【完全図解】無形資産「複製」ビジネスを徹底レビュー(IAIB/三田達夫)Intangible Aseets Incentive Buisiness

【2024/03/17追記】
いつも以上に特典単独販売への要望が殺到した為、以下に決済リンクを用意しました。

【yuu式】IAIB限定特典単独購入リンクはこちら。

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)

【2024/03/19緊急追記】
反響絶大に付き、IAIBの「いち特典」ではなく「今年一の特典祭り」として第一弾を公開しました・・!
(※詳細は追記レビューに掲載済みです)

【2024/03/20緊急追記】
今年一の特典祭り「第二弾」のラインナップを公開しました・・!
(※詳細は追記レビューに掲載済みです)

【2024/03/21緊急追記】
今年一の特典祭り「第三弾」のラインナップを公開しました・・!
(※詳細は追記レビューに掲載済みです)


yuuです。


ここ最近、
気温差が激しすぎて若干風邪気味ですが、
なにやら昨日からメールボックスが相当騒がしい・・。


っていうのも、
また新商材がリリースされたらしく、

・レターが鬼レベルで強烈
・値上げ時期が迫っている


事もあってレビュー依頼が殺到しているんですよね。


それが以下の

「無形資産「複製」ビジネス(IAIB)」

という商材なんですが・・


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)公式ページ


まあ確かに、レターが強烈も強烈・・。


ちなみにヘッダーからして「これ」ですからね(苦笑)


(ヘッダー)————————————————-

> ごく一部の限られた企業・個人だけが「公的保護」のもとで占有し続けている
> 年間2106億円(2023年度推計)に相当する権利所得からの二次所得を受け取る方法
>
> 無形資産「複製」ビジネス
> Intangible Assets Incentive Business
>
> その保護対象となっている「無形資産」の一部を合法的に複製し、
> 月々1,000~10,000円に相当する二次的なインセンティブ報酬の柱を
> その企業・個人の数だけ「量産」していく方法があるのですが。
>
> 悠に3000を超える企業・個人が占有している全ての無形資産を
> このスキームによる合法的な「複製」の対象としていくことが可能
>
> そんな二次的な無形資産からの権利所得の柱を1つ1つ築き上げてみませんか?

————————————————-(ヘッダー)


・・いやいや、
「公的保護」だの「権利所得からの二次所得」だの、
「保護対象」だの「無形資産」だの、「複製」だの「量産」だの・・

まあ、のっけから強烈なワードのオンパレードで、
思わず、

「おいおい、これ大丈夫かよ・・汗」

とボヤきながら読み進めていきました。


しかも、肝心の内容はもちろん、
大まかなジャンルにおいても明かされていないので、
まさに「謎が謎を呼ぶレター」になっているんですよね。


また、
詐欺的な商材によく使われるようなフレーズも多用されているので、
ぶっちゃけ僕自身はあまりノリ気では無かったんですけど、

「既に昨日から10件以上のレビュー依頼が来ている」

ので購入してみた次第です。


まあ、中身を見てもいないのに決めつけるのも良くないし、
普通にクソ商材を買うのも楽しかったりするので(笑)←もはや変態


・・で。


早速その内容をレビューしていきたいところなんですけど、
いかんせん、

「今の今、購入したばかり」

なので何とも言及できない状況です。


会員サイトのURLと
PDFファイルはダウンロードしましたが、
まだ中身には一切目を通していないので。


ただ、レビュー依頼を頂いている方にはもちろん、
直接連絡頂いていなくても
このIAIBが気になっている方もいると思い、
色んな意味で後悔しないように、
取り急ぎ「予告」だけしておこうかなと思い筆を執っています。


一応、ブログの方にもアップしておくので、
実際に中身を精査した上で
そこに追記する形でレビューしていきます。


クソであれば普通に容赦なくブッ叩きますので、
今はまだ焦らずに
レビュー公開までお楽しみにして頂ければと思います。
(※ブックマーク推奨)


という事で、今回は
レビュー依頼における予告?注意喚起?でした。


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の内情(裏側)を辛口レビュー(※2024/03/14追記)



お待たせ致しました。


前回、メルマガ限定で

「3月14日にレビューを公開します」

とお伝えしていたのですが、
1から徹底的に図解説していくと少し遅れてしまいました。


あわせて今回、

「IAIBで使うツールの検証」

でも時間を取られましたが、
控え目に言って、

「お待たせした分を200%上回る情報」

を配信していくので期待してください。


そんなこんなで
無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の方を
1からガッツリ精査したので
やや「辛口」にはなりますが

「業界のリアル(実情)」

も含めて徹底的にレビューしていきます。


早速本題ですが、
IAIBに参加する事で提供されるコンテンツとしては
まずPDFマニュアルで190ページ。




上記がメインマニュアルにあたる形ですが、
その後、会員サイト上で大幅にアップグレードされています。


(※こちらについても後述します)


・・で、肝心の内容についてですが、
当初もお伝えした通り、
のっけから好き放題言っているIAIBのレター・・


でもこれ、結論から言ってどれも「嘘」はないんですよね。


っていうか、ビジネスモデルとしてはかなり優秀も優秀。
(詳しくは後述しますが「ビジネスモデルとしては」というのが肝です。)


実際、このIAIBをキッカケに
0→1、1→10の結果を出していく方が続出していくと思いますし、

「月収100万円以上のストックビジネス構築も普通に可能」

です。


まあ、この

・収益性
・再現性


の部分については、

「特筆すべき指摘点」

もあるので後述していきますが、
実際に僕自身も「実証済み」なので間違いありません。


特典ではその

「証拠も全公開」

していきますが、
実際に僕自身も「億単位」の収益を長年に渡って獲得しています。
(投資系のIBビジネスではないのであしからず。)


そんなこんなで個人的には、
ただただ単純にこの

「激烈に(かつ無駄に)小難しく感じさせているレター」

に対して

『どういう意図でこの構成にしたの?』

っていう素直な疑問と、

『アホ程勿体ないな』

っていう感想が入り混じっていて複雑な心境です。
(上から目線ですみません)


それくらい、内容が真っ当すぎるので、

『普通に中身明かして、普通に売ればもっと売れるのに』

と思ってしまうような内容なんですよ。


ただ、先に言っておくと、
このIAIBはメリットもめちゃめちゃ多いんですけど、
先の通り、指摘部分(デメリット)も数点あります。


そしてそれが結構「根幹」にあたる重要部分だったりします。


なので、もしかすると、

「既にIAIBを実践しているけど、行き詰まっている方」

もいるんじゃないかと。


とはいえ、
そのデメリットを踏まえても、

「圧倒的にメリットの方が大きい」

ので、今回特典付きでレビューしていく次第です。
(※特典で懸念点は全て完全払拭していく事ができます)


また、


事前にお伝えしておくべき重要事項



としてお伝えしておきたいのが、
この「IAIBで扱う特定の市場」については

【深く語れる人が殆どいない市場】

だという事です。


もちろん、
一部のネット上にはその道の専門家は沢山います。


ただ、こと「ネットビジネス」業界においては、
この市場やビジネスモデルにおいて「精通」している人って
まずあまり「いない」のが実情なんですよね。


なので、
このIAIBについてググって調べて、
他のブログのレビューを読んでいても

『なんだかよくわからない』

って方が大多数なんじゃないかと。


加えて肝心のIAIBのレターが
なぞなぞ系のレターなので、

「本来の可能性や必要性を伝えられていない」

わけで、より一層「勿体ない」と思うわけです。


そのあたりの、

「情報業界ならではの悪い点」

も目に付くので、
そのあたりも含めてここからはIAIBの

・無形資産「複製」ビジネス(IAIB)のメリット
・無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の欠陥(デメリット)


について徹底的に掘り下げていきます。


また今回は、
IAIBのレターがわかりにくい分、
出来る限りかみ砕いて

「図解」

を用いながら解説していくので

・既にIAIBを手にしている方
・まだIAIBを手にしていない方


どなたも、まずは一読ください。
(※かなり秘匿性の高いノウハウも含んでいるので。)


という事で、まずはIAIBの概要や全体像からいってみましょう。


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の概要と全体像(※図解入り)



先の通りIAIBは、
極めて真っ当なビジネスノウハウであり

・ビジネスモデルの全体像
・そこに持ち込む戦略とツール


を加味してもかなり「優秀」と言えるものになっています。


そこでまずIAIBの「全体像」について
ネタバレしない程度に一言で言うと、

「本来、無関係の2つの市場」

を対象に

「3つの専用ツール(ソフト)」

を使う事で

「合理的に攻略→収益化していくビジネスノウハウ」

になっています。


ちなみにこの2つの「市場」については、

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場


であり、
それぞれ本来「独立」している市場です。


IAIBのレターや各レビューブログでは、
キャッシュポイントとなるAの市場にのみ
フォーカスが充てられていますが、

「少なくともAの市場の数倍の市場規模がある」

のがBの市場です。
(そもそもA市場も巨大だが、B市場の方が巨大だと言う事)


そしてAの市場、Bの市場ともに、
それぞれトップ層は

「年間数億円レベルを稼ぐ“個人”もいるような巨大市場」

だったりします。




ただ、どちらの市場も
独占傾向にあったり、参入障壁がわりと高いので、

・A市場から「利益」を得ていく事
・B市場へ投入する「データ」を作成する事
・A市場とB市場を「組み合わせて」収益化する事




「どれもが難しかった」

のが実情としてあります。


そこをIAIBのノウハウ(戦略)では、

「3つの専用ツールを使う事」



1、Aの市場のデータを基軸にキャッシュポイントとなるデータを作成
2、「1」で作成したデータをBの市場に投下→Aの市場から利益を獲得
3、専用ツールを使ってデータを量産→収益の底上げ

という形で、

「本来一個人での参入が難しかった市場に殴り込み」

できるビジネスモデルになっているんです。




この戦略の構成(スキーム)や、
実践ハードル(参入障壁)の低さについては、

「素直に評価せざる得ない」

というのが率直なところ。


基本的にビジネスモデルの

「肝(根幹)」

となるのデータ作成の工程が、
専用のツールで簡単に作成可能になってしまっているし、
この戦略であれば最低限のハードルで収益化できるので。



そしてAの市場から発生する利益が
IAIBのレターでいうところの

「二次的な権利収入(インセンティブ)」

にあたるという図式で、
実際に二次的な権利収入にあたる事も確かです。
(本来はA市場の利益をB市場を介して持っていくから、です)


ちなみにこの

・「基軸」となるA市場のデータ
・3つのツールを使って作成していくデータ


それぞれが、
IAIBのレターで言うところの「無形資産」にあたり、
実際に「資産性」や「収益性」が高い事も間違いありません。


もちろん、
先に挙げたトップ層(億レベル)までの収益性は狙えないものの
この戦略であれば

「月6桁、7桁レベルなら極めて現実的に狙えるスキーム」

を構築していく事ができますね。


IAIBのビジネスモデルを可能にする要因と、僕ならでは発信できる事



ちなみに僕自身、
このIAIBで対象としていく
Aの市場についてもBの市場についても、

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
→10年以上の経験と実績

B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場
→5~6年程の経験と実績

といった形で
それなりの経験と実績を持っています。
(特典ではその証拠も全て掲載していきます)


その上でとくに驚いたのは

「Bの市場に投下していくデータ作成部分」

です。


っていうのも、上記の通り、
とくにこのBの市場に関してはAの市場よりも、
本来かなり「専門性の高い市場」でした。


それこそ、
それなりのスキルや知識がなければ
データそのものを作成する事はできませんでしたし、
1つ1つのデータ作成における時間と労力も相当なものだったんです。
(プログラミングなどではありません)


だからこそ
ネットビジネス業界ではとくに、

「精通している人が少ない」

のが現状なんですけど、
IAIBのノウハウだと

「ものの数分~10分程度、
 ツール任せの機械的な作業でサクサク作成できる」


ので量産も容易にできてしまうわけですよ。
(※ちなみに、3つのツール全てが「無料」~使えます)


正直、
僕も知らなかったツールもあって、

『ええー!今こんな簡単になってんのかよ・・』

と普通に驚きました。


※実際のツールの一例:
(ネタバレできないのでぼかし入りですが)


そんな

「本来参入障壁が高かったBの市場」



「A市場の高収益なキャッシュポイントをうまく絡ませていく」

事で

「極めて合理的に収益化できるスキーム」

になっているという事。


よって、

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場


の双方を「良い所取り」していけるのが

「IAIB最大の醍醐味であり、他に無い強み」

であり、
これらのツール無しでは
一個人が簡単にこの市場に参入する事自体「不可能」だったので、

「今の時代の理にかなったビジネスモデル」

とも言えます。


【補足】IAIBのマニュアルアップグレードについて



ちなみに冒頭でもお伝えした通り、
IAIBは教材コンテンツがアップグレードされています。




上記がメインマニュアルにあたる形ですが、
会員サイト上で大幅にアップグレードさている次第です。




個人的な印象としては
PDFだとわかりにくい部分が
今回のバージョンアップでわかりやすくなっていると言えますね。
(※作業自体は変わらずシンプルです)


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)のメリットとデメリット



ここまで

「無形資産「複製」ビジネス(IAIB)」

の概要や全体像について触れてきましたが、
それらのおさらいも含めた
具体的な特徴やメリットとしては以下になります。


【無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の特徴やメリット】

・年間2106億円(2023年度推計)規模の市場で二次的なインセンティブを獲得するビジネスモデル
(ある意味独占されていた市場に対し、3つのツールを使う事によってド素人でも参入可能になった)

・「複製」といっても他人のデータを複製してどうこうといったものではない
(オリジナルのデータを用いて収益化していくビジネスモデル)

・基本作業は全てコピペ&ツール任せになるので実践ハードルは極めて低い
(持前の知識やスキル、経験0でも「即日」から実践可能)

・試行錯誤、センスも不要に「機械的」に実践できる
(ツール任せのビジネスモデルになるので、手順通りの機械的な作業で完結可能。※とはいえ、AWPとは別もの)

・人に胸を張って言える極めて「クリーン」なビジネスモデル
(当然違法性は0。アダルト要素や投資要素、グレーな要素も一切ない※IBも無関係)

・利用する3つのツール全てランニングコスト0円~で実践可能
(サブスクもあるが、無料で実践可能。※サーバーもドメインもいらない)

・地道な集客はおろか、第三者との「接触」さえ不要
(当然、売り込みに関するライティングスキルも一切不要)

・やればやった分、権利収益を得られる「積み上げ型」の「自己完結」ストックビジネス
(1つ1つの作業が都度収益になるフロービジネスではなく積み上げ型のビジネスモデルなので長期的な収入源となっていく。しかも自己完結型。※注意点あり。)

・結果(利益)に繋がるまでの「即効性」が高い
(ブログやサイト運営などのように初報酬発生まで期間が掛かる事もない)

・収益性は「青天井」で月7桁(月数百万~)も普通に可能
(ただこれはIAIB単体では懸念点あり。※要補足)

・手法次第ではほぼ「即金」での入金も可能
(※マニュアルには未収録)


上記のメリットを踏まえた上でのデメリットとして挙げられるのが以下です。


【無形資産「複製」ビジネス(IAIB)のデメリット】

・ガチのノウハウはなかなか手に入れられない
(情報業界はとくに、フェイク(偽物)が多いので注意)

・データ作成・収益化(2パターン)についての具体的なノウハウが説明不足
(スキーム自体はまともなのに、そもそもの前提段階から躓く可能性があるのがタマに傷)


それぞれ詳しく解説していきますね。


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)は本来一個人が参入できなかった市場に3つのツールによって「超絶低ハードル」で殴り込みできる



まず1つ目の

・年間2106億円(2023年度推計)規模の市場で二次的なインセンティブを獲得するビジネスモデル
(ある意味独占されていた市場に対し、3つのツールを使う事によってド素人でも参入可能になった)

という点については、
これまでお伝えしてきた通りですが・・




特筆すべきはその

・作業ハードルの低さ
・労力対効果の高さ


です。


先の通り、IAIBでは

1、Aの市場のデータを基軸にキャッシュポイントとなるデータを作成
2、「1」で作成したデータをBの市場に投下→Aの市場から利益を獲得
3、専用ツールを使ってデータを量産
→収益の底上げ

という流れで収益化していくわけですが

「その収益化に直結する肝心のデータ作成の障壁がほぼ無くなっちゃっている」

わけですよ。


そもそもの話、
IAIBのビジネススキーム(戦略)として、

「Bの市場へのデータ投下がトリガー(引き金)」

になってくるんですけど、
先の通りこのBの市場に関しては、
本来かなり「専門性の高い市場」であり、

・それなりのパソコンスキルや知識が必要不可欠
・1つ1つのデータを作成するのに多大な時間と労力が掛かる


ようなものでした。


ただIAIBでは
そのデータ作成における作業ハードルについても、

「基本作業は全てコピペ&ツール任せ」

になるので、
持前の知識やスキル、経験0でも
「即日」から実践可能になっちゃっているわけです。


これについては、
実際にツールを触ってもらえばわかりますが、

「マジで初めて触ったド素人でも数分で立派なデータが作成」

できるので、普通に感動すると思います。




これは僕自身も今回初めて知ったツールですが、

「これは反則レベルでしょ・・」

っていうくらい、
肝(トリガー)となるデータ作成に本来必要な

・知識やスキル
(普通にそれなりに勉強しなければいけないレベル)

・時間や労力
(1つのデータ作成に数日かかるケースもある)

も一切不要に

「ド素人でも数分~でガンガン量産できちゃう」

んですよね。


また、「複製」といっても

・他人のデータを自分のものにしていく
・他人のデータをリライトしていく


といった類ではなく、あくまでも

「専用のツールを用いてオリジナルのデータを作成して収益化」

していくビジネスモデルになっています。


また、そのデータ作成の際に、

【試行錯誤、センスも不要に「機械的」に実践できる】

というのも大きな特徴で
完成したデータを編集したり、
自分なりにテコ入れする必要なく機械的に実践していく事ができます。


yuu
※ちなみに、前回取り上げたAWPも、同じように試行錯誤、センスも不要に「機械的」に実践できますが、今回のIAIBで作成していくデータは全くの「別物」です。






いずれにせよ、
この作業ハードル(参入障壁)の低さは
初心者にとって大きなメリットだと言えますね。



無形資産「複製」ビジネス(IAIB)は人に胸を張って言える極めて「クリーン」なビジネスモデル。かつランニングコスト0円~で実践可能



無形資産「複製」ビジネス(IAIB)は
人に胸を張って言える極めて「クリーン」なビジネスモデルになります。


よって当然違法性は0。


アダルト要素や投資要素、グレーな要素も一切ありません。


むしろ

・人に「誇れる」ビジネスモデル
・人に「感謝される」ビジネスモデル


といっても過言ではないレベルです。


また、

「利用する3つのツール全てランニングコスト0円~で実践可能」

というのも大きな強みです。


もちろん、それぞれのツールで、
有料プラン(サブスク)も用意されていますが、
基本的には「無料」で実践可能。


また、ブログやサイトを立ち上げる事もないので、
サーバーもドメインを契約する必要もありません。


つまり、立ち上げたブログやサイトへの集客する為の
SEO対策なども一切不要だという事です。


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)は第三者との「接触」自体不要に、やればやった分、権利収益を得られる「積み上げ型」のストックビジネス※しかも自己完結型



IAIBのビジネスモデルは

【第三者との「接触」自体不要】

というのも大きな特徴です。


言ってしまえば、

「機械的に作成したデータを一方的に投下し続けるだけ」

のビジネスモデルになります。


つまり「自己完結型」の作業内容だという事。


よって当然、

「第三者へのアプローチ(売り込み)」

も一切不要ですし、
売り込みに関するライティングスキルなども一切不要に取り組めます。


ネットビジネスで挫折する方の大半はこの

・第三者への接触
・第三者への売り込み


で頓挫する傾向にありますが、
その心配もないという事ですね。


そしてIAIBのビジネスモデルは、
その1つ1つの作成データが

「継続的な利益をもたらすストックビジネス」

になっていきます。


つまり1の労力を1の収益で終わらせず、

「コツコツやればやった分、継続的な収益にしていく事ができる」

ということ。


要は「資産性」が高いと言う事です。


冷静に考えてこの「破壊力」はとんでもないんですよね。


だって、感の良い方はお気づきの通り、

「その作成データは専用ツールによって量産できちゃう」

わけですから。


つまり、

「ツールによるデータの量産」×「継続収益」

という構図になるので、

「やればやった分、片手間で獲得収益を倍増させる事ができる」

わけですよ。


普通、
継続収益をもたらす長期的なストックビジネスであれば、
その1つ1つの作業に労力や時間が多大にかかってきます。


逆に、1つ1つの作業が簡易(簡単)であれば、
その場限りのフロービジネスである事が大半です。


でも、

「IAIBのスキームではその両方のメリットを総取り」

していく事ができるわけです。


こんなビジネスモデルはなかなかありません。


そしてそれこそが
IAIBにおけるビジネス戦略の真骨頂なんですが・・

「その恩恵を100%受けていくには足りないピース」

もあります。
(その点は後述していきます)


無形資産「複製」ビジネス(IAIB)は「収益性」や「即効性」も高い



先の通り、
IAIBのビジネスモデルは、

「ツールによるデータの量産」×「継続収益」

という構図で、
やればやった分、片手間で獲得収益を倍増させる事ができる

「資産型のストックビジネス」

を構築できるわけですが、
極めつけに、

“結果(利益)に繋がるまでの「即効性」が高い”

という側面もあります。


それこそブログやサイト運営だと、
SEO対策を含め、
検索流入までに時間がかかるので
初報酬発生まで期間が掛かります。


またTwitter(現X)やInstagramの運用でも、

「最初のフォロワー集め(集客)」

の段階でそれなりの期間を要します。


ただ、IAIBのスキームであれば

「初月からの収益発生も普通に可能」

です。


これは

・扱う市場(A、B共に)
・作成するデータの特性
・それらを複合的に組み合わせたIAIBの戦略
・利用していく専用のツール


が絡み合って初めて可能になるわけですがが

「現実的に早期段階で収益化が可能なスキーム」

が組まれているわけです。


次に、その肝心の「収益性」について。


IAIBのキャッシュポイントは、
先ほど挙げた

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場

における

「二次的な権利収入(インセンティブ)」

になってくるわけですが、

「月収7桁(月数百万~)も普通に可能」

になっています。


ただこれは「補足」も必要で、
おそらくIAIBのマニュアルのみで実践していく場合は、
そこまでの収益性は出せないと思います。


おそらく、良くて月6桁(数十万)レベルが限界値になってくるかと。


っていうのも、
IAIBはスキーム自体は優秀なものの、
具体例や細かい部分のノウハウが薄いんですよね。



これがまさに

「IAIBに足りないピース」

であり、冒頭で挙げた

無形資産「複製」ビジネス(IAIB)のデメリットと業界のリアル(実情)



にも繋がってきます。


それこそこれまで解説してきた通り、
IAIBは

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場


に対し

「3つのツールを使う事」



1、Aの市場のデータを基軸にキャッシュポイントとなるデータを作成
2、「1」で作成したデータをBの市場に投下→Aの市場から利益を獲得
3、専用ツールを使ってデータを量産
→収益の底上げ


という流れで、

「本来一個人での参入が難しかった市場に殴り込み」

できるビジネスモデルになっているのは確かです。




そして以下のようなメリットがある点についても解説してきました。


【無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の特徴やメリット】

・年間2106億円(2023年度推計)規模の市場で二次的なインセンティブを獲得するビジネスモデル
(ある意味独占されていた市場に対し、3つのツールを使う事によってド素人でも参入可能になった)

・「複製」といっても他人のデータを複製してどうこうといったものではない
(オリジナルのデータを用いて収益化していくビジネスモデル)

・基本作業は全てコピペ&ツール任せになるので実践ハードルは極めて低い
(持前の知識やスキル、経験0でも「即日」から実践可能)

・試行錯誤、センスも不要に「機械的」に実践できる
(ツール任せのビジネスモデルになるので、手順通りの機械的な作業で完結可能。※とはいえ、AWPとは別もの)

・人に胸を張って言える極めて「クリーン」なビジネスモデル
(当然違法性は0。アダルト要素や投資要素、グレーな要素も一切ない※IBも無関係)

・利用する3つのツール全てランニングコスト0円~で実践可能
(サブスクもあるが、無料で実践可能。※サーバーもドメインもいらない)

・地道な集客はおろか、第三者との「接触」さえ不要
(当然、売り込みに関するライティングスキルも一切不要)

・やればやった分、権利収益を得られる「積み上げ型」の「自己完結」ストックビジネス
(1つ1つの作業が都度収益になるフロービジネスではなく積み上げ型のビジネスモデルなので長期的な収入源となっていく。しかも自己完結型。※注意点あり。)

・結果(利益)に繋がるまでの「即効性」が高い
(ブログやサイト運営などのように初報酬発生まで期間が掛かる事もない)

・収益性は「青天井」で月7桁(月数百万~)も普通に可能
(ただこれはIAIB単体では懸念点あり。※要補足)

・手法次第ではほぼ「即金」での入金も可能
(※マニュアルには未収録)


実際に、このIAIBは、

・作業ハードル(実践障壁)
・収益性
・即効性


においても、

「初心者にとってはまたとないチャンス」

となる事も間違いありません。


ただそこに

「それぞれの市場の経験者」

として一言提言するなら、

・収益性
・再現性


の部分をもっと上げて欲しかった・・というのが率直なところ。


もちろん、IAIBのスキームによって

「月収7桁(月数百万~)も普通に可能」

なのは「事実」です。


なんですけど、
IAIBのマニュアルではその
収益化ノウハウについての解説が甘いので、
実際に実践していってうまくいっても、

「おそらく月6桁レベルで頭打ち」

になると思います。


IAIBにはサポートもついているので、
その都度質問を投げていく事もできますが、

「肝心の販売者(三田達夫)さんがどこまでの知識や経験があるのか」

は僕自身わからないので、一概に何とも言えません。


ただ、

「レターに掲載されている実績」

を見る限り、
おそらくそこまで深い知識はないんじゃないかと思います。
(※何度も言いますが、戦略自体は優秀です)


その上でまず、

「収益性」

について僕の経験上言えるのは、

・同じ作業内容
・同じ実践ハードル


で収益性を一気に底上げして
月7桁(100万円~)を現実的に狙っていく事は普通に可能だという事。


それも、作業ハードル(障壁)は変わらずに、です。


今回、そのあたりについても
特典教材の方でガッツリ詳しく解説していきますが、

「より重要」

なのが以下です。

「再現性」を最大化する為に必要な最後のピース



上記のデメリットは主に

「収益性」

の面における部分でしたが、

「実はもうひとつ、欠けているピース」

があります。


それが

「再現性を最大化する為に足りないピース」

です。


これこそが冒頭でお伝えした


> ただ、先に言っておくと、
> このIAIBはメリットもめちゃめちゃ多いんですけど、
> 先の通り、指摘部分(デメリット)も数点あります。
>
>
> そしてそれが結構「根幹」にあたる重要部分だったりします。


がまさにその点になります。


っていうのも、
IAIBのマニュアルでは

「B市場へ投下するデータ作成部分」

についての

・具体例
・細かい部分のノウハウ(解説)


が薄いので、
右も左もわからない初心者からすると、

「本来躓く必要のない細かい部分で躓く可能性」

があるんですよね。


ちなみに補足しておくと、
これまで解説してきた通り、

「専用ツールの使い方自体は極めてシンプル」

です。


なので、そこは問題ないんですけど、

「その活用方法においての具体的な事例やノウハウが少ない」

わけですよ。


つまり、

「表面的なスキームは作れるけど、実践的なノウハウが少ない」

という事。


よって、初心者はとくに、

『ん?ツールの使い方はわかったけど、ここはどうしたらいいの?』

となってしまう可能性が高いんですよね。


実際、
このレビュー記事を呼んでいる方の中にも、
既にその状況に陥っている方もいるかもしれません。



正直、ここについては、

「戦略(ノウハウ)が優秀なだけに非常に勿体ない」

と言わざる得ません。


つまるところ、
先ほど挙げた1つ目の収益性におけるデメリットは、
あくまでも

「キャッシュポイントであるA市場」

におけるノウハウ不足だったのに対し、

「B市場(ツール部分)でのノウハウも薄い」

というわけですが、
ここでネックになってくるのが先に挙げた


このB市場について精通している人があまりいない



という事です。


このIAIBに関しては、
ネット上のレビューを見る限り、

『IAIBの実績(利益)は少ない』
『この手法だと、月収100万は稼げる』


といったネット上のレビューを多く見かけますが、
それはこの最初のB市場の攻略ありきの話になります。


そして、先の通りIAIBは

1、Aの市場のデータを基軸にキャッシュポイントとなるデータを作成
2、「1」で作成したデータをBの市場に投下→Aの市場から利益を獲得
3、専用ツールを使ってデータを量産
→収益の底上げ


といった形で、

「双方の市場を戦略的に絡み合わせる事で初めて成立するスキーム」

になります。


なので、
Aの市場(キャッシュポイント)のノウハウだけをクリアしても

「肝心の再現性が上がる事には直結しない」

わけですよ。


勿論、ネットビジネス業界には、
Aの市場での経験や実績がある方はいると思います。



ただ、Bの市場での経験や実績が豊富な人はまず「いない」ので、
そこを完全にカバーできている特典はなかなか「無い」と思うんですよね。


ぶっちゃけ、

『それ、ほんと?』

っていう記事も見かけたりするので・・(汗)
(それくらい、このB市場で結果を出している人は稀だという事です。)


その点僕は、
A市場、B市場の双方で、

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
→10年以上の経験と実績

B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場
→5~6年程の経験と実績

と、それなりの経験や実績もあるので、

・A市場を攻略してきた実際の事例やデータ(証拠)
・B市場を攻略してきた実際の事例やデータ(証拠)


を開示しながら

「IAIBのノウハウ(戦略)に当てはめた解説」

をしていく事ができます。


なので、

「多くの人が教えられない最初で最後のピース」

も特典では完全カバーできるという事。


ちなみにネット上によくある「虚像」ではなく、

「僕の経験や実績は全部リアル」

なので、

「実践している人しか出せないデータ」

も示しながら全公開していきます。
(※実際、この類のなデータを見せてといっても、殆どの人が見せられないと思います)


ちなみにですが、
この部分ついても、

「IAIBと同じレベルの作業ハードルで実践できる」

ので初心者の方も安心してください。


つまりまさに

「知っているか、知らないか」

というレベルだという事です。


なので、特典ありきな部分もありますが、
このIAIBをキッカケに

「リアルに0→1、1→10の結果を出していく方が続出」

していくと思います。


【yuu式】IAIB限定特典について



そんなこんなで今回、
僕からの特典としては主に
IAIBのデメリットとして挙げられる

・キャッシュポイント(A市場)からの収益額を上げるノウハウ
・専用ツール→B市場攻略を、より合理的にクリアしていく為のノウハウ


をメインに掘り下げながら教材化していきます。


詳細なラインナップは後日公開していきますが
かなりのボリュームになってくると思います。



とはいえ、
それぞれの特典ノウハウは全て
IAIB同様に実践ハードルは極めて低いので安心してくださいね。


さらにもう一点補足しておくと、

“データの作り方次第ではほぼ「即金」での入金も可能“

なので、そちらも特典に付属していきます。
(※この即金ノウハウについてもIAIBのマニュアルには未収録です)


また、全て「証拠データ」&「事例」付きです。


他にも実際に

「実績を出せるもんなら出してみてください」

って感じです(笑)


また今回も、
実践者の再現性を担保する為に

「先着60名限定特典」

も用意します。


この配信からどれだけの反響があるかはわかりませんが

【詳細な特典ラインナップ発表前】

の段階でも、

【発表時点で先着人数枠が埋まっていた場合は新規提供不可】

になります。


そして、

【締め切ってしまった後は二度と再公開する事はない】

ので、全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってお申込みください。
(※詳細なラインナップは近日公開)※以下追記部分にて公開開始


【yuu式】限定特典付き:無形資産「複製」ビジネス(IAIB)公式ページ


「今年一」の特典祭りを開催します(第一弾公開/残り12枠)※2024/03/18緊急追記



この無形資産「複製」ビジネス(IAIB)については、
上記のレビュー公開後、
メルマガ限定で

・「今年一番の勢い(ペース)」で参加者が募っている
・特典単独販売への要望も「異例」の数で寄せられている


という旨を配信してきました。


その

「IAIBが今年一番の勢い(ペース)で参加者が募っている理由」

としては、前回の配信の通り、
他のビジネスモデルにはない

・手軽さ(実践障壁)
・スキームの斬新さ(合理性)
・盤石さ(再現性)
・収益性(最低限のハードルで月6~7桁可能)
・量産型×継続収益型の双方を良いところ取り(ストックビジネス)

という特性があるから、なわけですが・・


※以下、一部引用。


【無形資産「複製」ビジネス(IAIB)の特徴やメリット】

・年間2106億円(2023年度推計)規模の市場で二次的なインセンティブを獲得するビジネスモデル
(ある意味独占されていた市場に対し、3つのツールを使う事によってド素人でも参入可能になった)

・「複製」といっても他人のデータを複製してどうこうといったものではない
(オリジナルのデータを用いて収益化していくビジネスモデル)

・基本作業は全てコピペ&ツール任せになるので実践ハードルは極めて低い
(持前の知識やスキル、経験0でも「即日」から実践可能)

・試行錯誤、センスも不要に「機械的」に実践できる
(ツール任せのビジネスモデルになるので、手順通りの機械的な作業で完結可能。※とはいえ、AWPとは別もの)

・人に胸を張って言える極めて「クリーン」なビジネスモデル
(当然違法性は0。アダルト要素や投資要素、グレーな要素も一切ない※IBも無関係)

・利用する3つのツール全てランニングコスト0円~で実践可能
(サブスクもあるが、無料で実践可能。※サーバーもドメインもいらない)

・地道な集客はおろか、第三者との「接触」さえ不要
(当然、売り込みに関するライティングスキルも一切不要)

・やればやった分、権利収益を得られる「積み上げ型」の「自己完結」ストックビジネス
(1つ1つの作業が都度収益になるフロービジネスではなく積み上げ型のビジネスモデルなので長期的な収入源となっていく。しかも自己完結型。※注意点あり。)

・結果(利益)に繋がるまでの「即効性」が高い
(ブログやサイト運営などのように初報酬発生まで期間が掛かる事もない)

・収益性は「青天井」で月7桁(月数百万~)も普通に可能
(ただこれはIAIB単体では懸念点あり。※要補足)

・手法次第ではほぼ「即金」での入金も可能
(※マニュアルには未収録)


そんな背景もあって、

「これまで特典の詳細ラインナップを公開していなかった」

のにも関わらず、
既に48名の方に参加頂いており、
先着60名限定特典に関しては、

「残り12枠」

にまで減っていて、


いつ終了してもおかしくない状況



です。


(※1、レビュー配信から20時間時点での受注状況)
(※2、いつも通り、終了してからの再公開はありません)



・・その上で、ですが、
レビューでもお伝えした通り、
今回の

「IAIBで扱う特定の市場」

については

【深く語れる人が殆どいない市場】

というのもあって、
いつも以上に特典の単独販売への依頼が寄せられていました。


※以下、上記レビューより一部引用。


このIAIBに関しては、
ネット上のレビューを見る限り、

『IAIBの実績(利益)は少ない』
『この手法だと、月収100万は稼げる』


といったネット上のレビューを多く見かけますが、
それはこの最初のB市場の攻略ありきの話になります。


そして、先の通りIAIBは

1、Aの市場のデータを基軸にキャッシュポイントとなるデータを作成
2、「1」で作成したデータをBの市場に投下→Aの市場から利益を獲得
3、専用ツールを使ってデータを量産
→収益の底上げ


といった形で、

「双方の市場を戦略的に絡み合わせる事で初めて成立するスキーム」

になります。


なので、
Aの市場(キャッシュポイント)のノウハウだけをクリアしても

「肝心の再現性が上がる事には直結しない」

わけですよ。


勿論、ネットビジネス業界には、
Aの市場での経験や実績がある方はいると思います。



ただ、Bの市場での経験や実績が豊富な人はまず「いない」ので、
そこを完全にカバーできている特典はなかなか「無い」と思うんですよね。


ぶっちゃけ、

『それ、ほんと?』

っていう記事も見かけたりするので・・(汗)
(それくらい、このB市場で結果を出している人は稀だという事です。)


その点僕は、
A市場、B市場の双方で、

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
→10年以上の経験と実績

B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場
→5~6年程の経験と実績

と、それなりの経験や実績もあるので、

・A市場を攻略してきた実際の事例やデータ(証拠)
・B市場を攻略してきた実際の事例やデータ(証拠)


を開示しながら

「IAIBのノウハウ(戦略)に当てはめた解説」

をしていく事ができます。


なので、

「多くの人が教えられない最初で最後のピース」

も特典では完全カバーできるという事。


ちなみにネット上によくある「虚像」ではなく、

「僕の経験や実績は全部リアル」

なので、

「実践している人しか出せないデータ」

も示しながら全公開していきます。
(※実際、この類のなデータを見せてといっても、殆どの人が見せられないと思います)


ちなみにですが、
この部分ついても、

「IAIBと同じレベルの作業ハードルで実践できる」

ので初心者の方も安心してください。


つまりまさに

「知っているか、知らないか」

というレベルだという事です。


なので、特典ありきな部分もありますが、
このIAIBをキッカケに

「リアルに0→1、1→10の結果を出していく方が続出」

していくと思います。



よって、前回の配信では取り急ぎ、
特典の単独リンクのみをご案内していた次第です。
(※本記事にも掲載しています)


・・で。


肝心の特典ノウハウについてですが、

『正直、どこまで吐き出そうかな・・』

と考えていたんですけど、


これだけの反響があるならもう「全身全霊で応えちゃおう」



って事で、

【普通に“いち企画”として立ち上げる事】

にしました。


つまり、

「IAIB云々関係なしに、特典単体で実践→結果を出せる企画に昇華」

するということ。


レビューでお伝えした通り、
今回のIAIBで扱っていく市場については、
僕自身A市場、B市場の双方で、

A、一部のビジネスユーザーが独占的に荒稼ぎしている市場
→10年以上の経験と実績

B、独占されてはいないが「参入障壁」が高かった市場
→5~6年程の経験と実績

という豊富な実績と経験がありますし、その


それぞれのビジネスモデルで
多数の成功者を生み出してきた(再現させてきた)実績



もあります。


その経験と実績のある各市場におけるノウハウや戦略を

【事例&証拠付き】

で包み隠さず放出していくという事。


その

【第一弾】

のラインナップとしては以下になります。


■【yuu式】IAIB限定特典企画「第一弾」(3月18日公開分)のラインナップ—


・最短最速でのB市場攻略→月6桁~7桁の収益化に繋げる為の基本構造(仕組み)と注意点
(IAIBでは、専用ツールで簡単にデータ作成→収益化できるようになっていますが、その具体的な構造面における解説がありません。よって表面上のスキームは構築できますが、「そのデータによって、なぜ、どのように収益化できるのか」は理解できません。そしてこの部分を理解していなければ効率化や収益増大を狙っていく事はできないので、まずはこの部分から徹底解説していきます。※知っているか知らないかレベルですが重要なので必読です)


・他実践者の獲得利益を「横取り」しながら最速でマネタイズしていく3つの基本設定を解説
(決して難しい設定ではありませんが、収益額に大きな格差が生まれてしまいます。尚、ここもIAIBでは触れられていないので必ず一読して設定してください。)


・データ作成→継続収益を「自動化」させ労力対効果を最大化していく実践ポイント
(こちらも実践ハードルは極めて低いので、必ず設定しておいてください。尚、IAIBのマニュアルでは一切触れられていませんので、既存の参加者も必ず目を通してください。)


・継続収益を取りこぼさずに合理的に収益化していく2つの「仕掛け」の作り方
(実はこの注意点を知らずに実践してしまうと、せっかくのデータ作成→継続収益を取りこぼすor目減りしてしまう可能性が高まります。設定自体はシンプルなので合わせて設定してください)


【先着60名限定】収益発生のスピードを早めるだけでなく「収益性自体」も数倍に底上げする「4つ」のデータ作成テクニックとは
(IAIBの専用ツールと「併用」する形で実践していく事で、収益スピードだけでなく収益性そのものを上げるテクニックです。実践ハードルは高くありませんが、IAIBとの併用による相性はとてつもなく、IAIBのスキーム自体の収益額も底上げする事が可能ですので必ず取り入れてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】上記のデータ作成テクニックの実践効率を5倍以上に上げる「データ自動作成ノウハウ」を伝授
(上記のテクニックを自動化させるノウハウです。収益発生のスピードと収益性を上げるだけでなく、実践効率も上げる事でより労力対効果を最大化していく事が可能になります)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】作成したデータを元に「雪崩式」に継続収益を生み出す4つの「B市場」攻略ポイント
(同じデータを作成→収益化していくのでも、実はポイントを抑えるか抑えないかで収益性と実践効率が大きく変わります。簡単なのに機会損失を生み出すのは非常に勿体ないので、是非参考にしてください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】【悪用厳禁】作成データの一部に一工夫いれるだけで、収益性が倍以上に跳ね上がる強烈な裏技テクと具体的な施策
(かなり強烈なテクニックなので悪用厳禁です。とはいえ、実際に行う事自体は、専用ツールで一手間掛けるだけで完了する簡単な施策なので常識の範囲内で効果的に取り入れてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】裏技テク×施策において「そのまま当てはめるだけ」で毎回のデータ作成作業を「大幅短縮×効率化」できる実践テンプレート
(この実践テンプレートがあれば、あなたの日々の特典ノウハウの作業を一気に短縮しながら、IAIBの収益性を大きく跳ね上げていく事ができます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】あなたの実践テンプレートの作成代行サービス
(文字通り、あなた専用の実践テンプレートを経験者の僕が代わりに作成するサービスです)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・IAIBで使う専用ツールの「もうひとつの便利機能」とは
(この便利機能を使う事でより実践を効率化しながら質の高いデータ作成が可能になります。IAIBでも触れられてないので解説します)


今回の発表分は以上になりますが
先ほどお伝えした通り、
これはあくまでも

【第一弾】

になります。


つまり、

【第二弾、第三弾と追加公開していく】

という事。


「今年一」の特典祭り!第二弾のラインナップを公開!※2024/03/20緊急追記



取り急ぎの追記になりますが
以下が、

【第二弾】

のラインナップとして確定している事項になります。


■【yuu式】IAIB限定特典企画「第二弾」(3月20日公開分)のラインナップ—


・生成AI×IAIBで最短最速かつ超絶合理的に収益化に繋げるチート(反則)戦略(※実証済み)
(IAIBにこの生成AI戦略を持ち込む事の威力は「絶大」です。その根拠も示しながら具体的に図解説していきます)


【先着60名限定】IAIBの手法とは「全く別の手法」でB市場を徹底攻略する専用データ作成ノウハウ(※実演付き)
(これは実際の経験者として、初心者に対してかなりおススメする手法です。専用ツールで誰でも片手間に作成できるので、是非IAIBの手法と合わせて実践してください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】上記のデータ作成ノウハウ×「量産戦略」の作業効率を10倍以上に引き上げる方法
(日々の作業効率と生産性を大幅に上げながら収益も比例して上げる手法です。誰でもできる手法なので、必ず取り入れてください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・クオリティ(質)×収益性の高いデータをいとも簡単に作成する専用ツール活用法を「事例付き」で公開
(この手法も片手間ですぐに実践していく事ができます。威力は絶大なので是非参考に取り入れて下さい。※専用ツールは無料です)


【先着60名限定】B市場攻略で「超絶スタートダッシュを決める禁断の方法」と「実際の事例」
(これは公開してもいいのか微妙なレベルですが、公開します)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・作成した「同一データ」で収益を「倍々ゲーム」にしていくクアドラプル(四次)収益化戦略
(実はIAIBで作成するデータはその1の作業を倍々ゲームに横展開していく事ができます。これは「やらないと損でしかない」ので必ず実践してください。)


尚、今回の特典企画はまだまだこれで終わらず、

【第三弾の追加も既に決定】

している状況です。


第三弾はさらにぶっ飛んでいます※2024/03/21緊急追記



取り急ぎの追記です。


上記の通り、

「この時点で、ぶっ飛んでるレベルの特典ラインナップ」

になっているわけですが・・
今回公開する第三弾は

「第一弾、第二弾を遥かに超えるラインナップ」

になっています。


それが以下です。


■【yuu式】IAIB限定特典企画「第三弾」(3月21日公開分)のラインナップ—


【先着60名限定】・yuu式特典×IAIBの実践と並行しながら、A市場・B市場でも無い「第三の市場から月6~7桁のキャッシュ(利益)」を生み出す「別市場×即金収益型戦略」とは
(ここまでの特典ノウハウを実践してきてこの戦略を取り入れないのは損でしかありません。たったひと手間加えるだけで収益性は「必然的」に大きく変わってきますので、必ず取り入れてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三の市場×複合的ビジネススキームで「超絶合理的に収益化」していく次世代マネタイズ戦略
(これは上記の第三の市場×複合的ビジネススキームありきの話になりますが、データ作成部分をほぼ「他力本願」で収益化に繋げられる極めてチート的な手法です。実践に手間はかからないので是非参考にしてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三の市場における「高単価」キャッシュポイント確立ノウハウ
(第三の市場で合理的に収益化するキャッシュポイントについて解説します。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三の市場からの収益を「継続報酬化」してストックビジネスに変えていく方法
(こちらも併用して実践していく事で「一回のデータ作成作業から複数の収益」を叩き出す事が可能になります。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三市場×複合的ビジネススキームの「仕組み構築」編
(上記の第三市場に関するノウハウを軸に仕組み化していく具体的なノウハウを徹底図解説していきます※とはいえ実践ハードルはIAIB以下なので安心してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三市場×複合的ビジネススキームの「日々のルーティン作業」編
(こちらも仕組み構築編と同様に実践ハードルは極めて低く、コピペできるレベルで実践可能です。あとは決まった作業を繰り返していくのみ。ここも実演付きで図解説していきます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・A市場からの収益を「より確実なレベルで高単価収益に変えていく」為の重要ポイントとは(※超重要)
(ここは収益額を引き上げていく上で「必ず」意識しなければいけない重要ポイントになりますが、IAIBの教材ではこの部分についての言及がありません。ここを押さえないと収益額はガクッと下がってしまうので必ず目を通して実践してください。※実践ハードルは変わりません)


【先着60名限定】・A市場からの高単価収益を「数倍レベル」に底上げして最短最速で月6~7桁を目指せる「独自サービス」を提供
(これは他では手に入れる事がまずできないサービスです。また、実践→収益率は比較にならない程上がります。加えて実践ハードルはほぼ皆無。なのでどなたでもすぐに月6~7桁レベルの収益獲得を目指せます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・A市場×第三市場の双方から「同時に利益を二重取り」していく「一石二鳥」戦略
(この戦略もまた、やらない手はありません。IAIBの元々の収益と第三市場からの収益をまさに利益を二重取りしていく戦略です。実践ハードルもほぼ変わらないので必ず実践してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・yuu式特典×B市場攻略データ作成ノウハウにドッキングする事で自然と「別途収益」を誘発する「即金マネタイズ法」とは
(こちらも非常に効果は絶大。そして収益額も馬鹿にできないレベルで上がります。適材適所にはなりますが、特典ノウハウと組み合わせる事で別途マネタイズできるので、是非取り入れてください)


・放置状態で利益がどんどん確定していく・・そんな「ズルい反則サービス」とは
(これは特典ノウハウに特化したサービスですが、労力は文字通り「0」になる強力なサービスです)


【先着60名限定】・A市場とB市場の「穴場」を突き「単独」でも月収6~7桁を稼げる「旧世代×次世代」の良い所取りをした「数千億市場攻略ビジネス」解体新書
(実際のところ、ネット上にはこのビジネスモデルで月収100万円以上を稼いでいる人はゴロゴロいます。ただ、その実態は殆ど知られていません。そのスキームを赤裸々に明かしながら、具体的な手法についても図解説していきます。※0スタートの初心者でも「その日から」すぐに実践可能。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・「旧世代×次世代」数千億市場攻略ビジネス「事前準備」編
(「準備」といっても、IAIB参加者の立場としてはとくに作業するような部分はなく、あくまでも事前知識を入れておくレベルになります。ただ重要なのでスルーはできませんので一読ください。※ハードルは皆無です)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・「旧世代×次世代」数千億市場攻略ビジネス「実践稼働」編
(このビジネスモデルで稼いでいる先駆者が気を付けているポイントやデータの活用法など具体的に図解説していきます。※くどいですが実践ハードルはコピペレベルで低いので安心してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・ビジネス稼働率を大きく変える「B市場へのデータ投下」時の「7つ」の実践テクニック
(IAIB単体での実践時、特典ノウハウの実践時に限らず、このテクニックを抑えるか抑えないかで稼働効率が大きく変わるので注意してください※知っているか知らないかレベル)


【先着60名限定】・B市場攻略を「起爆」させるドーピングテクニック
(この手法を使えば実践初期の段階でも収益額の高いスキームをいち早く構築していく事ができます。初心者であればある程参考になるはずです)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・起爆ドーピングテクニックを「半自動化」する専用ツールの使い方を「実演付き」で図解説
(実践ハードルを下げられる要因はこの専用ツールにあります。その具体的な使い方を実演付きで解説します。※全て無料で使えます)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・起爆ドーピングテクニック実践時に当てはめると効果的な5つのフォーマット
(先ほどの専用ツールの活用時にこのフォーマットに当てはめるとより収益効率の高いデータを作成できます)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


今回の特典は
いつも以上い気合いが入っていますので、

・特典教材の内容(ラインナップ)
・特典限定の実践サービスや権利


なども

「今年一のものを提供していく」

事になります。


リアルに

「いち企画として販売できるクオリティ」

になる事間違いありませんし、
先の通り

「これ一本でも最短最速で収益化可能なスキームを構築していく事」

が可能になるレベルまで引き上げていきます。


なので冷静に、

「既にIAIBを持っている方」

も、その

・収益性
・即効性
・再現性
・即金性





「桁違いな格差が“必然的に”生まれる事」



に驚かれると断言できますね。


普通に、

「レベル違えワ・・」

となる事間違い無し。


しかも価格帯も価格帯ですからね・・。


「異常レベルのコスパで異常レベルの内容を放出」

していく事になります。


ただ、今回の第一弾含め、第二弾、第三弾と、

「その多くが先着60名限定特典となる事」

は予めご了承ください。


ちなみに、

・第一弾の特典ラインナップ(3月19日公開分)
・第二弾の特典ラインナップ(3月20日公開分)

のラインナップに

【先着60名限定】

と記載のある項目は全て

【規定人数に達し次第、完全終了】

となります。


■現時点での先着60名限定の特典ラインナップ(抜粋):—

【先着60名限定】収益発生のスピードを早めるだけでなく「収益性自体」も数倍に底上げする「4つ」のデータ作成テクニックとは
(IAIBの専用ツールと「併用」する形で実践していく事で、収益スピードだけでなく収益性そのものを上げるテクニックです。実践ハードルは高くありませんが、IAIBとの併用による相性はとてつもなく、IAIBのスキーム自体の収益額も底上げする事が可能ですので必ず取り入れてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】上記のデータ作成テクニックの実践効率を5倍以上に上げる「データ自動作成ノウハウ」を伝授
(上記のテクニックを自動化させるノウハウです。収益発生のスピードと収益性を上げるだけでなく、実践効率も上げる事でより労力対効果を最大化していく事が可能になります)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】作成したデータを元に「雪崩式」に継続収益を生み出す4つの「B市場」攻略ポイント
(同じデータを作成→収益化していくのでも、実はポイントを抑えるか抑えないかで収益性と実践効率が大きく変わります。簡単なのに機会損失を生み出すのは非常に勿体ないので、是非参考にしてください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】【悪用厳禁】作成データの一部に一工夫いれるだけで、収益性が倍以上に跳ね上がる強烈な裏技テクと具体的な施策
(かなり強烈なテクニックなので悪用厳禁です。とはいえ、実際に行う事自体は、専用ツールで一手間掛けるだけで完了する簡単な施策なので常識の範囲内で効果的に取り入れてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】裏技テク×施策において「そのまま当てはめるだけ」で毎回のデータ作成作業を「大幅短縮×効率化」できる実践テンプレート
(この実践テンプレートがあれば、あなたの日々の特典ノウハウの作業を一気に短縮しながら、IAIBの収益性を大きく跳ね上げていく事ができます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】あなたの実践テンプレートの作成代行サービス
(文字通り、あなた専用の実践テンプレートを経験者の僕が代わりに作成するサービスです)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】IAIBの手法とは「全く別の手法」でB市場を徹底攻略する専用データ作成ノウハウ(※実演付き)
(これは実際の経験者として、初心者に対してかなりおススメする手法です。専用ツールで誰でも片手間に作成できるので、是非IAIBの手法と合わせて実践してください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】上記のデータ作成ノウハウ×「量産戦略」の作業効率を10倍以上に引き上げる方法
(日々の作業効率と生産性を大幅に上げながら収益も比例して上げる手法です。誰でもできる手法なので、必ず取り入れてください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】B市場攻略で「超絶スタートダッシュを決める禁断の方法」と「実際の事例」
(これは公開してもいいのか微妙なレベルですが、公開します)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・yuu式特典×IAIBの実践と並行しながら、A市場・B市場でも無い「第三の市場から月6~7桁のキャッシュ(利益)」を生み出す「別市場×即金収益型戦略」とは
(ここまでの特典ノウハウを実践してきてこの戦略を取り入れないのは損でしかありません。たったひと手間加えるだけで収益性は「必然的」に大きく変わってきますので、必ず取り入れてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三の市場×複合的ビジネススキームで「超絶合理的に収益化」していく次世代マネタイズ戦略
(これは上記の第三の市場×複合的ビジネススキームありきの話になりますが、データ作成部分をほぼ「他力本願」で収益化に繋げられる極めてチート的な手法です。実践に手間はかからないので是非参考にしてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三の市場における「高単価」キャッシュポイント確立ノウハウ
(第三の市場で合理的に収益化するキャッシュポイントについて解説します。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三の市場からの収益を「継続報酬化」してストックビジネスに変えていく方法
(こちらも併用して実践していく事で「一回のデータ作成作業から複数の収益」を叩き出す事が可能になります。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三市場×複合的ビジネススキームの「仕組み構築」編
(上記の第三市場に関するノウハウを軸に仕組み化していく具体的なノウハウを徹底図解説していきます※とはいえ実践ハードルはIAIB以下なので安心してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・第三市場×複合的ビジネススキームの「日々のルーティン作業」編
(こちらも仕組み構築編と同様に実践ハードルは極めて低く、コピペできるレベルで実践可能です。あとは決まった作業を繰り返していくのみ。ここも実演付きで図解説していきます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・A市場からの高単価収益を「数倍レベル」に底上げして最短最速で月6~7桁を目指せる「独自サービス」を提供
(これは他では手に入れる事がまずできないサービスです。また、実践→収益率は比較にならない程上がります。加えて実践ハードルはほぼ皆無。なのでどなたでもすぐに月6~7桁レベルの収益獲得を目指せます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・A市場×第三市場の双方から「同時に利益を二重取り」していく「一石二鳥」戦略
(この戦略もまた、やらない手はありません。IAIBの元々の収益と第三市場からの収益をまさに利益を二重取りしていく戦略です。実践ハードルもほぼ変わらないので必ず実践してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・A市場とB市場の「穴場」を突き「単独」でも月収6~7桁を稼げる「旧世代×次世代」の良い所取りをした「数千億市場攻略ビジネス」解体新書
(実際のところ、ネット上にはこのビジネスモデルで月収100万円以上を稼いでいる人はゴロゴロいます。ただ、その実態は殆ど知られていません。そのスキームを赤裸々に明かしながら、具体的な手法についても図解説していきます。※0スタートの初心者でも「その日から」すぐに実践可能。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・「旧世代×次世代」数千億市場攻略ビジネス「事前準備」編
(「準備」といっても、IAIB参加者の立場としてはとくに作業するような部分はなく、あくまでも事前知識を入れておくレベルになります。ただ重要なのでスルーはできませんので一読ください。※ハードルは皆無です)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・「旧世代×次世代」数千億市場攻略ビジネス「実践稼働」編
(このビジネスモデルで稼いでいる先駆者が気を付けているポイントやデータの活用法など具体的に図解説していきます。※くどいですが実践ハードルはコピペレベルで低いので安心してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・B市場攻略を「起爆」させるドーピングテクニック
(この手法を使えば実践初期の段階でも収益額の高いスキームをいち早く構築していく事ができます。初心者であればある程参考になるはずです)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・起爆ドーピングテクニックを「半自動化」する専用ツールの使い方を「実演付き」で図解説
(実践ハードルを下げられる要因はこの専用ツールにあります。その具体的な使い方を実演付きで解説します。※全て無料で使えます)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】・起爆ドーピングテクニック実践時に当てはめると効果的な5つのフォーマット
(先ほどの専用ツールの活用時にこのフォーマットに当てはめるとより収益効率の高いデータを作成できます)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


上記はあくまでも、第一弾と第二弾の「一部」です。


よって、第三弾以降のラインナップでも、
先着60名限定特典の項目は増えていきます。



ただ、いつも通り

【締め切ってしまった後は二度と再公開する事はない】

ので、全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってお申込みください。
(※続編の詳細なラインナップは近日公開)


【yuu式】限定特典付き:無形資産「複製」ビジネス(IAIB)公式ページ
(※先着60名限定特典は規定人数に達し次第完全終了)(※4月中旬~下旬より順次配布開始予定)


ハッキリ断言しますが、
先の通り

・収益性
・即効性
・再現性
・即金性


は比じゃないレベルで変わってくるので、

・IAIBに既に参加してる方
・IAIBを検討している方


は是非この機会に参加頂ければと。
(※続編の詳細ラインナップは近日公開予定)


【2024/03/17追記】
いつも以上に特典単独販売への要望が殺到した為、以下に決済リンクを用意しました。

【yuu式】IAIB限定特典単独購入リンクはこちら。

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


それでは!


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


目次




yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓









  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  2. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  3. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

実践者・コンサル生の事例紹介

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

次世代のWEB3.0を「先取り」して収益化する反則(チート)ツールが誕生

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 投資&資産運用

    あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  2. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト

    投資初心者は即退場?投資・資産運用における嘘と現実。
  3. 教材実践者・コンサル事例

    コンサル生山田さんのDRM事例紹介と「何故、yuuのコンサル生は・・」という点に…
  4. マインドセット

    結局全て自分の「意思」と「継続」って話。
  5. WEB3.0メディアプログラム(WMP/山田慎太郎)

    【先着50名限定】WEB3.0メディアプログラム(WMP/山田慎太郎)批評レビュ…
PAGE TOP