脳死状態で収益化できる核爆弾級のツール!リサイクルトランスファーシステム(RTS/工藤信也)」が爆裂誕生!

【2024/06/7重要追記】
FIRE×起爆特典ラインナップ「第一弾」を公開しました。
(※本記事に追記済みです)

【2024/06/7重要追記】
特典単独販売への要望が殺到した為、以下に決済リンクを用意しました。

【yuu式】RTS限定特典の「単独販売」リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)

【2024/06/8重要追記】
FIRE×起爆特典ラインナップ「第二弾」を公開しました。
(※本記事に追記済みです)


yuuです。


今回は緊急配信+重要告知になります。


加えて

「かなり興奮気味」

で急いで執筆しているので、
誤字脱字があってもご容赦ください。


っていうのも、ここ数日前の話なんですが、

・やる事は「思考停止」の1サイクル5~20分のルーティン作業のみ
・無限に増え続けるデータ(1行のコード)をひたすらコピペしていくだけ
・それだけで時給換算2000円以上が可能
・パソコンのマウス操作のみで実践可能(スマホでも実践可能)


という、

「一見、胡散臭さMAXのビジネスツール」

がリリースされたんですが、
それがまさかの

「ネット上で絶賛の嵐」

のようで、
僕の方にもレビュー依頼が鬼のように殺到していたんですよね。


それがこちらの
工藤信也さんという方が販売している

「Recycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム)※RTS」

というツール。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)公式ページはこちら:


正直最初は、
そのキャッチコピー的に

『これ、絶対怪しいやつじゃん』

と思いながら

「まあ、記事ネタになればいいか」

程度の気持ちで購入したんです。


ただ、実際に蓋を開けてみるとこれ、

「僕自身10年以上前から精通していたジャンル(分野)」

を対象としたツールになっていて、

「マジかよ・・遂にそこ来ちゃったか・・」

って「衝撃」と同時に
「戸惑い」を隠せないツールだったんですよね。



もちろん、即ツールもぶっ通しで触ってますが、
そのツールの仕様(性能)

「これは絶賛されるわ」

ってくらい

「核兵器並みの破壊力(ポテンシャル)」

を持っているんですよ・・(汗)


加えて、ツールの仕様(性能)のみならず、
ビジネススキームも秀逸かつ、唯一無二。


いや本当に、アッパレって感じです。


正直、

「普通にネタバレしても爆発的に売れるスキーム+ツールの仕様」

だからこそ、

「あえて何故この怪しいレターにしているのか謎すぎる」

っていうのが率直な感想ですが、
それはさておき、

【これは僕が満を持して取り上げなきゃならないでしょ】

って事で、緊急ながら筆を執っている次第です。


いやあ・・にしても本当に、
現代は生成AIしかりWeb3.0しかり、
ブロックチェーンしかり、
あらゆるテクノロジーの進化によって

「過去にはあり得なかった事が普通に実現化される時代」

になっているので

「昔の先入観が逆にリスクになる事が多々あるなー」

と実感しますね。


それこそ昔だったら、

「コピペだけ」
「思考停止で」


なんてキャッチコピーの商品は、
例外なく再現性なんて微塵もない詐欺的な商品でしたが

「今は現実的にそれが可能になってしまう時代」

です。
(※もちろん、まだそういった詐欺的なものも沢山ありますが)


そしてまさに時代の変化を

「全く別の角度から体現」

しているのが
今回のリサイクルトランスファーシステム(RTS)なわけですが、

「豊富な実績があるからこそ、手放しに絶賛できない部分」

があるのも事実。


といっても、
リサイクルトランスファーシステム(RTS)は

「その懸念点を遥かに上回るメリット」

を兼ね備えていますし、
その点は特典で完全カバーしていきますので安心してください。


・・って、そんな話の前に、


そもそもリサイクルトランスファーシステム(RTS/工藤信也)って何やねん



って感じだと思うので紹介していきますね。


ちなみに商品名にある
Recycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム)の

・Recycle (リサイクル)
・Transfer (トランスファー)

意味としては

・Recycle (リサイクル)→再生利用
・Transfer (トランスファー)→移行

で、このツールはまさにその名の通り、

「ネット上のあるウェブスペースから0円で収集できるデータ」



「ほぼマウス操作のみ」



「リサイクル(再生利用)→トランスファー(移行)→マネタイズ(収益化)」

に繋げられちゃう「自動化ツール」になります。


・・はい、これだけじゃなんのこっちゃ意味わかりませんよね(苦笑)


ただ、威力は抜群。


その辺のビジネスツールやAIツールを

「遥かに凌駕するポテンシャルと収益性」

を持ち合わせています。


また、ツールの仕様(機能)上、

「誰が使っても同じ結果に繋がる(差異が生まれない)」

という特性もあり、

・再現性
・即効性


も、極めて高いという点も他にない大きな強み。


その辺についても追って詳しく後述していきますが
リサイクルトランスファーシステム(RTS)の特徴やメリットを
ざっと挙げると以下になります。


【リサイクルトランスファーシステム(RTS)の8つのメリット】

・ビジネススキームの「着眼点」が秀逸。※ズルすぎ
(本来、一部のビジネス「上級者」のみが利用していたウェブスペースを利用し即参入→収益化に繋げられる唯一無二のビジネスモデル)

・その本来敷居の高いスキームを3ステップ1サイクルの機械的作業で構築可能にした反則レベルの「自動化ツール」も提供される
(日々の作業はそのサイクルをひたすら繰り返していくシンプルな構図)

・1サイクル5分~10分程度で完結するので片手間で実践できる
(PCのマウス操作がメイン、スマホからでも問題なし)

・経験、スキル、知識も一切不要に「脳死状態」の機械的作業でOK
(1サイクルの工程は全て自動化ツール任せなのでデータの取得を含めコピペとクリック作業で完結)

・それでいて「収益性」も高い
(データの選定がポイントになるが収益性が高いのも強み。※ここは補足必要)

・ツールの仕様上、利用者によって差異が生まれないから「再現性」が高い
(一般的なAIツールやビジネスツールのように使いこなす操作スキルなども一切不要)

・取得データは「無限」に増え続けるので競合や飽和の心配もなし
(競合面の心配もないので、その観点からも再現性が高い)

・「買い切り型」のツールなので使い放題
(サブスクサービスのような月額利用料は不要で投資対効果が最強レベル)


そこでまずはネタバレしない範囲内で
リサイクルトランスファーシステム(RTS)の

「ビジネススキームや市場における特性」

について触れていきます。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)はビジネススキームの「着眼点」が秀逸な唯一無二のビジネスモデル



冒頭でお伝えした通り、
Recycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム)は
もちろんツールの仕様(機能)も凄いんですけど、
まずそもそもの、

「ビジネススキームの着眼点が秀逸」

なんですよね。


どういう事かというと、先ほど


ちなみに商品名にある
Recycle Transfer System(リサイクルトランスファーシステム)の

・Recycle (リサイクル)
・Transfer (トランスファー)


意味としては

・Recycle (リサイクル)→再生利用
・Transfer (トランスファー)
→移行

で、このツールはまさにその名の通り、

「ネット上のあるウェブスペースから0円で収集できるデータ」



「ほぼマウス操作のみ」



「リサイクル(再生利用)→トランスファー(移行)→マネタイズ(収益化)」

に繋げられちゃうツールになります。


とお伝えしましたが、まずこの

「ネット上のあるスペースから0円で収集できるデータ」



「本来いくら収集したところで何の意味も持たないデータ」

になります。


また加えて

「そのデータの収集対象となるウェブスペース自体も、
 “一般的には”ビジネス目的で利用するものではない」


ので、

「リサイクルトランスファーシステム(RTS)の参加者ではない方」



・データの収集対象となるウェブスペース
・その収集していくデータそのもの


を目にしても、

『ん?これで収益化していく?意味不明なんだけど・・』

と確実なレベルで思うはずです。


ちなみに念のため補足しておくと、

「データの収集」

と聞いた時点で、以前取り上げた

・ミリオンデータプロジェクト(MDP)
・イメージマジック


などを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、

・データの性質
・ビジネススキーム
・市場


全てにおいて一切無関係です。


っていうか
過去取り上げたツールや教材全て含め、
ビジネススキーム自体、
まず一般的なビジネスモデルと被る事がありません。



その上で、ですが先ほど

「そのデータの収集対象となるウェブスペース自体も、
 “一般的には”ビジネス目的で利用するものではない」


とお伝えした通り、

「これはあくまでも“一般的には”の話」

で、

「一部のビジネスユーザー(上級者)」



「データの収集対象となるウェブスペースを“別の形”でビジネス利用している」

という側面もあります。


そして、実際のところ、

「そのデータの収集対象となるウェブスペース」



「使い方次第で巨額な利益を生み出す事」

が可能になるのも実情です。


それこそ、冒頭でもお伝えした通り
このウェブスペースこそ

「僕自身10年以上前から精通していたジャンル(分野)」

なんですけど、
実際、このウェブスペースを有効活用して
月収7桁、8桁という収益を上げているユーザーも少なくありません。
(※今回、その詳細も特典でお伝えしますが、実際に僕自身も実証済みです)


ただこれはあくまでも

「一部の上級者」

の話で、
そのウェブスペースをビジネス利用して収益化していくには

「それなりのスキルや知識が必要不可欠」

になるので、
初心者にとってはハードルが高いという事は否めません。
(というか、そもそも思いつかない)


そんな中、
リサイクルトランスファーシステム(RTS)では、
そんなウェブスペースの収益性に着眼し、

1、ウェブスペースからリサイクルデータを取得(コピペ)
2、リサイクルの実行(1クリック)
3、Transfer(移行)※こちらも1クリック

という

「初心者でも僅か3ステップ1サイクルで収益化に繋げられるように構成」

された

「完全チート級の自動化ツール」

になっているんですよ。


つまるところ、

・高い収益性が見込めるウェブスペースに目を付けた点
・そのウェブスペースの「データ」に目を付けた点
・そのデータをリサイクルして収益化に繋げられるようにツール化した点


これらが噛み合って初めて成しえる唯一無二のビジネスモデルであり、

「それを自動化ツールとして形にしてしまった」

のがリサイクルトランスファーシステム(RTS)だという事。


正直、このスキームもツールも、素直に評価せざる得ません。


ぶっちゃけ、
先駆者の僕からすると

「おいおい、今までの苦労なんだったのよ・・」

って感じです。


実際に

・マニュアルの内容(ビジネススキームの概要)
・ツールの仕様(機能)


を、ご確認頂ければ、

「これなら即効性も再現性も、間違いなく高いだろうな」

と、直感的に理解できるはずです。


よってレターで言われている

・0円で取得したデータが結果的に1000円を超える
・1サイクル時給2000円を超える力を現実的に持っている

といったフレーズも誇大広告感は一切ありませんね。
(※というか、かなり控え目)


その秀逸なスキームを体現するRTSの自動化ツールは誰でも「脳死レベル」で使いこなせちゃう件



ここまでリサイクルトランスファーシステム(RTS)の
スキーム(全体像)について解説してきました。


全てをネタバレできないのが歯痒いですが
このスキームを可能にするのは紛れもなく
リサイクルトランスファーシステム(RTS)で提供される

「完全オリジナルの自動化ツール」

ありきの話になります。




そしてこのツールの何が凄いって、
見出しにもある通り、

【脳死状態の機械的な作業で取得データを収益化に繋げていく事】

ができちゃう点にあります。


また、先ほど触れた通り、
やる事も至って単純で、

1、ウェブスペースからリサイクルデータを取得(コピペ)
2、リサイクルの実行(1クリック)
3、Transfer(移行)※こちらも1クリック

これらが「1サイクル」であとはぶん回していくだけ・・(苦笑)


ちなみに

1、ウェブスペースからリサイクルデータを取得(コピペ)

のリサイクルデータについては、

「規定の一覧ページから1行のコードをコピーするだけ」

完了します。




また、

2、リサイクルの実行(1クリック)

についても
リサイクルトランスファーシステム(RTS)を開いて、

「1でコピーしたデータコードを規定の入力欄にそのままペースト→1クリックで実行」

するだけ。




そして最後に

3、Transfer(移行)

のステップですが、

「こちらも1クリックするだけで完了」

します。


つまりツールの操作としては、

「コピー、クリック、貼り付け」

というようなマウス操作で行える程度の作業で
それぞれのステップ(ツールの機能)を実行する事ができますし

・迷う事なく直感的に使える仕様
・スキルやセンス的なものは必要になりようがない仕様


になっているんですよね。


・・にしても、いやほんと、
実際に触ってもらえばわかりますが、マジで感動しますよ。


ちなみにレターの方では
一連のサイクルにおける作業時間として

「1サイクル20分程度」

と伝えられていますが、

「実際のところ1サイクル5~10分」

もあれば十分に完結します。


また、システムの設置作業については、
パソコンが必要になってきますが、
日々の作業についてはスマホからでも実践できます。


よって移動中外出先などでも片手間に

「リサイクルデータの収集→リサイクルの実行→トランスファー」

をしていく事も多いに可能です。

リサイクルトランスファーシステム(RTS)の「再現性」と「即効性」が高い「2つ」の理由



今回のリサイクルトランスファーシステム(RTS)最大の強みは

・再現性の高さ
・即効性の高さ
・収益性の高さ(※ここは補足必要)

になってきます。


その

「再現性と即効性が高い要因」

には先ほど解説した、


・本来敷居の高いスキームを、僅か3ステップ1サイクルの機械的作業で構築可能にした反則レベルの「自動化ツール」も提供される
(日々の作業はそのサイクルをひたすら繰り返していくシンプルな構図)

・1サイクル5分~10分程度で完結するので片手間で実践できる
(PCのマウス操作、スマホからでも問題なし)

・経験、スキル、知識も一切不要に「脳死状態」の機械的作業でOK
(1サイクルの工程は全て自動化ツール任せなのでデータの取得を含めコピペとクリック作業で完結)


といった面での

「作業ハードルの低さ」

も大きく関係してきますが、
そこに加えて、ツールの仕様(機能)上、

「誰が使っても同じ結果に繋がる(差異が生まれない)」

という特性もあり、

・再現性
・即効性


がさらに高まっているんですよね。


例えばこれまでこのブログで扱ってきた
ビジネス関係のツールやAIツールなんかは、

「その使い方次第で結果が大きく左右される」

傾向にありました。


そしてそういった「使い方」における部分のノウハウを
特典で公開してきたわけですが、
リサイクルトランスファーシステム(RTS)は

「誰が使っても同じ結果に繋がる(差異が生まれない)」

ので、

「その懸念要素さえも一切無いツール」

になります。


つまり、誰が使っても同じ。


だって、

「データ一覧から機械的に取得データを一行コピーするだけ」

ですからね。


1、ウェブスペースからリサイクルデータを取得(コピペ)

2、リサイクルの実行(1クリック)


なので、一般的なAIツールのようなプロンプトスキルも一切不要。


キーワードがなんちゃらとか、
何かの元データを作るとか、そういう煩わしい事も一切なし。


だからこそ再現性と即効性が高いわけですが
加えてもう一点、

【取得データは「無限」に増え続けるから競合や飽和の心配も無い】

という点も再現性と即効性を担保しています。


要は、

「取得データを実践者同士で奪い合う」
「取得データを見付けるまでに苦労する」


といった要素も一切ないので、

「迷う事なく即実践→即再現していける」

というわけです。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)は「買い切り型」のツールなので投資対効果が最強レベル



リサイクルトランスファーシステム(RTS)は
「買い切り型」の完全オリジナルツールになります。


要は、

「自分のサーバー上に設置して自分のツールとして好き放題使う事ができる」

わけですから
サブスクサービスのように
無駄なランニングコストが掛かってくる事もありません。


最低限のサーバー費はかかりますが、
一般的なウェブツールと同様に
月額99円~で設置利用可能。




要するに、ツール代を回収してしまえばあとは全部利益です。


また、リサイクルトランスファーシステム(RTS)は

・唯一無二のビジネススキーム
・それを体現する完全オリジナルツール


なので他では入手不可能になります。


この先で解説しますが、
活用方法次第では数日分の利益で余裕で即効回収できる金額ですし、
現時点の

「42,800円(執筆時点)」

という価格は正直「破格」以外の何モノでもありません。


それこそ、この先得られる収益を考えると

「投資対効果(コストパフォーマンス)」

という面では

「この上なく高い」

と断言できます。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)の本来のポテンシャル(収益性)と唯一の懸念点



先ほどもお伝えした通り
このリサイクルトランスファーシステム(RTS)で対象とする分野は

「僕自身10年以上前から精通していたジャンル(分野)」

であり、

・月収7桁(100万円以上)
・月収8桁(1000万円以上)


という収益を上げているユーザーも少なくありません。
(※実際に特典内では証拠データも含めて公開していきます)


それを

「僅か3ステップ1サイクルの機械的作業で再現」

できちゃう反則ツールが
リサイクルトランスファーシステム(RTS)になります。


つまり、

「収益性」

の面でも、
本来それだけのポテンシャルと収益性を秘めているわけですが

「僕としては手放しに絶賛できるわけではない」

んですよね。


こう言うと、

『え?さっき「ツールの使い方で差は生まれない」って言ったよね?』

と思われるかと思いますが、

「問題はそこじゃない」

んですよ。


確かに、先ほどお伝えした通り、
リサイクルトランスファーシステム(RTS)は
ツールの仕様上、

・ツールの使い方によって差異が生まれない
・一般的なAIツールやビジネスツールのように使いこなす操作スキルなども一切不要


からこそ「再現性と即効性」が高いわけですが、

「取り込むデータによって収益性が大きく変わってしまう」

んです。


つまり重要なのはその「データの選定」のみ。


要するに、
このリサイクルトランスファーシステム(RTS)のサイクル内でいう

1、ウェブスペースからリサイクルデータを取得(コピペ)
2、リサイクルの実行(1クリック)
3、Transfer(移行)※こちらも1クリック

のうちの

1、ウェブスペースからリサイクルデータを取得(コピペ)

の工程における

「取得データの選び方」

肝になってくるという事。


ただそこに関する詳細なノウハウは

「リサイクルトランスファーシステム(RTS)の教材には記載されていない」

んですよ。


これが唯一の懸念点です。


とはいえ、この

「データ取得における選定ポイント」



「まさに知っているか知らないかレベル」

なんですけど、

「そもそもこの分野に精通していないと気付けない部分」

だったりするので、
おそらく無知の初心者からすると見当も付かないと思うんですよね。


とはいえ、
同じツールを使って、同じように実践していっても

「リアルに収益性が1桁、2桁普通に変わってきちゃう世界」

なので、ここはかなり重要なポイントになります。


そこで今回の特典では

【僕自身が過去10年以上携わってきた経験】

を元に

【具体的な事例も含めてツールを最大限活用していくノウハウ】

を徹底的に教材化していきます。


その、

「yuu式特典の詳細なラインナップ」

については近日改めて公開していきますが、
今回はとくに、

「僕自身、経験と実績が豊富な分野」

なのでかなり気合いを入れて作り込んでいきますよ・・!


尚、今回も

「先着60名限定特典」

を用意していきますが

「リサイクルトランスファーシステム(RTS)一本」



「FIRE(人生早期リタイア)」

のキッカケを作る事さえ可能になる

・収益性
・再現性
・即効性
・労力対効果




「起爆する尋常じゃないラインナップを事例付きで公開」

しますので楽しみにしていてください。


ただ、いつも通り、

「先着60名限定特典」

については、

「先着数に達した時点でリアルタイムで締め切る」

形になります。


そしてこの限定数は

「詳細な特典ラインナップ発表前」

の段階でも、

【発表時点で先着人数枠が埋まっていた場合は新規提供不可】

になります。


加えて、

【締め切ってしまった後は二度と再公開する事はない】

ので、全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってお申込みください。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)公式ページはこちら:
(※今なら先着60名限定特典付き)


また、その他のツール同様、
リサイクルトランスファーシステム(RTS)ツールがメインの商品なだけに

「そもそも肝心のツールを使える環境」

をいち早く整えなければならないので、

「先着60名限定特典」

に付帯する

「システムの設置代行サービス」

については

「購入後即時ご案内」

していきます。


まあ、とはいえ
リサイクルトランスファーシステム(RTS)は

「サーバー関連の知識不要に誰でも直感的に設置できるレベル」

なんですけど
それでも不安を感じる方の為に
「僕が設置を代行するサービス」を提供していく次第です。


いずれにせよ、

「詳細な特典ラインナップは近日公開」

していくので楽しみにして頂ければと思います。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)公式ページはこちら:
(※今なら先着60名限定特典付き)


PS+告知(※2024/06/04追記)



いやー、昨日緊急配信した、
リサイクルトランスファーシステム(RTS)ですが、
まだ詳細な特典ラインナップを公開していないのにも関わらず
とんでもない反響を呼んでいます・・(汗)


ちなみにまだ配信から18時間ほどしか経っていませんが
既に20名以上の参加者がいる状況です。


●受注状況はこちら(執筆時点):


今回のRTSにも、
先着60名限定特典をお付けしていくわけですが、
特典ラインナップを公開していないのにも関わらず、

「既に過半数に迫る勢い」

で参加者が殺到している状況です。


正直、昨日の配信が22時頃だったので

「まだじっくりレビューを読んでいない方」

も多く、面食らっちゃっているかと思いますが、
上記の通り今回も先着60名限定特典に関しては

「詳細な特典ラインナップ発表前」

の段階でも、

【発表時点で先着人数枠が埋まっていた場合は新規提供不可】

になりますので、
乗り遅れる前に検討してくださいね。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)公式ページはこちら:
(※今なら先着60名限定特典付き)


そんな

「yuu式特典の詳細なラインナップ」

については近日改めて公開していきますのでお楽しみに。

※以下に追記済みです。


【yuu式】リサイクルトランスファーシステム(RTS)限定特典【第一弾】公開!※2024/06/07追記



お待たせしました!


前回メルマガ限定配信でお伝えした通り、

「RTS自体のアップグレード決行」

があり
そちらの検証も兼ねながらだったので少し遅れてしまいました。


そしてその検証結果も、

「既存のRTSをさらに超えるヤバイ事」

になっています・・(汗)


併せて特典の方ですが、
もともと

「歴10年の実績と経験を元にした異常レベルの特典」

を配布する予定ですし、していきますが、
今回の検証結果を受けて

「さらに特典もアップグレード」

していきます。
(※こちらは別途追って「参加者限定」で配信していきますね。)


とりあえず“現時点”で配布が確定しているラインナップとしては以下になります。


【yuu式】リサイクルトランスファーシステム(RTS)限定特典【第一弾】

・RTSと同じウェブスペースをビジネス利用した「僕自身のビジネス実績データ」と「RTSの本当のポテンシャル」を公開(※社外秘)
(過去10年で数億レベルを稼いだ実績と共に「なぜそれが可能になるのか」のロジックを公開します。RTSでは一切触れられていない本質的なロジックです。過去のコンサル生やビジネスパートナーは間違いなく唸ってしまう事間違い無し)

・収益額アップの上で「一度キリ」しかできない「重要な設定事項」を徹底図解説
(この設定を怠ると今後の収益性が大きく変わってしまいます。スキルや知識不要にすぐに終えられるので必ず参照してください)

【先着60名限定】RTSのツールによる収益額を月7桁、8桁へと「昇華」する為の最も大事な初期設定ポイント
(これは抑えるか抑えないかレベルの簡単なポイントなんですが、RTSのマニュアルでは一切触れられていないので徹底解説します。このポイントを抑えなければ実践効率や得られる結果(利益)は10分の1、20分の1へと落ちてしまいますので注意してください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】その初期設定を踏まえた上で最も高収益を稼ぎ出す取得データの「属性」をピンポイントで狙い撃つ攻略ロジック
(僕自身が「億単位」を稼ぎ続けている「核心となるロジック」を公開します。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】トランスファー(移行)→マネタイズ時の収益性を意図的に「一撃数万レベル」に上げていく「実証済み」の秘策
(歴10年以上の僕だからこそ言える実証済みの秘策です。間違いなく誰もやっていないノウハウであり再現性はかなり高い手法。さらにRTSのツールがあれば鬼に金棒です)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】その秘策実践→収益化をより確実なものにしていく為に「注視」すべきデータ
(決して難しい事では無いんですが、このポイントを踏まえて実践していく事でより収益性アップを確実なものにしていく事ができます)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します

【先着60名限定】脳死状態の1度のトランスファー(移行)で収益を二重、三重取りしていく一石三鳥マネタイズ戦略の裏側
(RTSは脳死状態で実践できますが、マニュアル通りに実践するだけでは収益性は低く利益をドブに捨てているようなもの。本来のポテンシャルを最大化していく為の秘策をお伝えします。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】RTS×ウェブスペースの「相乗効果」を最大化する前提キーポイントとは
(このキーポイントについてもRTSでは一切触れられていませんが非常に重要なポイントです。せっかくRTSのツールをGETしたなら最大限駆使して活かしたいですよね?実践する内容は同じでも収益性が大きく変わってしまうので必ず抑えてください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】RTS実践の為に取得するデータを「別の用途」で利用し月収7桁ラインへ安定的かつより確実に引き上げていくステップアップ法
(RTSは初心者向けの破壊的ツールである事は間違いありませんが、RTSのマニュアルだけでは、月収7桁を目指す事はまずできません。この項目前のノウハウでも月収7桁は目指せますが、それを安定的かつ確実なものにしていく為のノウハウをお伝えします)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】その月収7桁ステップアップ法で「超効率化→高収益化」する利用サービスと合わせ技(※無料)
(RTSと並行して実践する事で効率化しながら収益額も引き上げていく合わせ技を解説します)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】既存の実践者の利益を“ネコババ”してあなたの利益に繋げていく「禁断の裏技」とは(※悪用厳禁)
(こちらも実証済み。誰でもすぐに取り入れられる上に威力は抜群の禁断の裏技です。悪用しようと思えばできてしまいますが、あくまでも悪用は厳禁です)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

・3ステップ1サイクルによる収益獲得を「他力本願」にしていく設定法
(どんなに初心者でも設定自体は10分もあれば終えられます。こちらは一度キリなのですぐに終えてしまってください)

・「他力本願設定法」を行う上で必要な「専用コード」と「具体的な使い方」を徹底図解説
(本来自分で調べていくには手間が掛かりますが、専用コードそのものを提供しますので、そのまま使ってください。コピペができればすぐに終えられるので初心者でも安心してください。)

【先着60名限定】システムツール設置代行権利
(必要情報を頂ければこちらでシステムの方を設置代行させて頂きます。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


【yuu式】リサイクルトランスファーシステム(RTS)限定特典【第二弾】のラインナップ(※2024/06/08追記)



お待たせしました!


レビュー直後から
鬼のように「大反響」を呼んでいる
リサイクルトランスファーシステム(RTS)ですが、
「第二弾」のラインナップが確定したので追記します。


正直、先に言っておくと、
今回ラインナップの項目自体はそう多くはありません。
(※っていっても、「いつもと比べて」の話です。)


ただ、


【中身(再現性・収益性)が強烈すぎてヤバイ】



です。


ぶっちゃけ、出すか迷った部分も多分にあります。


今このメルマガを書きながら

『やっぱり取り下げた方がいいかな・・』

と思っている自分もいる程です。


ただレビューでもお伝えした通り、

・僕自身10年以上前から精通していたジャンル(分野)
・なので、僕にしか出せないノウハウがある


し、何より、

「僕の配信で参加してくれた方」

には、せっかくなら当たり前に

「最大限使い倒して稼ぎまくって欲しい」

ので、今回はやっちゃいます。


今回の提供ノウハウについては、
別に僕からしたら減るもんじゃないし、

「少しでもそれで経済的自由を手に入れてくれる方が増えるなら本望」

です。



その上で、

【yuu式】リサイクルトランスファーシステム(RTS)限定特典【第二弾】のラインナップ

が以下になります。


—【yuu式】リサイクルトランスファーシステム(RTS)限定特典【第二弾】—

・データの読み込みを都度「最速化」して収益額を「底上げ」するツールの設定方法を図解説
(専門的な知識は一切不要。すぐに終える事ができますが、やっておく事で収益性が大きく変わってくるので必ず実施しておいてください。)

・RTS実践の「実践効率」を上げる便利ツールと日々の実践時に行うべき+αの設定法
(このひと手間を加えるだけで実践効率と収益効率は各段に上がります。コピペのみで終わる簡単な作業なので初心者でもすぐに終えられます。)

【先着60名限定】RTSツールの一連の作業→一撃数万レベルのキャッシュを「即発生」させる極チート戦略
(これはかなり強烈かつ反則レベルの戦略です。とはいえ完全合法。初心者こそ取り入れてまずは速攻キャッシュを掴んでください)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】極チート戦略で発生する一撃数万の高額収益を「半自動的に続発×連発」させる金のガチョウ式錬金術
(極チート戦略そのものも強烈ですが、さらにそこにこの錬金術を入れ込む事で、まるで金を生むガチョウを手にするが如く次から次へとキャッシュが発生していきます。そのロジックと具体的な方法を図解説入りで解説します。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】「極チート戦略×金のガチョウ式錬金術」実践時に使う専用ツール
(RTSのツール同様、直感的に使えるツールです。かなり便利なので初心者は取り入れる事を推奨します。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】「極チート戦略×金のガチョウ式錬金術」を再現する為の具体的なテンプレート
(上記の戦略を実際に実演しながらテンプレート化していくので、あなたはそっくりそのまま取り入れるだけでOK。即日から実践できるので必ず設定してください。)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。

【先着60名限定】「極チート戦略×金のガチョウ式錬金術」を「半自動化」してしまうフルオート戦略とは
(こちらも威力は絶大ながら、専用ツール内の簡単な設定で終える事ができます。実演解説するのでその通りに設定してください。労力対効果を最大化してさらなる上のフェーズへと駆け上がっていきましょう)
※こちらの特典は「先着60名」で終了します。


いやー・・マジで

【やり過ぎを通り越してるレベルのコンテンツ(内容)】

になります。


また、上記の通り、
今回の特典は「今後の追加分」も含め、
殆どの項目が「先着60名限定特典」になってしまいます。



っていうのも、

「RTS自体は競合や飽和は生まない」

という事はレビューでもお伝えしましたが、
特典ノウハウ自体はかなり

「競合」を意識しなければならない「性質」

なんですよね。


もっというと、


他のRTS実践者の利益さえも奪えてしまうようなノウハウ



も含んでいるので、
その多くのラインナップを人数限定にさせて頂きます。


尚、表題にある通り

「上記はあくまでも第一弾・第二弾」

であり、

「今後追加ラインナップを公開する事が既に決定」

しています。


自分で言うのもなんですが、

「もはやアホ」

です(苦笑)


そしてそちらも殆どの項目が「先着60名限定特典」になってしまいます。


その、

「第三弾の詳細なラインナップ」

については近日改めて公開していきますが、
そちらについても今回はとくに、

「僕自身、経験と実績が豊富な分野」

なのでかなり気合いを入れて作り込んでいくので楽しみにしていてください。


リサイクルトランスファーシステム(RTS)公式ページはこちら:
(※今なら先着60名限定特典付き)
(※教材の配布開始は6月下旬より順次配信予定)



【2024/06/7重要追記】
特典単独販売への要望が殺到した為、以下に決済リンクを用意しました。

【yuu式】RTS限定特典の「単独販売」リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓









  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

  1. 情報商材レビュー

    【要相談】Quiz Incentive Program(QIP/田中保)を酷評?レビュー

    yuuです。今回は田中保さんという方が販売している…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


脳死状態で収益化できる核爆弾級のツールが爆裂誕生!

実践者・コンサル生の事例紹介

ただの写真を「資産化」する激ヤバな反則(チート)ツールが爆誕

完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    フュージョンメディアアカデミーFMAの実践者2名の事例と、yuu式特典提供終了に…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    情報発信ビジネスで稼ぐ上でのアウトプットの重要性と、マインドセットについての個人…
  3. Copywriting Archive the teaching Program(コピーライティングアーカイブ・ティーチングプログラム)宇崎恵吾/本條勇冶

    【ふざけんな!】Copywriting Archive the teaching…
  4. 教材実践者・コンサル事例

    【特典締切告知】転売挫折者が実践開始「約2週間」で「資金2倍」になっている事例。…
  5. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?【保存版】
PAGE TOP