【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。IACB(佐藤渉)緊急レビュー!

【2023/09/14追記】

他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】IACB限定特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)

yuuです。


正直、今日は配信する予定ではなかったんですが・・
AI×ビジネスとしてはかなり

「異質」

な企画がリリースされていたので、

“緊急告知”(速報及び予告)

させて頂きます。
(※かなり緊急で書いているので、誤字脱字やリンクミスがあったらすみません)


それがこちらの

International AI Computer Business(IACB)

という企画。


International AI Computer Business(IACB)公式ページ:


実際にレターの方を見てみると
ヘッダー(冒頭部分)の時点で、


・「円安」の今、あなたがお持ちのPC(1台でも可)を
 ドル箱に変えてフル稼働させ、「ドル」を荒稼ぎする方法

(Windows、Mac共に過去10年以内のOSであればスペックは問わない)

・最新AIを利用した全く新しい国際的コンピュータービジネス
(今なら日本円換算の月間収入【600万円以上】も可能)


などと「超強気」でありながら、
他のAI系商材とは「異質」な雰囲気を出しているので、
早速購入して中身を確認してみたんですけど・・


これ、

「すぐに(特に僕が)取り上げずにはいられない内容」

だったので、
取り急ぎ、緊急で筆を執っている次第です。


というのも、
自分で言うのもなんですが
おそらく僕以上に

「このIACBのビジネスモデル(市場)や可能性(実情含め)」



「具体的にレビューできる人って、なかなかいない」

と思うんですよね。


その理由も

「証拠(事例)付き」

で後述しますが、それだけ

「経験者側のレビューが少ないジャンル(市場)」

だという事です。


僕はまだ
AICB全ての教材コンテンツに目を通しただけの段階で、
詳細な検証は「これから」になりますが、
正直なところ

「遅かれ早かれ、この手の教材や企画は出てくるだろうな・・」

というのは前々から感じていました。


それくらい、AIの進化が「爆速」すぎるので。


ただ、AICBはその予想を上回る内容で、

『AIの進化はここまで来てるのか・・』
『これはちょっと、業界(市場)内が荒れるかも』
『え?・・てか、データファイルの現物も提供しちゃうの?』


というのが第一の率直な感想です。


そして肝心の内容としては、
当初レターを読んで感じた第一印象の通り、

・ビジネスモデルの性質
・作り上げていくビジネススキーム(仕組み)


共に、完全に他のAIビジネスとは「異質」になります。


異質というか、唯一無二のビジネスモデル。


なので、他に類似するビジネスモデルは何一つありません。


そもそもの話、
AIを使ったビジネスといえば基本的に

「コンテンツ作成」

を効率化したり自動生成したりというのが一般的ですが、
このIACBのビジネスモデルでは、

・文章コンテンツ
・画像コンテンツ
・動画コンテンツ
・音声コンテンツ

などを

・AIで生成していく(or効率化していく)
・そのコンテンツをメディア(ブログやSNS)で発信していく

という趣旨ではありません。


よってIACBは

・他社商品やサービスのアフィリエイト
・何等かのコンテンツ販売


など、

「第三者からのアクションを求める発信コンテンツの生成」

を目的にしていくノウハウではなく、
あくまでも

「AIを使って、ある市場で需要MAXの専用データファイルを生成していく」

のがメインで、

「その専用データファイルそのものがキャッシュポイントになっていく」

というビジネスモデルになっています。
(※↑ここ重要)


また、報酬はドルになるので、
「円安」の今現在有利に働く事も間違いありません。
(※この点についても後述します)


何より特筆すべきなのは、


これまで一部の組織に完全に「独占」されていた
一兆7640億円もの巨大なグローバル市場に
AIを駆使する事で一個人が参入できてしまうようになった
(=IACBによって市場そのものの「構造」を根底から覆してしまう)



という事。


そもそも今回のIACBで対象としていく「市場」は、
ビジネスモデルの性質上正確な数字は出せないものの、
世界的に(日本含む)みて、

「年間120億ドルに上る市場」

だと言われています。


1億2千万ドルでもなく、12億ドルでもなく、120億ドルです。


今現在(9月13日現在)、
ドル円のレートが1ドル147円なので、

「1,764,000,000,000(一兆7640億円)」

という

「巨額のドルが僅か一年間で動いている市場」

だという事です。


そしてその市場の「構造」としては、
IACBでいうところの

・専用データファイルの「提供」側
・専用データファイルの「利用」側

の二手に分かれていて

「データファイル提供側の人間が莫大な利益を享受している構造」

になっているんですが、

「世間一般の99%は専用データファイルの“利用側”に回っている」

状況にあります。


もちろん、
専用データファイルの「利用側」も

「利用価値(利得)があるから利用している」

わけですが、
このデータファイルはその性質上、

「利用せざる得ない状況」=「利用者側からは“需要しかない”状況」

というのが実情です。


となれば、


「じゃあ、提供側に回ればいいんじゃないの?」



と普通なら思うんですけど、

「それができないから独占されている」

のが業界の実情なんですね。


日本国内で分かりやすく例えるなら、
docomoやAU、SOFTBANKなどの携帯キャリアのようなものです。


この通信大手三大キャリアって、

「誰もが必要とする通信インフラを提供している」

わけですが、
この三社によって完全に市場が独占されていますよね。


そしてその「通信インフラ」がなければ、
携帯電話やスマホで「電話」する事ができません。



市場の「独占」という点では、
あの天下の楽天グループが

「通信事業のインフラも取る!」

と意気込んで楽天モバイルを立ち上げ新規参入したものの、
設備投資などで大赤字を連発し、

「グループ会社の存続危機に陥るレベルで見事に失敗している」

くらいに三大キャリアが市場を独占しているわけです。


(やっぱり古参には勝てないという事)


それと同じような現象で、
IACBのビジネスモデルに必要なデータファイルは、

「データファイルそのものが利益を生み出す」

という性質にある事からも、

「提供側の人間が、提供側の人間に手放すメリットが何一つ無い」

ので、まず「利用側の人間」以外に出回る事はありません。


ここで機転の利く方なら


『・・じゃあ、利用側としてデータファイルを提供してもらって、
 それを自分のデータファイルとして提供していけば良くね?』



と考えると思うんですけど、
これも

・ビジネスモデルの性質上
・データファイルの性質やシステムの管理上


ほぼ「不可能」なのが実情です。


よって、

「提供側に回りたいなら自力でデータファイルを用意する必要」

が出てきます。


それこそ、楽天が基地局を「自力」で作っているように
「自力」でデータファイルを構築していく必要があるわけです。


もちろん、

「自力でデータファイルを用意する」

事も「可能」ではありますが、
そこには

「色んな意味でのハードル(障壁)」

が出てきます。


だからこそ「独占状態」にあるわけですが、
そもそも自力でデータファイルを用意するには、

1、その分野に精通するプログラマに外注する
2、自力でプログラムを開発する

のいずれかが必須になります。


比較的低ハードルなのは

1、その分野に精通するプログラマに外注する

ですが、
この場合は高いコストが掛かるだけでなく、

「そのプログラマへの指示出しにおける専門知識」

も必要になってきます。


要は、高いコストを払って外注しても、

「前提として必要な専門知識がなければお金にならない」

という事。


そして

「その専門知識を学ぶ場もなかなか無い」

のもまた実情です。


加えて言うと、
仮にコストを掛けて構築してもらっても
しっかりと収益化できるデータファイルが納品されるとは限りません。
(ここは指示内容とプログラマの力量による)


また、

2、自力でプログラムを開発する

に関しては、

「一般人が自分で作る事はまず不可能なレベルの専門的スキル(プログラムスキル)」

が必要不可欠になります。


どれだけフルに時間を投じて勉強しても、
習得するのにまず「5年以上」は掛かるレベルです。


よって、

1、その分野に精通するプログラマに外注する
2、自力でプログラムを開発する

の双方で、

「一般人が参入するのは難しい市場」

になっているんですね。


というか、そもそも一般人からすると

「提供側になろうという発想にすらならない」

というか、そんな次元です。


ただ、IACBではその

「データファイルをAI(人口知能)によって効率的に生成していくノウハウ」

をはじめ、

「既に完成しているデータファイルの現物」
(実際に日本円にして月600万円を稼いできたデータファイルとサンプルの提供)


も提供されてしまっているので、

「ただの一個人が、トップ1%側の人間(提供側)になれてしまう企画」

になっているわけですよ。


ただの一個人がトップ1%側の人間(提供側)になれてしまう・・
そんな「前代未聞」の企画が成り立つ「3つ」の要因。



正直な話、この

「一部の組織によって独占されている市場」

に対して

「一個人がトップ1%側の人間(提供側)になれてしまう」

という時点で、
控え目に言って「前代未聞」の出来事です。


なんなら大真面目に

「本来の市場構造を壊してしまうインパクト(良い意味で)」

さえあります。


ただ、これは

・IACBの教材ノウハウ
(市場の仕組みなどの基礎からデータファイルの作り方まで徹底的に網羅して解説されている、他ではまず入手できない希少なノウハウ)

・AI(人口知能)の進化
(IACBの教材ノウハウはAIを駆使する事で専門知識が無くてもデータファイルを構築できるように構成されている)

・既に完成しているデータファイルそのもの
(実際に日本円にして月600万円を稼いできたデータファイルとサンプルの提供)

これら「3つ」の要因が

「全て噛み合って初めて成しえる事」

です。


つまり、
ノウハウだけあってもダメ、AIだけあってもダメ、

「どちらかひとつでも欠けていたら再現できない」

という事。


このAI新時代の著しい進化によって

「世界のあり方・働き方」

は現実として大きく変わっていますが
IACBの登場はその他のビジネスモデルと同様に

「AIによって既存のビジネス構造が崩壊(あるいは変化)していくのが見て取れる事例」

だと言う事もできますね。


【事例公開】あなたが「トップ1%側」に入る未来。
需要MAXの市場が「あなたのドル箱に変わる」という事。



なぜ、僕が今回急遽筆を執り、
この記事の冒頭でも

「僕が取り上げなければいけない」
「僕にしか具体的に伝えられない」


とお伝えしていたのか。


それは僕自身が

「専用データファイルの提供側(1%未満)に属している人間だから」

です。


正直、この市場においては

「IACBの販売者の佐藤渉さんよりも遥かに豊富にある」



「断言できるレベルの経験と実績」

があります。
(※むしろ大先輩だと自負できます)


実際に僕は、
2019年頃からこの市場に参入し、

「1,944,483ドルの利益」

を生み出しました。


日本円換算(1ドル147円)だと、

「2億8583万9001円」

になるので、

「日本円にして3億円ほどのキャッシュ」

を生み出してきたわけです。




上記の画像は
そのうちの支払い履歴のほんの「一部」ですが、

「実際に毎週のように数万ドル(日本円にして数百万円)の利益が支払われている事」

がわかると思います。


多い時は週に6万ドル(現在レートの日本円で880万円程)
が発生しているので、

「IACBの販売者、佐藤渉さんの月間利益を僅か1週間で稼いでいる」

ような状況にあります。




冷静に考えて、この収益性ヤバイですよね。


日本のサラリーマンの平均年収が約450万程ですが、

「その二倍の利益を1週間で稼ぎ出せてしまっている」

わけで

「本当の意味で文字通りの“ドル箱”状態」

になっているわけです。


ちなみに今回、
僕からの特典の方では、

・その詳細な履歴(月ごと・年ごと)を含めたリアルな実績
・その実績を叩き出す為に必要な具体的なノウハウとハウツー


も包み隠さず「全て」公開していきます。


自分でいうのも何ですが
ハッキリ言って、

「今回の特典だけでも10万円~で販売できるクオリティ」

ですし、

「リアルな事例を踏まえて発信(解説)できる」

のは僕くらいしかいないんじゃないかと。


よってこのページでの解説は割愛しますが、
いずれにせよ言えるのは

「このビジネスモデルの全ての“肝”」

になるのが

「IACBで生成していくデータファイル」

にあたるという事です。


うなぎ屋で言うところの「鰻のタレ」であり、
ラーメン屋で言うところの「スープ」ですね。
(※そう考えると、同業者に手放すメリットが何一つ無い事も頷けるはず)


携帯回線と同じく誰にとっても「必須」のデータであるが故、
砂漠で水を売るが如く利用者からの「需要」が止まらない現実



そして先ほどお伝えした通り、
この市場においては

・専用データファイルの利用側(99%以上)
・専用データファイルの提供側(1%未満)


に分かれていて、
データファイルの利用者としてみたら、

「データファイルを利用せざる得ない状況」

になります。


スマホや携帯電話を使いたかったら、

「docomoやauで回線を契約しなければならない」

のと同じで、

「利用者としてはこのデータファイルが必須なもの」

になるわけです。


つまり、

「利用者側からの需要がバカクソ高い状況」

なので、

「トップ1%側の人間(提供側)」

に回る事ができれば、

「文字通りドルを“ドル箱”状態で稼ぐ事」

が可能になります。


もちろん、
しっかりとしたノウハウありきにはなりますが、

「砂漠で水を売るが如く荒稼ぎする事」

も現実的に可能な世界なんですね。


そんな
一般的にはそもそも提供側に回ろうという考えが無いような

「本来は敷居が高くて独占されていた市場」

に対してIACBでは


・IACBの教材ノウハウ
(市場の仕組みなどの基礎からデータファイルの作り方まで徹底的に網羅して解説されている、他ではまず入手できない希少なノウハウ)

・AI(人口知能)の進化
(IACBの教材ノウハウはAIを駆使する事で専門知識が無くてもデータファイルを構築できるように構成されている)

・既に完成しているデータファイルそのもの
(実際に日本円にして月600万円を稼いできたデータファイルとサンプルの提供)


によって、

「一個人でもトップ1%の提供側に参入」

していく事が可能になってしまうという事です。


ビジネスセンスの良い方は、
この時点でもうワクワクが止まらないかと思いますが・・


その上でさらに、
この市場(ビジネススキーム)の最大の特徴が、


1つのデータファイル生成
=継続的なキャッシュを生む「金のなる木」へ変え
「究極のストックビジネス」に化けさせる事も可能



だという事です。


というのも、
IACBのレターを読むと、

「データファイルを複数作っていく」=「利益額が上がる」

というようなニュアンスで書かれている印象を受けますが、

「僕の経験上からの意見としては1つで十分」

です。


現に僕自身は、

「たった1つのデータファイルだけで先ほどの利益を生み出した」

ので、間違いなくこれは断言できます。


(※特典内では管理画面からの詳細な履歴を含めて、全ての実績を公開します)


先ほどお伝えした通り、
このビジネススキームは前提として、

「データファイルそのものが利益を生み出す」

という特性を持っています。


ただ、収益化の方法(ノウハウ)次第では、

「データファイルそのものに“継続的に”利益を生み出す特性

を持たせて

「ストックビジネス化していく事」

もできるんですよね。


もちろん、

「1つ1つのデータファイルを用いて単発で(都度)収益化していく」

という事もできます。


ただそれだと
あくまでもフロービジネスである事に変わりはなく、

「いくらAIで効率化したとしても、その都度収益化までに労力が掛かってくる」

わけです。


さらに特筆すべきなのは、

「ストックビジネス化した方が、利益面(収益面)も数十倍、数百倍に上がる」

という事。


・・よって、

「1の労力に対するレバレッジが数百倍、数千倍変わってくる」

ので、正直なところ

「ストックビジネス化しないメリットは何一つ無い」

んですよね。


ただこの

「ストックビジネス化ノウハウ」

についての具体的な部分については、
IACBのマニュアルでは

「超絶薄い(というかほぼ無い)」

ので、僕からの特典の方で

「実際の事例」

を交えて徹底図解説していきます。


そのストックビジネス化ノウハウを取り入れば、

「データファイルを作る」=「金のなる木を作る」

事に等しくなるので、
だからこそ僕個人としては

「1つのデータファイルだけでOK」

だと言っているわけですね。


これは人によって考え方が違うので

「正解は無い」

ものの、

「僕は労力対効果を最も重要視する」

ので、あえてフロービジネス化する必要はないと思うわけです。


もちろん、ストックビジネス化する場合も、
複数のデータファイルを作れば
その分利益の向上は見込めます。



ただ、
仮にそのデータファイルが1つだけでも

「僕のように1つのデータファイルから
 日本円にして数千万、数億レベルのキャッシュ生む事」


は可能になるので、
あえて量産していく必要はないという事。
(※数十億レベルを狙うなら話は別ですが。)


とはいえ何度も言う通り、これは「ノウハウ次第」です。


そしてその肝心なノウハウについては、
IACBのマニュアルではほぼ解説されていないので、

「今回僕からの特典の方でそのノウハウ自体も全公開していく」

という事です。


また、同じく

「このビジネスモデルの強力な性質(強み)」

として挙げられるのが、


「トップ1%内」でも「競合」の心配がほぼ無い異質な市場



だとという事。


普通に考えて
「独占」されている市場なんだから、

「そこにライバル(提供側)が増える事で競合が生まれるのでは?」

と普通なら思いますが、
このデータファイルは

「ひとつひとつが完全に別物」

であり、

「それぞれのデータファイルに需要がある」

ので

「本質的に競合が生まれる事はない性質」

にあります。


例えば、

・Aさんのデータファイル
・Bさんのデータファイル
・Cさんのデータファイル

があったとしても、

「それぞれのデータファイルに別々の利用価値がある」

ので、

「利用者側からすれば複数のデータファイルを使ってもいい」

し、

「実際に複数のデータファイルを使っている利用者も多い」

んですよね。


例えるなら、
スマホアプリひとつとってみても、

・カメラアプリ
・地図アプリ
・ゲームアプリ
・SNS
・出前アプリ
・旅行アプリ
・電車の乗り換えアプリ
・タクシーアプリ
・画像や動画の編集アプリ

などなど、

「数えきれない程のアプリ」

があり、

「それぞれに全く違う利用価値(需要)」

があるじゃないですか。


それと同じですね。


ラーメン屋だって、
魚介系の醤油ラーメンだって旨いし、
博多系の豚骨ラーメンだって旨いし、
家系ラーメンだって旨い、みたいな、そんな感じです。
(これはちょっと違うかw)


つまり、何が言いたいのかと言うと、

「提供側で利用者を奪い合う概念がほぼない」

というのも大きな特徴であり強みだという事です。


もちろん、
需要に対して供給側の方が大きくなってしまえば
奪い合う概念も出てくる可能性もあります。



ただ、そもそも単純に市場そのものが、

「世間の99%が“利用者側”」=「需要に対して供給が殆ど追いついていない」

という状況にあるので、その面でも、
提供側で利用者を奪い合う心配はまずないと言えます。


そういう意味で言えば、

「これまで独占されてきた市場が新陳代謝(良い意味で分散)」

されて、

「さらに大きな市場になっていく」

んじゃないかなと思います。


また、併せてお伝えしておきたい特性(強み)が


データファイルを第三者に「販売」しなくても荒稼ぎできる



という点です。


冒頭から、

「データファイルそのものが利益を生み出す」

というビジネスモデルだとお伝えしてきました。


なので、

「そのデータファイルを有料で販売して稼ぐ」

というビジネスモデルだと思う方も多いと思います。


そしてそうなると

『データファイルを生成しても、売れなきゃお金にならないでしょ』

という懸念がでてきますよね。


もちろん、
そのデータファイルを有料で販売して稼ぐ事もできます。


それこそ、
それもフロービジネスになってしまいますが、
このビジネスモデルはそもそも

「利用者から代金を頂いて稼ぐという概念無しにで収益化」

していけるので、

「第三者に購入してもらう為のセールスなども一切不要」

になります。


さらに特典でお伝えしていく
ストックビジネス化ノウハウを入れる事で、

「データファイルそのものに“継続的に”利益を生み出す性質」

を持たせる事ができるという事。


収益は「ドル」で獲得。
なので加速する「円安」市場の今は逆にチャンス。



IACBのノウハウで獲得していく利益はドルになります。


ちなみに今のドル円相場は1ドル147円。




この加速する「円安」市場の今は逆にチャンスです。


まあ、この点に関しては改めて解説する必要もないと思いますが、
いずれにせよ

「日本人がドルを稼ぐビジネスモデル自体がなかなか無い」

のも実情ですし、
資産運用のリスクヘッジという面でも有利に働くと言えますね。


※もちろん、
発生したドルを日本円に換算して、
日本の銀行口座に日本円で送金できます。



そのあたりを踏まえた上で、
そこでここからは肝心の、

「IACBの中身(優位性)」

について触れていきます。


IACB教材ノウハウの「質」と「希少性」について



先の通り、

「一個人がこの独占市場に参入できる」

のは、


・IACBの教材ノウハウ
(市場の仕組みなどの基礎からデータファイルの作り方まで徹底的に網羅して解説されている、他ではまず入手できない希少なノウハウ)

・AI(人口知能)の進化
(IACBの教材ノウハウはAIを駆使する事で専門知識が無くてもデータファイルを構築できるように構成されている)

・既に完成しているデータファイルそのもの
(実際に日本円にして月600万円を稼いできたデータファイルとサンプルの提供)


これら全てが噛み合ってはじめて成せる事です。


最後のデータファイルの現物はさておき、

・AI(人口知能)
・そのAIを用いたIACBの教材ノウハウ

のどちらかひとつでも欠けたら再現はできません。


その重要なファクター(要因)である

「IACBの教材ノウハウ」
「AI(人口知能)の進化」


についてですが、
このIACBの教材では

・市場やビジネスモデルの仕組み(基礎)
・AI(人口知能)を使ったデータファイル生成ノウハウ

の全てが各パート事にステップバイステップで、
「これでもか」というくらい初心者向けに網羅されています。


(※教材の一部)


なので、この市場について全く知らない方でも、
1から学習→理解→実践に繋げていく事ができます。


これは実際に中身を見てもらえればわかりますが、
そもそも、

「肝心のデータファイル生成ノウハウそのもの」

がネット上にほぼ転がっていない中で、

「それをAI(人口知能)を使って効率的に生成していくノウハウ」

なんてのはまず学ぶ事ができないのが実情ですが

「AICBのマニュアルでは1から体系的に学んでいく事」

ができます。


しかもAICBのマニュアルでは
その希少なノウハウを、

「実際の事例付きで尋常じゃないくらい緻密丁寧に解説」

してくれているので、
控え目に言って、

「このマニュアルだけでも購入代金以上の価値」

があると言えますね。


・・ただ、初心者であればある程、
上記のコンテンツ量を見て


「ハードル高そう・・」
「自分にもできるかな・・」



と感じる方も多いと思いますが、

「そこを解決してくれるのがAI(人口知能)」

であり、

「そのAI(人口知能)を使ったデータファイル生成ノウハウ」

を学べるのがIACBの教材になります。
(※後述しますが、データファイルを生成せずとも稼ぐ方法もあります)


IACBの教材マニュアルは、
1から丁寧に解説してくれているからこそ
ボリュームが多くなっている側面もありますが、
実際にこの

「AI(人口知能)×AICBノウハウ」

を用いていけば、
今現在特殊なプログラミングスキルが無くても

・マニュアル内にあるソース(コピペ)
・AIへの入出力(コピペ)



「利益を生み出すデータファイルを生成」

していく事ができるようになります。


ただ当然の事ですが、

「AIで全自動に・・」
「クリックのみで・・」


みたいなものではないので、
ある程度のインプットと実践時間は必要です。


まあ、そもそも本来は
習得までに5年以上の歳月を必要とするような専門スキルですからね。


とはいえ
それをAI(人口知能)を駆使する事で早ければ

「初月から完成させる事」

も可能なわけで、

「その為のノウハウをIACBで体得する事ができてしまう」

わけです。


その

「データファイル生成に投じる時間と労力」

に比べて

「得られる利益」

を考慮すれば

「安すぎるリソース(時間や労力の投資)」

であるという事は誰の目からみても明らかなはず。


その一度の労力数千万、数億に化けるわけですからね。


あなたの限りある時間と労力を、
その辺のフロービジネスに投じて不毛な自転車操業を続けるか、
未来の収入源(ストックビジネス)構築に「投資」するか。



普通の感覚であれば「後者」にビジネスメリットを感じるはずです。


まあ、とはいえ「収益の規模」については、先の通り「ノウハウ次第」です。


そしてIACBのマニュアルでは
そこについての解説がほぼ無いので
僕からの特典の方では

「実際に、僕自身が約3億円を生み出したノウハウをあなたも再現できるように体系化」

して徹底解説していきます。
(※人数限定にはなりますが、その他にも即効性や再現性を各段にアップさせるブーストサービスも付与します。)


IACBでは「ダメ押し」で
「既に完成済みのデータファイル現物」さえ提供してくれる



先の通り、AICBでは、


・IACBの教材ノウハウ
(市場の仕組みなどの基礎からデータファイルの作り方まで徹底的に網羅して解説されている、他ではまず入手できない希少なノウハウ)

・AI(人口知能)の進化
(IACBの教材ノウハウはAIを駆使する事で専門知識が無くてもデータファイルを構築できるように構成されている)


だけでなく、


・既に完成しているデータファイルそのもの
(実際に日本円にして月600万円を稼いできたデータファイルとサンプルの提供)


も提供されます。




よって、教材マニュアルのノウハウを、

「正解(完成品)を見ながら実践していける」

んですけど・・


それよりも重要なのが

「提供される完成済みのデータファイル現物を、
 あなたのデータファイルとして使い収益化していく事」


も可能になるという事。


つまり、

「あなたがあなた独自のデータファイルを構築している準備期間」

でも収益化を目指していく事が可能になるという事です。


これはマジで「前代未聞」ですよ。


先の通り、
IACBのビジネスモデルに必要なデータファイルは、

「データファイルそのものが利益を生み出す」

という性質にある事からも、

「提供側の人間が、提供側の人間に手放すメリットが何一つ無い」

ので、

「提供側に回りたいなら自力でデータファイルを用意する必要」

が出てきます。


そのデータファイルの現物(完成済)を、

「あなたが提供できる状況で提供してくれる」

わけですからね。


つまるところ、

1、自分のデータファイルを完成させる前に、提供されたデータファイルで収益化
2、「1」の間にIACBのノウハウに沿って自分のデータファイルを構築
3、自分のデータファイルで収益化

というステップを踏んでいく事も可能になるという事。


こんな企画、後にも先にも聞いた事がありません。


・・ただ、この
データファイルの現物は、
IACB実践者全員に提供される形になるので、

「差別化する事ができない」=「競合になる」

という側面もあります。


っていうのも、
先ほど


> 普通に考えて
> 「独占」されている市場なんだから、
>
> 「そこにライバル(提供側)が増える事で競合が生まれるのでは?」
>
> と普通なら思いますが、
> このデータファイルは
>
> 「ひとつひとつが完全に別物」
>
> であり、
>
> 「それぞれのデータファイルに需要がある」
>
> ので
>
> 「本質的に競合が生まれる事はない性質」
>
> にあります。


とお伝えしましたが、
今回IACBで提供されるデータファイルは

「実践者同士で全く同じデータファイルを使う事」

になるのでどうしても競合が生まれちゃうんですね。


その点に関しては

「提供される現物データをカスタマイズ」

する事で解決する事もできますが、
それなら最初から

「自分のデータファイルを生成するのと労力はさほど変わらない」

ので、個人的には

「完全オリジナルのデータファイル生成していく事」

をおススメします。
(※もちろん、それまでの「繋ぎ」として提供される現物を使うのは問題ありません)


IACBの「3つ」のプランと、異常な投資対効果。



IACBには以下の3つのプランがあります。


・サポート無しプラン:45,800円 ※執筆時点
・30日間サポートプラン:56,800円 ※執筆時点
・60日間サポートプラン:67,800円 ※執筆時点


このプラン選定については、
特殊な分野なだけに

「サポートありのプランの方が安心」

だと思います。


もちろん、先ほどレビューした通り、
IACBの教材マニュアル自体が
各パート事にステップバイステップで解説されているので、
サポート無しでその教材マニュアルを参考に作業を進めていく事もできます。



ただ、途中でのプラン変更は不可なので、

「いつでもサポートをお願いできる環境」

で実践していきたいなら
最初からサポートありで参加される事をおススメします。
(※途中でサポートが欲しくなった場合は改めて買い直す必要があります)


いずれにせよ、

「本来一般人が入り込めなかった独占市場」

に対して

「一個人がトップ1%側として回れる」

なんて機会は他にありませんし、

「ここまでの桁外れな収益性を見込めるビジネスモデル」

は、まあ他に「無い」と断言できます。


実際に提供される


・IACBの教材ノウハウ
(市場の仕組みなどの基礎からデータファイルの作り方まで徹底的に網羅して解説されている、他ではまず入手できない希少なノウハウ)

・AI(人口知能)の進化
(IACBの教材ノウハウはAIを駆使する事で専門知識が無くてもデータファイルを構築できるように構成されている)

・既に完成しているデータファイルそのもの
(実際に日本円にして月600万円を稼いできたデータファイルとサンプルの提供)


上記の「質(クオリティ)」を考慮しても、
正直言ってこの価格帯は「破格すぎ」ですね。


普通に

「コンサルなどを付けて数十万~100万円くらいで企画化しても良いレベル」

だと思います。


IACBのデメリットや実践者の不安材料を払拭する
【yuu式】IACB限定特典について(※重要告知)



先の通り、現状僕は
AICB全ての教材コンテンツに目を通しただけの段階で、
詳細な検証は「これから」になります。


ただ、僕自身

「このビジネス市場」

については、身をもって熟知していますし、

「このビジネスモデルの異常な収益性」

についても「実証済み」ですので、
その「生のノウハウ」を個別に継承していく事もできます。


・・ただどうしても

「コア(核)」

となる、

「AI×データファイルの生成ノウハウ」

については、
僕はプログラマではないので教える事ができません。
(※僕はプログラマと共同で先ほどの利益を生み出しているので)


・・でも、今回はその

「AI×データファイルの生成ノウハウ」

を習得できるIACBがあります。


よって、

「IACB×僕のノウハウ」

があればもう「鬼に金棒」な状態で

「需要MAXの独占市場に殴り込みできる」

わけですよ。


それこそ、
IACBの教材マニュアルでは

「データファイルをストックビジネス化していくノウハウ」

についての具体的な部分については、

「ほぼ無い」

という事も既にお伝えした通り。


その点、僕はそのノウハウを熟知しています。


先の通り、
そのストックビジネス化ノウハウを取り入れば、

「データファイルを作る」=「金のなる木を作る」

事に等しくなり、仮に

「そのデータファイルが1つだけ」

でも

「僕のように1つのデータファイルから
 日本円にして数千万、数億レベルのキャッシュ生む事」


は可能になるという事もお伝えした通り。




もちろん、数十億レベルを狙うなら、
複数のデータファイルを構築していくのが得策ですが、

「まず狙うべきは目先の収入源」

ですよね?


そしてその

「目先の収入源でも数千万・数億オーバーを狙える」

のがこの市場です。


今回、僕からの特典の方では

「実際の事例」

を交えて徹底図解説していきますが、

「肝心のIACBの教材の検証」

はこれからなので、

「IACBには何が不足していて何が必要か」

という部分においては
まだ明確に把握できていません。


今回、

・僕自身経験と実績が豊富にある市場である事
・僕の方のプログラマを動員して検証していく事

もあり時間はさほどかかりませんが、
具体的な特典項目を含めて
近日この記事に追記してしていきます。



ただ、いずれにせよ僕からは

「他の誰にも提供できない特典」

を公開していくのでご安心ください。


また、現時点で確定している事項として、
先にお伝えしておくと、

「ストックビジネス化ノウハウを網羅」(※近日項目公開)

していくのは当然として、
同時に

・生成データファイルの収益率アップを「僕に丸投げ」できるサービス
(あなたが生成したデータファイルからの収益率を「経験者」の僕が底上げします)

・データファイルを「作らず」に収益化していく独自の「利権」の提供
(利益率は若干下がりますが、この方法でも月数百万~のストックビジネス化は可能です)

・僕からのサポート権利(60日間)
(これまで2億8500万円以上を生み出した僕が直接サポートします。※マネタイズ部分のみになるのでデータファイル生成部分は販売者にお問合せください。)


などの、
価格面からしても内容面からしても、
文字通り

「前代未聞の特典」

も提供していきます。


少なくとも、

『自分にはデータファイルを作る事ができずに稼げないんじゃないか』

という

“懸念材料は「0」にできる”

ので安心してください。


ただ予めお伝えしておくと上記の、


・生成データファイルの収益率アップを「僕に丸投げ」できるサービス
(あなたが生成したデータファイルからの収益率を「経験者」の僕が底上げします)

・データファイルを「作らず」に収益化していく独自の「利権」の提供
(利益率は若干下がりますが、この方法でも月数百万~のストックビジネス化は可能です)

・僕からのサポート権利(60日間)
(これまで2億8500万円以上を生み出した僕が直接サポートします。※マネタイズ部分のみになるのでデータファイル生成部分は販売者にお問合せください。)


は僕自身のリソースや競合の懸念を踏まえて

【先着50名限定】

になります。
(※その根拠も特典マニュアルを参照頂ければご納得頂けます)


よって、
現時点ではまだ詳細を公開前ですが、

「全ての特典付きで参加したい」

という方は今のうちにフライングしてご参加頂ければと思います。

(※以下に追記しました)


超ド級のとんでもねえ特典企画、ぶっ放します【※2023/09/16追記】



先に言っておくと、
今回は市場が市場なだけに
僕自身も気合いが入ってしまい、

「もはや、高額単価で売れる超ド級の特典企画」

へとガッツリ引き上げちゃいました。
(ちょっと後悔・・はしていません。)


・・ただ正直、
冷静に価格帯を考えると

『・・え、バカなの?』

って言われるくらい

「本来ならマジで割に合わないクオリティ」

です。


勿体ぶらずに
具体的な項目紹介に入りたいんですけどその前に


「肝心のIACBの検証過程の中で発覚した“欠陥”部分」



について補足しておきます。


っていうのも、
このIACBのビジネスモデルで

「しっかりと収益を上げるオリジナルのデータファイル」

を生成していくには、

「ある根幹部分のノウハウが必要不可欠」

になるんですが、

「そのノウハウが抜け落ちている」

んですよね。


ちなみにこの根幹知識がなければ、

・「自作」でデータファイルを構築する
・データファイルを「外注化」する


のいずれにせよ、

「稼ぐデータファイル」

を作る事が難易度が上がります。


それくらい「最重要視」すべき部分んですけど、
IACBの教材ではそこの解説が抜け落ちているんです



もちろん、
解説が「0」ではないんですけど、
ちょっと解説が甘すぎるので、
初心者からしたら

「再現性が落ちてしまう可能性(懸念)」

が出てくるんじゃないかなと。


正直、個人的に辛口なコメントをするなら、

「これはIACBの致命的な欠陥」

だと言えます。
(※とはいえ、それを上回るメリットがIACBにはあります)


ただ、今回の特典では
その欠陥部分についても網羅しながら、

「懸念点を払拭」

した上で、

「膨大な利益を生み出すデータファイルを超合理的に生成」

していく為のノウハウについても
1から徹底的にあなたに叩き込んでいきますので安心してください。
(※プログラミングスキルは不要です)
(※項目見てもらえればわかりますが、「超合理的に」というのも大きなミソです)



また、当初のレビュー時から

「IACBの教材にはストックビジネス化におけるノウハウが無い」

という点もお伝えしていましたが
その点も「完全網羅」していきます。


というか、
なんなら今回の企画は

・IACBに足りないノウハウ
・欠陥部分の補填


だけでなく

【この特典一本で普通に月収数百万円以上を狙えるプログラム】

に昇華しています。


題して、
IACB市場攻略×ストックビジネスマスタープログラム。


その現時点での確定項目のラインナップとしては以下になります。


【IACB市場攻略×ストックビジネスマスタープログラム(現時点確定項目)】


・IACBで参入していく市場。その「カラクリ」と「実態」を徹底図解説
(こちらは基礎的なノウハウです。IACBでも解説されていますが、経験者の僕なりに別の「角度」から徹底図解説していきます。何事も習得するにはまずは「基本」から。まずは市場の「構造」から徹底理解してください。)


・【事例公開】たった「1つ」のデータファイルを元に2億8583万円を収益化してきたガチの事例を赤裸々に全公開
(その詳細な履歴(月ごと・年ごと)を含めたリアルな実績を元に各ノウハウを公開していきます)


・【※鬼重要】データファイル生成において「最重要視」すべき根幹知識(ノウハウ)とは。
(このビジネスモデルで圧倒的な収益を稼いでいくには、ある根幹部分のノウハウが「必要不可欠」になります。この根幹知識がなければ、自作でデータファイルを構築しようが、外注化しようが、「稼ぐデータファイル」を作る事はできません。それくらい「最重要視」すべき部分なのに、IACBの教材ではそこの解説が抜け落ちています。これはIACBの「致命的な欠陥」だとも言えます。そのノウハウについて1から徹底的にあなたに叩き込みます。※プログラミングスキルは不要です)


・「トップ1%で稼いでいる提供側」の組織が使用している「3パターン」のデータファイル生成ロジックを徹底解説
(このデータファイル生成ロジックがあれば怖いものはありません。あとは「あなたのデータファイル生成に当てはめていくだけ」のフェーズになります)


・「3パターン」のデータファイル生成ロジックを融合させて「爆益」をもたらすデータファイルをあなたが生成していく方法
(実は「データファイル生成」は「データとデータの照らし合わせ」によって生成していく形になります。その照らし合わせ作業に前項のノウハウを用いて融合していけば爆益をもたらすデータファイルを生成する事が可能になってしまいます。)


・IACBで生成したデータファイルの収益率を大きく左右する「5つ」の選定ポイント及び取得データを徹底解説
(これらポイント次第で収益率が大きく左右されるるのでしっかり参考にしてください。※とはいえ、スキルが必要になる要素はありません)


・IACBで「一撃数千万」を狙う為の「ベース(基盤)」とは
(このベース(基盤)があるのとないのとでは、1つのデータファイルからの収益が1万円になるか、1000万円になるかくらいの天と地ほどの差がでます。その根拠を添えながら具体的な制作ポイントも全公開します。※こちらもIACBでは一切触れられていない部分です)


・ベース(基盤)の作り方完全攻略マニュアル
(プログラミングスキルなどは一切不要。本来は敷居が高いですが、IACBとの掛け合わせでグッとハードルは下がります。※その理由も同時に解説します)


・【※重要】本来発生するはずの収益を「無効化(0)」にしてしまう可能性が出る危険ポイントと、それを未然に防ぎ、より確実に収益化していくスキーム構築法
(この危険ポイントを無視する事で、事実として「気付かずうちに利益を捨ててしまっている同業者」は多いです。だからこそ、そのポイントを知っておくだけで新参者でも結果を出しやすい側面もあるんですが、その具体的なポイントを解説します。)


・IACB×マネタイズ「自動効率化」ノウハウ
(ストックビジネス化するスキーム構築時点で「本来必要不可欠なルーティン作業」を完全自動化しながら収益率を大きく底上げする方法)


・あなたのデータファイル構築を「的確」に外注化するノウハウとテンプレート
(これまでの特典ノウハウがあれば、あなたが自らデータファイルを構築せずとも外注化して「稼ぐデータファイル」を構築する事が可能になります。つまり他力本願で収益化のキモとなるデータファイルを手にできてしまうという事です。)


【先着50名限定】生成データファイルの「収益率爆発化」を「僕に丸投げ」できる前代未聞の「飛び級ショートカットサービス」の提供
(あなたが生成したデータファイルからの収益率を「経験者」の僕自身が底上げします。本来、この作業工程が一番のネック(壁)になる部分ですが、そこを僕に丸投げして代行させる事で一気にスタートダッシュを切って即収益化が狙えるようになります。これは自分で言うのもなんですが、ガチで前代未聞のサービスです)


【先着50名限定】僕への「丸投げショートカットサービス」の利用手順マニュアル
(指定の情報とデータの受け渡し内容をご連絡頂くだけで、あなたの収益爆増を期待できます)


【先着50名限定】データファイルを「作らず」に収益化していく「特殊利権」の提供
(これは一般的には出回っていない「特殊な利権」になります。自作のデータファイルよりも利益率は若干下がりますが、この方法でも月間数百万~のストックビジネス化は十分可能です。)


・僕がこの「独占市場」でいち早く2億8583万円の利益を「意図的」に生み出せた確固たる要因。そしてあなたがそれを「完全再現」していく為の唯一のノウハウを伝授
(自慢でも何でもなく、事実として僕はトップ1%側の人間です。そしてそこに辿り着くまでの期間は僅か2~3か月にも満たないものでした。正直、日本国内では最短最速の部類に入る程の異例のスピードで結果を出したと思います。ただそこには確固たる理由と要因があります。そしてそれは「拍子抜け」するほどシンプルなものでした。そこを徹底解説しながらあなたが同じように「再現」していく為の手法を伝授していきます。)


・データファイル収益を「雪だるま式」に倍増させていくパンデミック(感染爆発)戦略
(この戦略によってあなたの収益はまるでコロナウイルスのパンデミックのように「雪だるま式」で日を追うごと倍増してきます。その結果、僕のような膨大な利益に繋がります。※むしろそれ以上も十二分に可能です。)


・雪だるま式パンデミック(感染爆発)戦略を完全再現していく為の基本概念と構造理解
(なぜ、どのように収益が感染爆発していくのか。その仕組みや構造から初心者向けに徹底図解説していきます。この基本概念と構造を理解してください。)


・雪だるま式パンデミック(感染爆発)戦略を「自動化」していく「ベルトコンベア戦略」の全貌を徹底解説
(文字通り雪だるまの様に倍増していく収益を、まるでベルトコンベアで運んでくれるかのように「自動」で上げていく戦略を徹底解説していきます)


・日本中(1億2000万人)を対象に獲得収益を集める「一番手っ取り早い」方法
(これはある意味「特殊」な収益獲得法になりますが、威力は絶大です。しかもスキル・センス・知識ともに完全不要なので誰でも即実践できます。そこを徹底解説していきます)


・IACBでの収益獲得と同時に「半強制的に」別途+αの単発キャッシュを生み出すダブルインカム戦略
(実はIACBのビジネスモデルはスキームの構築の仕方によって半強制的に別途+αの収益を生み出す事ができます。これは単発での報酬にはなるものの決してバカにはできない金額になってくるので取り逃しなく獲得していってください)


・このビジネス市場で爆益を稼いでいく為の「もうひとつのデータファイル」を無償提供
(このデータファイルがあるだけで99%の利用側から「あなたのデータファイルを使わせてください」と言わしめ、爆益を稼ぐ事が可能になります。本来は身銭を出さなければ手に入れる事ができないデータですが、無償で提供していきます)


【先着50名限定】僕からのサポート権利(60日間)
(これまで2億8500万円以上を生み出した僕が直接サポートします。※マネタイズ部分)


ひとまず上記の特典を

【現時点の参加者には全て提供】

させて頂きます。


ただ、上記の項目内に、

【先着50名限定】

と記載のあるものは限定数を超えた段階で
提供終了させて頂く事はご了承ください。


ちなみに

「現段階」



「先着50名限定限定特典に該当する項目」

だけを抜き出すと以下の通りですが・・


【先着50名限定】生成データファイルの「収益率爆発化」を「僕に丸投げ」できる前代未聞の「飛び級ショートカットサービス」の提供
(あなたが生成したデータファイルからの収益率を「経験者」の僕自身が底上げします。本来、この作業工程が一番のネック(壁)になる部分ですが、そこを僕に丸投げして代行させる事で一気にスタートダッシュを切って即収益化が狙えるようになります。これは自分で言うのもなんですが、ガチで前代未聞のサービスです)


【先着50名限定】僕への「丸投げショートカットサービス」の利用手順マニュアル
(指定の情報とデータの受け渡し内容をご連絡頂くだけで、あなたの収益爆増を期待できます)


【先着50名限定】データファイルを「作らず」に収益化していく「特殊利権」の提供
(これは一般的には出回っていない「特殊な利権」になります。自作のデータファイルよりも利益率は若干下がりますが、この方法でも月間数百万~のストックビジネス化は十分可能です。)

【先着50名限定】僕からのサポート権利(60日間)
(これまで2億8500万円以上を生み出した僕が直接サポートします。※マネタイズ部分)


ただ、これまでと同じように、

「先着50名限定特典を締切った後」

でも、特典項目を追加していく可能性も十二分にあります。


その際の追加特典項目についても、
「人数に限定数アリ」の特典については、

【後にも先にも、先着で参加された「50名のみ」への提供】

となりますのでご了承ください。
(※締切前に参加されていれば、今後の追加分も含めて全ての特典を受け取れるという事です。)


この限定数については、

・僕自身のリソース(時間と労力)
・実践者同士で競合が発生して再現性が下がる可能性


双方の面からも

「物理的に守らなければならない事」

も、併せてご理解頂ければと思います。


また、先日こちらのページ内で

「特典単独販売」

についてもお知らせしましたが
従来通り、人数限定特典に関しては、

・通常の企画参加者
・特典単体での参加者


の「合算」で計算する形になり、
限定枠数に達し次第、項目を削除させて頂きます。



昨日の配信までは、

「具体的な特典項目の発表はまだしていない状況」

でこのペースなので、

「おそらく今回の配信ですぐに埋まってしまう」

と思います。


よって、

・既にIACBに参加している方(特典のみ)
・これから新規でIACBに参加しようとしている方(教材+特典)


問わず、

【万全の環境で独占市場に殴り込みたい】

とう方は「今」のうちにご参加頂ければと思います。


●【先着50名限定】全てのIACB限定特典付きで参加する:
International AI Computer Business(IACB)公式ページ:


(注意)申し込みの際は、決済画面で次の表示が出ている事を必ずご確認ください。


※1)特典項目は近日公開予定です。
※2)特典配布開始は10月中を予定しています。
※3)サポート特典は特典配布日を起点として60日間になります。


【2023/09/14追記】

他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】IACB限定特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


・・にしても。



もうこれ、普通に1つの「企画」ですよね・・(苦笑)


正直、この価格帯で全放出するのはマジであり得ないです。


本来なら、特典単体で10万以上は普通に取れます。


・・でも、今回はこのまま「特典」として行きます。
(↑いつもの悪い癖・・)


なぜなら、

「この加速度的に進化する新AI時代」

に、ただでさえ
みんな“てんやわんや”している中で、

「僕の発信だからこそ付いてきてくれている読者さんが沢山いる」

からです。


その期待に応えながら「結果」に繋げていく為にも、
今回も気合いを入れてガッツリ育成していきますよ。



今回はとくに、
この特典企画を通じて

「月収数百万、数千万という金額を稼ぎ出す実践者」

がどんどん生まれていく事になると思うので、
開催していく僕自身もかなりワクワクしています。


いかんせん、
僕自身がズブズブな市場なので、
経験的にも感覚的にも

「もう見えている」

というのが実際のところです。


いずれにせよこの、

「トップ1%に独占されていた約2兆円規模のグローバル市場」



「一個人が参入できる」

事なんて今まであり得ませんでしたし、

「IACB×僕のノウハウ」

があればもう「鬼に金棒」な状態で

「需要MAXの独占市場に殴り込み」

する事ができるようになります。


こんな機会、どこを探してもまず「無い」と断言できますので、

・これまでのAIビジネスに乗り遅れている方
・これまで何らかのネットビジネスで結果を出せなかった方


はもちろん、

・既にネットビジネスで結果を出している方
・既にAIビジネスで結果を出している方


全員にチャンスをガツンと掴んで欲しいと思います。


●【先着50名限定】全てのIACB限定特典付きで参加する:
International AI Computer Business(IACB)公式ページ:


重要なのでもう一度言いますが、

「こんな機会、もうない」

ですよ!


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


目次




yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓








  • コメント: 2

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  4. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


脳死状態で収益化できる核爆弾級のツールが爆裂誕生!

実践者・コンサル生の事例紹介

ただの写真を「資産化」する激ヤバな反則(チート)ツールが爆誕

完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 情報商材レビュー

    PCスキル「0」の事務員に僅か5万円で「転売」させてみたら爆益だった件。【事例紹…
  2. 教材実践者・コンサル事例

    キャラクタービジネスと匿名ビジネスのメリットとデメリット。
  3. 教材実践者・コンサル事例

    コンテンツSEOとSEO対策の今後。(事例付き)
  4. プランスゴールドアービトラージ(PGA)

    プランスゴールドアービトラージ(PGA)などのポンジスキーム・HYIP(ハイプ)…
  5. 教材実践者・コンサル事例

    フュージョンメディアアカデミーFMAの実践者2名の事例と、yuu式特典提供終了に…
PAGE TOP