの「バックテスト」は信用するな。



この“バックテスト”に関しては本当に

「バックテストで過去10年負けなし!」
「バックテストで毎月勝率●●%!」


みたいな謳い文句を掲げ
SNSなどで大々的に集客している方がめちゃめちゃ多いですが、
それだけを信用するのは本当に「危険」なので絶対注意してくださいね。


この点については以前の記事でもお伝えしましたが、


どうすれば、予めEAの再現性を見極める事ができるの?

結局、EA内部のロジックは、EA開発者にしかわからない


いくらバックテストの結果が良くても、
残念ながらそのEAのパフォーマンスは

「使ってみなければわからない」

というのが実際のところです。


よく、

「バックテストの見方を覚えよう」
「バックテストで見るべきポイント」


などと言っている人もいますが、
バックテスト(過去のテストデータを利用したシュミレーションテスト)では
非の打ちどころがないのにフォワード運用(リアル運用)は全然ダメなEAはゴマンとあります



いくらバックテスト上の数字でPFや勝率が高くても、
そのバックテストを実際に「再現」してくれなければ何の意味もありません。


言い方を変えると、
仮にバックテストの見方が理解できたとしても
稼げるEAをチョイスできる事には繋がらないので、
躍起になってバックテストを見る目を養う暇があったら、

「信用できる筋からの情報を探した方が良い」

というのが個人的な結論です。


現に、バックテストしか売り文句の無いEAは軒並み即破綻していっています。


また掲載している日々の実績(パフォーマンス)についても、
調子のいい時の実績だけを抜き出しているケースも多くあります。


そしてそういうEAも、長くて数か月で破綻しています。


いやほんと、大袈裟でも何でもなく、
この自動売買業界は95%以上はそういうEAです。



これは僕が自動売買EA業界に参入した
ここ19か月(1年7か月)の間の経験だけでも
もう確信的なレベルで断言できるレベルで言える事です。


約19か月、自動売買トレード(EA)業界を見てきた上で言える事。



僕が以下の記事を執筆した際、
僕自身は「自動売買(EA)業界」に足を踏み入れてまだ数か月レベルの状況でした。



数か月レベルのリサーチや
実際に検証を通した実体験だけでも、

「うわあ・・この業界、色々やべえ・・」

って感じでしたが、
今は皮肉な事に、日を追えば追う程、
当時の主張に自信と裏付けが肉付けされていっています

(もちろん、業界としては悪い意味で、です)


ちなみに上記の記事では

「FXの自動売買トレード」

について、

・自動売買トレードとは何か
(仕組みやメリット・デメリットなど)

といった超初歩的な部分の解説から、

・FX自動売買業界に蔓延る悲惨な詐欺の実態
(どのような仕組みになっていて、どのような手法で広まっているのか)

・僕自身が、様々な自動売買ソフトを検証してきたリアルな事例
(その失敗事例をケースバイケースで解説)

・詐欺的なEA(自動売買ソフト)のロジック(仕組み)の解説と危険性
(どういうEAが危険なのか、業界のタブーを切り込んだ情報を事例を交えて解説)

についても徹底解説していますので、
まだ読んだ事が無いという方は一度読んでみてください。


・・で、


さすがに19か月も経てば
そういった粗悪なEAを利用してしまったユーザーの方も
少しは免疫が付いていって

1、粗悪なEA(自動売買ソフト)が通用しなく(利用されなく)なる
2、業界全体がクリーンになっていく


という現象が起きそうなもんが、
正直言って全く変わっていないどころか「悪化」しているんですね。


それこそ

「詐欺的なEAをばら撒くアフィリエイター」

が次から次へと手を変え品を変え
別の新たな詐欺的なEAをありもしない謳い文句で紹介してるんです。


もう、無限ループですよ。。


言うまでもありませんが、
そこから発生するIB報酬は、ユーザーが投じた軍資金から発生しています。
(ユーザーの取引手数料からIB報酬が発生しているので)


何より、自分自身の資産を運用していくわけですから、
しっかりとリテラシーを高めて
あり得ない謳い文句に踊らされずに慎重に判断る必要があります。


冒頭で触れたポンジスキームやハイプ案件じゃないですけど、
自動売買EAだって自分の資産運用をソフトに任せていくわけですから、
しっかりとそのソフト(EA)の見極めはしなきゃダメでしょって話です



何度も言いますが、「月利●●%!」「勝率●●%!」はあり得ません。



いいですか?

当たり前ですが、投資に「絶対」はありませんからね。

利益を得られるという事は、そこにはかならずリスクがあります。

そしてそのリスクをいかに下げていくのかが重要なんです。

その中で

「月利●●%!」
「勝率●●%!」


みたいな事を断定的に言ってる時点で“あり得ない”んですよ。


以下の記事ではその点の根拠について
初心者向けに基礎的な部分から詳しく解説しているので割愛しますが


そもそも、トレードやEA(自動売買ソフト)に「月利●●%」という概念は無い


海外・国内のファンダメンタルとテクニカルが
複合的に絡み合ってチャートは形成されていくわけですから
誰も予測できない不測の事態がいつ起こるかなんて誰にもわかりません。


それこそ今回のコロナウイルスのパンデミックなんて、
誰が予測できたかって話です。



実際、優秀な裁量トレーダーでさえ撤退しているような市場で、
自動売買EAで

「月利●●%!」
「勝率●●%!」

なんて言える事自体が“おかしい”んですよ。


あくまでも“リアルな結果論”として“現在進行形”

「コロナショックでもこんな感じで稼働しています」

と伝えるのは勿論問題ありませんが、
不確定要素しかない先行きの見えない世界で

「月利●●%!」
「勝率●●%!」


と宣伝する事自体があり得ないという事ですね。


どんなに優秀なEAでも「確実」なんて存在しないんです。


上記の記事で紹介したEXも、
コロナショックの影響を受けていました。


細かい月々のパフォーマンスについては、
かなり長くなってしまうので
以下をご確認頂ければと思いますが、


今現在使っているFX自動売買ソフト(EA)のパフォーマンス一覧(画像&動画)
(上記では補足解説も入れて掲載しています)


上記の一連の経緯をご覧頂ければわかる通り、
月単位でみれば勝つときもあれば負ける時もあるわけです。


まあ、投資なので
冷静な目線でみれば当たり前といえば当たり前の話なんですが、
このEA(EX)はあくまでも「長期目線」で運用していくEAです。


EXユーザーも、
自動売買初心者の方にとってはとくに
コロナショック時期は不安を感じたと思います。


この含み損で耐え切れず脱出してしまった方は、
単純に損失だけ出してしまった事になりますが、
その後EXはその含み損を抱えながらも
バランスを取りながら奮闘して利益を出してきています



この事からも長期的な目線で運用しているEAだという事が言えますが
フォロースナイパーEAはそのポジションの長期持越し(含み損や含み益)すらもなくなりました



この約2年間、米中貿易摩擦や日韓問題、
コロナショックなどかなり荒れ相場が続いていますが

「そんな中でも生き残っているEAは殆どない」

のが実情な中でEXが生き残っている点は評価すべき点だと思います。


上記の記事でもお伝えしているように
僕は色々なEAを運用して検証してきましたが、
95%以上が数か月以内に破綻しています。


逆にEXと同期間か、それ以上の期間生き残っていて
さらに利益も生み出しているなら、そのEAは本物だと思います。



ずっと使い続けてあげてください。


それがあなたの為になるんで。


極稀に、自動売買EAの運用経験の無いEXユーザーさんから

「もっと稼げないんですか?他の●●というEAは月利70%稼いでますよ。
 そちらを紹介した方が良いんじゃないですか?」


などという声を頂く事もあります。


・・でも、一か月も経たないうちに謝罪のメールが来たりします。


要は、その後そのEAは「死んだ」わけです。


ロジックを理解せず表面上の数字だけ追い求めるとこうなります。


鉄板あるあるですね。


大体、そういった非常識な利回りや勝率を掲げているEAは、
ナンピンマーチン系のロジックのEAなので、
良いとき(相場があまり動かないレンジ相場)は確かに爆発的に稼ぎます。


そしてその時の実績(パフォーマンス)を大々的に宣伝して集客します。


ただ、相場が一方的に偏ると一瞬で死亡するんです。


だから、持って数か月、早ければ一週間とかで破綻します。
(そのロジックについても上記の記事で詳しく解説しています)


粗悪なEAの無限ループ。
業者側の手口の実態と、それを見破る「4つ」の目安ポイント



で、これもまた「EAあるある」なのですが
大体ナンピンマーチン系のEAを提供している業者は
早期段階でEA自体が破綻するので
次から次へと同じようなロジックのEAを作って
名前だけ変えてアフィリエイターに宣伝させてます。



・・これも、マジで鉄板です。


ダチョウ倶楽部が

「押すなよ!絶対押すなよ!」

といった後、
100%落とされるのと同じくらい鉄板です。


そんなEAを掴まされないように確認すべき1つの目安は、

「そのEAがどのくらい名前を変えずに“リアルに”生き残ってきたのか」

です。


勿論、バックテストじゃダメです。


そのEAの公開後、リアルな実運用で生き残ってきた期間、ですね。


これはもちろん、長ければ長い方が良いです。


あとはさっきお伝えしたように、
良い面だけを押し出していないかどうか。


これも重要な目安のひとつです。


どんなEAでも「絶対」はありませんし「完璧」なものはありません。


そういったマイナス要素も包み隠さず明かしているか。


これがあるかないかで信用度は大きく変わってきます。


それとそのEAを提供している運用元のサポート体制と、サポートの対応ですね。


粗悪なEAを提供している運営元は、
長期的に稼げない(すぐに破綻する)事が分かっていますから、
手厚いサポート体制は用意していない(できない)傾向にあります。


仮にサポート体制を敷いていたとしても、
実際にサポートを求めると的を得ない返信だったり、
迷惑がられたり、返信がなかったり・・
などといったケースが大半ですので、判断する目安としては分かりやすいです。


あと面白いのが、
自分が気になっているEAを紹介してる
アフィリエイターの過去の情報を見てみてください。


ブログだったら過去の記事、
SNSだったら過去の投稿を遡ってみてみてほしいんです。



そのEAが月利や勝率のみを掲げているようなEAの場合、
それを紹介しているアフィリエイターは大体決まって、
過去に数々のEAを紹介していると思います。



そして

「過去に紹介していたEAを、途中から紹介しなくなっている」

と思うんです。


もう、これ以上は言わずもがな・・ですね(汗)


つまりは

1、月利●●%!勝率●●%!といってユーザーを集める
2、でも、短命なロジックだからすぐに客が破綻する
(一時的に爆発的なIB報酬が発生するが、ユーザーの資金が破綻すればIB報酬も単発で終わる)
3、それでは食いっパグれるので、似たようなEAをまた紹介
4、1~3の無限ループ


といった感じです。


そのアフィリエイターが、
過去の投稿を消すなどしていれば見つけられないかもしれませんが
消してたらなおさら悪質です。


逆に過去あなたがそういったEAを手に入れてしまった経験があるのであれば
それを紹介していたアフィリエイターの過去投稿をみてみてください。


もし消していたら・・完全に「クロ」です。


そんなこんなで、
かなりざっくりではありますが、

1、そのEAがどのくらい名前を変えずに“リアルに”生き残ってきたのか
2、良い面だけを押し出していないか
3、サポート体制とそのサポート対応
4、アフィリエイターの過去の動向


を見ていけばある程度は粗悪なEAを見極められると思います。


・・と、いつものクセで話が逸れてしましました(苦笑)


今回の本題はあくまでも
EXのバージョンアップ版であるフォロースナイパーEAについてなので、
より詳しいノウハウについては別で公開していきますね。


フォロースナイパーEAについての「まとめ」と、
無料申し込み→運用までの手順。



・・という事で、まとめます。


まず、フォロースナイパーEAについてのまとめとしては、

・EXの強みはそのまま据え置き
(AI搭載型でナンピンマーチン系などの破綻型ではない)

・EXの弱点を克服
(含み損・含み益などの長期ポジションの持越しがなくなった)

・バックテストだけでなくフォワード運用でも結果を出している
(含み損・含み益なく、現状EXを凌ぐ利回りを出している)

といった感じですね。


これはこれまでの解説と運営からの資料が全て・・って感じです。


また、こちらのフォロースナイパーEAですが、
EXと同様に「完全無料」で提供されています。
(※なぜ無料で提供できるのかも、こちらで詳しく解説しています。)


申し込み方法もEX同様に至って単純で、
以下のフォームに登録頂き、
案内に沿って口座開設→EA設置をして頂くだけです。



FollowSniperEA (仮)受付フォーム


登録後の運用はご自由ですので、
興味があればまずご登録だけで済ましておいて頂ければと思います。

(とくに押し売りする気は一切ありませんので)


ここで、

フォロースナイパーEAとEX、どちらを選べばいい?
EXユーザーは移行すべきか、併用すべきか。


という質問も出てくるかと思いますが、
結論から言って、
これから自動売買トレードを行う方はEXよりも
フォロースナイパーEAの方を推奨します。



ただ、現状EXを運用されている方で
持っているポジションが多い方は
乗り換えではなく別途運用をおススメします。
(後々バランスを取ったときに移行するなら問題はありません)


現状EXで利益が出ていて、
全て抜き出して問題ない状況であれば乗り換えでも問題ありません。


ただやはり投資に100%はありませんので
個人的にはどちらも併用して運用していくのがベターかと。



ここについてはケースバイケースでもありますので、
個別なご相談があれば直接僕か、運営側にご連絡頂ければと思います。


という事で、手短ではありますが今回はご連絡事項でした。


PS(告知)



・・あ、それと別件なのですが、
以前紹介した以下のプログラム、
XMアフィリエイトと組み合わせる事でかなり面白い事になっています。





それこそ僕の企画、
XMアフィリエイト攻略プロジェクトの実践者からすると
かなり相乗効果が期待できる感じですね。



まあ、3WAY型「0→1」攻略プログラムの内容の性質を見れば
ざっくりとした予想は付くかと思いますが、
そのハウツーを具体的にまとめた教材なども、
特典として追加しようかなと考えている次第です。

(既に参加されている方ももちろん対象ですのでご安心ください)


いずれにせよ、近日中に詳細な情報を事例を交えてシェアしますね!


それでは!







応援クリックして頂けると嬉しいです!




記事をシェアして頂けると更新の励みになります!
↓ ↓ ↓

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  2. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


【初日から利益発生?】3WAY型「0→1」攻略プログラム-2020令和-(杉山健一)批評レビュー。

僅か1年で1億稼いだXMアフィリエイト戦略と「仕組みそのもの」をあなたに。

実践者・コンサル生の事例紹介

【含み損無し】EXバージョンアップ版「フォロースナイパーEA」がリリース。【FX自動売買】

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

【削除覚悟】自動売買トレード業界の光と闇を暴露します【検証画像&動画あり】

【事例公開】僕が実践しているトレードロジックを公開します。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

【初心者限定】情報発信における“絶対的スキル”を、ブっ飛んだ条件で習得できる「ゼロ壱計画2.0」のご案内。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    【事例紹介】元「超絶ノウハウコレクター」が4か月で月収212万稼ぎ、DRMでその…
  2. 教材実践者・コンサル事例

    【事例追記】ド素人が開始僅か1年5か月で累計1340万円稼がれました。
  3. 教材実践者・コンサル事例

    キャラクタービジネスと匿名ビジネスのメリットとデメリット。
  4. 教材実践者・コンサル事例

    実践者事例の紹介と、企画限定再公開のお知らせ。
  5. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
PAGE TOP