バイラルビログメーカー(平河大)

バイラルビログメーカー(平河大)酷評レビュー。

yuuです。


いつも応援クリックありがとうございます。





今日もひとつレビュー依頼を消化しておこうかと思います。


ちなみに今回レビューするのは、
平河大さん(DAI HIRAKAWA)という方が販売している、
「バイラルビログメーカー」というツール。


バイラルビログメーカー
http://viralvlogmaker.com/admall/


動画を用いた集客ツールですね。


バイラルビログメーカー(平河大)の機能。



この平河大さんという方が販売するバイラルビログメーカーは、
一般的に販売されているユーチューブ系のツールや、
動画リサーチ系、動画作成系ツールなどとは「仕組み」も「目的」も違います。


そんなバイラルビログメーカーの仕組みを一言で表すなら、

“動画視聴制限解除の為に何らかのアクションを起こさせる”

というもの。


そしてその起こさせるアクションとしては下記の3つ。


1、動画再生時に任意の広告ページを別タブで表示させる
2、動画視聴制限解除を条件にメルマガ登録をさせる
3、動画視聴制限解除を条件にツイッターでリツイートさせる


まず1つ目の


1、動画再生時に任意の広告ページを別タブで表示させる


というのは文字通り、
動画再生の為にクリックを行った際に、
自動的に別タブで広告ページが表示されるような機能になります。


そこにアフィリエイトリンクを介した広告ページを表示させたり、
自分のLPなどを表示させていく事も可能です。


そしてバイラルビログメーカーの「ウリ」としては、
上記の機能よりも下記の2点の機能になるかと思います。


2、動画視聴制限解除を条件にメルマガ登録をさせる
3、動画視聴制限解除を条件にツイッターでリツイートさせる



上記はつまり、


・メルマガ登録しなければ動画を見られない
・ツイッターでリツイートしなければ動画を見られない



というような仕組みを作っていく事ができるという流れ。


そんなバイラルビログメーカーの上記仕組みを介していく事で、


・その動画を視聴したいユーザー数に応じたメルマガリストを獲得
・その動画を視聴したいユーザー数に応じたツイッターへのアクセスアップ



を狙っていけるという流れになります。


よってバイラルビログメーカーはあくまでも、


「ネットビジネスの集客手段」


として活用していく事を目的としたツールであり、


・ユーチューブ実践者が自分のチャンネルへのアクセスを伸ばす事
・ユーチューブ実践者が自分の動画の再生回数を伸ばす事



などを目的に活用していくようなツールではありません。


というより、
ユーチューブアドセンスやユーチューブマーケティング実践者は、

「動画を再生してもらってナンボ」

ですから、あえてその動画再生までに
1クッション挟んでいく事にメリットは何一つありませんからね。


よって、バイラルビログメーカーはあくまでも、
「動画」というコンテンツを「エサ」にして、


・アフィリエイト広告やランディングページへの誘導
・既存のインターネットメディアへのアクセス流入
・メルマガリストの獲得


を狙っていく事を目的として活用していくツールであるという事です。


バイラルビログメーカー(平河大)の再現性。
集客までのハードルと、トレンドブログとの相性。



その上で重要になってくるのが肝心の、

「ネットビジネスの集客手段」

としての有効性や再現性です。


つまりは、

「バイラルビログメーカーは集客に使えるのか使えないのか」

という点なんですが、
正直個人的には「使えない」というのが率直な意見ですね。


少なくとも集客力や情報発信力を含めた、

“「影響力」の高いインターネットメディア”

を既に持っている中上級者以外は「使いようが無い」かと思います。


加えて、

“質の高い動画コンテンツ作成スキル”

がなければ、バイラルビログメーカーを、
有効にマーケティング活用していく事は難しいんじゃないかと。


というのもまず、
バイラルビログメーカーで作成したコンテンツは、
ワードプレスブログに設置していく流れになります。


そしてそのワードプレスに設置した、
動画コンテンツを介して視聴ユーザーから、


・アフィリエイト広告やランディングページへの誘導
・既存のインターネットメディアへのアクセス流入
・メルマガリストの獲得


と狙っていくわけですが、
そもそもの前提として上記のアクションを起こさせていくには当然、
バイラルビログメーカーで作成したコンテンツ、
つまり動画をターゲットに「発見」してもらわなければなりません。


つまり前提として、

「バイラルビログメーカーを介した動画そのものへの集客」

が必要不可欠になるんですが、
ワードプレスのみに対応しているバイラルビログメーカーの仕様上、
キュレーションサイトやソーシャルメディアなどの、

「既存のプラットフォームやインターネットメディア」

で代用していく事はできませんので原則として、

「ワードプレスを構築して一からそこに集客していく」

事が前提として必要になるわけです。


既存のプラットフォームやインターネットメディアであれば、
それぞれにいるユーザーを集客していく事は容易ですが、
それができないバイラルビログメーカーでは、
完全に1からワードプレスを構築して集客していかなければならない。


勿論、既に集客力のあるワードプレスを持っていれば、
それを代用していく事ができますが、
初心者にとってはまずこの点が1つ目の大きなハードルになってくるんじゃないかと。


ちなみにバイラルビログメーカーでは、
そのハードルを払拭する為に、

「トレンドキーワードを狙ったトレンドブログ」

を作成していく事が推奨されてますが、
根本的にトレンド系のアクセスからマーケティングに繋げ、
そこから「反応」に結び付けていく事はまず難しいです。


そのあたりについては以前にもお伝えした通り。


僕がトレンドアフィリエイトをお薦めしない理由。


上記の記事でも詳しく触れていますが、
競合の薄いトレンドキーワードを狙っていけば、
検索エンジンにおける上位表示は狙えますし、アクセスも確かに集め易いです。


ただそれはあくまでも、
「トレンドキーワード」によって構築したブログ記事に対してであり、
「トレンドキーワード」によって集めたアクセスです。



つまりそのトレンドキーワードによって、
投稿していくトレンドネタのジャンルもバラバラ、
そこに興味があって検索を掛ける訪問者の属性もバラバラなので、

その訪問者の属性もわからなければ、
訪問者をターゲティングしていく事もできない、
つまりそこから狙ってマーケティングに繋げていけないという事。


言うまでもなく、そこから「反応」に繋げていく事は難しいわけです。


また、それこそトレンドキーワードで検索を掛けている訪問者は、
一時的にそのネタが気になって軽い気持ちで検索を掛けている方が殆どです。


そんな検索の「動機」が極めて軽い中で、
バイラルビログメーカーで作成した動画コンテンツを目にしても、
メールアドレスやリツイートという挙動を取らせていく事は難しいと思います。



普通に、

「面倒くさいから他で見るわ」

と他のトレンドブログにアクセスが流れてしまうんじゃないかと。


トレンドブログは他にも腐る程あるわけですからね。


仮にそこでメールアドレスを獲得したとしてもそこから

「軽い動機で登録した属性の分からない読者」

に対して何をどのようにアプローチしていくのかって話です。


つまりトレンドキーワードを狙ったトレンドブログは、
アクセスの「数」は稼げても「質」が良くないわけです。


勿論、それはアクセスをビジネスに繋げていく上での話ですが、
少なくとも狙った属性のアクセスを集めていけない以上、
そこから成約などの「結果」に繋げていく事は難しいんですね。


深い「悩み」や「欲求」があるような、
検索の動機の強いターゲットを意図的に集めた上で、
バイラルビログメーカーを介して、

「特化型の動画コンテンツ」

を提供していけば、
メールアドレスにせよリツイートにせよを獲得していけますし、
そこに狙ったアプローチを掛けて高い反応を引き出していく事もできますが、
それを「トレンドネタ」で再現していく事は難しいという事です。


よって「トレンド」という概念は抜きにした上で、
バイラルビログメーカーの集客における有効性を判断していく必要があるわけです。


バイラルビログメーカー(平河大)を有効活用していくには。



そもそもバイラルビログメーカーを活用していく目的は、
集客の幅を広げそこからマーケティングに繋げていく事です。


それがアフィリエイトで何であれ、
収益化に繋げる為の「集客手段」として活用していく。


その上でバイラルビログメーカーを、
効果的にマーケティング活用していくのであれば、

「質の高い動画コンテンツを作成」

ができなければそこから反応に結び付けていく事は難しいと思います。


ここでいう「動画の質」はハイクオリティな動画という意味ではなく、

「視聴ユーザーの“満足度”」

を指します。


勿論その視聴ユーザーからしてみれば、


「その動画を見たいからメールアドレスを登録する」
「その動画を見たいからツイッターでリツイートする」



わけですから、
そのアクションの「対価」として視聴できるその動画に、
それなりの満足度を与えられなければ、
登録した事自体がムダだったとガッカリされるだけです。


また、そこからマーケティングに繋げ、
最終的に収益化していく事が目的なはずですから、

「起こしたアクションに対する満足度」

が無いような状況から、
思うような「反応」を取っていく事はまず難しいわけです。


要するに、

「その後のマーケティングに繋げていく満足度の高い動画」

を作成していく必要があるという事。


もしかすると、
その「対価として視聴できる動画」を
他人がネット上にアップしている既存の動画などで、
代用していこうと思っているような方もいるかもしれませんが、
既存の動画は当然あくまでも「他人が作成した動画」です。


他人が作成した動画から収益化を図っていく、
そこから狙ったマーケティングを図っていくなどの、
「狙った反応」に繋げていく事は難しいという事は言うまでもありません。



強いて言えば「アダルト系のジャンル」くらいじゃないでしょうか。


よってそれをビジネス系のコンテンツに結び付けていく場合は、
「次」を見据えた満足度の高い動画を自分で作成していく必要があり、
その動画の視聴制限を解除する変わりに、
メールアドレスやリツイートを獲得していく流れがベストだという事になります。


ここまでやってはじめて、
バイラルビログメーカーを活用した「集客」が完了し、
そしてそこからマーケティングに繋げて収益化していくわけですが、
これなら普通にLP作成していくのとあまり変わらない気が・・という感じは否めません。


というか「動画」を作成していく分、逆にハードルが上がると思います。


よって、

“「影響力」の高いインターネットメディア”
“質の高い動画コンテンツ作成スキル”


を既に持っている中上級者以外は「使いようが無い」と思うわけです。


バイラルビログメーカー(平河大)「機能」の優位性と有効性。



そんなこんなで、
それなりの「情報発信力」や「動画作成スキル」のある方であれば、
バイラルビログメーカーをキッカケとして、
そこから「次」に繋げていく事も出来ると思います。


ただ正直、そこまでのスキルがあるような人であれば尚更、

「あえてこのバイラルビログメーカーを使うメリット」

は殆ど「無い」んじゃないかなという印象です。


バイラルビログメーカーは先の通り、


1、動画再生時に任意の広告ページを別タブで表示させる
2、動画視聴制限解除を条件にメルマガ登録をさせる
3、動画視聴制限解除を条件にツイッターでリツイートさせる


という仕様になっているわけですが、
正直どれも特筆できる活用メリットを見い出せないんですよね。


まずの機能のひとつである、


1、動画再生時に任意の広告ページを別タブで表示させる



という機能ですがこれ、冷静に考えて「効果」があると思いますか?


自分に置き換えて考えてみて頂ければと思いますが、
何らかの動画を視聴しようとして、
「再生ボタン」をクリックすると勝手に広告ページが表示されるわけです。


おそらく大体の人が普通に「ウザい」と思うでしょうし、
気付いた時点でページを閉じると思います。


ましてそのページを見て、
そこから「反応」するような人はほぼいないかと。


実際僕であれば、
その広告ページと一緒に動画ページ自体も閉じてしまいますね。


心配性な方からすればもしかすると、

「なんかのスパムウェア?」

と思われる可能性もあるかもしれません。


いずれにしても、

「意図しないページが勝手に表示される」

わけですから、それを見て

「良い気分」

になる人は殆どいないと思います。


それを凌駕する程の「メリット」を、
視聴ユーザーに対して与える事ができるなら良いと思いますが、
ちょっと難しいんじゃないかなというのが率直な感想です。


それなら、
アクセスを集める事が出来ているそのワードプレスブログから、
普通に自分のLPやアフィリエイトリンク先へ誘導した方が、
よっぽど好感度も信用性も成約率も上がると思います。


少なくともバイラルビログメーカーを介した動画コンテンツを
「訪問者が目にしている」という事は、
既にそのワードプレスにアクセスを集める事が出来ているわけですからね。



ましてせっかく手間暇かけて「動画」を作成していくなら、
普通にユーチューブにアップしてブログに埋め込み、
教育やクロージングをブログ上で行った方が効果はあると思います。


というか、そうしないと勿体ない。


なぜならその動画からブログに誘導する流れを作っておけば、

「ユーチューブ」→「ブログ」

という導線を仕組み化していけますし、
ユーチューブSEO次第では、
ユーチューブアドセンスでも稼ぎながら、
ユーチューブユーザーをブログに集めていく事もできますので、
集客面、収益面において可能性を広げていく事が可能になります。


つまり、

「ビジネス」

という観点でいえば、
この機能を活用するデメリットはあってもメリットは見当たらないわけです。


せっかく集める事が出来ている訪問者からの「信用度」や、
そこに投じる「労力」から本来得られる「結果」を
あえて自分から「捨てる」必要は無いんじゃないかなと。


次に、


2、動画視聴制限解除を条件にメルマガ登録をさせる



ですが、こちらも先程と基本的には同様です。


バイラルビログメーカーの動画を発見しているという事は、
既にそのワードプレスにアクセスを集める事が出来ているわけですから、
あえて動画の「視聴制限解除」を条件にしていくメリットはないと思います。


先程との「違い」は「メルマガリスト獲得」ですが、
メルマガリストについては、
それこそ動画を限定公開でユーチューブにアップロードして、

「メルマガ登録者限定の動画もあります」

という旨のLP風な案内文を作成していった方が確実に登録率は上がります。


目の前にある動画を軽い気持ちで再生しようと思っている状態で、
急にメールアドレスだけを求められるよりも、
テキストでクロージングしてフォームに案内した方が、
「登録率」が上がるという事は言うまでもないわけです。


よほどその動画に興味がない限り、

「たった1つの動画を再生する為にメールアドレスを登録する」

というアクションはまず起こさないわけです。


仮に登録されたとしても、
「動画1つの視聴」の為にメインアドレスを登録する人は少ないので、
その殆どが「捨てアド」になると思います。


まあ、文字通り「捨てアド」ですから、
当然そこへいくらメールを投げても反応率が高くなる事はほぼありません。


これは僕自身が色んな方法でリストを集めてきた上で確実に断言できる事です。


勿論、その動画を視聴する上で、
メインリストを登録するメリットや「興味付け」を行えるのであれば、
より登録率は上がっていくかと思いますが、
そうであれば尚更あえてバイラルビログメーカーを活用するメリットはなくなります。


バイラルビログメーカーはあくまでも、

「動画を再生する流れでメールアドレスを登録させる」

というだけの仕様になっているわけですから、
それならLP作った方が早いという事になるわけです。


その訪問者が既にあなたのブログの熱心な読者などであれば、
嫌悪感もなく素直にメールアドレスを入力してくれるかもしれませんが、
それくらいの熱心な読者であれば、
それ以前に既にメルマガ登録をしている可能性が極めて高いです。


要するにそれなりの集客力や情報発信力があれば、
この機能についてもあえて使うメリットは無いわけです。


次に、


3、動画視聴制限解除を条件にツイッターでリツイートさせる



ですが、こちらも上記と全く同様ですね。


というか場合によっては「リスト獲得」よりもハードルは高いです。


ツイッターでリツイートするとなれば、
自分のフォロワーのタイムラインに表示されるわけですから、

「その動画をリツイートという形で支持している」

という形で自分のフォロワーに公開される事になります。


つまり、一般的なツイッターユーザーは原則として、
自分が支持していると認識されても良いと思われるコンテンツしか、
自分のアカウントでシェア(リツイート)したくないわけです。


まあ、ツイッターはフェイスブックなどのSNSに比べて、
比較的その抵抗は薄く気軽にリツイートをされる傾向にありますが、
それはあくまでも一般的なツイートやコンテンツの場合です。



あなたがリツイートさせたい動画コンテンツが、
嫌悪感の抱かれないような動画コンテンツであれば話は別ですが、

「ネットビジネスの集客」

として活用している動画である場合は、
やはりそこに「抵抗感」を抱かれてしまう傾向にあります。


そんな抵抗感を抱かれる動画を、
プライベートで活用しているアカウントからリツイートしたいユーザーは極めて少ない。


アダルトコンテンツであればなおさらです。


リアルにツイッターを活用しているユーザーであればある程、
それをリツイートしようなんて思わないわけです。


つまりは「どうでも良いアカウント」からしか反応は得られない。


よってそういう動画をリツイートされた場合、
その多くが「捨てアカウント」である可能性が高いです。


僕は長年ツイッターをビジネス活用していますが、
そんな「捨てアカ」から思うような反応を得ていく事はまずできません。


そもそもツイッターユーザーは、
「捨てアカウント」をチェックしませんからね。


これはビジネス目的にアカウントを量産してるツイッターユーザーも同様です。


バイラルビログメーカー(平河大)総括。



そんなこんなで、
実際にバイラルビログメーカーを見て感じた
個人的な感想としてはこんな感じです。


とどのつまり、
集客力の無い初心者には「使えない」し、
それがある中上級者には「使うメリットがない」
というのが、
バイラルビログメーカーへの感想ですね。


結局のところ集客が既にできている状況なわけですから。


勿論このバイラルビログメーカーの仕様を、

「自身のビジネスモデルになら応用できる」

と思うなら手にされても良いと思いますが、
少なくともこれをアフィリエイトなどの一般的な

「ネットビジネスの集客」

に使っていく事は難しいんじゃないかと思います。


個人的にはアダルト系くらいかなという感じです。


いずれにしても言えるのは、
せっかくマーケティングに「動画」を使っていくなら、
普通にプラットフォームを活用していった方が良いという事です。


じゃないと、せっかくの動画が本当に勿体ないです。


ユーチューブならユーチューブで、
その動画投稿次第ではそのプラットフォーム上から、
ブログやサイト、SNSにアクセスを流し込んでいく事が可能になります。


それこそ既に出来上がっているプラットフォームから、

「ネットビジネスの集客」

を行っていく事ができるわけです。


どちらの方が可能性が高くハードルが低いかは、
言わずともお分かり頂けるんじゃないかと。



ちなみに、そのあたりのユーチューブ活用法や、
ユーチューブで稼いでいく具体的なステップについては、
下記の記事で掘り下げて解説していますので、
興味のある方は一度参考にしてみてください。


【重要】YouTubeで稼ぐ為の順序と具体的なステップと方法。


それではまた次回。



応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuuの「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  2. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  3. ブログアフィリエイトとDRMとソーシャルメディア。結局何をどうすれば稼げるの?っ…
  4. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


実践者・コンサル生の事例紹介

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

DRMを血肉化したいあなたに。

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。…
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡している…
  3. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11…

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. クラブメンバー「永世」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例3
  2. 2信用できるアフィリエイターや情報発信メディアを見極める方法。
  3. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例よっしさん
  4. 2ダイレクトレスポンスマーケティング3
  5. プロスペクト理論(損失回避バイアス)アイキャッチ

カテゴリー

  1. ダイレクトレスポンスマーケティング×アフィリエイトコンサル

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    ブログアフィリエイトとDRMとソーシャルメディア。結局何をどうすれば稼げるの?っ…
  2. 奴隷型のアフィリエイトから脱却する方法

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    奴隷のようなアフィリエイトから脱却する方法。
  3. uzakikeigo_sisyo

    Copywriting Archive the teaching Program(コピーライティングアーカイブ・ティーチングプログラム)宇崎恵吾/本條勇冶

    【ふざけんな!】Copywriting Archive the teaching…
  4. AdobeStock_121779439

    アフィリエイト講座

    ネットビジネス初心者の殆どが稼げない「理由」と「共通点」。その2。
  5. 情報発信×壁アイキャッチ3

    インプットとアウトプット

    自分の文章なんて読まれない?・・あなたの文章を読ませ、ファン化させる最も「ラク」…
PAGE TOP