ノーコードAI構築ツール RabbitX(ラビットX)森本哲也レビュー【AI業界激震】



【2023/12/07追記】

他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】ラビットX特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典・期間限定特典に関しては「12月9日」をもって項目から削除させて頂きます。

yuuです。


昨日、メルマガ限定で緊急配信した通り
今回は文字通り

「前代未聞にぶっ飛んだAIツール」

をレビューしていきます。


・・しかしまあ、半端じゃない事が起きてます。


これはもはや「事件」レベルですよ(汗)


っていうのも、
最新版のChatGPT(GPT-4)を始めとした

「一般的な生成AIでは再現不可能な精密精度を実現」

する

「革命的AIツール」

が誕生したんですよね。


本来、このジャンル(分野)は

・高度なAIノウハウ
・専門的なプログラミングスキル


が必須になる

「いわば“AIマニア向け”の分野」

なので、初心者にとっては

「雲の上の存在(というか興味すら湧かない)」

ようなものでしたが、
今回のAIツールの登場によって

「それをいとも簡単にクリア(構築)できてしまう」

事が可能になっちゃったんですよ。


何より、この分野に参入する事での効果は「絶大」で、

・「AIの弱点」を払拭したマーケティングやマネタイズ(収益化)
・AI利用者と一気に「差別化」を図るマーケティングやマネタイズ(収益化)
・マーケティング「不要」な直接的なマネタイズ(収益化)


など、あらゆる面での優位性が爆発的に上がります。


もちろんこれは

・AIツールの使い方
・マネタイズ(収益化)方法


によって変わってきますが、

「できる事、可能性が無限大」

になるので、
感度の高い方にとっては「衝撃」が走る事間違い無しです。


業界激震の革命的AIツール「ラビットX(森本哲也)」徹底図解説レビュー



早速ですが、
その肝心のAIツールというのが、

「ラビットX」

というAIツールになります。


ラビットX公式ページ
(※まだ読まなくてOKです)


ツール名から想像できる通り、
開発者は”あの”森本哲也さんです。


森本哲也さんといえば、
このブログでも取り上げ大人気AIシステムの

・ラビットエキスパート
・ラビットファイナル


の開発・販売者さんですね。













また、別途当ブログで取り上げた
飯田純也さんの

・ブレインライター
・GPTサイトビルダー


などのAIツールも監修している、
まさに

「AIツールの第一人者」

とも言える人になります。

















もちろん、
今回リリースされたラビットXは、
上記のAIツール全てを含め、
ネット上に公開されているどの生成AIとも
あらゆる点から全くの「別モノ」になります。


というか、
そもそもの「根本的な目的」から違いますし、
いよいよここまで来たか・・って感じで

“着眼点が他のAIの「一歩先」を行っている”

ので正直、さすが森本哲也さん、アッパレって感じです。


ラビットX(森本哲也)は何ができるAIなの?



そんなラビットXですが、
メインとなる特徴をざっくりで言うと、

・プログラミングスキル0の初心者でも手軽にファインチューニングできる
・それにより独自の「超特化型AI」を構築し、これまで不可能だった精度を実現

できるAIツールになります。


・・はい、
これだけではおそらく殆どの方が、

『ファインチューニング?何それ?』
『独自の超特化型AIってどういう意味?』


と、何が何だかさっぱりわかりませんよね(苦笑)


そして問題なのが
ラビットXのレターの方でも

「その本来の魅力(強み)を伝えきれていない」

という事。


そこでここからは

「なんのこっちゃわからないAI初心者」

でも完全理解できるように
1から徹底的に「図解説」していきます。


もちろん、
聞きなれない言葉もあるので
初心者であればある程
取っつきにくく感じるかもしれませんが

「理解さえしてしまえば(ラビットXによって)実践していく事は極めてシンプル」

になるので「食わず嫌い」せずに読んでみてください。


yuu
今回、初心者でも理解できるように
できるだけ専門用語をかみ砕いて
池上彰よりも分かりやすく図解説していきますね!
(※また、現段階で完全理解しなくても全然OKです)



実際に読んで頂ければ、
一般的な人からしたら

『まさか自分がそこに参入できるなんて・・』

ってレベルの話なんで「度肝」を抜かすと思いますよ。


実際、このラビットXは、

「今年一ヤバい事ができるAI」

だと断言できます。


それこそ冒頭でお伝えした

・「AIの弱点」を払拭したマーケティングやマネタイズ(収益化)
・AI利用者と一気に「差別化」を図るマーケティングやマネタイズ(収益化)
・マーケティング「不要」な直接的なマネタイズ(収益化)


など、あらゆる面での優位性が一気に上がる事間違い無しなので。


という事で、早速本題に入っていきましょう。


【基礎】ファインチューニングって何やねん



先ほど、

> そんなラビットXですが、
> メインとなる特徴をざっくりで言うと、
>
> ・プログラミングスキル0の初心者でも手軽にファインチューニングできる
> ・それにより独自の「超特化型AI」を構築し、これまで不可能だった精度を実現
>
> できるAIツールになります。


とお伝えしましたが、

『そもそもファインチューニングって何やねん』

って話ですよね。


ただその解説をする前に
よりスムーズに理解していく為に
まずは大前提の基礎知識として

「LLM(大規模言語モデル)や文章生成AIの仕組み」

についてから解説していきます。


【基礎】LLM(大規模言語モデル)と文章生成AI



まず、そもそもみなさんが使っている
ChatGPTを始めとする「文章生成AI」は、

「LLM(大規模言語モデル)の一種」

になります。


LLM(大規模言語モデル)とは、
大規模なデータセットを学習し、
多様な自然言語処理タスクをこなすことができる
人工知能モデルの「総称」です。


・・はい、わかりにくいですね。


そういう専門的で小難しく感じる表現は一切カットして、
必要最低限抑えておくべき点を解説すると
以下の図のような感じになります。




要するに

1、AIに世界中のテキストデータを読み込ませて「事前学習」させる
2、事前学習したAI(モデル)は人間のような言語作成ができるようになる

→これがChatGPTを始めとする文章生成AI

という事であり、

「その事前学習済みのモデルを僕たち一般ユーザーが使っている」

わけで、その学習済みのモデルに対して

「この文章を要約して」
「この文章を生成して」
「これについてアイディア出して」
「これについて解説して」
「プログラミングコード書いて」
etc…

といった指令(プロンプト)に対して
ある程度正確な回答を得る事ができるようになっています。
(※以下図解参照)




その代表格がChatGPTだと言えますが、
それ以外にも

・PaLM(Google社)
・LLaMA(Meta社)


などの多くの文章生成AIが存在します。


そしてそれらは全てLLM(大規模言語モデル)の一種だという事ですね。


この前提基礎知識を踏まえた上で


ファインチューニング(追加学習・微調整)とは



という話に入っていくと、
まずそもそも全ての文章生成AIは

「事前に学習(理解)している事に対しての指令(プロンプト)」

には回答する事ができますが、

「事前に学習(理解)していない事に対しての指令(プロンプト)」

には回答する事ができません。


そして今みなさんが使っている
ChatGPTを始めとした文章生成AIは

「あくまでも汎用的に使えるように事前学習されたモデル」

になるので、例えば、

・特定の人物や商品などのニッチな情報
・特定の組織でのみ共有しているような情報
・ネット上に落ちていない情報

などについては事前学習する事ができていません。


インターネットに公開されていないデータや
ニッチな情報については学習しようがありませんからね。


また、

・最新の情報(2022年1月以降の情報など)

についても学習していません。


yuu
【補足】
ChatGPT(GPT3.5)は2022年1月までのインターネット上のデータを学習しており、同年9月より後に新たに生まれたデータはGPTにとって未知のデータになります。



なので、
それらについての専門性の高い指令(プロンプト)を出しても
「わからない」と答えられたり、
時には適当な事を言ったり嘘の情報を回答したりもします。




(上記は完全にデタラメな回答をしている例)


そこで事前学習済みのモデルに

「追加学習をさせてパラメーターを微調整していく」

のがファインチューニングになります。


要は、既に頭の良いAIを自分なりに「調教」していくわけです。


そんなファインチューニングですが
ChatGPTを提供するOpenAI社は、
2023年8月23日に
既存のモデル「GPT3.5 Turbo」に
ファインチューニングを実現するためのAPIを公開しました。




それまでは
GPT3.5よりも軽量なモデルである
GPT3のモデルにしかファインチューニングは対応していませんでしたが

「既にビジネス業務においても実用レベルに達している
 GPT3.5でファインチューニングができるようになった」


事で生成AI業界にはかなり大きな衝撃を与えています。


それこそGPT3.5 Turboは、

「世界中での生成AIの火付け役になったモデル」

でもあり、
実際にみなさんがChatGPTで使っているモデルですからね。




ChatGPTは有料課金すると、
より高精度なGPT-4を使う事ができますが、
OpenAI社の公式リリースによると、

「OpenAI社によって事前学習済みのGPT3.5 Turbo」

に対して

「まだ学習していないデータを追加で学習(ファインチューニング)」

させ、
新たな知識を追加する事で
その追加学習させた分野においては

「最新の高精度モデルGPT-4の精度を超える」

という事が発表されています。




つまり分かりやすく言えば、
上記の図のような感じで

「既存のAI自体を自分なりにカスタマイズしていく」

事で

「GPT4を超える独自の超特化型AIを構築していく事」

ができるようになるわけですね。


ファインチューニングの無限の可能性(価値・メリット)



先の通り、
GPT3.5 Turboは
OpenAI社によって大量の事前学習済みの汎用的なモデルになります。


この汎用的なモデルに

「ファインチューニング(追加学習)することで出来る事は無限大」

です。


正直、例を挙げるとキリがありませんが、
例えば

「特定のジャンルに特化したチャットボット」

を作る事もできますし、

「特定の分野に超特化した文章生成ツール」

を作る事もできます。


それこそ、
自社や自サイトのチャットボットも作れますし、
例えば占いアプリのような独自のサービスも作れますし、

「超専門的なAIツール」

も作れちゃいます。
(※例えば一般的には調べるのが難しい「医療」に特化したAIツールとか)


・・ハッキリ言って、

「追加学習のさせ方次第でいくらでも好きに育てる事ができる」

ので、例を挙げるとキリがありません。


また、

・プロンプト(指示)入力の手間が大きく省ける
(一度モデルに学習させれば都度プロンプトを入力する必要が無くなる)

・応答速度が改善される
(プロンプト自体が短くなるので応答時間が早い)

のも大きなメリットです。


ちなみにChatGPTでは、
インコンテクストラーニング(In-Context Learning)という手法で
プロンプトを入力する事で回答精度を上げる事も可能ですが、
ある程度のプロンプトスキルが必要になってくるのと、
無駄な手間とコストが掛かってしまうのがネックでした。


このインコンテクストラーニングは
モデルのパラメーターを調整せずに
プロンプト入力時に参考情報や
細かい指令や条件を加える事で回答の精度を上げる手法になります。


過去のラビットエキスパートや
ブレインライターなどでの特典でも、

「より精度の高い回答を出す為のプロンプト(指令)ノウハウ」

について解説してきましたが

「予めファインチューニング(追加)しておけばそれすらも不要」



「超精度の高い専門的な回答を瞬時に出してくれる」

ようになります。


例えば、
従来のモデル(一般的なChatGPTなど)を使って
より専門的な回答が欲しい場合は

『あなたは○○の専門家です。
 ○○を○○しています。

 その上で以下の○○を以下の条件に従って専門家としてお応えください
 条件は

 ・○○
 ・○○
 ・○○

 です。

 ※本題のプロンプト』

といった前置きのプロンプト(指令)を細かく入れた上で
本題の指令を入れると精度の高い回答を得られるんですけど、
毎回指令を出す度にその文章を入力するのってなかなか手間なんですよね。


それこそスレッド毎に
毎回長文のプロンプトを入れなきゃならないので。


ただ、一度ファインチューニング(追加学習)しておけば
そもそもそのAIに前提として

『あなたは○○の専門家です。・・etc』

という事や、
特定の「条件」を学習させておく事ができるので、
その都度高度なプロンプト(指令)に入力する必要がなくなり

「本題の簡単なプロンプト(指令)だけで高精度な回答をしてくれる」

わけです。


また、GPT3.5、GPT4共に、
既存のモデルはあくまでも汎用的なモデルになるので、
スレッドによって

『あれ?前回と言っている事違うな』

という事も普通にあれば

『同じスレッド内なのに矛盾している事を言う(整合性が取れない)』

なんて形で、
ちぐはぐな回答をする事もよくあります。


その点に関しても、
ファインチューニングで追加学習しておく事で、
モデルの回答にブレをなくして「一貫性」をもたせる事ができます。


もちろん、

「基盤にはChatGPTの頭脳」

があるので、イメージ的には

「ChatGPTに+αの専門知識(得意分野)を有したAI」

をカスタマイズして自作できるといった感じですね。


車で例えるなら
目の前のプリウスを自分なりにカスタマイズしていく事で
フェラーリにもランボルギーニにもできる、みたいなそんな感じ。


また、先の通り、
デフォルトのモデル(GPT3.5)では

・現在進行形の最先端の新情報
・インターネットに公開されていない情報

については未学習なので回答できませんが、
ファインチューニングで追加学習する事で例えば、

「昨日発売されたばかりの新製品の市場での反応」

なんかも学習→理解→回答させていく事ができちゃいます。


チャットボットひとつにしても、
誰が何を入力しても

『お問合せありがとうございます・・』

という定型文から始まるように構成したり、
回答を全て

『吾輩は○○である。その件に関しては○○でござる』

みたいに完全指定していく事もできます。
(※極端な例です)


また、ファインチューニングによって事前に追加学習しておく事で、
AIからの「回答速度」も上がりますし、
入力プロンプトの文字数も大幅に減るのでコストも下がります。



そしていくらでも追加学習させる事ができるので、
知識を入れれば入れるほど、

「まるでスポンジのようにビビる程どんどん賢くなっていく」

んですよね。


正直、恐怖さえ覚えるレベルです。


ファインチューニングは敷居が高い



そんな無限の可能性を秘めたファインチューニングですが、
ここまで読んでも

『なんとなく凄いのはわかったけど・・』

といった印象で「自分事」としては捉えられない方が大半だと思います。


だって、チューニングとか追加学習とか、普通に難しそうじゃないですか。


そして実際に
ファインチューニングを実行していくのはかなり難易度が高いです。


細かい手順などについては省きますが、
それこそ

・高度なAIノウハウ
・専門的なプログラミングスキル
・英語でのプロンプト入力

は必須になるので、
実際に方法を見ても一般人からすると

「まずやってみようとすら思わないレベル」

です。




・・なんですけど、驚く事に

ラビットXを使えば「プログラミングスキル0のAI初心者」でも手軽にファインチューニング出来てしまう



わけです。


・・いやあ、これはマジで「革命的」ですよ。


なんせ、あなたに高度なAIノウハウがなくても、
専門的なプログラミングスキルが無くても、
英語でのプロンプト入力が出来なくても

「ラビットXに簡単な日本語を入力していくだけ」

で、

「ファインチューニングに必要なデータをラビットXが自動的に出力」

してくれるので、

「あとは出力されたデータをOpenAIの指定の場所にアップロードしていくだけ」



「あなた独自の超特化型生成AI」

を構築する事ができちゃうわけですからね。


ファインチューニングにおいてはこの

「ファインチューニングに必要なデータの作成」

こそが、

「本来プログラミングスキルが必要で敷居の高い工程」

になるんですが、
ここをラビットXが自動的に出力してくれるので、

「あとはOpenAIの指定の場所にアップロードするだけ」

という状況が出来上がるわけです。
(※以下キャプチャ)


※ラビットXに日本語でデータを入力



※ラビットXがファインチューニングに必要なデータを自動生成してくれる。1クリックでダウンロードするだけ



※Open-AIの指定箇所にアップロード


この単純な流れでファインチューニングできちゃうという事。


もちろん、
ラビットXで出来るファインチューニングは、
高度なスキルを要するファインチューニングと同じです。


それこそ一般的な生成AIでは事前学習できていない

・特定の人物や商品などのニッチな情報
・特定の組織でのみ共有しているような情報
・ネット上に落ちていない情報
・最新の情報(2022年1月以降の情報など)

についてもガンガン追加学習させていく事ができるので
冒頭でお伝えした通り、

・「AIの弱点」を払拭したマーケティングやマネタイズ(収益化)
・AI利用者と一気に「差別化」を図るマーケティングやマネタイズ(収益化)
・マーケティング「不要」な直接的なマネタイズ(収益化)


に繋げていく事ができます。
(※このマネタイズ部分についてはラビットXで触れられていないので特典で完全カバーしていきます)


ちなみにですが、
この記事で解説してきた

「ファインチューニングで出来る事」



「ほんの一部」

です。


実際に追加学習の仕方によって

「出来る事はマジで無限大」

なので、例を挙げだすとキリがありません。


もちろん先の通り、

「特定のジャンルに特化したチャットボット」

を作る事もできますし、

「特定の分野に超特化した文章生成ツール」

を作る事もできます。


それこそ、
自社や自サイトのチャットボットも作れますし、
例えば占いアプリのような独自のサービスも作れますし、

「超専門的なAIツール」

さえもラビットXがあれば、

「プログラミングスキル0」

で作れちゃいます。


当然、ラビットXで構築した独自の特化型AIを使えば

「他のAIユーザーと大きく差別化」

を図りながら
超効率的にマーケティング→収益化していく事もできます。


また、

・ファインチューニングの代行業者として収益化していく事
・追加学習データをそのまま販売していく事も可能
・企業や個人向けのAIボット制作で稼ぐ事

も普通にできます。


そのあたりのノウハウについても特典で網羅していきますが、
本来はプログラマしか出来なかったような事が
一個人、しかも素人でも出来るようになってしまっているわけです。



ホント、

「AIによって職業の壁が無くなっている」

事を実感しますよね。


片手間にいくらでも増強できるゲーム性(中毒性あり)



先の通り、
ファインチューニングは

「上限なくいくらでも追加学習させる事」

ができます。


そこに「作り直し」という概念はなく
何度でも回数制限なく、
追加学習データをつぎ足して強化し
より「完璧」を求めたAIを構築していく事ができるという事。



言ってしまえば

「RPGゲームのレベル上げ」

のように、
やればやった分どんどん強くなっていくわけです。


しかもRPGゲームと違うのは、レベルにも上限が無いという事。


つまり「無限」に強くなっていきます・・(汗)


それをプログラミングスキル0、
AIノウハウ0でもやれちゃうわけですから、マジでヤバイですよね。


その上で、ここからは

「ラビットXの強みや、具体的な機能や特徴」

について触れていきます。

ラビットXは「買い切り型」のwebシステム



ラビットXは従来の

・ラビットエキスパート
・ラビットファイナル

と同様に「買い切り型」のwebシステムになります。


よってよくあるサブスクサービスのように
毎月のランニングコスト(月額料金)も掛かりません。


それこそ一般的なAIツールの開発元は当然商売ですから、
「利益目的」に作っているわけで、

「API利用に伴う本来のコストに、利益を上乗せしたサブスク(月額制)の料金設定」

にしているんですが、
ラビットXはこれまでの

・ラビットエキスパート
・ラビットファイナル

と同様に自分のサーバーにプログラムを設置していく形になるので、

「最低限のAPI利用分のコストしか掛からない」

わけですね。


要は、「原価」でChatGPTの頭脳を好き放題に使えるという事。


勿論、サーバー費用はかかりますが
月々220円~とかそんなもんです。


また、サーバーへの設置も
誰でもできるレベルで簡単ですが、
それでも不安な方の為に設置代行サービスなども完備されています。


ラビットXは買い切り型だから「独自の超特化型生成AI」を量産→切り替え→ジャンル別でのコンテンツ量産さえも可能※ヤバすぎ



先の通りラビットXは

「買い切り型のサーバー設置型のwebシステム」

なので
構築できるAIの数には制限が一切ありません。


よって

・Aのジャンルに特化したAI
・Bのジャンルに特化したAI
・Cのジャンルに特化したAI

など

「それぞれのジャンル別に、特化型AIを好きなだけ無制限で構築していく事」

ができます。


仮にあなたが10個のAIを作成すると仮定した場合、
仮にラビットXが5万円だとしても、

「1つのオリジナルAIにつき5000円という破格の価格で作れちゃう」

という事です。


普通に外注していったら・・と考えると
このコスパの良さはエグすぎですよね。


さらにラビットXは

「同じサーバー内に複数設置が可能」

である上に、

「ブログやサイトと共存できる」

ので、ランニングコストはサーバの限界に達するまで変わりません。


よって無尽蔵にAIを増殖していく職人にもなれちゃうという事。


この時点で感の良い方は、

「マーケティング不要にファインチューニングで稼ぐ」

という意味が分かると思います。
(※特典ではその具体的ノウハウも公開していきます)


少なくとも、
トレンドアフィリエイトのような
不毛なフロービジネスに労力を投じるくらいなら、
ファインチューニングでドカンと稼いだ方が明らかに聡明ですね。


また、後述しますが、
ラビットXには

「ラビットファイナルのコンテンツ生成機能もそのまま据え置きで完備」

されているので、

「独自にカスタマイズした超特化型AIを呼び出してコンテンツを量産」

していく事も可能になっています。
(※従来のラビットファイナルは汎用的なChatGPTのGPT3.5かGPT4が参照モデル)




そしてその「頭脳」となる

「あなた独自のファインチューニング済みの複数モデル」

好きに切り替えてコンテンツ生成を行っていく事もできちゃうんですよ・・(汗)




つまりどういう事かと言うと、

・Aのジャンルに特化したAI
・Bのジャンルに特化したAI
・Cのジャンルに特化したAI

それぞれのモデルを切り替えて

・Aのジャンルに特化したコンテンツ
・Bのジャンルに特化したコンテンツ
・Cのジャンルに特化したコンテンツ

を1つのラビットX内で出力できてしまうという事。


これ、冷静に考えて半端じゃないですよね。


言ってしまえば、
ドラえもんの四次元ポケットのように

「適材適所で最強のAIを呼び出しながらコンテンツを量産していけちゃう」

わけですから。


つまり、ラビットXを手に入れてしまえば

・特定のジャンル(分野)事に特化した専門知識の異なるAIを構築する
・あなたのサイトやブログのジャンルによって構築したAIを使い分ける

という事が可能になるので、
あなたが調教構築した超特化型AIを
まるで奴隷のように使い倒して、

「あなたにとって都合の良いコンテンツを制作させる事」

ができるという事です。


作成したチューニングデータは自動保存されるので消えない



従来のラビットエキスパートやラビットファイナルは
過去データが消えてしまう仕様でしたが
ラビットXには自動保存機能が実装されていますので、
あなたが作りかけのデータはサーバ上に自動保存されています。


・・まあ、根本的に

・ラビットエキスパート・ラビットファイナル→コンテンツ生成に特化したツール
・ラビットX→
ファインチューニングとコンテンツ生成に特化したツール

と全く「別物」のツールになるので
比較するのもおかしな話なんですが、
仮に新しいデータを追加した瞬間にブラウザがクラッシュした場合でも、
そのデータはしっかりと残っているので途中から再開していく事ができます。



スマホや別デバイスからでも追加データ生成が可能



ラビットXは別のデバイス(端末)からでも
ラビットXにログインさえすれば、
すぐに続きの作業を継続する事ができます。



なので、

1、外出時などに片手間に日本語を入力して、
2、一気に20個の追加学習データをラビットXに生成してもらう

※1~2を繰り返し

という形でガンガン追加学習データを蓄積しておく事も可能です。
(※「2」に関しては上位版の場合)


また、先の通り
わざわざ保存をしなくても
全てのデータが入力した時点でWEB上に自動保存されていますので
自分で意図的に削除しない限り消える事はありません。


ラビットファイナルの機能は据え置きで実装→調教した独自AIでコンテンツを自動生成→量産



先ほども少し触れた通り、
ラビットXは、

「スキル0でも手軽にファインチューニングして、あなた独自のオリジナルAIを作る機能」

だけではなく、

「ラビットファイナルのコンテンツ生成機能もそのまま据え置きで完備」

されているので、

「独自にカスタマイズした超特化型AIを呼び出してコンテンツを量産」

していく事も可能になっています。




ラビットファイナルの具体的な機能については、
その解説だけで膨大な量になってしまうので、
以下の記事でレビューしているので参照頂ければと思いますが、



ラビットファイナルは
そもそも前代未聞だったラビットエキスパートに
以下のような機能が実装されたバージョンアップモデルになります。
(※詳細な機能説明は上記レビューからご確認ください)


・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能1:【第四世代】見出し生成も含めて頭がとにかく良くなった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能2:【第四世代】文章精度が一気に上がった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能3:【第四世代】文章の生成速度が3~5倍に上がった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能4:3500文字の文字数制限が15000文字前後まで広がった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能5:パッケージ機能の実装
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能6:モデルチェンジによりOpenAIのAPI利用料が25%オフ
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能7:生成コンテンツに自動改行が実装
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能8:見出し固定・重複無し・最高精度の無双モード※ラビットファイナルのみ
・ラビットファイナルは細部に拘った高精度なコンテンツを柔軟に生成可能
・ラビットファイナルは見出しを固定しながら本文の内容も自在に指定できる
・故に、内容の重複があり得ない
・タイトル(見出し)を指定しない場合は自然な見出しを生成してくれる
・しかも1ブロック(ウィンドウ)の入力は15000文字まで対応(※ヤバすぎ)
・ラビットファイナルは「導入文」の作成も具体的に指示できる
・ラビットファイナルは「質問機能」も完備


そしてラビットXには、

「上記のラビットファイナルの機能も実装されている」

という事。


この時点で

「どうなってんの?ってレベルのコスパ」

です。


・・その上で、さらにヤバいのが
従来のラビットファイナルは
汎用的なChatGPTのGPT3.5かGPT4が参照モデルだったのに対して、
ラビットXの「頭脳」は

「あなた独自のファインチューニング済みのモデル」

だという事です。


つまり言ってしまえば、

1、ラビットファイナルの全機能を
2、あなた独自の超特化型AIで動かしていく事ができる

のがラビットXだという事。


しかも先の通り、

「あなた独自のファインチューニング済みの複数モデル」

を好きに切り替えてコンテンツ生成を行っていく事もできるので、

・Aのジャンルに特化したAI
・Bのジャンルに特化したAI
・Cのジャンルに特化したAI

それぞれのモデルを切り替えて

・Aのジャンルに特化したコンテンツ
・Bのジャンルに特化したコンテンツ
・Cのジャンルに特化したコンテンツ

を1つのラビットX内で出力していく事もできます。




だからこそ冗談抜きに
ドラえもんの四次元ポケットのように

「適材適所で最強のAIを呼び出しながらコンテンツを量産」

する事ができるので、

「コンテンツビジネスにおける超強力な兵器」

を1つ、2つとどんどん装備していく事ができちゃうわけですね。


独自にチューニングした生成AIはChatボットや独自サービスとしても展開できる



ファインチューニングで構築した生成AIのモデルは、
単に自分自身が使う生成AIとしてだけでなく
ボット形式で一般ユーザーも使えるように提供していく事もできます。


その場合は、ラビットXの「ソース」のタブから
ソースをコピーしてブログやサイトに掲載していくだけです。




それだけでブログやサイトに専用フォームが表示され、
訪問者がフォームに入力する事でAI自動で答えてくれます。


ここについても

・自社のチャットボットを作るもよし、
・自身のアプリ的なAIを作るもよし、
・他者のAIを作って納品してあげるもよし、


なので、できる事も可能性も「無限大」です。


それこそ、

「AIのファインチューニング業者」

として活動していく事も十二分に可能ですね。


・・で。


今回のラビットXにおいて結構重要な

ラビットXの2つのプランと推奨環境



についてなんですが、
ラビットXには以下2つのプランがあります。

・ラビットX【通常版】:36,800円
・ラビットX【上位版】:49,800円
(※いずれも執筆時点の価格)

どちらも「買い切り」になるのでランニングコストは0です。


その上で
ラビットXのレターの説明では
その「プランの違い」がわかりにくいので、

『どっちのプランを購入すればいいの?』
『プランの違いがよくわからん』


って方も多いと思うんですけど、

「ラビットXを最大限効率的に活用していく」

なら「上位版」での実践をおススメします。


っていうのも先ほど、
ファインチューニングにおいては

「ファインチューニング(追加学習)に必要なデータの作成」

こそが、

「本来プログラミングスキルが必要で敷居の高い工程」

であり、

「その必要データを自動的に出力してくれる」

のがラビットXの最も大きなメリットだとお伝えしましたよね。


そして

「最低限の日本語入力だけであとはラビットX任せ」

で必要データを生成してくれます。


この

「最低限の日本語入力だけであとはラビットX任せ」

という機能は通常版も上位版も「同じ」で変わりありません。


ただ、ラビットX通常版の場合は

「最初の日本語入力部分の工程を、一回一回手動で行わなければならない」

のに対し、ラビットX上位版では

「一回の入力で一撃20回程度の追加学習データを自動生成」

してくれちゃうんですよね。


つまり単純に

【作業効率が20倍上がる】

という事。


まあ、もちろん、

「ラビットXの通常版」

でも

「本来のファインチューニングの難易度」

を考えれば
かなり実践ハードル自体は低いですし、

「出来ない人はいないレベル」

なので十分有用性は高いんですが、
やはり「無駄な手間」は省きたいところ。


価格も1万円ほどしか変わらないですからね。
(しかも買い切り)


もちろん、通常版でもChatGPTなどを使って、
日本語での入力項目を自動生成していく事も可能ではあるので
今回の特典では、

「通常版での作業効率化ノウハウ」

も取り入れていきますが
ラビットXの中で完結できた方がやはり効率は良いですね。


また、ラビットXは

「差額分でのアップグレードができない」

ので、
通常版購入後に上位版にアップグレードしたい場合は、
改めて上位版を購入するしかなくなってしまいます。



その費用対効果の意味でも、
労力対効果の意味でも、
最初から上位版での実践をおススメします。


ラビットXのデメリットと【yuu式】ラビットX限定特典について(※実証済み重要告知)



最後にラビットXのデメリットについてですが、
ラビットXは革命的なAIツールである事に変わりないものの、
マニュアルの方では

「ツールの使い方などの解説のみ」

に留まっています。


ラビットXはあくまでもwebツールなので
仕方ないと言えば仕方ないんですが、

・ファインチューニングを有効に活用していく為のノウハウ
・ファインチューニングによる具体的なマネタイズ(収益化)戦略
・ラビットXを使った効率化ノウハウ

などの応用的なノウハウについては殆ど解説されていないんですね。


それこそ先ほども触れた

「ラビットXでの通常版でもChatGPTなどを使って、
 日本語での入力項目を自動生成していくノウハウ」


なども入っていないので、
通常版のみを購入した方は
無駄に手間を掛けて実践してしまう事になります。


今回の特典ではそのあたりについても網羅していきますし、
先に挙げた

・ファインチューニングを有効に活用していく為のノウハウ
・ファインチューニングによる具体的なマネタイズ(収益化)戦略
・ラビットXを使った効率化ノウハウ


についても徹底的に解説していく次第です。


僕自身、AI(人口知能)の分野に関しては
2023年に入ってから没頭しているので、

・AI(人口知能)に関するノウハウ
・AI×マネタイズに特化したノウハウや戦略

を大量に抱えていますし、
実際の実践でも「結果」を出していっています。


そのあたりも含め、

「まだ未公開なAI戦略やノウハウ」

は勿論、

「ファインチューニングを絡ませた戦略」

なども交えて徹底図解していく次第です。


それこそ過去に

・ラビットエキスパート
・ラビットファイナル
・ブレインライター
・GPTサイトビルダー
・AIイメージングプロジェクトAIP(画像生成AI)

などの特典教材を手にして頂いている方は、
そのクオリティ(質)はご納得頂けているはず。


実際にかなりの評価を頂いていますし、
実践者からの成果報告も多数寄せられていますので。
(そのあたりの実践事例も今後公開していきます。)


・・あ、それと

「これはまだどこにも公開していない」

んですが、

「ここ最近鬼バズっている収益化ノウハウ」

があって、

「そこにAIやファインチューニングを組み込むとさらにヤバい事になる」

ような予感もしています。


その実際の相性に関してはこれから検証していく形ですが、
このビジネスモデルはそれ単体で、

「完全0ベーススタート」

からでも

「月100万円以上を普通に狙える市場」

になるので、
その具体的なノウハウや戦略を教材化するだけでも

「普通に有料レベルの破壊力」

があります。


このビジネスモデルに関しては、
無為に広めてしまうと競合してしまうので
僕自身の利益を守る為にもそう多くの方には公開できませんが、

「今回はスタートダッシュの意味合いも込めて限定数を設けて公開」

する事にしました。


今回は時間があまりないので、
上記の特典も含めて、
具体的な特典項目は近日まとめて公開しますが、

「今回はかなり秘匿性の高いノウハウ」

も組み込んでいくので
実践者同士の競合の観点から

【一部先着60名限定】

で締め切らせて頂きます。


いつも通り、

【締め切ってしまった後は二度と再公開する事はない】

ので、全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってご参加ください。


特典一部公開!頭ぶっ飛んだ特典を緊急追加しました(※2023/12/07追記)



先ほど
特典項目について別途ブログの方で緊急追記しました。





先に言っておくと、
そもそも今回は前提として

「異常レベルでやり過ぎ」

な特典を提供していきますが、
そこに加えて

「さらに頭ぶっ飛んだ特典も緊急追加」

していきます。
(※既に参加頂いている方も対象なのでご安心ください)


その緊急追加特典に関しては後述していきますが、
まずは特典本編にあたる、


【yuu式】ラビットX限定特典項目を一部公開(※一部期間限定特典あり)



について触れておきます。


冒頭でも少し触れましたが、
今回の特典は

「頭のネジ、外れた・・?」

ってくらい、かなりぶっ飛んでます。


というのも、
今回のラビットXの特典で公開していくのは

【僕自身が現在進行形で実践しているビジネススキーム】

であり

【誰でも同じように再現できちゃう「穴場」ノウハウ】

をそのまま公開してしまうので、

【もう、ラビットXとかどうとかの「域」を超えちゃってる】

んですよね。


実際、専門的なスキルも一切不要に取り組めるので。


なので変な話、

「ラビットX抜きでも特典ノウハウだけで月収6桁、7桁を普通に狙える」

わけですが、

【これをただの特典教材として提供していく事に抵抗を覚えている自分もいる】

というのが

「嘘偽りない率直な気持ち」

です。


この点についても後述していきますが・・「しかも」です。


今回は先の通り「+α」

【普段は絶対やらない緊急追加特典】

も、華麗にぶっ放していきます。


こちらも詳細は後述していきますが、
まずは今回の特典項目の「一部」を公開していきますね。


もう、ラビットXとかどうとかの「域」を超えちゃってる
僕自身が現在進行形で荒稼ぎしているノウハウとは



まず、遡ってお伝えしていくと
ラビットXのレビュー記事を公開した際は、
僕からの特典について以下のように告知するのみの形でした。


【引用ここから】—

> 最後にラビットXのデメリットについてですが、
> ラビットXは革命的なAIツールである事に変わりないものの、
> マニュアルの方では
>
> 「ツールの使い方などの解説のみ」
>
> に留まっています。
>
>
> ラビットXはあくまでもwebツールなので
> 仕方ないと言えば仕方ないんですが、
>
> ・ファインチューニングを有効に活用していく為のノウハウ
> ・ファインチューニングによる具体的なマネタイズ(収益化)戦略
> ・ラビットXを使った効率化ノウハウ
>
> などの応用的なノウハウについては殆ど解説されていないんですね。
>
>
> それこそ先ほども触れた
>
> 「ラビットXでの通常版でもChatGPTなどを使って、
>  日本語での入力項目を自動生成していくノウハウ」
>
> なども入っていないので、
> 通常版のみを購入した方は
> 無駄に手間を掛けて実践してしまう事になります。
>
>
> 今回の特典ではそのあたりについても網羅していきますし、
> 先に挙げた
>
> ・ファインチューニングを有効に活用していく為のノウハウ
> ・ファインチューニングによる具体的なマネタイズ(収益化)戦略
> ・ラビットXを使った効率化ノウハウ
>
> についても徹底的に解説していく次第です。
>
>
> 僕自身、AI(人口知能)の分野に関しては
> 2023年に入ってから没頭しているので、
>
> ・AI(人口知能)に関するノウハウ
> ・AI×マネタイズに特化したノウハウや戦略
>
> を大量に抱えていますし、
> 実際の実践でも「結果」を出していっています。
>
>
> そのあたりも含め、
>
> 「まだ未公開なAI戦略やノウハウ」
>
> は勿論、
>
> 「ファインチューニングを絡ませた戦略」
>
> なども交えて徹底図解していく次第です。
>
>
> それこそ過去に
>
> ・ラビットエキスパート
> ・ラビットファイナル
> ・ブレインライター
> ・GPTサイトビルダー
> ・AIイメージングプロジェクトAIP(画像生成AI)
>
> などの特典教材を手にして頂いている方は、
> そのクオリティ(質)はご納得頂けているはず。
>
>
> 実際にかなりの評価を頂いていますし、
> 実践者からの成果報告も多数寄せられていますので。
> (そのあたりの実践事例も今後公開していきます。)
>
>
> ・・あ、それと
>
> 「これはまだどこにも公開していない」
>
> んですが、
>
> 「ここ最近鬼バズっている収益化ノウハウ」
>
> があって、
>
> 「そこにAIやファインチューニングを組み込むとさらにヤバい事になる」
>
> ような予感もしています。
>
>
> その実際の相性に関してはこれから検証していく形ですが、
> このビジネスモデルはそれ単体で、
>
> 「完全0ベーススタート」
>
> からでも
>
> 「月100万円以上を普通に狙える市場」
>
> になるので、
> その具体的なノウハウや戦略を教材化するだけでも
>
> 「普通に有料レベルの破壊力」
>
> があります。
>
>
> このビジネスモデルに関しては、
> 無為に広めてしまうと競合してしまうので
> 僕自身の利益を守る為にもそう多くの方には公開できませんが、
>
> 「今回はスタートダッシュの意味合いも込めて限定数を設けて公開」
>
> していきます。
> (※具体的な特典項目は近日まとめて公開)

—【引用ここまで】


ラビットXのレビューから今日に至るまで、
上記のような「予告」しかしていなかったわけです。


それでも参加者が続々と増えているという事は
それだけ

「期待してくれている方が多い」

という事ですが、
だからこそ、

【今回はいつもの特典を上回るノウハウ】



【実際の事例付きでぶっ放していく】

事にした次第です。


それこそ、上記でお伝えしていた

> ・・あ、それと
>
> 「これはまだどこにも公開していない」
>
> んですが、
>
> 「ここ最近鬼バズっている収益化ノウハウ」
>
> があって、

というのが、
今回冒頭でお伝えした、

【僕自身が現在進行形で実践しているビジネススキーム】

であり

【誰でも同じように再現できちゃう「穴場」ノウハウ】

になんですけど、
正直これは本当に

「レビュー当時はどこまで公開するか迷っていた」

んですよね。


それこそ、

「誰でも再現できちゃうノウハウ」

なので、僕としてもライバルが増えると困るわけです。


ちなみにその「市場」は

・1兆円を遥かに超える市場
・日本人の殆どを対象にできるビジネスノウハウ


になります。


また、
物販(転売)のように元手が掛かるものではないので、
資金的リスクは一切ありません。


加えて、アダルト要素やギャンブル、
投資要素(IB含め)も一切ないので、

「誰でも抵抗なく実践できる」

し、

「一生涯に渡って無くなる事のない、膨大な需要があるビジネス」

である点も大きな強み。


・・でも、

「このビジネス市場の旨味がまだあまり知られていない」

のが実情で、かつ何より、

「このビジネス市場での稼ぐノウハウが全然出回っていない」

という状況にあるんですよね。


実際にこの市場の「旨味」を知っている方は

「ド素人スタート」

でも月6桁~7桁(100万円以上)を荒稼ぎしている状況にあります。


僕も「その一人」というわけですが

「まさに知っているか知らないか、という知識格差が如実に出ている市場」

だという事です。


その上、

【誰でも僕と同じように再現できちゃう「穴場」ノウハウ】

になるからこそ、

「レビュー当時はどこまで公開するか迷っていた」

わけですが、
中途半端に公開しても意味がないし、


僕の発信に付いてきてくれているんだから
せっかくなら「200%」の力で全力で返したい



と思い、

「実際の事例付きで全て吐き出してしまう事」

にした次第です。


もちろん、本題の

・ファインチューニングを有効に活用していく為のノウハウ
・ファインチューニングによる具体的なマネタイズ(収益化)戦略
・ラビットXを使った効率化ノウハウ


についても徹底的に解説していくので安心してくださいね。


という事で、
前置きが長くなってしまいましたが、
今現在の確定事項としては以下のラインナップになります


【ラビットX限定特典項目(一部)】


・ラビットX「通常版」の実践者でも効率的にフィンチューニングするChatGPT活用術
(上位版の場合、簡単な日本語入力だけで20個の追加学習データが自動生成されますが、通常版の場合はそれができません。そこをChatGPTを使って簡単なプロンプトを入れるだけで追加学習データを量産していく方法を伝授します)


・上記のChatGPT活用術で生成する「元データ生成」を体系化した僕のChatGPTの「利用権」を譲渡
(今回、上記のルールに沿った僕自身のChatGPTを使える権利をお渡しします。あとは規定のルールに沿って「URLのコピペと簡単な日本語入力するだけ」で追加学習データを量産できます)


・より高精度な完全独自AIを構築するコピペ手法
(こちらもコピペと簡単な日本語入力のみで実践できます。みるみる賢くなっていく独自AIを目の当たりにして興奮が止まらない事間違い無しです)


・マネタイズ(収益化)から「逆算」して超特化型完全独自AIを構築していく効率化戦略
(目的無しに独自のAIを作るのはナンセンスです。先にマネタイズまでの導線を組んでからそこに特化した独自AIを作っていくのが、ラビットXの最も効率的な使い方になります。その具体的な方法を事例を挙げながら解説していきます。)


・【先着60名限定】ラビットXによって「完全差別化」が容易い市場で月収100万円以上の高収益を「爆速」で稼ぎ出す完全独自特化型AI構築&マーケ戦略
(これは正直、公開したくないレベルの手法ですが、先着60名限定でのみ公開します。)


・マーケティング不要に「AI専門家」として荒稼ぎしていくフロービジネス戦略
(ラビットXさえあれば、その日からAI専門家として活動できます。それだけの性能を有しているのがラビットXですが、実際にどうやって収益化していくかわからない方も多いと思うので、実際の「事例」を踏まえながら徹底解説していきます)


・スキル0から最短最速で0→1達成を目指せる今「激アツ」の一兆円市場とは
(このビジネスは本邦初公開ですが、マジで威力絶大です。持ち前のスキルや知識が一切ないド素人でも0→1を達成しやすい上に、月100万円以上も普通に狙えるほど収益性も非常に高いビジネスモデルになります。その市場で初心者が0→1を達成していく為の手法を伝授していきます)


・一兆円市場×0→1ビジネスで月7桁(100万円以上)を稼ぐスキームをストックビジネス化していく為に僕がやっている「最も低ハードルな攻略ノウハウ」を伝授
(この市場での「稼ぎ方」は人それぞれでケースバイケースですが、スキル、経験0の初心者でも「難易度を一気に下げながら荒稼ぎしていける手法やポイント」を徹底解説していきます)


・一兆円市場×0→1ビジネスで初期段階でのマネタイズ時に注視する「2つ」のポイント
(より着実に0→1でのマネタイズを達成していく為のキャッシュポイントを設定していく具体的な手順を解説します)


・一兆円市場×0→1ビジネスでキャッシュポイント設定時に気を付けるポイント
(特定のデータを参照するだけのシンプルなポイントですが、ここを抑えないと非効率的にマネタイズしていく事になってしまうので注意してください)


・未経験のど素人でも、ピストルで狙い打つ如く「高確率」で収益化していくデータ活用法
(特定のサイトにある特定の部分を参照していく事で未経験のど素人でも高確率で収益化に直結させていく事が可能になります。初心者であればあるほど参考になるので是非取り入れてください)


・【先着60名限定】一兆円市場×0→1ビジネスで「一撃数百万」を稼ぎ出す方法と事例
(このビジネス市場は月6桁〜7桁も普通に目指せてしまう市場ですが、やり方次第では一撃数百万レベルのマネタイズに繋げる事も可能です。その実際の事例を踏まえながら解説していきます)


・一兆円市場×0→1ビジネスにAI(人工知能)で超効率化していく方法
(このパートはAIを使わずに実践できますが、既存のAIを使う事でさらに効率化していく事ができます。スキルも不要に実践できるので取り入れられる部分は積極的に取り入れてみてください)


・実践時の初期設定で行うべき「5つ」のポイント
(具体例を入れながら解説していくので即完了させる事ができます)


・【先着60名限定】「1回の作業」で「複数」のメディアをハック→横展開で広く少額課金を積み上げていくストックビジネス戦略を「実演形式」で徹底解説
(このビジネスモデルはストックビジネス化できる強みもあります。一度の労力を複数のキャッシュポイントに変えていく具体的なノウハウを解説します)


・一兆円市場0→1ビジネスで最短最速で結果を出す為の「2」つの原則と指標
(この原則を理解して実践して、より効率的かつ効果的に最短最速で0→1を突破してください)


・【先着60名限定】一兆円市場0→1ビジネスのハック戦略をいとも簡単にクリアしていく為の「7つ」の実践テンプレート
(この手プレートに当てはめていくだけで正解のわからないど素人でも簡単に0→1をクリアしていく事が可能になります。是非参考にして実践してください)


・【先着60名限定】一兆円市場0→1ビジネスの「収益率」を5倍〜へと跳ね上げていく実践時の「5つ」のフォーマット
(これは実際の経験者でなければわからない部分になります。よって本来1から実践していく際はこれらのポイントを手探りで実践していかなければなりません。ただ今回は最初から理解した上で実践していけるので大きく役立つ事間違いなしです。)


・一兆円市場×0→1ビジネスを「可能」にする「逆算式」実践術(※実演解説)
(何故、本来敷居の高いこのビジネスで0→1が達成できるのか。それはこの戦略ありきで実践してるからです。その具体的な手法を「実演」しながら解説していきます)


・・と、今のところ確定している項目は以上になります。


もちろん、ファインチューニングをはじめとした
ラビットXの実践にも大きく役に立ちますが、
この特典単体でも十二分に収益化可能なので

【いちネットビジネス有料教材】

として手に取って頂いて遜色ありません。


尚、今回の特典も

「僕自身が実際にこの手法で稼いできた経験と実績」

を踏まえ「事例付き」で解説していきますので、

「再現性も収益性もお墨付き」

です。


そしてさらに今回の


さらに「イカれた」緊急追加特典について
(※12月9日までの「完全期間限定」配布)



についてですが、
こちらの緊急追加特典も

「控え目に言ってヤバすぎ」

です。


ここで少し、おさらいも兼ねますが
ラビットXのレビューでは、

・ファインチューニングの仕組みや基礎知識
・ファインチューニングでできる事や無限の可能性


について

「完全ド素人でも理解できるように徹底図解」

しながら、


・AI初心者でも手軽にファインチューニングできる
(プログラミングスキルさえも不要に簡単な日本語入力だけで構築可能)

・ファインチューニングに必要なデータをラビットXが自動的に出力
(あとは出力されたデータをOpenAIの指定の場所にアップロードしていくだけ)

・それにより独自の「超特化型AI」を構築し、これまで不可能だった精度を実現
(コンテンツ生成AIだけでなくChatボットや独自サービス、etc..自在に構築可能)


というのがラビットXの「メイン機能」であり、
それこそが「革命的」である事も解説してきましたよね。


そして実際に
本来この

「ファインチューニング」

というジャンル(分野)は

・高度なAIノウハウ
・専門的なプログラミングスキル


が必須になる

「いわば“AIマニア向け”の分野」

なので、そんな専門的なジャンルを

・AIノウハウの無い初心者
・プログラミングスキル0のド素人


でも

「手軽にファインチューニングして、あなた独自のオリジナルAIを作れる」

という時点でもはや

「革命的」

である事は間違いありません。


・・ただ、
ラビットXの「凄さ」は上記に留まらず、
上記のメイン機能に加え、


・ラビットファイナルのコンテンツ生成機能もそのまま「据え置き」で完備されている
(単体でも十分破壊力のあるAIツール)

・独自にカスタマイズした「超特化型AI」を呼び出してコンテンツを量産できる
(※しかも切り替えも自由自在だから、適材適所で最強のAIを呼び出しながらコンテンツを量産できる)


という

【ファインチューニングによって構築した超特化型AIを、
 収益(マネタイズ)に直結させる為の機能も有している】


という点も

【革命的AIであるもうひとつの所以】

なわけですよ。


ラビットファイナルの機能は据え置きで実装→調教した独自AIでコンテンツを自動生成→量産:


そもそもラビットファイナル自体、
普通に単品で販売されていたAIツールで、
具体的な機能については、
その解説だけで膨大な量になってしまうので、
以下の記事を参照頂ければと思いますが、





ラビットファイナルは
そもそも前代未聞だったラビットエキスパートに
以下のような機能が実装されたバージョンアップモデルになります。
(※詳細な機能説明は上記レビューからご確認ください)


・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能1:【第四世代】見出し生成も含めて頭がとにかく良くなった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能2:【第四世代】文章精度が一気に上がった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能3:【第四世代】文章の生成速度が3~5倍に上がった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能4:3500文字の文字数制限が15000文字前後まで広がった
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能5:パッケージ機能の実装
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能6:モデルチェンジによりOpenAIのAPI利用料が25%オフ
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能7:生成コンテンツに自動改行が実装
・RABBIT FINAL(ラビットファイナル)特徴&追加機能8:見出し固定・重複無し・最高精度の無双モード※ラビットファイナルのみ
・ラビットファイナルは細部に拘った高精度なコンテンツを柔軟に生成可能
・ラビットファイナルは見出しを固定しながら本文の内容も自在に指定できる
・故に、内容の重複があり得ない
・タイトル(見出し)を指定しない場合は自然な見出しを生成してくれる
・しかも1ブロック(ウィンドウ)の入力は15000文字まで対応(※ヤバすぎ)
・ラビットファイナルは「導入文」の作成も具体的に指示できる
・ラビットファイナルは「質問機能」も完備


そしてラビットXには、

【上記のラビットファイナルの機能も「据え置き」で実装されている】

という事。


この時点で

「どうなってんの?ってレベルのコスパ」

なんですが、
・・その上で、さらにヤバいのが
従来のラビットファイナルは
汎用的なChatGPTのGPT3.5かGPT4が参照モデルだったのに対して、
ラビットXの「頭脳」は

「あなた独自のファインチューニング済みのモデル」

だという事です。


つまり言ってしまえば、

1、ラビットファイナルの全機能を
2、あなた独自の超特化型AIで動かしていく事ができる


のがラビットXだという事。


しかも、

「あなた独自のファインチューニング済みの複数モデル」

を好きに切り替えてコンテンツ生成を行っていく事もできるので、

・Aのジャンルに特化したAI
・Bのジャンルに特化したAI
・Cのジャンルに特化したAI

それぞれのモデルを切り替えて

・Aのジャンルに特化したコンテンツ
・Bのジャンルに特化したコンテンツ
・Cのジャンルに特化したコンテンツ

を1つのラビットX内で出力していく事もできちゃうわけです。


●こんな感じです・・→ 



これ、冷静に考えて半端じゃない事で、
言ってしまえば、

【まるで「ドラえもんの四次元ポケット」のように
「適材適所で最強のAIを呼び出しながらコンテンツを量産」していけちゃう】


わけですから。


つまり、ラビットXを手に入れてしまえば

・特定のジャンル(分野)事に特化した専門知識の異なるAIを構築する
・あなたのサイトやブログのジャンルによって構築したAIを使い分ける


という事が可能になるので、
あなたが調教構築した超特化型AIを
まるで奴隷のように使い倒して、

「あなたにとって都合の良いコンテンツを制作させる事」

ができるという事です。


この点についても
ラビットXのレビューでは詳しく解説しているので、
そちらの方を参照頂ければと思いますが
今回の「緊急追加特典」では、

【僕の都合で案内が遅れてしまったお詫び】

として、

【ラビットXの特典とは別に、ラビットファイナルの特典本編も緊急追加】

してしまう事にしました・・!


ちなみにラビットファイナルは単体価格で49,800円。(※執筆時点)


そんな

【ラビットファイナルに付けている僕からの特典も、
 ラビットX単体の購入だけで手に入れられてしまう】


という事です。


ラビットファイナルの詳細については
ラビットファイナルのレビューページよりご確認頂ければと思いますが、



このラビットファイナルの特典も当然、

「ラビットXでも当たり前に応用していく事」

ができます。


先述の通り、

「そもそもラビットXにはラビットファイナルの機能も据え置きで搭載されている

わえですからね。


なので、

・ラビットXのツール本体
・ラビットXの僕からの特典
・ラビットファイナルの僕からの特典




「ラビットファイナルを持っていなくても使い倒せる」

という事です。


ただ、この緊急追加特典に関しては
先ほどの「先着60名限定特典」と同様に

【12月9日一杯で完全に締切る】

という形での

【完全期間限定特典】

になる事を予めご了承ください。
(※こちらは12月9日で「全て完全終了」します)



(※数量限定特典・期間限定特典は「12月9日」で完全締切)


最後に、


【yuu式】ラビットX数量限定特典の「単独販売」について



ですが、
ラビットXの特典については

「特典公開前から異例のペースで参加者が募っている」

こともあってか、

「特定単体での販売要望」

が多数寄せられていました。


よって本日、
特典単体での販売リンクも、
用意させて頂きました。


【yuu式】限定特典(数量限定・期間限定特典)単体決済リンク


ちなみに

・ラビットXツール本体+【yuu式】限定特典(数量限定・期間限定特典)
・【yuu式】限定特典(数量限定・期間限定特典)単体


共に、

【12月9日一杯のお申込み分で完全締切】

になります。


尚、いつも通り、

【締め切ってしまった後は二度と再公開する事は無い】

ので、

【全ての特典付きで実践したい方】



【12月9日迄】

にご参加頂ければと思います。



※過去記事はこちら:



(※【本邦初公開】先着60名限定特典あり)


(※かなり「重要な追記」になるので必ず読んでください)


【yuu式】限定特典(数量限定・期間限定特典)単体決済リンク
(※特典配布開始は12月下旬~1月中旬予定)






(PS)来たる2024年、この波に乗って人生変えるなら「今」です。



いずれにせよ、
こんな革命的なAIツールが出てきた事には驚きです。


冒頭でもお伝えしましたが、
これは本当に「事件」レベルですよ(汗)


それこそファインチューニングは今現在

「専門技術を持っている人だけが参入できる分野」

というのが共通認識である中で、

「そんな分野にスキル0の初心者が参入できるようになった」

時点で、
普通のビジネスセンスを持っている方なら、

「このチャンスを逃す選択肢はまず無いでしょ」

と直感レベルで感じるはずです。


いつもお伝えしている通り、
どのビジネスモデルにおいても

「参入するタイミングが命」

であり、

【いち早く波に乗った人が勝つ】

というセオリーは変わりません。


ましてや今回は

「ただのAIノウハウではなく、AIにおける最先端の分野」

ですから、
いち早く参入する事で冗談抜きに

「あなたのネットビジネス人生を180度一変させる」

事も容易くなります。


それもこれもAIツールの使い方や
マネタイズ(収益化)戦略次第ではありますが、
そのあたりについては
特典教材で網羅していくのでお楽しみにしていてください。


2023年も残り僅か1か月。


あと数時間も経てば12月に突入し、
世間はクリスマスや忘年会シーズンに入っていきます。


世間のみんなが遊んでいる間に何をするかで
あなた自身の未来が大きく変わります。


今年はAIをはじめ激動の一年でしたが、
正直、こんな状況で遊んでる暇なんて微塵もないですよ。



成功者も貧乏人も「同じ時間軸」で生きています。


成功者は

「その同じ時間軸の中で成功する為の行動をしている」

から

「成功するべくして成功している」

んです。


そこで頭ひとつ抜きんでるには
「環境」を整えて「行動」するしかありません。



その辺も詳しく解説しているので

「なかなか行動を起こせない」

という方は是非以下の記事を一度読んでくださいね。





この年末年始で参加者さんが一気に駆け上がる為に
僕も全力で情報をぶっ放していきますので
全身全霊で「実りある結果」を掴み取って頂ければと思います。



【yuu式限定特典付き】ラビットX公式ページ
(※一部「先着60名限定」で完全締切)


2024年に向けて「種」を撒いて、
未来への道を切り開いていきましょう!


それでは。




応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


目次




yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓




  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


撮影と報告だけで月収7桁超え?話題のソフトウェア+教材を辛口レビュー

実践者・コンサル生の事例紹介

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

次世代のWEB3.0を「先取り」して収益化する反則(チート)ツールが誕生

【AI業界激震】ノーコードAI構築ツール RabbitX(ラビットX)森本哲也レビュー

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト

    トレードで破綻せず「成功」する為に、まず何よりも先に学ぶべき事は「何」か。
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    信用できるアフィリエイターや情報発信メディアを見極める方法。
  3. プランスゴールドアービトラージ(PGA)

    プランスゴールドアービトラージ(PGA)などのポンジスキーム・HYIP(ハイプ)…
  4. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト

    投資初心者は即退場?投資・資産運用における嘘と現実。
  5. MAM/PAMMとは(基礎開設)

    日利平均1%完全裁量MAM【人数限定で手数料0】
PAGE TOP