独占市場を僅か3ステップで攻略するAIワーキングプログラム(AWP/藤原敬之)レビュー


【2024/03/02重要追記】
yuu式特典のラインナップ+追記レビューを一部公開しました。
(本記事に追記済みです)

yuuです。


早速本題ですが、
何やら

「目新らしいAI教材+システム」

がリリースされたようで、
3~4日前からレビュー依頼を複数頂いているので
取り急ぎ取り上げておこうかなと。


それが藤原敬之さんという方が販売している
こちらの

「AIワーキングプログラム(AWP)」

というAI教材+システムになります。


AIワーキングプログラム(AWP)公式ページはこちら。


今回は前置き抜きに、早速本題に入っていきますね。


AWP(藤原敬之)は既存のAI関連とは別モノの「全く新しい」AIビジネスプログラム(概要)



まずこの

「AIワーキングプログラム(※以下、AWP)」

ですが、レターの触れ込み(謳い文句)として

「目玉」

になってくるのが、

1、既存のAIビジネスでは無いという事(生成AI自体が目新しい?)

2、その生成コンテンツをAWP独自のシステムを介し
  「アップロード」していく事で稼ぐビジネスモデル

3、複数のアップロードスキームによって
  単発報酬+継続報酬を稼ぎ出せるプログラムになっている

という点になるかと思います。


その上で、実際に中身を確認しましたが、
確かにAWPはこのブログでこれまで取り上げてきたような

「他のAI関連のビジネスとは無関係な全く新しいビジネスプログラム」

になっている事は間違いありません。


現状、ネット上を探しても

「類似のビジネスノウハウは転がってない状況」

にあるので、
ライバルが少ないブルーオーシャン市場である事も確か。
(※後述します)


また、

「生成コンテンツのアップロードで稼いでいく」

という点にも嘘偽りなく、
実践においても専門的な知識やスキルだけでなく、

「センスや創意工夫(手直し・アレンジ)さえも不要」

になるので

「初心者にとっては取っつきやすいビジネスモデル」

だと言えます。


こちらも詳細は後述していきますが・・
ざっくり言うと、
例えば、これまでのAIビジネスという点で言えば、
それこそ

・文章生成AI(ChatGPT、etc)
・画像生成AI(Stable Diffusion、ミッドジャーニー、etc)

などで
文章なり画像なりのコンテンツを生成して稼ぐスキームが通例ですよね。


そしてそれらのビジネスモデルの場合は基本的に、

「発信→集客→第三者へのセールス(有料・無料問わず)」

というのがキャッシュポイントになってきます。


なので基本的には、

・生成した画像や文章をTwitter(現X)アカウントに投稿
 →フォロワーを集めて収益化に繋げる

・生成した画像コンテンツをInstagramアカウントに投稿
 →フォロワーを集めて収益化に繋げる

・生成した文章コンテンツや画像コンテンツを組み合わせて動画化してTikTokやYouTubeアカウントに投稿
 →視聴者を集めて収益化に繋げる

といった形であり、

「生成コンテンツを使って集客→アプローチ→収益化」

というのがセオリーでした。


もちろん、実際に生成AIを効果的に使えば、
スキル不要に上記のような手法で収益化に繋げる事ができます。



そして現に、僕の特典などでは

「実際の活動事例+収益事例やノウハウ」

も公開してきましたが・・・
AWPのビジネスプログラムはその


他AIビジネスで必須だった生成コンテンツの「修正(手直し)」「集客→売り込み」という工程さえも不要に実践できる



スキームが用意されているんですね。


要は、

・ChatGPTで生成した文章をテコ入れ(修正)してアップする
・生成したAI画像を魅力的に見せる為の文章を加えてアップする

といった創意工夫(手直し・アレンジ)が必要になるも事なく、

「生成したコンテンツ素材に手を加える事なくアプロードしていく」

というのが本筋であり、

「第三者へのセールス(有料、無料問わず)が無くても収益発生が可能なスキーム」

が組まれているという事です。


AWPのレターの方でも、

「アップロードビジネス」

という点を大々的に打ち出していますが、

「リアルにそのフレーズ通りのビジネスモデルになっている」

んですよね。


実践ハードルとしても「出来ない人」はまずいないレベルです。
(※こちらも詳しく後述します)


また、最近はOpenAIがリリースした

「Text-To-Video(文章→動画)モデル」

として世界に激震を与えている
動画生成AIの「SORA」が話題を呼んでいますが、
今回のAWPではSORAも使いません。
(※このSORAに関してもかなり面白いので、今後無料記事として公開します)


いずれにせよ、
先の通り「ビジネス観点」では
まだネット上でそう広まっていないジャンルですし、

「そもそもオリジナルのプログラム+独自のシステム」

になるので、

『こんな稼ぎ方を自分でもできるのか・・』

となる事は間違いないと思います。


そのあたりについても後述していきますが、
上記のポイントも加味した
AWPの特徴やメリットとしては以下が挙げられます。


【AWPの特徴とメリット】

・本来専門的なスキルがなければ参入が出来なかった分野
(本来敷居の高いジャンルをAIで攻略できる)

・ライバルがほぼ不在のブルーオーシャン市場
(同ジャンルでAIを使っている人もいるが、マネタイズできてない人が大半)

・実践に必要不可欠なオリジナルの専用システムも提供される
(サブスクではなく買い切り型なのでランニングコストはサーバー、ドメインのみ)

・極めてシンプルかつ「機械的」な実践スキームで収益化可能
(出来ない人はいないレベルの作業ハードル)

・持前のスキルや知識だけでなく、創意工夫、センスも一切不要
(AIでのコンテンツ生成とはいえ、アレンジ(手直し)も不要)

・超「片手間」に実践していける
(データ生成に必要とする時間は平均すると3分程度、アップロード作業にかかる時間は平均して1~3分程度)

・段階的なプログラム構成で合理的に収益化できる
(特定のマネタイズ方法だけでなく、3つの収益化戦略が合理的に組み合わされている)

・固定報酬+継続報酬を獲得できるダブルインカム型ビジネスプログラム
(単発型のフロービジネスと資産型のストックビジネスを兼ね備えたビジネスモデル)

・即金性が高い
(獲得収益は基本的に20日スパンで入金可能)

・収益性も高い(※特にConcessionDataReward)
(月収7桁、100万円以上も可能。※ただこれは特典ありき)


掘り下げて解説していきますね。


AWP(藤原敬之)で使う生成AIとジャンル(市場)について



まず、AWPで使う生成AIとジャンル(市場)についてですが、
AWPで扱うジャンルは

「本来専門的な知識、スキル、センスがなければ参入できないジャンル」

でした。


一言で言うなら、

「これまでは一部の特殊スキルを持った専門家だけで成り立っていた業界」

であり、それこそ、
文章力の無い人が小説を書けなかったり、
絵や写真が苦手な人が画家や写真家になれなかったのと同じです。



でも今は生成AIによって、

・ChatGPTで小説を書けるようになった
・ミッドジャーニーやStable Diffusionでクオリティの高い画像を生成できるようになった


ように、

「誰でもその道の専門家と遜色ないコンテンツを作れるようになった」

わけじゃないですか。


そして

「それと同じ現象がこのAWPのジャンル(市場)でも起きている」

という事。
(※ちなみに全く違うジャンル、生成AIなのであしからず)


つまり、
本来一般人には参入が難しかったジャンルに対して、
生成AIの登場によって

「知識やスキル、はたまたセンスさえも不要に生成できるようになった」

という事。


まさにこのジャンル(市場・業界)でも、

「AIが仕事を奪っていく」

という事が如実に表れているわけで、

「AIとの協業時代」

に突入している事が見て取れますよね。


※AIの今後についてや、AIとの協業時代については以下の記事で詳しく解説してます。





AWP(藤原敬之)のジャンルは「誰でも専門家になれる=誰でも収益化できる」には直結しない(※だからこそブルーオーシャン)



話を戻して、
AWPで扱うジャンルは

・本来一部の専門家しか参入できないジャンルだった
 
→生成AIの登場によって誰でも専門家になれるようになった

とお伝えしましたが、

「その生成AIだけではマネタイズ(収益化)までは繋げられない」

という「壁」も存在します。


この肝心な生成AIについては
レターでも明かされていないのでネタバレはできませんが、

「この生成AI自体の認知度」

は、もちろん決して「0」というわけではありません。
(むしろそこそこ認知度は高い)


ChatGPTやミッドジャーニー、
Stable Diffusionほど有名ではありませんが、

「日々AIを追いかけている人は普通に知っているレベル」

の生成AIです。


なので普通に
その生成AIでコンテンツを生成している人は普通にいます。


・・でも、

「そのAIで生成したコンテンツを収益化に繋げる方法はあまり知られていない」

というか、

「その生成AIを知っていても、それを収益化に移す機会(手段)が無い」

というのが実際のところ。


つまり、

『なにこの生成AI!凄くね!?』

と話題にはなっているし、
実際にその生成AIを使ってコンテンツを生成している人もいるけど、

「ビジネス観点で利用している人はほぼ皆無」

という状況にあるという事です。


だからこそ、
このAWPで対象とするジャンル(市場)は

「ライバルの少ないブルーオーシャン市場」

になっているんですね。


そういうと、

『なにそれ、じゃあ無理ゲーじゃん』

と思われるかもしれませんが、

「そのAWPのジャンルに特化した生成AI→収益化に直結させる」

事を可能にするのが

「AWPで提供されるオリジナルのシステム」

になります。


つまるところ、このAWPは、

・AWPの生成AIの活用ノウハウ
・AWPで提供されるオリジナルのシステム

これら2つがセットになって初めて
初心者でもビジネス参入できるようになっているという事。



そしてその


収益化に必要不可欠なオリジナルの専用システムは「買い切り型」のシステム



になっています。


つまり、
プログラムそのものを提供されるので、
サブスクの月額費用を取られるわけでもなく、
最低限のサーバーやドメイン費用のみのランニングコストで
オリジナルのシステムを使い倒していく事ができます。


そのサーバー費用もせいぜい、月数百円とか、そんなもん。


変な話、買い切りなので複数のサーバーに設置していく事も可能です。
(※とくに意味はありませんので不要ですが)


使っていく生成AIに関しては、
ChatGPTのAPIやGPT4、
ミッドジャーニーやStable Diffusionと同じく
ある程度の利用料は掛かってきますが
日本円で1000円~2000円も掛からないレベルです。


なので、

「得られる収益との費用対効果」

を考えれば余裕のよっちゃんイカレベルです。


システムの設置に関しても、
一般的なツールと違い、
FTPツールなども不要に設置できるので
誰でも直感的に設置できるレベルになります。


※ただ、それでも難しいという方は
今回特典の方で「設置代行サービス」もお付けするのでご安心ください。



AWP(藤原敬之)は極めてシンプルかつ「機械的」な実践スキームで収益化可能



AWPの実践ハードルは、

「出来ない人はいないレベル」

の作業ハードルから実践していく事ができます。


流れとしてはレターにある通り、以下のような感じです。


【AWPの作業の流れ】

1、一定のルールに沿った短文のデータ入力(プロンプトのコピペ)
2、生成されたデータを確認してダウンロード (生成AIにお任せ)
3、ダウンロードしたデータをアップロードをしていく


上記のシンプルかつ機械的な流れで、

「本来専門家しか作れなかったデータ(コンテンツ)を即効で生成」

していく事ができます。


その「1」の入力するプロンプトについても、
AWPの方で提供してくれますので、

「それを参考にプロンプトを突っ込んであとは待つだけ」



「ハイ完成」

です。


そして先にもお伝えした通り、


AIでのコンテンツ生成とはいえ、アレンジ(手直し)も不要で「機械的」に数分~実践していける※できない人はいないレベル



なので、

「持前のスキルや知識だけでなく、創意工夫、センスも一切不要」

に収益化まで持っていけるんですね。


これは初心者にとって本当に大きなメリットだと思います。


それこそ冒頭でお伝えした通り、
従来の一般的なAIを使ったビジネスモデルは基本的に、

・生成した画像や文章をTwitter(現X)アカウントに投稿
 →フォロワーを集めて収益化に繋げる

・生成した画像コンテンツをInstagramアカウントに投稿
 →フォロワーを集めて収益化に繋げる

・生成した文章コンテンツや画像コンテンツを組み合わせて動画化してTikTokやYouTubeアカウントに投稿
 →視聴者を集めて収益化に繋げる

といった形であり、

「生成コンテンツを使って集客→アプローチ→収益化」

というのがセオリーでしたが
AWPのビジネスプログラムは

「その集客→売り込みという工程さえも不要に実践できる」

スキームが用意されているわけです。


要は、

・ChatGPTで生成した文章をテコ入れ(修正)してアップする
・生成したAI画像を魅力的に見せる為の文章を加えてアップする


といった創意工夫(手直し・アレンジ)が必要になるも事なく、

「生成したコンテンツ素材に手を加える事なくアプロードしていく」

というのが本筋であり、

「第三者へのセールス(有料、無料問わず)が無くても収益発生が可能なスキーム」

が組まれているという事です。


なので、

・生成AIで生成したコンテンツの「修正(アレンジ)」で挫折した方
・生成AIでのコンテンツ発信をメインとしたSNSアカウントへの「集客」で躓いた方
・構築したSNSアカウントでの「売り込み」で挫折した方


でも

【難なく「機械的」に実践→収益化を狙っていく】

事ができます。


そういう意味でも、
AWPのレターの方で大々的に打ち出されている通り、

「アップロードビジネス」

というフレーズ通りのビジネスモデルになっていると言えます。


また、

・超「片手間」に実践していける
(データ生成に必要とする時間は平均すると3分程度、アップロード作業にかかる時間は平均して1~3分程度)

でもお伝えした通り、

・データ生成に必要とする時間は平均すると3分程度
・アップロード作業にかかる時間は平均して1~3分程度


になるので、
誰でも片手間に実践していく事ができるのも強みです。


つまり、

「時間・労力的な意味でも実践できない人はいないレベル」

だと言えるわけです。


AWP(藤原敬之)は段階的なプログラム構成で「3つ」の収益化戦略が極めて合理的に組み合われている



AWPは

・特定の生成AI
・AWPの独自システム


による「段階的なプログラム構成」が組まれていて、
特定のマネタイズ方法だけでなく、
3つの収益化戦略が合理的に組み合わされています。


具体的には、

「特定の生成AIでコンテンツを作成→アップロード」

していく中で、

・「1」の手法でマネタイズ(収益化)
・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)
・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)

という流れで、
特定の生成AIを使ったコンテンツ生成ノウハウを基盤に

「3つのマネタイズ(収益化)ノウハウ」

を持って

「段階的にステップアップしていくプログラム」

というのがAWPだという事です。


そしてそれぞれが

「生成AIで作ったコンテンツをアップロードする事」

「起点」として動いていくという図式。


このプログラム構成に関しては

「非常に合理的と言わざるを得ない」

のが実際のところで、

「完全0ベースの初心者が月収7桁を狙っていく」

のに

「極めて現実的なプログラム(スキーム)が組まれているなー」

というのが率直な感想です。


よって、そもそもAWPのビジネススキームは、

「特定のノウハウに依存したビジネスモデルではない」

ので一概に

「こういうもの」

と断定的に言えないプログラムになっているわけですが、
とはいえ、

「それぞれの段階において持前の知識やスキル不要に参入できる」

というのが大きな強み。


それもこれも

「生成AI+AWPのシステムならではできる事」

です。


それでいて

・1つ1つのビジネススキーム
・ビジネスプログラムの構成
・提供される独自のシステム



「全てが完全オリジナル」

になるので、参加者からすると

「初めて目にする」

ようなものになっているわけです。


AWP(藤原敬之)は固定報酬+継続報酬を獲得できるダブルインカム型ビジネスプログラム



先の通り、AWPは

「特定の生成AIでコンテンツを作成→アップロード」

していく中で、

・「1」の手法でマネタイズ(収益化)
・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)
・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)

という流れで、
特定の生成AIを使ったコンテンツ生成ノウハウを基盤に

「3つのマネタイズ(収益化)ノウハウ」

を持って

「段階的にステップアップしていくプログラム」

になっていますが、

・単発型のフロービジネス
・資産型のストックビジネス


双方を兼ね備えたビジネスモデルになっています。


つまり1の労力を1の収益で終わらせず、

「コツコツやればやった分、継続的な収益にしていく事ができる」

し、

「同時に単発の収益も稼いでいく事ができる」

という事。


ちなみに(本来の)内訳としては、

・「1」の手法でマネタイズ(収益化)→ストックビジネス
・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)→フロービジネス
・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)
→フロービジネス

という図式ですが、

「2と3についてもストックビジネス化していく事」

は可能です。
(※こちらはAWPでは触れられていないので特典で解説します)


そして、


AWP(藤原敬之)は「収益性」と「即金性」が高い



というのも大きな特徴です。


これは

・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)
・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)

が対象となってきますが、

「1つ1つの労力が数万円単位の収益になっていく」

ようなマネタイズ方法になるので、
普通に月収7桁(100万円)超えも狙えるようなレベルです。


というか、
この点に関しては「実証済み」な部分でもあるので間違いないですね。


ただ、その経験上の話で言うと、
このマネタイズ戦略に関しては、
AWPのマニュアルは具体性に欠ける部分も多いので

「僕からの特典で事例を踏まえながら完全解説」

していきます。


また、「即金性」が高いのも大きな特徴で、
一般的なネットビジネスは、

・末締め→翌月払い
・末締め→翌々月払い

というのが普通ですが、
獲得収益を基本的に20日スパンで入金していく事ができます。


AWPのデメリットと【yuu式】AWP限定特典について(予告)※あり得ないレベル



先の通り、今回取り上げたAWPは

「これまでに無い全く新しいAIビジネスプログラム」

でありながら、
以下のようなメリットのあるビジネスプログラムになっています。


【AWPの特徴とメリット】

・本来専門的なスキルがなければ参入が出来なかった分野
(本来敷居の高いジャンルをAIで攻略できる)

・ライバルがほぼ不在のブルーオーシャン市場
(同ジャンルでAIを使っている人もいるが、マネタイズできてない人が大半)

・実践に必要不可欠なオリジナルの専用システムも提供される
(サブスクではなく買い切り型なのでランニングコストはサーバー、ドメインのみ)

・極めてシンプルかつ「機械的」な実践スキームで収益化可能
(出来ない人はいないレベルの作業ハードル)

・持前のスキルや知識だけでなく、創意工夫、センスも一切不要
(AIでのコンテンツ生成とはいえ、アレンジ(手直し)も不要)

・超「片手間」に実践していける
(データ生成に必要とする時間は平均すると3分程度、アップロード作業にかかる時間は平均して1~3分程度)

・段階的なプログラム構成で合理的に収益化できる
(特定のマネタイズ方法だけでなく、3つの収益化戦略が合理的に組み合わされている)

・固定報酬+継続報酬を獲得できるダブルインカム型ビジネスプログラム
(単発型のフロービジネスと資産型のストックビジネスを兼ね備えたビジネスモデル)

・即金性が高い
(獲得収益は基本的に20日スパンで入金可能)

・収益性も高い(※特にConcessionDataReward)
(月収7桁、100万円以上も可能。※ただこれは特典ありき)


他のAIビジネスとは違い、

・生成コンテンツの修正(手直し)
・集客→売り込みが不要


という点からも
作業ハードルはこの上無く低いですし、

「段階的にステップアップしていくプログラム」

によって固定報酬+継続報酬を合理的に獲得していけるので、

「初心者にとって抵抗なく実践→収益化に繋げられる」

というのは大きなメリットだと思います。


ただ、

「段階的にステップアップしていくプログラム」

だからこそ、

「痒い所い手が届いていない」

点があるのも確かです。


もちろん、AWPのみでの実践も可能なんですが、

「実際に1年以上AIに没頭してきた経験」

を踏まえて全体を見ると、

「この部分、こうした方がもっと効率的なのに・・」
「ここはちょっと玉にキズだなあ・・」


という点が要所要所に散見されるんですよね。


これがAWPのデメリット。


それこそ、先ほども触れた通り、
AWPのプログラムは

・「1」の手法でマネタイズ(収益化)→ストックビジネス
・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)→フロービジネス
・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)→フロービジネス

という図式ですが、

「2と3についてもストックビジネス化していく事」

も可能ですし、

「作業効率を大きく上げながら収益性も上げていく事」

もできます。


また先の通り、各所の解説で

「痒い所に手が届いていない」

部分もあるので、

・効率悪く実践してしまう可能性
・本来得られるはずの収益性を下回る(目減りする)可能性


も否定はできません。


今回は、
そこら辺も完全網羅した教材を特典化していきますが、
それと同時に

「これまでではあり得なかった代行サービス」

も複数提供していきます。


っていうのも、

・過去、AIビジネスでうまく結果を出せなかった方
・過去、システム系の設置で挫折した経験のある方


など、初心者であればある程、

『本当にコンテンツ生成ができるか不安・・』
『システムの設置ができるか不安』


という懸念もあると思うんですよね。


AWPはシステムの設置に関しても、
一般的なツールと違い、
FTPツールなども不要に設置できるので

「サーバー関連の知識不要に誰でも直感的に設置できるレベル」

になりますが
それでも不安を感じる方の為に
今回は「設置代行サービス」もお付けしていきます。


また、それだけでなく

「あなた自身のコンテンツを僕が代わりに生成する代行サービス」

も付けていくので

・過去、AIビジネスでうまく結果を出せなかった方
・過去、システム系の設置で挫折した経験のある方


不安材料も完全に払拭されるはずです。


そもそもこの価格帯で
これだけの代行サービスを付ける事自体、

「異例中の異例」

ですが、AIの波に乗り遅れてほしくないので付ける事にしました。


ちなみに

「あなた自身のコンテンツを僕が代わりに生成する代行サービス」

については

「発生する利権もあなたに完全譲渡」

しますので、そのまま収益化に繋げていってください。


尚、ノウハウ面での
詳細な特典ラインナップは後日改めて公開していきますが、
ざっくり中のざっくりお伝えすると、

・生成AI×AWPで「作業効率」を大幅に上げるテクニック
・「2」のマネタイズ手法の「収益額」を上げるポイントやテクニック(※事例付き)
・「3」のConcessionDataRewardで月7桁越えを現実的に達成する為の手法(※事例付き)
・各自動化×ストックビジネス化戦略


といった点について掘り下げながら、
先ほども触れた

・システム設置代行サービス
・あなたのコンテンツの生成代行サービス(※利権も譲渡)


も提供していく次第です。


古い読者さんであればご存知の通り、
AIの分野については

「僕自身2023年から1年以上没頭してきている」

ので、かなり知識や経験、実績もあります。


これまでにも特典教材などで
AI関連のノウハウを公開してきましたが、

「まだ表に出していないノウハウや戦略」

も沢山あるのが実情で、

・それらと今回のAWPで扱う生成AI
・AWP独自のビジネスプログラム




「組み合わせていく事でのシナジー(相乗効果)は計り知れない」

というのは火を見るよりも明らかです。


いずれにせよ、
AWP単体での実践とは

・収益性
・再現性
・即金性
・将来性(ストックビジネス化)
・労力対効果(自動化)


などの「全ての面」において

「数倍~数十倍の威力を叩き出せる事は間違いない」

と断言しておきますし、

「誰にも作れないレベチな特典」

を提供していくので楽しみにしていてくださいね。
(※詳細ラインナップは近日公開予定)


【yuu式特典付き】AIワーキングプログラム(AWP)公式ページはこちら。
(※ちなみに、本日値上げされます)


レビュー時に伝えきれていなかった重要な事実【※2024/03/02緊急追記】



まず先に、
これは今回の特典にも「直結」する話になるんですけど、

「そもそもなぜ、今回AWPを特典付きでレビューしたのか。」

というと、

「AWPのマネタイズスキーム(及び市場)に対して
 深い知識や経験、実績を持っているから」


です。


それこそレビューの方では
AWPの「段階的なプログラム構成」について
以下のように解説しましたが・・


> AWPは
>
> 「特定の生成AIでコンテンツを作成→アップロード」
>
> していく中で、
>
> ・「1」の手法でマネタイズ(収益化)
> ・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)
> ・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)
>
> という流れで、
> 特定の生成AIを使ったコンテンツ生成ノウハウを基盤に
>
> 「3つのマネタイズ(収益化)ノウハウ」
>
> を持って
>
> 「段階的にステップアップしていくプログラム」
>
> になっていますが、
>
> ・単発型のフロービジネス
> ・資産型のストックビジネス
>
> の双方を兼ね備えたビジネスモデルになっています。
>
>
> つまり1の労力を1の収益で終わらせず、
>
> 「コツコツやればやった分、継続的な収益にしていく事ができる」
>
> し、
>
> 「同時に単発の収益も稼いでいく事ができる」
>
> という事。
>
>
> ちなみに(本来の)内訳としては、
>
> ・「1」の手法でマネタイズ(収益化)→ストックビジネス
> ・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)→フロービジネス
> ・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)→フロービジネス
>
> という図式ですが、
>
> 「2と3についてもストックビジネス化していく事」
>
> は可能です。
> (※こちらはAWPでは触れられていないので特典で解説します)


この

> ・「1」の手法でマネタイズ(収益化)
> ・そのまま横展開する形で「2」の手法でマネタイズ(収益化)
> ・最終的に「3」の手法でマネタイズ(収益化)

におけるそれぞれの市場において
僕自身それなりの(というかかなり)

「知識・経験・実績」

があるんですよね。
(※特典ではその「証拠」も公開していきます)


もちろん、

・今回のAWPで扱う生成AI
・AWP独自のビジネスシステム


に関しては今回のAWPで初めて触ったものになります。
(そもそもシステムは完全にAWPオリジナルのものになるので)


ただ、それらの

・今回のAWPで扱う生成AI
・AWP独自のビジネスシステム


を使った

「収益化(マネタイズ)における市場」


に関しては

「例外なく全て、深い知識と経験、実績がある」


という事。


・・ただ、これらは

「本来全く別の市場」

であり、

「組み合わせる事もない市場」

になります。


よって僕の場合は

・1の市場でマネタイズ(収益化)※ストックビジネス
・2の市場でマネタイズ(収益化)※フロービジネス+ストックビジネス
・3の市場でマネタイズ(収益化)※フロービジネス+ストックビジネス


という形でそれぞれ単独でマネタイズしていたわけですが、
AWPでは

「AIで生成した特定のデータのアップロード」



「起点」

として

「1~3へと合理的に横展開していく事ができるようになっている」

わけで、

「その実践ハードルも極めて低い」

からこそ今回レビューしたわけです。


これはまさに

・今回のAWPで扱う生成AI
・AWP独自のビジネスシステム

によってはじめて成しえるビジネススキームで
その

「起点となる生成データ」

に関しても、

・本来専門的な知識、スキル、センスがなければ作れないデータだった
・これまでは一部の特殊スキルを持った専門家だけで成り立っていた業界


のに対し、
生成AIの登場によって

「知識やスキル、はたまたセンスさえも不要に生成できるようになった」

という点についてもレビューの方で解説した通り。


AWP(藤原敬之)で使う生成AIとジャンル(市場)について:


もちろん、その他のメリットも初心者にとってはかなり大きいです。


【AWPの特徴とメリット】

・本来専門的なスキルがなければ参入が出来なかった分野
(本来敷居の高いジャンルをAIで攻略できる)

・ライバルがほぼ不在のブルーオーシャン市場
(同ジャンルでAIを使っている人もいるが、マネタイズできてない人が大半)

・実践に必要不可欠なオリジナルの専用システムも提供される
(サブスクではなく買い切り型なのでランニングコストはサーバー、ドメインのみ)

・極めてシンプルかつ「機械的」な実践スキームで収益化可能
(出来ない人はいないレベルの作業ハードル)

・持前のスキルや知識だけでなく、創意工夫、センスも一切不要
(AIでのコンテンツ生成とはいえ、アレンジ(手直し)も不要)

・超「片手間」に実践していける
(データ生成に必要とする時間は平均すると3分程度、アップロード作業にかかる時間は平均して1~3分程度)

・段階的なプログラム構成で合理的に収益化できる
(特定のマネタイズ方法だけでなく、3つの収益化戦略が合理的に組み合わされている)

・固定報酬+継続報酬を獲得できるダブルインカム型ビジネスプログラム
(単発型のフロービジネスと資産型のストックビジネスを兼ね備えたビジネスモデル)

・即金性が高い
(獲得収益は基本的に20日スパンで入金可能)

・収益性も高い(※特にConcessionDataReward)
(月収7桁、100万円以上も可能。※ただこれは特典ありき)


そしてその

「僕自身が深い知識や経験、実績を持っている市場」

に対して

・今回のAWPで扱う生成AI
・AWP独自のビジネスシステム


を持ち込めば


「そりゃ当たり前に稼げるよね」っていう事が分かり切っている



からレビューしたという事。


さらにダメ押しなレビューの要因となるのが

「AIにおける知見と経験、実績」

になります。


それこそレビューでもお伝えした通り
AIの分野ひとつにとっても

「僕自身2023年から1年以上没頭してきている」

ので、かなり知識や経験、実績もあります。


これまでにも特典教材などで
AI関連のノウハウを公開してきましたが、

「まだ表に出していないノウハウや戦略」

も沢山あるのが実情で、

・それらと今回のAWPで扱う生成AI
・AWP独自のビジネスプログラム



「組み合わせていく事での相乗効果は計り知れない」

わけですね。


ちなみに今回の特典では

「実際の証拠(データ)」

も提示しながら、

「AWPとドッキングする事での本当の意味での可能性」

を踏まえて解説していきます。


そして正直、


このデータを公開できる人はネットビジネス業界にはほぼ「いない」



と思います。


それくらい、本来はそれなりの敷居がある市場なので。
(※だからこそAWPに価値があるという事)


そんなこんなで今回の特典は、

【AWP×生成AI×完全ストックビジネスプログラム】

として特典教材化していく事にしました。


一応、現段階で確定しているラインナップは以下になります。


【現時点での確定項目】—

・生成AI×AWPで「作業効率」を大幅に上げるテクニックと事例
(生成AIを活用し、最大限効率性を上げて最小の労力でクオリティの高いデータを生成する具体的なテクニックを解説します。AWPのマニュアルでも一部触れられていますが、わかりにくいので具体例を挙げながら解説します)


・【マル秘】AWP「1」のストックビジネスの「リアル」を公開します。(※証拠付き)
(実は僕自身、この1のストックビジネスについては、AWPとは全く別の手法ではあるもののかなり経験と実績があります。今回の特典では実際の証拠(データ)も提示しながら、AWPとドッキングする事での「本当の意味での可能性」を解説していきます※さすがにこのデータを公開できる人はネットビジネス業界には滅多に「いない」と思います)


・「1」のストック報酬を「最短最速」でうなぎ上りにしていくチート法
(これはビジネス素人、AI初心者でもスタートダッシュを決められるまさにチートな戦略ですが威力は抜群です。実際に実証済みの方法なので是非取り入れてください。)


・1つの生成データを「倍量」に変換して「効率化×高単価収益」に変えていく方法
(めちゃめちゃ簡単な手法ですが、AWPのマニュアルでは触れられていないので図解説していきます)


【先着60名限定】AI×AI×AIで「高単価収益」を稼ぎ出す最先端データ生成ノウハウ
(3つの生成AIを使うものの、実践ハードルは極めて低いです。にも関わらず収益性は大きく変わってくるので参考にしてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】生成AIを”使わずに”コピペメインでデータを「大量量産」する禁断の裏技
(こちらもAWPには未収録。というかかなり禁断の裏技です。無料の専用ツールで誰でも簡単に実践できるので取り入れてみてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・「1」の継続収益の「桁」を1つ、2つと爆上げする専用ツールと設定方法
(AWPのみの実践では継続収益が小さな傾向にありますが、実はこの市場は無限の可能性を秘めていて、専用ツールを使っていけば誰でも収益単価も爆上げする事が可能です。その方法をお伝えします。※無料ツールです)


・「2」のスキームの収益額を2倍、3倍へと底上げする設定ポイント
(AWPではこの収益スキームの具体的なポイントの解説が抜け落ちているので収益額が下がってしまう傾向にあります。簡単な設定なので必ず参考に施策してください)


・「2」と「3」のスキームで実際に収益を上げ、再現させてきた「実際の事例」も公開
(AWPの生成AIノウハウとは別口になりますが、実際に「2」のスキームで収益を爆上げしている事例をそのまま公開します。これは僕自身だけでなく、実際に月数十万~単位で再現させてきた事例も「多数」含むので、あなた自身も同じように再現していく事が可能です)


・「2」と「3」のスキームをストックビジネス化して、単体で月収7桁越えを狙うマネタイズ戦略
(こちらもAWPでは全く触れられていないノウハウです。実際に実証済み×再現させてきたノウハウになるので、是非参考に取り組んでください。)


【先着60名限定】たった「1つの同じデータ」で収益を「三重取り」していくConcessionDataReward攻略法を徹底解説
(AWPのノウハウ通り実践していくだけではかなり「勿体ない」のが実情で、実際のところAWPで作った「1つの同じデータ」で利益を三重取りしていく事が可能になります。しかも実践ハードルもほぼ同じ。だったらやらないメリットはないわけで。その具体的なノウハウを包み隠さず公開します)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


・構築したストックビジネスを「自動化」して労力対効果を最大化するツールと設定方法
(日々の実践効率が10分の1以下に下がるので必ず設定してください。)


【先着60名限定】AWPシステム設置代行サービス
(必要情報を頂ければこちらでシステムの方を設置代行させて頂きます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【先着60名限定】あなたのコンテンツの生成代行サービス(※利権も譲渡)
(上記の手法に沿って僕の方でコンテンツを生成し納品します。利権も譲渡しますので、お好きに収益化に繋げてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


ちなみに、
上記はあくまでも「現段階」での特典ラインナップになるので、
いつも通り執筆しながら

「どんどんバージョンアップしていく」

事になる事は間違いありません。


加えて次に


先着60名限定特典の「残り枠」について



についてですが、
前回の配信でお伝えした通り、
今回のAWPについては
これまでのAIビジネスとは違い

・生成コンテンツの手直し(修正)がいらない
・集客→「売り込み」がいらない


という要因も加わっているからか、

「AIはもうちょっと・・」

という層の方々も巻き込んだ

「想像の“斜め上”をいく反響」

を呼んでいます。



現時点の参加者は既に42名いますので、
先着60名限定特典の残り枠は

【残り18枠】

まで減っている状況です。


ちなみに、現段階での先着60名限定特典を抜粋すると以下になります。


【先着60名限定】AI×AI×AIで「高単価収益」を稼ぎ出す最先端データ生成ノウハウ
(3つの生成AIを使うものの、実践ハードルは極めて低いです。にも関わらず収益性は大きく変わってくるので参考にしてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】生成AIを”使わずに”コピペメインでデータを「大量量産」する禁断の裏技
(こちらもAWPには未収録。というかかなり禁断の裏技です。無料の専用ツールで誰でも簡単に実践できるので取り入れてみてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】たった「1つの同じデータ」で収益を「三重取り」していくConcessionDataReward攻略法を徹底解説
(AWPのノウハウ通り実践していくだけではかなり「勿体ない」のが実情で、実際のところAWPで作った「1つの同じデータ」で利益を三重取りしていく事が可能になります。しかも実践ハードルもほぼ同じ。だったらやらないメリットはないわけで。その具体的なノウハウを包み隠さず公開します)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】AWPシステム設置代行サービス
(必要情報を頂ければこちらでシステムの方を設置代行させて頂きます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】あなたのコンテンツの生成代行サービス(※利権も譲渡)
(上記の手法に沿って僕の方でコンテンツを生成し納品します。利権も譲渡しますので、お好きに収益化に繋げてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


ちなみに、

【この先着60名限定特典の追加項目も既に決定】

している状況です。


また、レビューでもお伝えした「注意点」ですが、
今回のAWPにおける

「先着60名限定特典」

については、
ノウハウ面での再現性担保という面もありますが、
今回はさらにそこに加えて

・システム設置代行サービス
・あなたのコンテンツの生成代行サービス(※利権も譲渡)


なども提供していく事もあり、

「僕自身の労力にも物理的な限界が生じてくる」

ので、

「先着数に達した時点でリアルタイムで締め切る」

形になると思います。


この配信からどれだけの反響があるかはわかりませんが

【追加の特典ラインナップ発表前】

の段階でも、

【発表時点で先着人数枠が埋まっていた場合は新規提供不可】

になります。


そして、

【締め切ってしまった後は二度と再公開する事はない】

ので、全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってお申込みください。


【yuu式特典付き】AIワーキングプログラム(AWP)公式ページはこちら。
(※先着60名限定特典は残り「18」枠)


いずれにせよ、
AWP単体での実践とは

・収益性
・再現性
・即金性
・将来性(ストックビジネス化)
・労力対効果(自動化)


などの「全ての面」において

「数倍~数十倍の威力を叩き出せる事は間違いない」

と断言しておきますし、宣言通り

「誰にも作れないレベチな特典」

を提供していきますよ・・!


最後に


AWP自体の「再々値上げ」について(※本日一杯)



ですが、
前回、前々回に引き続き、

【AWP自体が本日一杯で再々値上げ】

されてしまいます。


これもレビューでお伝えした通り、
AWPは、

「買い切り型のシステム」

なのにこの値段なので

「そもそも破格な価格設定」

なわけですけど、言うまでもなく

・同じビジネスノウハウ
・同じオリジナルシステム


を提供されるならコスパが良いに決まっています。


また、先着60名限定特典の兼ね合いもありますので、
参加意思がある方は迷う事なく参加して頂ければと。


【yuu式特典付き】AIワーキングプログラム(AWP)公式ページはこちら。
(※先着60名限定特典は残り「18」枠)
(※教材は4月上旬~中旬より順次配布開始予定)
(※設置代行サービスのみ即時提供)



※追記レビューはこちら。




それでは。



応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


目次




yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓



  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


【常識破壊】業界を「一変」させる悶絶ツールが爆誕

実践者・コンサル生の事例紹介

ただの写真を「資産化」する激ヤバな反則(チート)ツールが爆誕

完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

脳死状態で収益化できる核爆弾級のツールが爆裂誕生!

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. ネットビジネス講座

    ネットビジネス初心者の殆どが稼げない「理由」と「共通点」。その2。
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    信用できるアフィリエイターや情報発信メディアを見極める方法。
  3. 教材実践者・コンサル事例

    キャラクタービジネスと匿名ビジネスのメリットとデメリット。
  4. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト

    投資初心者は即退場?投資・資産運用における嘘と現実。
  5. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?【保存版】
PAGE TOP