Twitter Brain(ツイッターブレイン)特典実践者Nさんの実践事例。ツイッターはもう稼げない?

yuuです。


いつも応援クリックありがとうございます。




今年の4月くらい?に特典提供を再開始した、
Twitter Brain(ツイッターブレイン)の特典企画ですが、
再公開当初から最近に至っても、多くの方が続々と結果を出していっています。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)、フォローマティックXYと、フォローブースターPRO。徹底比較レビュー。


これまでユーチューブ系教材の実践者の事例は紹介していましたが、
Twitter Brain(ツイッターブレイン)の実践者の事例に関しては、
あまり紹介した事がなかったので、
今回は他の実践者の傾向も踏まえて、
実践事例の方を紹介しておこうかなと思います。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)実践者の傾向。



ちなみになんですが、
以前コンサル事例として紹介したコンサル生2名も、
そのキッカケとなったのはツイッターからであり、
その為に利用していたのがツイッターブレイン
だったんですよね。


コンサル事例:半年で月100万プレーヤーになった伊勢さんの話。

コンサル事例:コンサル2か月目で結果を出し始めた安倍さんの話。と、結果を「出す」人と「出さない」人の根本的な違い。


僕は基本的に個人コンサルを受ける際はまずヒアリングの段階で
そのクライアントの「目的」や「向き不向き」などを踏まえた上で、
その「目的」果たす為にベストなジャンル(市場)を推奨し、
そこに特化して取り組んでもらう事で、
「最初の一歩」を踏んでいってもらっています。


つまりそのクライアントによって、
そのネットビジネスの「入り方」も違うわけですが、
これまでの傾向からみても、
「ツイッターから入っていく」というケースが多いです。


最近でこそ、ユーチューブから入るケースや、
ユーチューブとツイッター2つを同時進行していくケースも多いですが、

「ツールによる自動化が可能」

というメリットもあり、

「まずはツイッターを選定する」

という方が割合多い傾向にあります。


下記の記事でもその点について詳しく記事にしましたよね。

初心者がはじめに取り組むべきなのは「YouTube」か「ツイッター」か。


上記の記事でも詳しく触れていますが、
ユーチューブにせよ、ツイッターにせよ、
それらのインターネットメディアを効果的に運用していく事ができれば、
その後別のスキームを構築した際に、
それらをその「集客の入り口」にしていく事ができます。


そしてそれが、

「既に出来上がっているプラットフォームを活用する最大のメリット」

と言えるわけです。


そのプラットフォーム上で「影響力」の高いアカウントを構築し、
それぞれのプラットフォーム内でも収益を上げながら、
別の長期的なビジネススキームへの集客の「入り口」にしていく。


言うなればその、

「ツイッター版」

のノウハウをまとめたものが、
ツイッターブレインの特典企画というわけです。

Twitter Brain(ツイッターブレイン)、フォローマティックXYと、フォローブースターPRO。徹底比較レビュー。


ツイッターはもう稼げない?廃れた?
Twitter Brain(ツイッターブレイン)は凍結される?



ちなみに規約変更や凍結基準の変動による理由などから、

「ツイッターはもう廃れた」
「ツイッターはもう稼げない」


というような間違えたイメージを持っている方もいるようですが、
ツイッターの利用価値はまだまだ「高い」です。


そもそもの話、そこに「ユーザー」がいる限り、
そこにアプローチを掛ける「相手」はいるわけで。


活用していく方法次第でいくらでもチャンスはあるわけです。


勿論、ツイッター自体にユーザーが「いない」のであれば話は別ですが、
言うまでもなくツイッターにはアクティブな一般ユーザーがまだまだ沢山います。


確かに統計調査会社が公開している情報などを見る限り、
ユーザー数は多少減少傾向にあるのかもしれませんが、
それでも「たかだか知れてるレベル」です。


実際日本のユーザーもまだまだ数千万人レベルで存在してますし、
少なくともこれまで通りビジネスを行っていく上で、
支障をきたすような要因はまずありません。


そしてその「ツイッター」というポジションに
とって代わって入る別のソーシャルメディアがあるかと言えば、それもない。



それはユーザーの「数」という面でも、
ツイッターユーザーの「性質」や「機能」的な面からも、です。


まあ確かに、
全体的なユーザー数を見ると若干減少傾向にあるかもしれませんが、
これまで同様にユーザーに対してアプローチを掛けていく事ができますし、
ツイッター程、

「より多くのユーザーに対して容易にリーチしていけるSNS」

も殆どないかと思います。


それこそ、そこに代わるのはユーチューブくらいですかね。


実際、昔に比べて規制の厳しくなったツイッターも、
ポイントを抑えて効果的に活用していけば、
凍結リスクはほぼ抑えられますし、
その拡散力をフルに生かし使い倒してバンバン結果出せます。


ただ、それができていないユーザーが大半なんですね。


以前もお伝えした通り、
運用していく上での効果的な手法や、
運用ポイントを抑えていない(知らない)方が大半だからこそ、
いざツイッターを利用しようと思っても、
殆どの人が中々うまく活用できないわけです。


ツイッターの「可能性」と「落とし穴」。

ツイッターで稼ぐ為に理解しておくべき重要なポイント。


当たり前の話ですが、
スパム的に使えばアカウントごと凍結されるのは当然です。



ただこれはツイッターに限らず
どのソーシャルメディアでも同じく言える事で、
規約に触れる行為や迷惑な行為を行うユーザーが、
大元から嫌われるのは当たり前の事なんです。


ツイッターにせよ何にせよ、
「自分の庭を荒らされて喜ぶ人」はいませんから。


よってその点を加味した上で、
ルールに則って効果的に活用していく必要があるわけですが、
多くの人は「そこ」に関する知識がない為に、
気付かないうちに「嫌われる行為」を平然とやってしまうわけです。


・・で、凍結される。



つまりそこを「無視」して実践してしまう事で、
マネタイズ云々以前に「スタートラインにすら立てない」わけです。


まあ、当たり前の話ですよね。


詳しくは先程の記事を一読頂ければと思いますが、
いづれにしても言える事は、

“同じツールでも「使い方ひとつ」で全く違う結果になってしまう”

という事。


ツイッターブレインにしろ、
フォローマティックにしろ、
フォローブースターにしろ、結局は使い方次第。


ツール本体の機能性と有効性、
マニュアルの有効性と優位性の観点から、
僕はツイッターブレインを紹介しているわけですが、
結局は根本的にツール云々以前に、そのツールの「使い方」次第なんですよね。


そしてその使い方の「違い」は極めてシンプルで、

“その効果的な活用法やポイントを知っているか知らないか”

というだけなんです。


実際、ツイッター内においても現状、
「稼いでいる人」と「稼げてない人」に二極化されています。



稼げないどころかアカウント構築すらままならない人と、
ガンガンツイッターを有効活用している人にキッカリ分かれているわけです。


もしあなたがツイッターを活用していて、
思うような結果を出せていないのであれば、
にわかには信じがたい(信じたくない)かもしれませんが、
これが実際に起きている間違いのない「現実」です。


もう一度ハッキリ断言しておきますが、
ツイッターは凍結リスクを抑えながらバンバン運用していけます。


そして、ポイントを抑えていけばまだまだガンガン稼げます。


現にそのポイントを抑えてツイッターを運用する事で、
現在進行形で結果を出していますし、出させる事ができていますので。


まさに「結果が物語っている」というわけです。


・・で、今回紹介するツイッターブレイン実践者も、
まさにその1人で、それを体現していっている方になります。


このブログで紹介するツイッター活用者という意味では、
先程のコンサル生2名を加えて3人目となりますが、
彼の経緯はおそらく、
ツイッターを活用している多くの方に合致する部分も多いと思います。


では、早速いってみましょう。


ツイッターツール&マーケティング教材:
Twitter Brain(ツイッターブレイン)特典実践者「N」さんの実践事例。



今回ご紹介するのは、
僕の特典企画からツイッターブレインを購入して、
ツイッターをマーケティング活用している「Nさん」という方。


実名は公開したくないという事で、イニシャルでの紹介となります。


そのNさんですが、
もともとツイッター自体にゆかりはあったみたいで、
数年前にフォローマティックを購入して取り組んでいたみたいです。


で、そのフォローマティックの教えを元に、
アカウントを量産し、
それぞれのアカウントをフォロマティックで育成していたんですが、
ある日突然全てのアカウントが一斉凍結された事を境に、
ツイッターの運用自体をあきらめたとの事。


まあ、ツイッターは突然規約変更をしたり、
突如一斉凍結を行う事もありますので、
同じような経験をされた方も少なくないと思います。


実際僕自身も知識が薄い初めの頃は、
深く考えずにとにかくアカウントを量産していて、
一時200アカウント程が一気に凍結された事があります。


まあ、今考えれば、
凍結されて当たり前の使い方をしていたわけですが、
その時はさすがに、

「時間と労力返せやボケ!」

と勘違いしていて、
その当時はツイッター経由で月100万程上がっていたものの、
ツイッター以外からの収益の方が普通にあったので、
ツイッター自体を捨てようとも考えました。


ただ、今ではそこで捨てずに続けていてよかったなと思いますし、
そういった失敗事例を身を以て体験したからこそ、
その経験を「糧」に今のノウハウを培って上手に運用する事ができています。


普通では知りえない「傾向と対策」を学ぶ事ができたわけですからね。


そしてそれをキッカケに、
ツイッターに依存しないスキームを構築していくようになったわけです。


・・とまあ、少し話は逸れましたが。


Nさんも同じような苦い経験をして、
彼の場合は結果的にツイッターを断念したんですね。


そしてその後Nさんは、
よくあるありきたりな情報をアテに、
「せどり」に取り組んでいたんですが、
労力対効果が割に合わな過ぎて別のビジネスモデルを模索していた中で、
僕のブログに辿り着いたというわけです。


それが確か3か月くらい前のこと。


Nさん曰く、せどり(転売)を否定し、
ツイッターで実際に結果を出している事などが衝撃だったらしく、
その日にツイッターブレインの特典企画に申込み、
再発起してツイッターに取り組み始めたわけです。


ツイッターブレイン特典企画の方では、

・僕自身のツイッターブレイン活用事例レポート
・ツイッターアカウント凍結回避マニュアル
・ツイッターブレインを2日間で119本売ったアフィリエイト戦略


も提供していますので、
そちらの特典目当てという部分もあったようです。


とくにお目当てだったのが、

「ツイッターブレイン活用事例レポート」

との事。


そのツイッターブレイン活用事例レポートは、
文字通り僕が実際にツイッターブレインを活用していった模様を、
そのままレポートにしているんですが、
こういった事例を公開しているものはあまりないんだとか。


確かに、ネットビジネス系の教材やツールは、
実際に結果を出した事がない(使っていない)のにも関わらず、

「アフィリエイト報酬欲しさにアフィリエイトするケース」

が殆どですので、そういった意味では確かに、
こういう形で実際の事例を公開している人も少ないのかなと思います。
(ツイッター系に限らず、ですが。)


また、Nさんとしてはその、
ツイッターブレイン活用事例レポートの一部のノウハウとして公開している、

|凍結リスクを極限まで抑えながら
|最大限収益化していく「yuu式」活用術

が他で見た事のないようなノウハウで本人的に「ピン」ときたらしく、
そのノウハウを第一に取り入れてにツイッターを運用していったようで、
約3か月程の実践で下記のような成果を出しています。


TwitterBrainツイッターブレイン事例



TwitterBrainツイッターブレイン事例4



TwitterBrainツイッターブレイン事例2



TwitterBrainツイッターブレイン事例3


上記の画像は今月の21日時点のものになりますので、
1.5倍程の収益は見込めるわけですが、
現時点でも50万以上の収益が確定している状況です。



全くの「0」の状態から3か月程でこの成果は、
それなりに「いい方」なんじゃないかと思います。


ましてNさんは一度失敗して挫折した経験もある事からか、
より一層この結果を得ている事に高い満足度を抱いてくれて、
他の方よりも細かく成果報告や感謝の連絡をしてくれているような状況です。


正直、とくに僕は何もしていないんですけどね(苦笑)


・・・ただ、Nさんに限らず、
実際この特典にあるノウハウは他の実践者にも好評で、
その活用法を用いていく事でNさんと同じように、
凍結の可能性をほぼ0にしながら、
アフィリエイトなり誘導なりでバンバン結果を出している方が多い傾向にあります。


つまりそれだけ「有効性」と「再現性」が高いという事が実証されているわけです。


そこに関しては素直に、
そういう有効性と再現性の高いノウハウを提供できた事と、
成功者を輩出できている事に嬉しく思います。


また、他の実践者の方では特典にある、

「ツイッターブレインを2日間で119本売ったアフィリエイト戦略」

を参考に実践して、
僕よりもガンガンアフィリエイト報酬を稼いでいる方も数名いる状況です。


ちなみにこちらには
ツイッターを意外な方向から活用して成約型の報酬をバンバン取っていった事例と、
その方法をそのまま僕の事例付きで紹介しているものなんですが、
当の僕自身が、

「こんなに成約取れたの?」

っていくくらいの成果を上げているような実践者もいる状況です。


■詳しい紹介記事はこちらです。:

【2日間で119本売ったアフィリエイト戦略】。


そんな実践者の事例についてはまた後日詳しく紹介していきますが、
いづれにしても確実に言えるのは、
ツイッターというソーシャルメディアはまだまだ可能性のある市場だという事。


そしてまだまだ「稼げる市場」だという事です。


実際にそれが現在進行形で「目の前」で実証されているわけですからね。


それは僕自身の実践状況だけではなく、
コンサル生や特典実践者の事例を見ても明らかになっている事なわけです。


なのであなた自身がもし、

「ツイッターを活用して結果が出なかった」

あるいは、

「今現在思うような結果を出せていない」

というような状況だったとしても、
これからその状況を一転させていく事は、
スキルや知識、経験は関係なしに、
誰だっておおいに可能だという事を理解しておいてください。


そして今一度ツイッターに取り組んでみようと思えるなら、
騙されたと思って一度だけでも下記の記事を読んで頂ければと思います。


ツイッターブレイン特典企画。


そこには必ず「得られるモノ」があると「断言」できますよ。


それではまた次回。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


yuuの「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

こんな人の日記です。


最終学歴、中学一年の2月頃。
履歴書に掛ける職歴、ほぼ0。
持っている資格、0。
持っている知識、0。
持っているスキル、0。
持っている人脈、0。
yuuの詳しいプロフィールはこちら

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

カテゴリー

タグ

DRMダイレクトレスポンスマーケティング DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐ DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐネットビジネス Facebook収入プロジェクト JackTubeジャックチューブ JackTube小西和夫 TheMillionWritingミリオンライティング宇崎恵吾 YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI- YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI-特典 「神龍」オートコンテンツビルダーACB エビルユーチューバー エビルユーチューバー実績事例 エビルユーチューバー特典 エビルユーチューバー稼げない エビルユーチューバー評価評判 ギガチューブ コピーライティング ダイレクトレスポンスマーケティング ツイッターアフィリエイト ツイッターブレイン ツイッターブレインTwitterBrain ツイッターブレイン凍結 ツイッターブレイン活用事例 ツイッターブレイン特典 トレンドアフィリエイト稼げない フュージョンメディアアカデミー フュージョンメディアアカデミーFMA フュージョンメディアアカデミー大西良幸 ブログアフィリエイトやり方 ユーチューブで稼ぐ ユーチューブで稼ぐ方法 ユーチューブ稼ぐ ユーチューブ稼げない ワードプレスアフィリエイト ワードプレスブログで稼ぐ 匿名アフィリエイト 匿名ブログ 匿名ブログアフィリエイト 大西良幸 宇崎恵吾 小西和夫 株式会社イーブックジャパン 田中政信 稼げるワードプレス講座

このページの先頭へ