【事例紹介】トレード”ついで”に情報発信ビジネスでも同時に稼ぐ方法

yuuです。


今回は、以前紹介した以下の企画についてのお知らせです。



なんだかんだブログの更新自体久しぶりですが、
上記の記事では、


・僕が初めて取り組み、実践している投資法の具体的な解説
・僕がその投資法を教わっている師匠の紹介
・その師匠からその投資法を習得できる企画の詳細
・実際にその企画に参加・実践していった際の検証レビュー



などを、幾つかの資料と共にお伝えしながら、
前回はさらに「補足資料」として

“この投資法(トレードロジック)を片手間で一か月間実践しながら
 月収100万円を稼ぐまでの運用詳細レポート”


をシェアさせて頂きました。



それが一か月以上前の事。


・・で、僕自身のここ最近はというと、
これまで通りのコンサル活動と並行して
年末にお伝えした「新市場攻略」の方に注力していました






ちなみにこの市場、

「控え目に言ってかなり面白い事になっている」

ので、近々このブログでも
事例を踏まえて大々的に公開していきますね。


・・と、話は逸れてしまいましたが、
そんなこんなでこのブログの更新だけでなく、

「相場に触れる機会」

も以前より減ってしまっています。
(「もともと更新してねーだろ!」ってツッコミは無しで・・笑)


ただ、上記の企画参加者からは定期的に成果報告を頂いている状況です。


割合として多いのが「軍資金10万以下」からのスタートで、
今では「5倍~20倍の証拠金」を入れてトレードしている・・
というようなケース。


その背景には

・単純にトレードによって資産が膨らんでいる(←大体の方がこちら)
・再現性を確信したから別途証拠金を投入した


など人それぞれですが、
いずれにせよネガティブな状況でない事は確かです。


そしてその証拠金を基にレバレッジを掛けていたりもするので

「動かしている数字の桁(ケタ)」

が当初よりも1つ、2つとデカくなっているわけです。


普通に、トレードを始める前までは想像すらできなかった感覚でしょうね。


実際に

「お金に対する概念が変わった」
「今まで扱う事なんて考えられなかった金額を運用している事に恐怖すら感じる」


みたいな感想も頂いています。


言うて「2か月足らず」で、
こうも環境が激変しているわけですから、
そう感じるのも無理はないと思います。


っていうのも僕自身、
ネットビジネスに飛び込んだ当初はアフィリエイトという分野で

“0(むしろマイナス)の状態から月収150万越え”

という結果を2か月程で出したんですが、
そんな規模の金額でさえ、

“それまでの金銭感覚が崩壊されてしまった”

んですよね。


例えるのが難しいですけど、

「・・え、こんな世界あんのかよ」

って感じで完全にパラダイムシフト(自分の中の常識破壊)したんです。


そこから10年に渡りビジネス一本に没頭し、
右肩上がりに利益を伸ばしてきた僕ですが、

「トレードを始める前と、始めた後(今)」

では、さらに「お金に対する考え方」が大きく変わりました


僕自身、もともと浪費には賛成派で、


「浪費する為に稼ぐんじゃボケ」



というスタンスでビジネスに没頭してきたんですが
いざ「トレード」というものを知ってしまうと、
お金を使う(消費行動を行う)度に

「投資(トレード)」

が頭をよぎるようになってしまったんですね。


例えば僕はファッションが好きで、
1着数十万の洋服や靴とか、数百万の時計とかバッグとかを
以前は何も考えずに買っていたんですが、
投資活動を初めてからは

「これ、トレードに回せば・・」

などと、ついつい消費を思いとどまるようになりました。


国内での旅費交通費(ホテルや航空券など)も、
家族3人で行けば1回200万は軽く飛びますし、
海外旅行ならその倍以上の金額が羽ばたいていきます。


会議費や接待交際費(従業員や取引相手との飲食代)も、
1回で5万~10万は飛んでいく。


その度に

「これ、トレードに回せば・・」

などと、ついつい考えてしまうわけです。


その結果、経済的には合理的になりました。


悪く言えばケチになったっていうか・・
なんていうか複雑な心境で

「何の為に金稼いでんのかな・・」
「お金って何なんだろう・・」


と改めて考えさせられます。


もちろん、稼ぐに越した事は無いわけですけど、
別に僕は億万長者になって・・みたいな夢があるわけでは無いんです。


好きな事して、ストレスなく生きる事ができればそれで十分。


あとは周りの人間(家族やコンサル生を含めた仲間)を幸せにできればそれでいい。


僕が、

「金・カネ・金!」

という金銭至上主義的な性格だったなら、
今頃トレードに没頭しているだろうし、
ビジネスも寝ずに鬼のようにやっていると思います。


それこそビジネスにせよトレードにせよ、
やればやった分だけ稼げる事を知っているので「やらない理由が無い」わけです。


でも、性格的にそれはできないんですよね。


以前もお伝えしましたが、

「僕は僕のやりたい人生」を生きたい

僕は何にも縛られずに好きな事をして、
僕のやりたい人生を生きたいだけなんです。


でも、その為にはどうしても必要最低限の「お金」は必要になります。


だからビジネスも

「いかに労力対効果を上げるか」

という事にフォーカスして、
好きな事をやる為の時間とお金を作り出してきました。


唯一の「例外」がコンサルティングです。


コンサル生やクラブメンバーは「仲間」なので、
労力対効果にシビアで超絶面倒くさがりな僕でも、
コンサルティングには苦痛を感じないんです。


ただ、これはあくまでも「例外」です。


それ以外のビジネスは極力、労力が掛からないように仕組み化しています。


そしてそこで稼いだお金を、
何も考えずに湯水のように使っていたわけですが・・

「いざトレードを知ってしまうと」
「そのトレードでお金が増える事を知ってしまうと」


こうもお金に対する概念が変わってしまう。


ぶっちゃけ、


「トレードなんて知らなきゃよかった・・」



とさえ思う時もあります。


経済的には以前より遥かに豊かになったものの、
精神的にはどうなのかな・・って感じ。


勿論、これは僕の偏った性格的な話なので、
決してマイナスに捉えないで欲しいんですけど、
そんな感じで今は

「どうせ使うなら投資して増やした方が・・」

みたいな思考になってしまっているわけです。


・・でもこれ、それなりのビジネス経験(億単位の利益)を積んできた上での話です


この企画に参加された方は、

「稼いだ経験が無い状況」

から

「このフェーズ(段階)に短期間で突入している」

わけですから、
そりゃその変化に対応できず「恐怖」すら感じても仕方ないと思うわけです。


実際にこのトレードスキルを習得した事によって、

「仕事を辞めて専業トレーダーになった」

・・なんて方もいます。


もちろんこれはこの時期ならではのタイミングもあると思います。


それこそ今回のコロナショックで、
会社に行けず自宅待機を命じられているような状況であれば、
逆に「待ってました」と言わんばかりにトレードに没頭できるわけですからね。


まあ、上記は極端な例ですが、
順調に資産を増やしている参加者が増えていっているわけです。


とはいえ、そんな彼(彼女)ら実践者の大半は、
元はと言えば「トレード初心者」でした。


あなたもご存じの通りこのシリーズ自体、

「トレード(投資)初心者」

向けに発足したので
読者の割合としては初心者層が大半を占めています。


よって必然的に参加者さんの割合も初心者さんが多くなるわけです。


中には投資経験者もいますが、割合的には1~2割程度。


逆に言うと、それだけこの本條さんの企画で提唱されているトレード手法は

「初心者でも習得&再現しやすいトレード手法」

であり、

「それを習得&再現できる環境が用意されている」

という事です。


この企画の詳しいレビューについては

「僕自身の実践事例」

も踏まえて先程の記事で解説していますので割愛しますが、
ザックリこの企画の特徴を挙げると・・


1、ほぼ「1日がかり」の対面形式(オンラインでも可)で、
本條さん自身が直にノウハウの全てを教えてくれる

2、受講者さんの目の前で直にトレードし、そのノウハウの有効性を「実証」しながら、
  それを同じように実践して「その日のうち」に稼がせてもらう事ができる

3、そこから更に「補習」講義を受けながら血肉化していく事ができる


という企画になります。


そもそもシンプルなトレード手法である上に
手取り足取り、目の前で実証しながら
腑に落ちるまで徹底徹底期にレクチャーしてくれるからこそ、
トレード初心者でも習得・再現していく事ができているわけです。


おそらく

「目の前で実演し、その日のうちに稼がせる」

なんて企画、見たことも聞いた事も無いと思います。


それを打ち出すには当然、

「それを打ち出せるだけの根拠や確信」

がなければできないわけで。


それが「ある」から、

「こんな“同業者泣かせ”の企画」

を打ち出せているわけです。


そんな企画を打ち出せる理由は、

“彼の投資ノウハウの「再現性」と「即効性」が高い”

からに他なりません。


一般的な似非投資系教材販売者やコンサルタントには、
まずもって100%真似できない芸当です


それでいて彼のトレードノウハウ(手法)は、
その「実践ハードルの低さ」に加えて、

「資金的なリスク面」

も最小限に抑えられているロジックになっています。


だからこそ、参加者の再現率が異常に高いんですね。


実際にこの講習を受けた方のトレードの実績などは、
以下のブログなどでも、

「数十名分のパフォーマンス(実践事例)」

がそのまま公開されています。


受講者さんの運用パフォーマンス一覧


・・まあ、その

・トレード手法の具体的な内容
・トレード手法のリスク面
・そのトレード手法を習得する為の企画内容や育成環境

についても、レビュー記事の方で

「これでもか」

というくらい詳しく伝えているので割愛しますが、


“そんな事よりも”僕が今回“特筆”したい事



が、この短期間で

「情報発信ビジネス実践者の成功事例も出始めている」

という事です。


つまり、この企画をキッカケとした

「トレードに関する成果報告」

だけでなく、

「情報発信ビジネスで結果を出している事例」

も生まれているという事。


僕としては、本当にホンッッットーに、これが何よりも嬉しいんですよね。


といっても、この企画を紹介したのが「2か月前」なので、

「・・?」

という方もいるかもしれません。


なので簡単に補足しておくと、
僕はこの本條さんの資産運用(トレードノウハウ継承)企画への

「参加特典」

として、僕自身が2016年から開催しているコンサル企画、

【you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2】

への無料参加権を限定的に提供しています。


■特典紹介用の特設ページ→一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト
閲覧ID:aaa
閲覧パスワード:111


ちなみにこの元となるコンサル企画は、

「僕自身が10年に渡って億単位の利益を稼ぎ続けてきたアフィリエイト戦略」

を継承しているもので、
価格としてはプラン別で298000円~1298000円を頂いています。


実際のクラブメンバーの事例は以下でも一部紹介していますが

「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧

普通に月収8桁(1000万以上)プレイヤーを生み出しています。


しかも殆どのクラブメンバーが、
元ノウハウコレクターやネットビジネスド素人。


そのコンサル実績が珍しいからかなんなのか、
今や参加倍率が「52倍」にまで上がってしまっている状況ですが、
そんな企画そのものを「特典」として提供している次第です。


特典としてはガチで“やり過ぎ”なレベルですが、

「本気で取り組む覚悟のある方に、本気で答えよう」

という事で、コンサル企画そのものを特典として提供しています。


そしてこの特典(情報発信ビジネスコンサル)による
成功事例も生まれ始めているというわけです。


もちろん、まだ発信から日が浅いので
現段階ではまだ月収7桁レベルには届きませんが、
例えば以下の実践者なんかは既に1件の成約を決めています。




まさに自分が学んでいるトレードスキルを学べる
この本條さんの企画そのものを、

「いち実践者」

として紹介する事で成約が生まれているわけです。


報酬単価も高額ですので、
既にこのアフィリエイト報酬だけでも
この企画への参加費の半分程は回収できてしまっている
事になります。


もちろん、これとは別に日々トレードでの利益も出ている。


まさに一石二鳥、一箭双雕なわけです。


そしてその成約を決める為のメディア戦略を、
僕がコンサルで教えていっているという事です。
(ちなみにこの方も情報発信経験の無い初心者でした。)


念を押して言いますが、
まだ実践開始二か月未満ですからね。


これを皮切りにさらに成約数が伸びていく事はいうまでもなく明らかです。


もちろん、参加者の中には、

「トレード一本に集中している実践者」

もいます。


やはり人間ですから、人によって向き不向きや「相性」もあるので。


いくら「自らの利益の為」とはいえ、
性に合わない事を続けていくのは苦痛ですし、
モチベーションを維持するのも大変です。


他人に情報を発信していく事に「やりがい」を感じる人もいれば、
創意工夫の必要が無い「機械的な作業」の方が性に合っている人もいるわけで。


それこそ本條さんのトレード法は、

「決められたルールに沿って機械的にトレードを行っていく」

というスタンスですからね。


現に今回の企画参加者の中からは

「これまでビジネスで上手くいかなかった分、トレードで挽回しました!」

という声も頂いています。


そういった参加者としては、

「トレードという選択肢」

を知る事がなければ、今現在も結果を出せずじまいだったわけです。


その意味でも、

「ビジネスはビジネスで結果を出す」
「トレードはトレードで結果を出す」

という

“どちらの選択肢でも結果を出す事ができる道筋”

を企画として用意した事で、

“参加者を取りこぼす事なく、結果を出させる事ができている現状”

を見ると、

「この企画を発足して良かったなあ・・」

と率直に思うわけです。


なのでもちろん、

「トレード一本で稼ぐ」

というスタンスでも何の問題もありません


そもそもこの企画の主旨は「トレードスキルを習得する事」にあるわけですし。


・・でも、

「トレードだけでなく、情報発信ビジネス“でも”結果を出していく」

方が絶対合理的ですよね。


だって、それだけ再現性の高いロジックを実際に学んでいるわけですから。


詳しくは後述しますが、
実際にそのロジックを学び、トレードしていく中で、

「それをそのまま(もっと言えば「トレードついで」に)アウトプットして人に紹介する」

だけで「感謝」と「報酬」を手に入れる事ができる事ができるわけです。


何故、そんな事が可能になるのか。



これはまさにこの企画ありきの話になるんですが、
そもそもの前提としてこの企画参加者には

「投資系のメディア構築」

を推奨しています。


具体的には

「本條さんから学んだトレード知識や経験」



「僕が伝えているマーケティング戦略」

を駆使して情報発信してビジネスに繋げていく事で、

「影響力と収益性の高い投資系のメディア」

を構築していっている形。


もちろん、特典としては僕のコンサル企画そのものを提供しているので、
希望があればどのジャンルの情報発信メディアにも対応してコンサルします。


ただ、この企画に参加した方なら

「投資系メディアを選ばない理由が無い」

というのが率直なところ。


僕が参加者に対して、

「投資系のメディア構築」

を推奨している理由は「3つ」あります。


僕が参加者に対して「投資系のメディア構築」を推奨している「3つ」理由。



1つは、

「参加者自身が再現性の高いトレードを学び、実践している」

から。


2つ目は

「投資系情報商品は需要が高く市場規模も大きい」

から。


3つ目は

「それなのに、ライバルが少ない」

からです。


1つ目については、
これまで詳しく伝えてきたので改めて言及するまでもありませんね。


そこで2つ目の

「投資系情報商品は需要が高く市場規模も大きい」

という点についてですが、
そもそも情報業界全体の売上の大半は

「投資系のジャンル」

で占められているのが現状です。


それこそ株や為替(FX)、不動産や仮想通貨などに関連する商品ですね。


商品の「形」としては教材やツール、
サロンやセミナー、コンサルティングなど多種多様ですが、
実際に業界最王手のインフォトップの売上ランキングを見てみると
その多くが「投資」や「資産運用系」の商品である事が見て取れます。


そしてこれは「今」だけの話ではありません。


少なくとも僕がネットビジネスに参入した10年前から
「情報市場の売上の大半」が「投資系」なんです。



もちろん、
いわゆるネットビジネス系(アフィリエイト系や転売系など)や、
恋愛系やコンプレックス系などなど、色々なジャンルの商品もあります。


でも、全体的に見ると大半のシェアを占めているのが投資系の情報商品なんですね。


つまりそれだけ

「需要が高いくターゲット層も厚い」

わけですが、

「投資系の情報発信者は、他のジャンルに比べて非常に少ない」

というのが実情です。


まさにこれが3つ目に挙げた、

「それなのに、ライバルが少ない」

であり、投資系のメディア構築を推奨する「最大の理由」です。


何故、市場規模も大きく需要も高いのに、情報発信者が少ないのか。



というと、その理由は極めて単純で

「投資系の情報発信には資金的リスクを伴うから」
「情報発信のハードルが高いから」


からだと言えます。


どういう事か掘り下げていくと、
例えばトレードノウハウ系の商品をアフィリエイトする場合、

「その商品やトレード手法の特徴や強み」

などだけを伝えていっても、
商品の優位性をしっかり伝えていく事ができません。


いくら

「このトレード法はこうこうこうで・・」
「この講師は実績がこんなにあって・・」
「しかもこんな環境で学べるんです」

と伝えても、

「・・で?実際のところは?」

と思われるのがオチです。


要は、

「その商品やトレード手法の特徴や強み」

を踏まえた上で、

「実績」

も合わせて提示しなければ、その発信に信憑性は生まれないという事。


言ってしまえば「胡散臭い」と思われても仕方ないという事です。


あくまでも「トレード」なわけですから、

「結果を出せるトレード法なら、実際にトレードしない理由が無い」

わけです。


それが例えばアフィリエイト系の商品なら、

「なぜおススメできるのか」

という点の根拠として

・ノウハウ面(教材内容)
・ツールの優位性や有効性
・環境面(サポート体制やサービスなど)


などの観点から商品の優位性を伝えていく事ができます。


むしろその情報発信者の実績なんかより、そちらの方が重要視されます


そもそも情報発信ビジネスで発信していく情報なんて人それぞれなので、
1つのケーススタディ(情報発信者の実績)よりも

「その商品では、どんな事をどのように学べるか」

の方が重要なんです。


一方、トレードの場合は「結果」が全てです。


・・というか、

「結果が見えなければ内容も信用できない」

わけですよ。


だから情報発信する側(アフィリエイターなど)としては、
まずその紹介したい商品で結果を出す必要が出てくるわけです。


この時点でまず1つハードルが上がります。


さらに言うと、いかがわしい商品も多いのが実情なので、

・情報商品を買う時点
・その商品を参考にトレードする時点


のダブルで資金的なリスクが伴います。


アフィリエイターとしては

「アフィリエイトでの実績(売上)を獲得する事」

が目的ですから、

「あえてリスクを冒してハードルの高い投資系の情報発信は行わない傾向」

にあるわけです。


投資系以外のジャンルだったら、
資金的にはノーリスクで情報発信できますからね。


視点を変えると「それだけライバルの数が多い」という事。


ライバルの数が多ければ「競争率」も上がるので、
必然的に「ライバルの質」も上がります。


まあ、それでも正直まだまだレベルは低いし、
戦略次第でいくらでも打ち勝っていけるんですが、
「0スタート」から「手さぐり」で実践していくのは容易ではないわけです。
僕のコンサルでは打ち勝つべくして打ち勝つノウハウとスキルを伝えています


現にネットビジネス系にせよ、コンプレックス系にせよ、
投資系メディアに比べると圧倒的に“乱立状態”にあります。


要するに、


■投資系の情報市場

・需要が高く市場規模も大きい
・それなのに、ライバルとなる情報発信者が少ない


■それ以外の情報市場

・市場規模が投資系市場よりも小さい
・ライバルとなる情報発信者が多く、そのライバルの質も高い


というのが情報業界の実情で、投資系以外の市場では

「少ないパイを奪い合っている状況」

と言っても過言では無いんです。


一方、投資系の情報市場はブルーオーシャン。


そして先程の企画であれば、


「情報発信のハードル」という「壁」を取り除いた状況で、
極々自然にブルーオーシャン市場に殴り込み



できてしまうわけです。


それこそ、

「本條さんから学んだトレード知識や経験」

をそのまま情報発信していくだけで、
立派な投資系メディアを構築できます。


あなたが今読んでいるこのシリーズだって、まさにそうです。


投資やトレードに関する情報を発信して、
前回で言えば本條さんの商品をご紹介したわけです。





上記の記事では実際に、

「本條さんに学んでトレードした模様(事例)」

を画像付きで掲載していますが、
その画像もトレードの度にキャプチャしただけです。


つまり、

「記事作成(事例作り)の為にトレードを行う」

のではなく、

「トレードの“ついで”にキャプチャした画像を掲載しているだけ」

という事。


その流れを踏まえた「文章」についても、
本條さんからのコンサル模様や実際のトレード模様など、

「実際に“体験”した事」

を元に書いているのが分かると思います。


文章を書いた事の無い方にとっては、

「1からネタや構成を考えて文章を書く」

という事にハードルを感じるケースが多いですが、

「体験談を書いていく」

場合はそのハードルも大きく下がります。


今学んだ事、今経験した事、をそのまま伝えていくわけですからね。


これは上記の記事に限った事ではなく、
このメルマガで発信している情報(文章)も全て

「インプットした情報や経験」

そのまま文章としてアウトプットしているだけです。


この手法であれば、

「情報発信ビジネス初心者」

の方でも極力実践ハードルを下げながら、

・需要が高く市場規模も大きい
・それなのに、ライバルとなる情報発信者が少ない


という投資系の情報市場でライバルと「対等」に勝負していく事ができるわけです。


・・いや、「対等」どころかライバルよりも
「優位」な状況で情報発信できる



んですね。


なぜなら、

1、「本條式」のトレードロジックとコンサル環境
2、「yuu式」のマーケティング戦略とコンサル環境


があるからです。


自分で言うのもなんですが、

「情報発信コンサル」

に関しては、まさに僕の真骨頂。


それでいて

・投資系情報市場というブルーオーシャンな市場

に対して

・手堅い本質的なトレードノウハウ

を引っ提げて「鬼に金棒」状態で殴り込める環境があるんです。


正直、

「やらない理由が無いでしょ」

って話です。


だからこそ僕はこの企画参加者に対して

「投資系の情報発信メディア構築」

を推奨し、実際にコンサルしているわけです。


このブログは配信頻度が少ないですが、
本條さんの企画に限らず、
投資やトレードに関連する商品をアフィリエイトするなどして、
キャッシュポイントを作っていけば別途売上も上がります。


要は「やり方次第」でいくらでも


トレードで稼ぎながら、情報発信でも稼ぐ。



事ができるんです。


そして僕はその具体的な情報発信スキルをコンサルしているという事。


せっかく得た知識と経験を吐き出していくだけで
ビジネスになるんですから、まさに一石二鳥ですよね。


それこそこのメルマガタイトルにもある

“一箭双雕(いっせんそうしょう)”

な形で利益を双方から総取りしていく事ができるわけです。


もちろん、投資じゃなくてもそうですが、

「自分自身に興味のある分野」

で学んだ知識や経験を

「アウトプットして稼ぐ事ができる」

のが情報発信ビジネスの一番の醍醐味です。


それを

「投資という分野で実践できる事のアドバンテージ」


は計り知れません。


もちろんこれは「本條さんの企画ありき」の話になるので、
僕のコンサルティング企画だけでは成しえません。


だからこそ、
この企画への特典参加者へのコンサルは「別の楽しさ」があります。


そして「経済的成功」という意味でのスケールも

「一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト」

の参加者の方が「早い」しデカいという
「可能性」がそこにあるんです。・・正直、複雑な心境です


そのあたりの

「投資・トレード×情報発信ビジネス事例」

の方も今後事例を交えて紹介していきますが、
いずれにせよ、


情報発信&トレード初心者が、双方の市場で勝つ事ができる「勝ちゲー」企画



は他にない事は断言できます。


そもそも前提として、

「その辺に転がっている(それでも爆売れしている)トレード系商品」

とは

「比較にならない再現性のトレードノウハウ」

が確立されているわけです。


そしてそのトレード法(スキルとノウハウ)を

「実践者に伝え、再現させる企画」

も既に発足している。(まさにそれが本條さんの「トレードスキル継承企画」)


さらに加えて

「そのトレードスキルで得た知識や実績を元に情報発信メディアを構築していく企画」

も用意してある。(これが僕のコンサル企画)


それでいて

「投資系情報市場のアフィリエイターが少ない」

というブルーオーシャンな市場。(これは前途お伝えした通り)


これ、


「勝てないわけないでしょ」
という条件が揃っているとしか言いようがない



わけで。


参加者としては、


1、トレードで稼ぎながら情報発信メディアでも稼げる
2、トレードで稼げば稼ぐ稼ぐほど、それが実績となり、情報発信メディアにも使える
3、その情報発信の仕方も最高の環境で学び・習得・実践できる


という好循環しかないわけです。


正直なところ、僕からすると

「本條さん本人からこのロジックを手取り足取り教えてもらえる」

というだけでこの企画参加料すら安すぎると思います。


言うまでもありませんが、


この波に乗るか乗らないかで、あなたの人生は180度大きく変動



する事になると思います。


なぜなら、

・本條さんのトレードロジックの「有効性」と「再現性」
・僕自身のこれまでの情報発信コンサルにおける「実績」と「前例」


を身を以て体感しているからです。


そしてこの機会はいつ終了するかわかりません。


本條さん自身も、1日がかりで教える体制を敷いていますし、
僕自身も1人1人の育成にはそれなりの労力と時間が取られます。


よって、

・本條さん自身のトレード企画継承企画
・特典として提供しているコンサル企画参加権


いずれも、「いつまで公開できるか」はハッキリできない状況です。


また、これはこの企画に限った事ではありませんが、

「一番始めが、一番儲かる」

ことは業界の通例です。


例えばネットビジネス系で言っても、
アフィリエイトや情報起業、せどりや転売、
ツイッターツールやトレンドアフィリエイト・・など、どれも

「そのジャンルで最初に打ち出された商品」

が例外なく一番売れ、

「もともとそのジャンルにいる古株のアフィリエイター」

がその利益をかっさらっています。


実際、

「クソみたいな情報発信してんなー」

という情報発信者でも

「他の人より情報発信を始めるのが早かった」

というだけで

「一般的な情報発信者よりも稼いでいる」

なんてケースも往々にしてあります。


これは

「ビジネス系の情報市場」

だけでなく、今回の投資案件やその他の案件でも、

「いち早く参入し、大きな利益を獲得している」

ような状況にあるわけです。


そしてその

・本條さん自身のトレード企画継承企画
・特典として提供しているコンサル企画参加権


「双方」が揃っている今、
この波に乗れるか否かが今後を大きく左右するという事。


ちなみに僕としては、
今回の特典提供を終了した場合、
次回いつ再公開するかは全く持って不透明です。


そもそも自分自身のコンサル企画自体、
数か月単位で開催が空くこともありますので。。


なので、

・再現性の高いトレードロジックを習得したい
・情報発信で長期的に稼ぎ続けるスキルを習得したい


という方はぜひ、このチャンスを逃さないようにしてください。


今回、この「波」に「同志」としてお乗り頂ける方には
僕からも最大限の「材料」と「環境」を携えてバックアップします


その材料と環境の土台となるのが、
前回も提供し、実際に成功者を生み出している

“一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト”

なわけです。


■特典紹介用の特設ページ→一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト
閲覧ID:aaa
閲覧パスワード:111


上記の特設ページでもお伝えしている通り、
こちらの特典は、僕自身が2016年から開催しているコンサル企画、

【you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2】

をへの無料参加権ですが、手前味噌ながら

「初心者を成功者へ引っ張り上げてきた実力と実績」

は多分にあると自負しています。


一部のコンサル事例はブログでも紹介していますが、

「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧

要するに、

“投資(トレード)と情報発信ビジネスの「双方」で成功するスキル”

を習得し、結果として

「2つの確固たる収入源」

を手にする事ができるわけです。


情報市場の大半のシェアを占めながらも、
アフィリエイター事情がブルーオーシャンな

「投資系の情報市場」

に参入していく事ができる・・
この「価値」は計り知れません。


ハッキリ言って、


・本物のトレードノウハウを学び、トレードスキルを身に付けたいなら
・ブルーオーシャンな投資市場で情報発信ビジネスを展開したいなら


この企画以上のものはどこにも「無い」と断言します。


是非、「パートナー」として、この大波に一緒に乗りましょう!


それでは。



それでは!


■メインオファーページ:
→ 対面・通信形式による資産運用「実践講習」のご案内


■特典内容(一箭双雕プロジェクト)
→ 一箭双雕プロジェクト
閲覧ID:aaa
閲覧パスワード:111
(上記特設ページのプランAを特典として提供します)


■補足資料-1:
→ 青天井で稼げてしまう「究極的な時間労働」に向き合い、私が感じた事。


■補足資料-2:
→ 私の「教え子」にあたる方々の運用パフォーマンスの一覧など。


■補足資料-3:
“この投資法(トレードロジック)を片手間で一か月間実践しながら月収100万円を稼ぐまでの運用詳細レポート”
→ “この投資法(トレードロジック)を片手間で一か月間実践しながら月収100万円を稼ぐまでの運用詳細レポート”


■企画参加時の事前通話申込み先:
→ <<企画参加時の事前通話案内フォームはこちら>>
(必須ではありませんが、推奨します)
(事前通話後、企画へ参加しなくても問題はありません)
(投資初心者に対しても、丁寧に分かり易く対応してくれますのでご安心ください)



(補足事項)——

尚、

・既に僕のコンサル企画へご参加頂いている方
・過去に僕のコンサル企画へ参加された事のある方


については、

「プラス90日間」

の延長サービスとしてご利用頂けます。


既にコンサル期間が終了している方についても同様ですので、
これを機会にコンサルを再開して頂く事も可能です。



(特典の受け取り方法)——

必ず決済画面にて以下の特典表記がある事をご確認ください。


特典表記
(※上記の表記がないまま決済されると特典は提供されないのでご注意ください。)

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  2. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


僅か1年で1億稼いだXMアフィリエイト戦略と「仕組みそのもの」をあなたに。

実践者・コンサル生の事例紹介

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

【削除覚悟】自動売買トレード業界の光と闇を暴露します【検証画像&動画あり】

【事例公開】僕が実践しているトレードロジックを公開します。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

【初心者限定】情報発信における“絶対的スキル”を、ブっ飛んだ条件で習得できる「ゼロ壱計画2.0」のご案内。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    現役大学生でありながら「新卒の平均年収」を月収として稼ぎ出しているクラブメンバー…
  2. 教材実践者・コンサル事例

    トレンドアフィリエイトは今すぐ辞めなさい!って話とコンサル生の事例。
  3. コピーライティング講座

    【情報発信FAQ】記事ネタが思いつかない?誰に向けて書くべき?
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    奴隷のようなアフィリエイトから脱却する方法。
  5. コピーライティング講座

    【情報発信】優良教材を実践しても「文章が読まれない人」の共通点と、売れる文章を書…
PAGE TOP