【超速報】ラビットAIユーザーに鬼朗報!プラチナムで遂に超進化した件(※先着30名)

yuuです。


今回はラビットエキスパートをお使いの方に“超朗報”です。
(※そうでない方にも・・ですが)


ラビット系AIの販売者である
森本哲也さんが手掛けるAIツールについてはこれまで

・RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)
・RABBIT FINALΣ(ラビットファイナルシグマ)
・RABBIT X(ラビットエックス)


などが主要どころになりますが
それらシリーズ展開されているものを
たびたび僕のブログでも取り上げてきました。









その「礎」となるラビットエキスパートはとくに、
かなり多くの方に手に取って頂いていて、
今もガンガン使い倒している方が沢山いらっしゃいます。



一部の実践者事例は
幾つかこのブログでもシェアした事がありますが・・





上記はほんの一例で
この約1年2か月で様々な成果報告が寄せられています。


まさに「いち早く使ったもん勝ち」の世界ですね。


まあ、特典ありきな部分も大きいですが、
率直に、

「こんなに鬼便利で革新的な武器を今すぐに使える状況」

が目の前にあるのに

『使いこなすのが難しそう』
『自分には関係ない事だ』


とスルーしてしまうのはマジで勿体なさすぎですよ。


目の前に「自動車」があるのに、
移動手段に「歩く」事を選択しますか?って話なわけで。



それと全く同じです。


事実、文章生成AIについては
去年3月のChatGPT公開を皮切りに、
様々なAIツールがリリースされていますが
その先駆けとなるラビットエキスパートは

「オウンドメディア構築(ブログ運用)」

という面において

「他の追随を許さないこの上なく強烈なツール」

であり

「実用性・汎用性・再現性」

共にNO.1で今もなお健在。


揺るぎない地位を築いています。


そんな根強い人気のラビットエキスパートが、本日


2024年最新モデルRABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)として電撃リリース



されたんですね。


※以下が【2024最新モデル】RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)公式ページです。

【2024最新モデル】RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)公式ページ


ちなみにこれまでのラビットエキスパートは
GPT3.5のAPIまでしか使えなかったんですが、
今回のRABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)では
遂に「GPT4」のAPIが利用可能になり、

・文章の読み込み能力が大幅アップ(最大4万文字)
・文章生成能力の大幅アップ(最大7000文字超え)
・文章生成精度(クオリティ)の大幅な向上


など

「従来のラビットエキスパートの2倍以上のパフォーマンス」

を叩き出せるように進化しました。


簡単に言えばこのアップグレードによって

「APIで使えるモデルの頭が良くなった」

という事であり、

・生成コンテンツの精度
・コンテンツの入出力の限界値


が爆発的に上がったわけですね。
(もちろん、そのAPIをどう料理するかはプログラム次第ですが)


ここで、

『OpenAIのAPI?何じゃそれ?』
『プログラム次第ってどういう事?』


という方もいるかもしれないので、
過去初心者向けに解説した記事を貼っておきますね。


そもそもAPIとは?:
(※とくに深く理解しなくても何の問題もありません)


ざっくりまとめると要は、
GoogleマップのAPIを使えば、
自分のホームページにGoogleマップを埋め込む事ができるように
ChatGPTのAPIを利用する事で、

「ChatGPTの機能を自社のアプリに組み込める」

というのが大まかな仕組みです。


ChatGPTはAI(人工知能)なので、
イメージ的には

・コアとなる頭脳 → ChatGPT
・実際に動く身体 → 自社アプリやソフト

というイメージで、
ChatGPTの頭脳をカスタマイズして使える、みたいな感じですね。


なので、ChatGPTのAPIを「使う側」としては、
ChatGPTを作る事なく機能のみを貸してもらう事ができるので

「本来自分だけでは出来なかった事を形にしていく事」

が可能になります。


そして実際にChatGPTがAPIを提供開始してから

「ChatGPTを元にした新たなAIツールが爆発的に誕生している状況」

にあるわけですが
いくらAPI提携しても結局、
その元となるプログラム(ChatGPT)への指示の仕方、
つまり

「ChatGPTをどうカスタマイズしていくか次第」

でそのツールの性能が決まります。


よって

「ChatGPTの頭脳を活かすも殺すも開発者次第」

なので、

「ChatGPTのAPIを使ったAIツールの利用価値もまた、結局プログラム次第」

という事も以前お伝えした通り。


その上で、
従来のRABBIT EXPERTは、
そのChatGPTの頭脳(API)を使って、

・キーワード1つからでもオリジナルの文章を自動生成
・チャットGPTのような質問・命令機能も付けてコンテンツの肉付けを容易にした
・簡単なコピペプロンプトでニッチな最新商品にも対応してレビューも自動生成
・2021年9月以降の情報にも対応して文章コンテンツを自動生成生成

を可能にしながら、
ChatGPTでは不可能だった

・サーバー設置型の買い切りプログラムだからコストが安い
・サーバー設置型だからサーバートラブルがない
・オープンAIが禁止しているジャンル(アダルト等)にも対応可能
・最新コンテンツ(2021年9月以降の特定の商品やサービス)にも対応可能
・生成されたコンテンツは完全オリジナルコンテンツなのでSEOにも有効
・コンテンツ生成→編集→WP投稿に至るまで AIツール内で全て一元管理

という事を可能にした

「メディア構築で収益に直結させるようにプログラムしたAIツール」

でした。


そして今回の

「RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)」

では、

「遂にGPT4のAPIが利用可能」

になり、

・文章の読み込み能力が大幅アップ(最大4万文字)
・文章生成能力の大幅アップ(最大7000文字超え)
・文章生成精度(クオリティ)の大幅な向上


など

「従来のラビットエキスパートの2倍以上のパフォーマンス」

を叩き出せるように進化したというわけです。


言ってしまえば、

「従来よりも高精度のモデル(頭脳)に乗り換えたよ」
「モデルを変えたと同時にツールのプロググラムもアップデートしたよ」


という事であり、
身近なiPhoneで例えるなら、

・iOSの最新版がリリースされた
・同時にiPhoneの新機種が販売開始された

というようなイメージになるんですけど・・


いやーホント、

「待ってました!」

って感じですよ・・。


っていうのも、
過去レビューした

・ブレインライター(※こちらも実は森本さん監修)
・GPTサイトビルダー(※こちらも実は森本さん監修)


は一足先にGPT4を扱えるよう実装していましたが
ラビットエキスパートはまだだったので

「首をキリンより長くして待っていた」

んですよね。


まあそれでも、
そもそものプログラムの作りが秀逸すぎるので

「GPT3.5でも他を凌駕するコンテンツを生み出せていた」

んですが、
今回のGPT4対応アップデートで

「いやこれ、どうなっちゃうの・・」

って感じでウキウキしています(笑)


実際に使ってみたら、半端じゃなかった(※予告あり)



僕自身、このラビットプラチナムを早速使っていますが、
従来のラビットエキスパートよりも
明らかに「各段」に精度が上がっていて

「オウンドメディア構築」

においては

「右に出るものがいないレベルに進化」

して、より使い勝手が良くなっています。




もともとスゲーのに体感的には

「3~5倍以上パフォーマンス上がってね?」

って感じ。


そもそもGPT3.5とGPT4の頭の良さ自体、
天と地の差レベルで違いますからね・・(汗)



このあたりの

「具体的な比較検証」

などは、
僕自身まだ本日アップグレードしたばかりなので
近日中にまた追って別途追記レビューしていきます。

(※以下に追記済み)


ラビットプラチナムの驚くべき精度を検証追記(2024/05/28更新)



少し配信が遅れてしましましたが、
結論から言ってラビットプラチナム、

「とにかく生成の精度(クオリティ)がバケモン級」

に上がっています・・(汗)


それこそ以下の生成された「見出し」からだけでも
精度が上がっている事が伺えますよね。








【ラビットプラチナムで生成された見出し】

・ChatGPTの機能と使用方法
・ChatGPTの開発と進化の歴史
・ChatGPTによる革新的な応用事例
・ChatGPTと他のAI技術との比較
・ChatGPTの将来性とビジネスへの影響
・ChatGPTを活用した業界別ソリューション
・ChatGPTのユーザーインタフェースと操作性
・ChatGPTとプライバシーの課題と解決策


上記の見出しはラビットプラチナムに

「ChatGPTとは」

と入力しただけで

「●●に向けて解説して」

などの他のプロンプトは一切入れてないのに、

「無知の読者でも理解できるように順序立てて構成」

されているのがわかります。
(※僕は何も手を加えていません。)


もちろん、この見出しだけではなく
重要なのは肝心の中身(本文)ですが、
その本文についても各段に精度が上がっているんですよね。


※以下、原文をそのまま転載した記事。




どうです?


それこそ先ほどの見出しに沿って、

・ChatGPTとは?という基本解説
・ChatGPT開発における歴史や経緯の解説
・各分野でChatGPTがどのように使われているのかを「実際の事例」を交えて解説
・ChatGPTがSiriやAlexaなどの他のAI技術とどのように違うかを「比較」して解説
・ChatGPTによって今後ビジネスにどのような影響が起こっていくのかを「業界別」に予測解説
・ChatGPTがいかに簡単で直感的に使えるのかという「操作性」部分の解説
・ChatGPTによって生まれる課題や解決策について

など、しっかりと論理的に構成(生成)されていて、
従来の

・ラビットエキスパート
・ラビットファイナル


よりも
1つ1つのパート(本文)の中身もしっかりと濃く、
精度が各段に上がっているのがわかります。
(※後程、旧ラビットAIとの比較も出していきます)


また、従来のラビット系AIだと、

「各パート事に記事の内容が被る(重複する)」

事もありましたが、
見出しや記事内容が被る事もなく、
それでいて各パートの生成精度が一気に上がっているんですよね。



これにイメージ画像などを入れたら
普通に人間が書いたのと遜色ないレベルです。


っていうか、
実際に読んでもらうとわかりますが、
その辺のブロガーの記事よりも
よっぽどそれっぽい記事になっていますよね。



誤字脱字もかなり減っているので、
リライトの手間もかなり減っていますし、
見出し、本文ともに
「ChatGPT」や「AI」といった
キーワードもしっかり盛り込まれているので

「SEOにも効果的」

です。
(つまり価値提供だけでなく「集客効果」もしっかりとあるという事)


ちなみに、記事本文の文字数は8465文字、
原稿用紙でいったら32ページ分に相当します。




これを1から自分で調べて書こうと思うと、

「かなりのリソース(時間と労力)が必要になってくる」

事は言うまでもありません。


それをラビットプラチナムでは、

「たった1行のプロンプトを入力するだけ」

で超ハイクオリティな文章まで生成してくれちゃうわけですよ。


重要なのでもう一度いいますけど、これ、

「ChatGPTとは」

って入力しただけですからね(笑)


もちろん、今回はあくまでも

「わかりやすい検証事例」

としてチープな使い方をしていますが、

「使い方次第でより高精度な文章を生成」

していく事ができます


ただ仮にそのチープな使い方だけでも
ここまで全部構成考えて
見出し考えて質の高い本文書いてくれるなんて、マジで異常。



AIの進化もさる事ながら、

「いやホント、どんなプログラム組んでるんだよ」

って、普通に感動するレベルです。


このラビットプラチナムがあれば

「自分のリソースを大幅に削減して生産性が一気に上がる」

ことは言うまでもありません。


旧モデルのラビットエキスパート、及び前回のアップグレード版との比較(2024/05/28更新)



RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)は、
細かいアップグレードを挟みながら

「RABBIT FINAL(ラビットファイナル)リリース時」



「一度大幅なアップグレード版がリリースされた経緯」

があります。


つまり

「大幅なアップグレード版のリリース」

という意味で言うと、
今回のラビットプラチナムは2度目になるわけです。


そして今回のラビットプラチナムもむくめ、
RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)はどのバージョンでも

・キーワードのみから見出しを自動生成
・元素材(ネット上からコピペ)を入力して見出しを自動生成

していく事ができます。


そして

「生成した見出しに沿って記事を自動生成」

する事ができますが、
今回は比較例として

「キーワードのみから見出しを自動生成」

の機能を使って

「アフィリエイトとは」

というキーワードを入力して見出しを生成してみました。





※左が前回のアップグレード版、右が旧RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)


一応、文字起こししておくと以下。


【旧RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)で生成された見出し】

・「好きなことが副業になる!アフィリエイトの魅力とは?」──趣味や興味を活かして収入を得る方法として注目を集めるアフィリエイト

・「初めてでも稼げる!アフィリエイトのためのスタートアップガイド」──初めての方でも分かりやすく、ステップバイステップで稼ぐ方法を解説

・「誰でも始められる!アフィリエイトのメリットとデメリット」──始める前に知っておきたいアフィリエイトの特長、そして落とし穴

・「稼げる仕組みが整っている!アフィリエイトの仕組みとは?」──一度作ったコンテンツやブログなどから、長期的に収益を得る方法として注目

・「月100万円も夢じゃない!アフィリエイトでどこまで稼げる?」──実際に稼いでいる人たちの成功例や、目標金額達成のための具体的な方法を紹介

・「今からでも遅くない!アフィリエイト始めるべき理由」──アフィリエイトが今後ますます需要が高まるという現状や、スキルアップにもつながる理由

・「自由な働き方ができる!アフィリエイトでの生活」–自分のペースで、自由度の高いライフスタイルを手に入れるためのアフィリエイト

・「収入が増える!やりがいもある!アフィリエイトの魅力」──しっかりと努力して具体的な成果につながるアフィリエイトは、収入だけでなくやりがいも感じられるという点が魅力的


【前回のアップグレード版で生成された見出し】

・アフィリエイトのメリットとデメリット
・アフィリエイトの種類と特徴
・アフィリエイトの成功ポイント
・アフィリエイトの始め方と必要な準備
・アフィリエイトの収益化戦略
・アフィリエイトと広告の違い
・アフィリエイトの投資とリターン
・アフィリエイトの将来性と展望


そして今回のアップグレード版、
ラビットプラチナムで生成された見出しは以下です。


【今回のアップグレード版:ラビットプラチナムで生成された見出し】


・アフィリエイトの仕組み
・アフィリエイトの歴史
・アフィリエイトの種類
・アフィリエイトと他のマーケティング手法の比較
・アフィリエイトのメリットとデメリット
・アフィリエイトプログラムの選び方
・アフィリエイトで成功する方法
・アフィリエイトの未来予測


どうです?


上記3つを見比べた時、
初版のラビットエキスパートと比較して

・前回のアップグレード版
・今回のアップグレード版(ラビットプラチナム)


の方がシンプルに感じるものの、

「どちらの見出しの方が論理的な展開になっているか」

と言えば、
見出しの展開を見るだけでも
明らかに後者の2つだと感じるはずです。


ラビットシリーズは全て、

「ここで生成された見出しに沿って記事本文が生成される」

ので、

「見出しの生成が記事本文の精度(クオリティ)を左右する」

と言っても過言ではありません。


もちろん、
旧RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)でも、
見出し自体を自分で変更する事はできますし、
その点も僕からの特典では解説していましたが、

「その必要さえないくらい精度が上がっている」

のが、この時点で見て取れます。


こう言うと、

「じゃあ、前回のアップデート版だけでよくね?」

と思いますよね?


もちろん、
前回のアップグレードでも大きく精度は上がっていたんですが、
今回のアップデートでさらに「別物」のクオリティになっているんですよ。


まあ、先ほどの「ChatGPTに関する生成記事」でも
そのクオリティはお分かりいただけると思いますが、
次は実際にその見出し毎に生成した本文の方も比較してみましょう。


【※左が前回のアップデート版:右が初版のラビットエキスパート】


【今回のラビットプラチナム】


それぞれの本文全文を掲載すると長くなるので
以下に掲載したものを読み比べてみてください。


【旧RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)で生成された本文】


サンプル記事:RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート/森本哲也)で生成した記事※原文ママ


【前回のアップグレード版で生成された本文】


サンプル記事:前回のアップグレード版で生成した記事※原文ママ




どうです?


上記の記事は、
全く手を加えずにそのままコピペしただけですが
改行の有無(読みやすさ)は度外視した「内容面」で見ても
どちらの方が論理的かつ自然な構成になっているかは一目瞭然ですよね。



とくに重要な

・前回のアップデート版
・今回のアップグレード版(ラビットプラチナム)


との比較でも大きくクオリティが上がっているのがわかります。


サンプル記事:前回のアップグレード版で生成した記事※原文ママ

サンプル記事(アフィリエイトとは):RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム/森本哲也)で生成した記事※原文ママ


前回のアップグレード版も凄いには凄いんですが、
どこか

「生成AIが書いた感」

が拭えないんですが、
今回のラビットプラチナムは

「そういった違和感も感じさせないクオリティ」

で生成してくれるんですよ。


先ほど、

1、生成された見出しに沿って記事本文が生成される
2、見出しの生成が記事本文の精度(クオリティ)を左右する


だけでなく、

「精度が上がっている(質が大きく上がっている)」

とお伝えしましたが、まさにその差が歴然に出ています。


もちろん、上記それぞれのサンプルは
適当に入れたキーワードで生成しただけですのが、
まだまだコンテンツの質を上げる「使い方」は沢山あります。



ただここでは、

「分かりやすい事例」

として並べた次第です。


実際に過去のラビットエキスパートの特典では、

「生成コンテンツの質を大幅に上げる具体的なノウハウ」

も公開しています。


ちなみに
旧RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)で
生成された本文の文字数は約7100文字。


前回のアップグレード版で
生成された本文の文字数は約6000文字。



そして今回のアップグレード版、
ラビットプラチナムで生成された本文の文字数は8915文字で
原稿用紙34枚分のボリュームになります。




もちろん、

「文字数だけ多くても意味は無い」

ですが、
ラビットプラチナムは

「文字数も多くて、さらに質も高い」

という形で大きくグレードアップしているんですよ。


実際、それぞれ3つのサンプル記事を見てもらうと
明らかにラビットプラチナムの精度が群を抜いているのが分かります。


そして先の通り
最初のタイトルキーワードに沿った記事構成で
キーワードもしっかり自然に散りばめられているので、
SEO的な部分での効果も据え置きです。


ラビットプラチナムは文章の読み込み能力が大幅アップ(最大4万文字)(2024/05/28更新)



初版のRABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)も
前回のアップグレード版も、

・商品記事を生成
・レビュー記事を生成

という機能があり、
そちらにはネット上のコンテンツをコピペする事で、
1からオリジナルの記事を生成していく事ができます。






機能の詳細については
以下でレビューしているので割愛しますが


ラビットエキスパート(森本哲也)はニッチな最新商品にも対応してレビューもしてくれる:


ChatGPTは

「ニッチな情報や特定の商品に対しての知識」

が無い中で、
RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)は
ネット上のテキストを「コピペするだけ」で

・特定の商品にも対応して独自の商品説明やレビューもしてくれる
・ニッチな分野にも対応して独自の商品説明やレビューもしてくれる/span>

という機能もあるわけです。




(※詳細解説は上記リンクを参照)


そして個人的には「これが一番の強み」だと思いますし、
今でもこの機能がラビット最大の特徴だと思います。


ただ、従来のRABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)では、
その入出力に文字数制限があり
それが最大3500文字程度でした。


ただ今回の
ラビットプラチナムでは
その文字数制限が40000文字まで拡張されています。


いやはや・・(苦笑)


当初業界に激震を与えた
ブレインライターでさえ

「15000文字の入出力」

という時点で「ヤバ!」って感じだったのに、
ラビットプラチナムは

「2倍以上の4万文字」

という破壊力・・。


Brain Writer(ブレインライター/飯田純也)は最大1万5000文字まで入出力可能:
(※今のブレインライターは無制限になっているのも異常ですが)


1回目のアップデート版のRABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)でも、
それは不可能だったし、
それを可能にしたブレインライターが「凄い」って話だったんですけど、
ラビットプラチナムでは

「余裕で凌駕する性能を持ってしまった」

というわけです。


さらにいえば、
従来通りChatGPTには不可能な

「特定のテーマや商品に特化した商品記事やレビュー記事」

さえも
フリーワード入力(ネット上からの素材のコピペ)だけで
1から「オリジナルコンテンツ」も作れちゃうので、

「ブレインライター顔負けな状況」

になっているわけです・・
(※勿論、ブレインライターならではの強みもありますが)


いやほんと、

「AIの進化ってマジで怖え・・」

と思います。


先ほどもお伝えした通り、

「たった1つのキーワードからだけ」

でも

「何も知らない人向けに1から分かりやすく論理立てて解説してくれる」

だけでなく、
SEO的な効果も健在で、誤字脱字もほぼ無し。


まるで人間が書いているような
「生成AI感」の少ない自然な文章を生成してくれて
下手したらその辺のブロガーより上手い記事をサクッと生成してくれる。


もちろん、どんなジャンルのブログでも応用可能ですし

「使わない理由どこにある?」

って感じですよ・・。


リアルに手動で記事を書いているのが馬鹿らしくなります。


レビュー冒頭でもお伝えした通り、
目の前に「自動車」があるのに、
移動手段に「歩く」事を選択しているようなもんです。


いやホント、
今回のラビットプラチナムを見ていても思いますが、

「このスピード感で今後もAIがどんどん進化していくんだな」

と思うと、恐怖さえ覚えてきますよね。


今のこの急速な進化も
未来になって振り返ってみると、

「あの時はまだ赤ちゃんレベルだったよね」

と思い返す日が来るんだなと。


つまるところまさに

「早いもん勝ち、やったもん勝ちの世界」

だなと思うわけです。


ここで生成AIやAIツール慣れておくかおかないかで

「今現在の生産性」

は当然の事、

「今後の将来的な意味」

でも置いてけぼりになってしまう事は間違いないと思います。


ラビットエキスパート→ラビットプラチナムのアップデート手順は「超絶シンプル」です



ちなみに、

「ラビットエキスパート→ラビットプラチナムのアップデート手順」

は超絶シンプルで

「アップデートファイルをそのままドラッグアンドドロップでアップロードするだけ」

です。


なので、
一瞬で既存のラビットエキスパートが
超進化したラビットプラチナムに生まれ変わります。


ちなみに、

「それでも不安でわからない」

という方には

「アップグレード代行特典」

もお付けしますのでご安心ください。


ラビットプラチナムは価格も激安(※今現在)



ちなみにラビットプラチナムのアップグレード価格は

24,800円(※執筆時点)

です。


コスパや得られる収益を考えたら、これはマジで破格すぎ。


ただこれはあくまでも

「現段階の価格」

の話で、どんどん値上げされていく事になります。


従来の全てのラビット系AIも同様で、

「どのツールにおいても販売当初より2倍程の価格になっている」

のが実情ですからね。


まあ、それでも安すぎるレベルですが。
(※それくらい性能が良いので)


とはいえ現状のラビットエキスパートも、
公開直後から期間毎やアップグレードの度に
続々と値上げされて今があり、価格も倍レベルになっています。



今回のラビットプラチナムも
同じように続々と値上げされる事が予想されますので、
可能な限り安いうちに導入される事をおススメします。
(※値上げされても得られる提供内容は全く同じです)


【2024最新モデル】RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)公式ページ


既にラビットエキスパートを使っている方は当然、

「使わない手はないアップグレード」

ですし、
今現在まだ使ってない方も
後悔しないうちに

「ラビットエキスパート+ラビットプラチナム」

を最安で手に入れた方が良いと断言します。
(まさに「やったもん勝ち」の世界なので。)


【yuu式】RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)限定特典について



今回、当ブログから

「RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)」

を導入された方には、別途僕からの特典教材も用意します。


正直、ラビットプラチナムを購入したのが今日の今日で

「詳細な比較検証」

はこれからになるので、
詳細項目はまだ未確定ですが、

「RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)」

より有効活用していくノウハウを教材化していく予定です。


過去、僕の特典購入者であればおわかりの通り、

「特典のクオリティ(質)」

に関しては間違いないし、

「期待を200%上回る情報」

を提供していくのでご安心ください。


加えて今回の、

「RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)」

には

「サポート体制が無い」

ので、

僕からのサポート特典も30日間お付けする予定です。
(※特典配布日を起点として30日間)


そして先に触れたように

「アップグレードができるかわからない」

という方にも

「僕自身がアップグレードする代行特典」

もお付けしますのでご安心ください。


ただ、

・僕からのサポート特典
・僕自身がアップグレードする代行特典


に関しては

【先着30名限定】

で締め切らせて頂きます。


尚、

・RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)を持っていなかった方 ※一見さん
・RABBIT EXPERT(ラビットエキスパート)を持っている方 ※リピーター


無関係に

「RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)の購入者」

全て対象内です。
(※特典項目内に表示があれば対象枠内です)


つまり、

「ラビットエキスパート本体を他から購入されている場合でも大歓迎」

だという事。


なので

・僕からの特典ノウハウ
・僕からの各種特典サービス(サポート・代行サービス)
・現状のラビットプラチナムの本体価格


ともに

「最安かつ万全の体制で取り組みたい方」

は今のうちにお申込み頂ければと思います。


【2024最新モデル】RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)公式ページ
(今なら先着30名特典付き)
(6月以降に順次配信)



いずれにせよ、
去年からAIツールは多々扱ってきて、
その実践者から数多くの成果報告を頂いていますが、
実際にリアルにこうやって

「AIに触れていく方が増えていってくれている」

のは嬉しい限りで、
実際に成果報告などを受けるとホントに

「発信していて良かったな」

と思います。


このメディアでは口酸っぱく言っていますが
ほんとこの「AI新時代」は大きな時代の転換期です。



キッカケが興味本位でも
このAIに慣れておくかどうかだけで、
今後10年、20年の人生レベルが大きく変わります。


『あの時AIに慣れておけば・・』

と数年後に後悔しないように、
今のうちから触って、実践して、結果に繋げて頂けると
情報発信のしがいがあるってもんです。


これからもガンガン最新情報を発信していくので、
頑張って付いてきてくださいね!



今回のラビットプラチナムについても
独自に徹底検証したレビューや
それぞれの特典項目もこの記事に追加していきますので楽しみしていてください。


【2024最新モデル】RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム)公式ページ
(今なら先着30名特典付き)
(6月以降に順次配信)



それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓



  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  3. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  4. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…

関連記事

  1. ラビットプラチナム(森本哲也)

    サンプル記事(アフィリエイトとは):RABBIT PLATINUM(ラビットプラチナム/森本哲也)で…

    アフィリエイトとは、インターネット上での広告収入を得る手法の一つであり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


脳死状態で収益化できる核爆弾級のツールが爆裂誕生!

実践者・コンサル生の事例紹介

ただの写真を「資産化」する激ヤバな反則(チート)ツールが爆誕

完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    【事例紹介】元「超絶ノウハウコレクター」が4か月で月収212万稼ぎ、DRMでその…
  2. 教材実践者・コンサル事例

    フュージョンメディアアカデミーFMAの実践者2名の事例と、yuu式特典提供終了に…
  3. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?【保存版】
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    奴隷のようなアフィリエイトから脱却する方法。
  5. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    情報発信ビジネスで稼ぐ上でのアウトプットの重要性と、マインドセットについての個人…
PAGE TOP