【先着50名限定】WEB3.0メディアプログラム(WMP/山田慎太郎)批評レビュー




【2024/02/08重要追記】

他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】WMP×分散型メディア0→1チートマネタイズ戦略単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)



yuuです。


一昨日配信した

「Web3.0(分散型インターネット)」

における解説記事ですが、早くも

【めちゃめちゃ分かりやすかった】

と、かなり多くの反響を頂いています。



(※売り込みは一切なしです。)


僕としても読者さんに伝えたい事が伝わって嬉しい限りです。


ネット上にも
WEB3.0やDAOに関する解説コンテンツ色々上がっていますが、

「関連要素が多く専門用語が多くて頭に入ってこない」

傾向にありますからね。
(複雑に絡み合っているので仕方無いと言えば仕方ないですが・・)


だからこそ前回の記事は、

・あえて必要部分だけを「小出し」にする形で図解説
・歴史を時系列で追いながら具体的に解説


していく事を意識して記事化しました。


自分で言うのもなんですが、
上記の記事も普通に「有料級」だと思います。


まだ読んでいない方の為にお伝えしておくと、
上記の記事はタイトルの通り

「今後のインターネットのスタンダード」

になっていく

「Web3.0(分散型インターネット)」

について
「ド」が付く素人でもわかるように
徹底図解説している記事になります。


目次は以下の通りです。

1 Web3.0(ウェブ・サンテンゼロ)とは
2 Web1.0~Web3.0の時代の変遷
2.1 Web1.0はインターネットの黎明期。
(webページの情報を「閲覧」するだけの時代)
2.2 Web2.0は情報を「交換」できる時代
(発信の民主化によって「双方向」でのコミュニケーションが可能になった)
2.3 Web2.0の問題点や課題
(GAFAMなどによる中央集権型の独占時代)
3 Web3.0は分散型のインターネット
(非中央集権での「直接的な価値交換」の時代)
3.1 【Web3.0】DAO(分散型自律組織)の特徴
3.1.1 特定の中央管理者が「不在」の非中央集権組織
3.1.2 透明性が高く民主的(公平)な組織運営に「誰でも参加」できる
3.1.3 効率的な「資金調達」と「所有権(インセンティブ)」の分配
3.2 DAO(分散型自律組織)とブロックチェーン

上記の見出しを見るだけだと
小難しく感じるかもしれませんが、
中身の方では、

「Web3.0って何やねん」

という方向けに、

・Web1.0時代
・Web2.0時代


の歴史を振り返りながら
基礎中の基礎的な部分を掘り下げて、

「Web3.0によって今後の社会がどう変わっていくか」

という部分までを

「図解&アニメーション」

を入れながら解説しています。


もちろん、上記の記事は

「Web3.0時代の基本のさわり部分」

を解説しているだけで、
まだまだ書きたい事(解説したい事)は沢山あります。


ただ、あまりに一気に解説しても
その他の発信者と同じく「情報過多」を起こさせてしまうので、
前回は、

「丁度良い部分でひと区切り」

した次第です。


・・とはいえ、
上記解説の基礎知識があるかないかだけでも

「今後の時代の変化に付いていけるかどうか」

が大きく左右されますし

「ここに順応していなかないとさらにヤバイ事になる」

ので、まだ読んでいない方は
今のうちに一気読みしちゃってください。



(※時代に取り残されない為には「必読」です)


AI、Web3.0、NTF、メタバース・・
「不慣れ」なところにこそチャンスがある



近年はとくに
あらゆるテクノロジーがどんどん進化していて、
常に情報をキャッチアップしていないと
すぐに「浦島太郎状態」なっちゃいますよね。


ちょっと目を離すだけで「あれ?何これ?」みたいな。


それこそ
上記の記事でもお伝えしている通り、
去年から取り上げてきた、

「生成AI(人口知能)」



「今後の未来を大きく変えていくテクノロジー」

である事に間違いありませんが、

「今後の時代を変えていく」

のはAI(人口知能)だけではありません。


その「入り」となる

「1つ目のテーマ」

として前回は

「Web3.0(分散型インターネット)」

について徹底解説したわけですが
その他にも、

・ブロックチェーン技術
・メタバース(仮想空間)
・NFT(非代替性トークン)
・DAO(分散型自律組織)
・DeFi(分散型金融)


などなど、

「AIとはまた“別”の次世代テクノロジー」

も、みるみる進化している状況にあります。


いやあ、横文字ばっかりでイヤになっちゃいますね・・(苦笑)


ただこれら全てが

「AI(人口知能)と同様」

に、

「今後当たり前になっていく社会」

になるので「全て」無視する事はできません。


そしてこれらもまた、

【乗り遅れる事での「損失」は計り知れない】

わけですよ。


いつも口酸っぱく言っている通り、

「ビジネスはタイミングが命」

です。


たとえば、

「10年前にビットコインを買っていたら・・」
「10年前にあのネットビジネスを初めていたら・・」


そう思ったってもう

「どうしようもない」

ですが、
AIも、今後Web3.0時代もまさに

「これから来るテクノロジー」

です。


そして、


Web3.0は、まだ先駆者が「いない」状況



です。


だからこの「タイミング」が物凄く重要なんです。


いち早く情報をキャッチアップして
予め「理解」しておけば、
いざそのタイミングが訪れた時に最先端で動いていく事ができます。


つまり、

「世間一般の人達がまだ追いついていない今」

こそがチャンスだという事。


一般的なビジネスは

「痛み(努力)がなければ成長はありません」

が、時流に乗ったビジネスは

「痛み(努力)さえ最小限に飛躍した結果」

を出す事が可能になってきます。


これは以前の記事でもお伝えした通り。


※以下過去記事から引用。

↓↓↓

正直、ビットコインで億万長者になった人だって、
殆どが別に「ごくごく普通」の人間だったと思います。


なんとなく面白そうだから
遊び感覚で1万円分だけビットコイン買ってみた。

→そしたら忘れたころに世界中で話題になって1万円が数百億になった。

みたいな感じで、
まだビットコインの存在なんて誰も知らない時期に

「10年後に暗号通貨の世界が絶対に来る!」

と確信して投資していた人なんて殆どいないと思います。
(であれば天才的です)


ビジネスに関しては挙げればキリがないですが、
市場が未成熟な段階だと、いち早く参入するだけで

「いつのまにかお金になった」

という事は普通にありますし、
それがより大きな成功へのキッカケになっていくケースも多々あります。


YouTubeひとつにしても
今でこそ「古参」と呼ばれるトップユーチューバーだって最初は

「俺はYouTubeでお金を稼ぐぞ!」

と思っていた人って殆どいなくて
承認欲求目的だったり、
面白半分で動画をYouTubeにアップしてたら・・

→テレビとは違う身近さがウケて勝手に再生数と登録者が増えていった
→それが面白くなって編集とかも始め出して少しクオリティを求めてみた
→ライバルも不在だしどんどん登録者が増えていった
→YouTubeという市場が成長した頃にはトップユーチューバーになっていた。


という形で「お金は後からついてきた」パターンが多いです。


つまり何が言いたいのかというと

時代のビックウェーブに第一人者として乗れて富を築いた人

って、

「誰も踏み込まないような市場」

に対して

「子供心でとりあえず足を突っ込んでみた」

という人が大半だと思うんです。


時流の流れを予測できるくらい
天才的なセンスの持ち主もいるかもしれませんが
少なくともそんな市場に

「戦略的に狙って参入していった」

という人はほんの一握りなんじゃないかなと。


上記に限らず、

1、子供心に足を突っ込んでみたら、ビジネスになった。
2、そのビジネスが面白くなってどんどん加速していった。
3、そしてそこから事業を広げていった。


こういうケースってホントに沢山あります。


投資もビジネスも、

「タイミング」

さえ合えば簡単に上手くいってしまうのもまた事実なんです。


はたから見るとその「キッカケ」を知って

「ラッキーだね」

と思う方もいますが、僕はそれも「実力」だと思います。


それがたとえ

「たまたま知ったから」

というキッカケであれ、僕は実力だと思います。


後先考えずにやってみる。
まずは試してみる。


この「行動」を起こすのは紛れもなく「自分自身」だからです。


↑↑↑

※引用ここまで。


この考え方は全く変わっていないし、
今もまさに「その通り」になっていると思います。


ただ


Web3.0とAI(人口知能)の「違い」は、
選択「不可避」で強制的にWeb3.0の時代になってしまう



って事です。


AI(人口知能)に関しては

「使う・使わないを選択」

できます。


極端な話、

『俺はAIなんて、けしからんもんは使わねえ・・!』

って人は、その選択肢もあり。


もちろん、
そういう人は「時代」には取り残されますが
最低限「生きていく事」はできますよね。


ただ

「Web3.0についてはその選択が不可能」

になります。


今からWeb1.0時代に戻れない、
強いてはネットが無い社会なんてあり得ないのと同じで、

「インターネットの“環境”そのものが変わっちゃう」

ので、

「そこ(Web3.0)に嫌でも適応せざる得ない状況」

になるわけです。


今、当たり前に使っているデバイスも当たり前じゃなくなるし、
人が集まるプラットフォームも変化していく。


ブロックチェーンによって「お金」のあり方も変わるし、
DAOによって「会社や組織」のあり方も変わる、
メタバースによって「生活そのもの」のあり方も変わっていく。


そんな時代に世界はもう「片足突っ込んでいる」



わけですよ。


だったら、本格的にその時代に移り変わる前に、
「理解」して「準備」しておかないとマズイよねって話です。


ガチで、「危機感」持たないとホントにヤバイ。


これは自分にも言い聞かせている事だし、
だからこそ本来労力対効果に超シビアな僕
生成AI同様に、
日々のリサーチやキャッチアップに労力を惜しみなく使っているんです。


逆に世間一般が追いついていないこのタイミングで
予め理解・準備しておけば、
そこに大きなビジネスチャンスが生まれるので。


まだ世間のみんなが理解していない間に
Web3.0の世界で「先行者利益」を得ていく事はもちろん、
Web2.0の世界でもビジネスとして「仕掛ける側」に回る事もできますよね。


いずれにせよ
レッドオーシャンな市場よりも遥かに

「痛み(努力)を最小限」

に飛躍した結果(恩恵)を得られる事は間違いありません。


Web3.0の時代も「搾取され続ける側」でいるか、
ちょっとだけ一歩先を行って
来たるWeb3.0時代に確固たるポジションを確保するか。


そのタイミングを逃す事の「損失」は
本当に「計り知れない」と思うわけですよ。



※僕自身もガンガン知識投資して、
鋭意勉強中の身なので、
今後もどんどん有益な情報はシェアしてきますね。



・・と、そんなこんなで、
前置きが長くなりましたが今回はここからが「本題」です。


『・・え?、これから本題?』

と思う方も多いと思いますが、そうなんです(苦笑)


っていうのも、
本来今日は

「別のテクノロジー関連の続編」

を出そうと思っていたんですけど、
前回の配信をした後、

「リリース(販売)直後のあるツール」

へのレビュー依頼が寄せられたんですよね。


そのビジネスモデルが

「Web3.0関連」

との事で、

「どんだけタイムリーなのw」

と思いながら早速購入したわけです。


ただこれが意外と面白かったのでレビューしておこうかなと。
(※突っ込みどころもありますが、それも後述します)


それが以下のツールになります。


WEB3.0メディアプログラム公式ページ


早速掘り下げて解説していきますね。


WEB3.0メディアプログラム(WMP)の概要と特徴



このWEB3.0メディアプログラム(WMP)ですが、
結論から言うと、

「WEB3.0の世界に完全特化したビジネスモデル」

というわけではありません。


なので、
メタバース上(仮想空間)でどうのこうのという類でもありませんし、

・NFT(非代替性トークン)
・DAO(分散型自律組織)
・DeFi(分散型金融)


なども扱わないので、
ブロックチェーンに関する知識なども一切不要です。


とはいえ、Web3.0特有の

「分散型メディア(非中央集権)」

は有効活用していきます。
(※ちなみに、生成AIは一切使いませんのであしからず。)




そのWMPでは
Web3.0の特徴は掴みつつも同時に

「Web2.0の世界ならではのデータをフル活用していく」

形で

・Web2.0に蓄積されている既存データ(コピペで利用)
・WMP独自のデータ変換専用ツール(コピペで利用)
・WMP独自の分散型メディア(独自に「所有」する事も可能)


を用いる事で収益化していくビジネスモデルになっています


詳細は後述しますが、

「その収入源となるデータを自分で作成する」

というわけではなく、
あくまでも

「既存のデータをWMPの専用ツールによって二次利用していく」

という流れなので、

「あり得ない程作業ハードルは低いビジネスモデル」

になっています。


さすがに具体的なキャッシュポイントや
戦略的な部分のネタバレはできませんが、
一言で言うなら、

「Web2.0ならではの強みを横流しする形で“ネコババ”して、
 Web3.0の分散型メディアを有効活用して収益化していく」


という

「Web2.0とWeb3.0を良いところ取りしたビジネスモデル」

って感じですかね。


正直、

「これ、反則やん!」

と思う反面、

「ウマいところ突いたな」

というのが率直な感想で、
真っ当なビジネスモデルとして成立しますし、

「合法的かつ合理的に収益化」

していく事ができます。


もちろん、
グレーゾーンなジャンルや
アダルトジャンルのように
人に胸を張って言えないようなものでもありません。


いずれにせよ、

「類似したビジネスモデルは他に無い」

ので、

「参加者は十中八九初めて目にするビジネスモデル」

ですし

「WEB2.0の世界の稼ぎ方とは一線を画した全く新しい手法」

である事は間違いありません。


とくに特筆すべきポイントは、
先にも少し触れた「実践ハードルの低さ」ですね。


あとはWMPで扱うWeb3.0市場が

「これからまさに右肩上がりに伸びていくブルーオーシャン市場」

だという事。


つまり「先行者」として参入できるという事です。


全て後程、改めて解説していきますが、
そのあたりも踏まえて
WEB3.0メディアプログラム(WMP)の特徴とメリットとしては以下になります。


【WEB3.0メディアプログラム(WMP)の特徴とメリット】

・収入源(キャッシュポイント)完成までの作業ハードルが鬼のように低い
(自分でデータを作る必要なくWeb2.0のデータをWMPのツールにパズル感覚で「横流し」するだけでキャッシュポイントが完成)

・Web2.0から持ち出す移行元のデータは世界中で「無数」に存在し、日々増え続けている
(移行元のデータ自体も毎日大量に増えている為「データ不足→キャッシュポイント不足」に陥る心配もないし、リサーチスキルも不要なので、どんなに初心者でも即日からキャッシュポイントを構築できる)

・実践コストがほぼ掛からない
(WMPのビジネスモデルは、WMPで独自に提供されている「専用変換ツール」ありきえ成立しますが、月額経費0円で参加者の方のみ利用が可能)

・ツール任せに構築していくデータが「収益発生のトリガー」になるので、機械的作業で収益化可能
(第三者へモノやサービスを販売するようなビジネスモデルではなく、セールススキルなども不要に実践可能)

・「即金性」が異常に高く資金的なリスクも「0」
(WMPで構築した1つ1つの仕組みから発生する収益は確定から「即日~数日程度で着金」可能)

・「蓄積・量産型」で「継続収益」が膨れ上がっていくストックビジネスを構築できる
(WMPの専用ツールを有効活用していけば、やればやった分継続収益を積み上げていくストックビジネスを構築可能)
※ただここの「収益性」については補足必要

・独自の分散型メディアを「所有」する事も可能
(WMPでは、専用の変換ツールだけでなく、独自の分散型メディアそのものの利用権利も付与されますが、この分散型メディアを自ら所有をしてしまい、その仕組みを介して収益化していく事も可能)


それぞれ解説してきますね。


収入源(キャッシュポイント)完成までの作業ハードルが鬼のように低い



先の通り、WMPは、

「Web2.0ならではの強みを横流しする形で“ネコババ”して、
 Web3.0の分散型メディアを有効活用して収益化していく」


という

「Web2.0とWeb3.0を良いところ取りしたビジネスモデル」

になります。


ただ、Web2.0のデータを自分自身で作る必要はなく、

【Web2.0上にある既存のデータを
 WMPのツールにパズル感覚で「横流し」するだけ】




【キャッシュポイント(収入源)そのものが完成】

するような仕組みになっています。


この

「Web2.0上にある既存のデータを二次利用する」

というのがポイントで、

「だからこそ作業ハードルが鬼のように低い(コピペ主体)」

中で実践していく事ができるんですよね。


これを可能とするのはまさに

「WMPで提供される独自の変換ツール」

であり、このWMPの「キモ」の1つになります。


ちなみに変換ツール自体は完全にWMPのオリジナルになるので、

「他で入手する事は不可能」

です。


そんなツールを利用した
WMPの「実践の流れ」としては以下のようになります。


【WEB3.0メディアプログラム(WMP)実践の流れ】

1、Web2.0(今のネット上)に蓄積されている既存のデータを取得
(コピーのみ、保存不要。誰でも見つけられない事は「あり得ない」レベル)

2、WMP独自の専用ツールに入れて変換→二次利用→キャッシュポイント完成
(コピペのみ。1~3分程度の作業で構築完了)

3、web3.0特有の分散型メディア(非中央集権)を活用して収益化
(ここもWMP独自の分散型メディアが提供される)


上記の様に

「既にネット上(Web2.0)に蓄積されているデータ」



「専用ツールを介して変換していく」

だけなので、
そこにスキルやセンスが必要になる要素もなければ
リアルにコピペのみ、1~3分程度の作業で構築完了します。
(※全行程通して生成AIを使う事もありません。)


ただここで、

【「1」のWeb2.0上にある既存データを取得できないのでは?】

という懸念が湧く方もいるかもしれませんが、


Web2.0から持ち出す移行元のデータは世界中で「無数」に存在し、日々増え続けている



ので「全く」問題ありませんね。


これはWeb2.0全体に言える事で、

「国境関係なく全世界で日々、無数に増え続けている」

状況です。


そしてそれらの世界中に存在する既存のデータを

「あなたのキャッシュポイントの元となるデータ」

として活用できちゃうわけですね。
(もちろん、WMPの変換ツールありきの話です)


なので、

「取得元のデータがない」→「キャッシュポイントが作れない」

という事になる事は120%あり得ないし、
その懸念は1ミリも無いので消し去ってもらってOKです。



というか、

「リサーチするスキル」

も不要なので

「どんなに初心者でも即日からキャッシュポイントを構築」

していく事ができますね。


加えて、


実践コストがほぼ掛からない



というのも大きなメリットの1つと言えます。


先の通り、
WMPのビジネスモデルは、
WMPで独自に提供されている「専用変換ツール」ありきで成立します。


なので、

「普通に月額料金を取っても(払っても)良いレベル」

だと思いますが、

「WMPの参加者は月額経費0円で利用が可能」

になっています。




使い方にもよりますが、
(※ここは重要なので、後述します)
かなりの収益性を期待できるので、

「本当にそれでいいの?」

っていうのが率直な意見です(苦笑)


要は、

「WMPの参加費さえ払ってしまえば半永久的にツールを使える」

という事であり、コスパはかなり良いですね。
(現時点ではの話なので、今後有料化される可能性もあります)


※尚、先の通り変換ツール自体は
完全にWMPのオリジナルになるので、

「他で入手する事は不可能」

です。


ツール任せに構築していくデータが「収益発生のトリガー」になるので、機械的作業で収益化可能



WMPで構築するキャッシュポイントは、

「ツール任せに構築していくデータ」

収益発生のトリガー(引き金)になってきます。


そして先の通り、
そのデータそのものについては、
WMPの専用変換ツールでコピペするのみで構築できちゃいます。


【WEB3.0メディアプログラム(WMP)実践の流れ】

1、Web2.0(今のネット上)に蓄積されている既存のデータを取得
(コピーのみ、保存不要。誰でも見つけられない事は「あり得ない」レベル)

2、WMP独自の専用ツールに入れて変換→二次利用→キャッシュポイント完成
(コピペのみ。1~3分程度の作業で構築完了)

3、web3.0特有の分散型メディア(非中央集権)を活用して収益化
(ここもWMP独自の分散型メディアが提供される)


よってビジネスモデルの性質上、
第三者へモノやサービスを販売する為の

・文章力(ライティングスキル
・セールススキル


なども「不要」に実践していく事ができるわけです。


これも初心者にとっては大きなメリットですね。


「即金性」が異常に高く資金的なリスクも「0」



WMPで提唱されているビジネスモデルは
「即金性」が異常に高いのも大きな特徴です。


実際、専用ツールで構築していく
1つ1つのキャッシュポイントから発生した収益は

「確定から即日~数日程度で着金」

が可能になっています。


一般的なビジネスモデルは、
利益確定から着金までに一定のタイムラグがありますが、
WMPのビジネスモデルはキャッシュフローが早いので

「モチベーションも保ちやすい」

というのも
初心者にとっては嬉しいメリットじゃないでしょうか。


ちなみに、
キャッシュフローが早いビジネスモデルの代表格として

「物販やせどり」

が挙げられますが、

「そもそも、初期投資が必要になるようなビジネス形態ではない」

し、

「資金的リスク0で取り組める」

というのも大きなポイントかなと思います。
(※言うまでもありませんが、無在庫転売も含みますし、投資の要素も0です)


「蓄積・量産型」で「継続収益」が膨れ上がっていくストックビジネスを構築できる



WMPのビジネスモデルは、

「WMPの専用ツールを介して構築したキャッシュポイント」



「継続的に利益を発生させる装置」

として稼働し続けてくれる形になります。


なので、
せどりや物販、トレンドアフィリのように、

「その都度の労力を利益に変えていくフロービジネス(労働型)」

ではなく、

「完全なストック型(蓄積型)のビジネス」

だという事です。


そして、
その1つ1つのキャッシュポイントも、
WMPの専用ツールを使っていけば、

「コピペのみ、1~3分程度の作業で構築完了」

できるので、

「ガンガン量産できちゃう」

んですよね。


つまり、

「やればやった分、キャッシュポイント(収入源)を量産」

して、

「雪だるま式に(右肩上がりに)収益を伸ばす」

という事が可能になるという事です。


ただ、

・WMPの変換ツールの活用方法
・WMPの変換ツールを用いたマネタイズ戦略


という面で言うと、
ツールの機能が面白いだけに、

「かなり勿体ない」

印象を受けるので、後程デメリットの部分で解説します。


独自の分散型メディアを「所有」する事も可能



WMPでは、専用の変換ツールだけでなく、

「分散型システムそのものの利用権利」

も付与されます。


よって即座に実践に入っていけるわけですが、
この分散型システムを自ら「所有」をしてしまい、
その仕組みを介して収益化していく事も可能になります。



その専用の設定マニュアルも完備されていて、
別途PDFマニュアルを見ながら設置していく形になります。




最初はWMPの分散型システムを「間借り」する形で利用して、
ある程度軌道に乗ってきたら是非、取り組んでみてください。
(※僕もこれから設置していきます)


もちろん、
所有していくかしていかないかは「任意」になりますが、

「これから本格的に来るWeb3.0時代に先駆けて
 この分散型システムを所有するメリット」


は計り知れません。


実際に

「分散型インターネットが当たり前になった時代」



「先駆者としてのポジションを確保」

しておく事ができるわけですからね。


このアドバンテージはかなり「デカい」ですよ。


「初心者がWMPに不安を感じる理由」と、
そんな「初心者こそWMPを手にするべき」理由。(※2024/02/02補足)



今回のpWMPですが
僕自身、検証も兼ねて色々触りまくっているんですけど、
もう、分散型メディアが面白すぎて、

「小学校の頃にゲームボーイのポケモンに熱中していたレベル」

で、ずーーーっと「没頭」してます(笑)


『なにこれ、超フリーダム(民主的)じゃん・・!』

みたいな。


おそらく実際に参加されている方も、みんな同じ状況なはず。


いやホント、
やればやるほど奥が深いし、

・仕組み(ロジック)
・今後の展望(メタ社※旧Facebook社などの発表含む)


を考えたら

「可能性が半端じゃない」

ので、ワクワクが止まらないんですよね。
(既にできる事もかなり広いし)


・・ただ一方で、今回のWMPは

「Web3.0」
「分散型メディア(非中央集権)」


という

「普段聞きなれないフレーズ(キーワード)」

が入っているからこそ、

『Web3.0についての知識が全く無いので、自分にもできるのか心配だ・・』
『私には関係ないジャンルかな・・』


といった
不安を感じてしまう方もいるかもしれません。


実際、そんな不安や心配要素は「一切不要」ですし、
なんなら今回のWMPは

「そういったキーワードに拒絶反応を持ってしまう初心者」

であればある程、


『ああ、あの時やっておけば(知っておけば)良かった・・』



と、「後悔」する事になるのは間違いありません。


なぜなら、

「初心者がWeb3.0に参入する“キッカケ”として、
 この上なく“とっつきやすい”スキームが用意されているから」


です。


逆に言うと、

「これほど取っつきやすくWeb3.0の世界に入り込めるキッカケは無い」

とも言えます。


ただここで念を押しておきたいのは、

「僕からの特典がどうのこうの」

とか、

「このビジネススキームで上げられる利益」

とか、
そういう次元の「目先」の話では無いという事。


重要なのはもっと「本質的」な話で、

【これから来る時代(web3.0)に乗り遅れる事】

が、

【あなたにとっての一番の損失】

なわけで。


そもそもの話、
元を辿ればそのWeb3.0時代に乗り遅れてほしくないからこそ、

「WMPのリリース(販売)云々関係なし」

に、僕は以下の記事を配信したわけですよ。





時を同じくして、
メチャメチャタイムリーではありましたが
その

「Web3.0参入へのキッカケ」

として

「抵抗なく入りやすいツール&教材」

が販売(リリース)されたので、
緊急でWMPをレビューしただけの話です。


Web3.0を完全理解→「ビジネスで稼ぐ」のはまだ無理ゲー。
・・ただそれは「本来」であれば、の話。



これまでお伝えしてきた通り、
今後、世界は間違いなくWeb3.0の時代になります。


それも10年後、20年後といった遠い未来の話ではなく
「超近い将来」の話で、

「AI(人口知能)と同様」

に、

「今後Web3.0が当たり前になっていく社会」

になっていくわけです。


だからこそ「危機感」を持たなきゃヤバイ。


それこそ、現代で例えるなら、
今あなたが当たり前に使っている
インターネットやスマホを

『インターネットって何?』
『スマホって携帯電話(ガラケー)と何が違うの?』


と言っているようなものですからね。


そもそも情報社会の現代において
ネットやスマホが何かも分からないって、致命的ですよね?


あらゆるビジネスチャンスを逃す事はもちろん、
時代そのものに取り残されているとさえ言えます。



そして今、あらゆるテクノロジーが
その「次」の時代に移り変わっていっているわけです。


だからこそ、

「いざチャンスが来た時にビッグウェーブに乗る為に、
 それらの基礎を予め”理解”しておこう」


という事で、

「Web3.0の基礎」

についての記事を書いたという事。





とはいえ、

・Web3.0(分散型インターネット)
・ブロックチェーン技術
・メタバース(仮想空間)
・NFT(非代替性トークン)
・DAO(分散型自律組織)
・DeFi(分散型金融)


などの全てのテクノロジーを

「全て理解した上で、さらにビジネス(仕事)に繋げていく」

のは

「一朝一夕で出来る事ではない」

のも確かです。


NTFや暗号資産(仮想通貨)への投機レベルならまだしも、
いち「ビジネス」となると、

「まだ、僕たち一般ピーポーに出る幕は無い」

のが実情ですからね。


それに、Web3.0まだ「これから」の市場です。


そんな「未開拓」の市場において
ビジネスでマネタイズ(収益化)まで繋げられるのは
一部の限られた人達(エンジニア)だけでしょう。


ただ、今回の

WEB3.0メディアプログラム(WMP)

は、そんな、

「これから必ず来るweb3.0時代」

に向けて、

「無知の初心者でもスムーズに便乗しながら、かつ収益も得ていける」

からこそ、緊急で取り上げたわけです。


なぜ、そんな事が可能になるのか。



それはここまででもお伝えしていえる通り、

「WEB3.0の世界に完全特化したビジネスモデル“では”ない」

からです。


なので、
メタバース上(仮想空間)でどうのこうのという類でもありませんし、

・NFT(非代替性トークン)
・DAO(分散型自律組織)
・DeFi(分散型金融)

なども扱わないので、
ブロックチェーンに関する知識なども一切不要に

「実践→収益化」

できるんですね。


※もちろん、オンラインゲームや
RMT(リアルマネートレード)などをする必要もありません。



Web3.0「特有」という意味で「使う」のは

「分散型メディア(非中央集権)」

だけ。


ただ、「分散型メディア」こそ有効活用していくものの、

・収益化の元となるデータは「Web2.0」上から取得
・収益化をしていくのも「Web2.0上」で完結
・収益化の元データを作るツールも「Web2.0上」のツール


になるので、言ってしまえば


基本的には既存(Web2.0)のビジネスモデルに
「一部」Web3.0(分散型)の要素を掛けわせたビジネスモデル



という形になります。


なので、

・Web3.0
・分散型メディア


というフレーズが目新しいとはいえ、
そしてあなたがどんなネット初心者であれ、

「構える必要は全くない」

という事。


確かに、
このWMPで扱う分散型メディアが

・メタバース(仮想空間)
・NFT(非代替性トークン)
・DAO(分散型自律組織)
・DeFi(分散型金融)

などを扱うようなものであれば

「まず勉強する事が大量に出てくる」

ので、

「とっつきにくい(敷居が高い)」

事は間違いないですが

「WMPで扱っていく分散型メディア」




TwitterやYouTubeなどの一般的なSNSを扱う感覚



で普通に使っていく事ができます。


よって、例えば今あなたが

・YouTubeで動画を視聴している
・Twitterでツイートした事がある、情報収集している
・Instagramで写真を投稿したり閲覧している


ようなレベルであれば、

「何の抵抗や壁もなく実践していく事ができる」

という事。


まあ、これは大体の人が当てはまりますよね。


だからこそ
WEB3.0メディアプログラム(WMP)は


無知な初心者でも、
Web3.0時代への「とっかかり」としてベスト



なわけですよ。


そんな
WEB3.0メディアプログラム(WMP)の特徴とメリットについては
これまで解説してきた通り。


【WEB3.0メディアプログラム(WMP)の特徴とメリット】

・収入源(キャッシュポイント)完成までの作業ハードルが鬼のように低い
(自分でデータを作る必要なくWeb2.0のデータをWMPのツールにパズル感覚で「横流し」するだけでキャッシュポイントが完成)

・Web2.0から持ち出す移行元のデータは世界中で「無数」に存在し、日々増え続けている
(移行元のデータ自体も毎日大量に増えている為「データ不足→キャッシュポイント不足」に陥る心配もないし、リサーチスキルも不要なので、どんなに初心者でも即日からキャッシュポイントを構築できる)

・実践コストがほぼ掛からない
(WMPのビジネスモデルは、WMPで独自に提供されている「専用変換ツール」ありきえ成立しますが、月額経費0円で参加者の方のみ利用が可能)

・ツール任せに構築していくデータが「収益発生のトリガー」になるので、機械的作業で収益化可能
(第三者へモノやサービスを販売するようなビジネスモデルではなく、セールススキルなども不要に実践可能)

・「即金性」が異常に高く資金的なリスクも「0」
(WMPで構築した1つ1つの仕組みから発生する収益は確定から「即日~数日程度で着金」可能)

・「蓄積・量産型」で「継続収益」が膨れ上がっていくストックビジネスを構築できる
(WMPの専用ツールを有効活用していけば、やればやった分継続収益を積み上げていくストックビジネスを構築可能)
※ただここの「収益性」については補足必要

・独自の分散型システムを「所有」する事も可能
(WMPでは、専用の変換ツールだけでなく、独自の分散型システムそのものの利用権利も付与されますが、この分散型システムを自ら所有をしてしまい、その仕組みを介して収益化していく事も可能)


ただ、「デメリット」が無いわけでもありません。


WEB3.0メディアプログラム(WMP)のデメリットと
【yuu式】限定特典について(予告)



ここまで解説してきた通り、
WMPのビジネスモデル自体は「斬新」で、

・実践ハードルの低さ(コピペレベルでスキル不要)
・実践コストの低さ(資金的リスク0)
・即金性の高さ(確定→最短即日入金可能)


などの面からも、

「初心者にとって実践→収益化しやすいビジネスモデル」

である事は間違いありません。


・・ただ、完璧ではないのも実情で、

『え、なんでこの方法しか解説しないの?』

って思わず口に出てしまった程、マニュアル解説が「甘い」んですよね


っていうのも
このWMPの「キモ」になるのが、

・WMP独自のデータの変換ツール
・Web3.0特有の分散型メディア


になるわけですけど、
正直、WMPのマニュアルの方では、

・WMPの変換ツールの活用方法
・WMPの変換ツールを用いたマネタイズ戦略


の面においての解説が、

「超王道的(基本的)な部分に留められている」

ので「超勿体ない」んですよ。


まあ、そもそも

「完璧な教材やツールなんてものは無い」

し、WMPはあくまでもツールがメインの商品ですので
仕方ないと言えば仕方ないんですけど
その他のAIツールと同様、

「ツールは使い方次第で宝にもなればゴミにもなる」

という事はいつもお伝えしている通り。


もちろん、

「WMPの専用変換ツール+マニュアル」

の実践だけでも、
普通に「実践→収益化」はできるので
デメリットというデメリットとは言えないかもしれませんが、
ツール自体の性能(できる事)が面白いだけに、

「ツール本来のポテンシャルを殆ど活かせていない」

し、

「宝の持ち腐れ」

になってしまっているというのが率直な感想です。


正直、個人的には

「本来10あるポテンシャルの内、1程度しか発揮できない」

と思います。


データの変換ツールに関しても

「あのデータとこのツールを組み合わせれば、
 もっと簡単に収益単価上がるのに・・」


という部分もかなりあります。


実際、WMPのノウハウの実践のみだと

「1つ1つの仕組みによる想定収益は月数千円程度」

が妥当なラインですが、
その「データの扱い方」だったり、戦略次第では、
収益単価を10倍以上に引き上げていく事もおおいに可能です。


実際にあなたも、
WMPの中身を見てもらえれば

「これ、反則やん!」

と思うはずですし、それで全然満足すると思います。


・・が、

「実際は、もっとズル賢く、大きく収益化できる」

のが実情だという事です。
(※もちろん合法的に、です)


そしてその解説がWMPのマニュアルには無いので、
今回はそのあたりの具体的な戦略を踏まえて

「ポテンシャルを最大限引き上げて収益化していく具体的なノウハウ」



「ガッツリ教材化」

して特典として提供していきます。


収益性は少なくとも10倍以上は見込めますし、

「盤石なストックビジネス」

として展開していく事ができる事間違い無しなので、
WMP+特典をキッカケに

「来たるWeb3.0時代の先駆け」

としてポジションを確保しておいてください。


具体的な特典項目については「近日公開」していきますが
少なくともWMP単体の実践だけよりも

・収益性
・即効性
・再現性


「天と地の差が生まれる」という事は予め「断言」しておきます。


【yuu式特典付き】WEB3.0メディアプログラム公式ページ
(※一部先着50名限定特典あり)
(※3月上旬~中旬に順次配信開始予定)


3タイプの収益化方法?WMPの新事実とyuu式特典について(※2024/02/07重要追記)



今回のWMPについてですが、
実践検証の中でさらなる新事実が発覚しました。


詳細は長くなってしまうので、
以下の追記レビューをご確認頂ければと思いますが、





WMPの「データ変換ツール」には

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)


という感じで
「3タイプの収益化方法」があるという事が分かっています。
(※詳細は上記の記事で解説しています)


また、

「一番収益性の低いAのノウハウだけでWMPの代金はほぼ回収」

している状況で、
その検証経過についても上記の記事でシェアしています。


この

「たった1つの事例(しかも最も少額の事例)」

からも分かるように、

「そもそも費用対効果の高いツール」

が「WMP」なわけですが、
使い方次第ではこうも収益性が変わってくるので、

【結局、ツールは使い手次第】

だという事がよくわかります。


逆に言うと、

「WMPのマニュアルだけを参考に素直に実践する場合」

は、

・その王道的な手法での収益化しかできない

(アレンジ手法も知る事ができない)

・その他の収益化ノウハウいついても知る事ができない
(より収益額やストック性の高い収益化ノウハウ)

わけで・・。


冗談抜きに、

「同じデータ変換ツール(WMP独自のツール)」

を手にしたとしても、

「かなりの機会損失を生む事」

になってしまうわけです。


ちなみにですが、
これら「3タイプの収益化ノウハウ」は
それぞれを組み合わせて

「相乗的に収益化していく事」

も可能です。


つまり、

「WMPのツールを使って構築した1つの変換データ」

から

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)

のそれぞれ単体で収益化するのは当然の事、

「A(特化型×継続収益タイプ)→C(高単価×一点集中タイプ)でも収益化」
「B(特化型×継続収益タイプ)→C(高単価×一点集中タイプ)でも収益化」


という事なんかもできちゃうという事。
(※1、その手法も特典で全公開していきます)
(※2、ただ、Aタイプの手法のみ単体での収益化のみ)



それらのノウハウも全てひっくるめて、
今回は特典教材化していきます。


尚、今回の特典は、

・WMPのデータ変換ツールの「使い方」
・扱う分散型メディアの「使い方」


の双方で、
従来のWeb2.0の世界観で言えば、

「完全にチート(反則)」

な戦略を網羅的にまとめて解説していく形になります。


なので、

【WMP×分散型メディア0→1チートマネタイズ戦略】

として特典企画化していく事にしました。
(とはいえ、もちろん完全合法です)


そんな特典ラインナップとしては以下になります。
(※今現在確定している項目の「一部」です)


【WMP×分散型メディア0→1チートマネタイズ戦略(※現時点での確定項目)】

・Web3.0特有の「分散型メディア」の歩き方(初期設定のポイントと注意点)
(本編マニュアルではこの分散型メディアそのものについての基礎解説が甘く、初心者だと理解が不十分でうまく使いこなせない可能性も出てくると思うので徹底図解説していきます※実践する事は単純です)


・ダイレクト収益を合理的に伸ばしていく為の「分散型×分散型メディア戦略」とは
(分散型メディアならではの「仕様」を考慮した戦略です。Web2.0市場ではあり得なかった概念ですが、分散型メディアでは可能になってしまいます。ここを設定するだけで「土台」となる収益性の規模が大きく変わってくるので参考にしてください)


・WMPのデータ変換ツールにおける「3タイプの収益化戦略」とは
(実はWMPのデータ変換ツールは、大きく分けて「3通り」の収益化方法があります。WMPの本編マニュアルではその1つのみにフォーカスを充てられていますが、その他タイプの方が「収益性」や「ストックビジネス性」が高い傾向にあります。まずはこのデータ変換ツールを用いた主な「タイプ別収益化戦略」を把握しておきましょう)


・「少額×量産」収益化タイプ:Web2.0データ変換ツール活用術
(まずは王道的な「少額×量産タイプ」データ変換ツール活用法です。WMPのマニュアルでも少し触れられていますが、こちらも解説が甘いのでより詳しく解説していきます。※実践ハードルは同じく低いです)


・「少額×量産タイプA」でも収益性を「5倍~」に引き上げる戦略とは
(実は「少額×量産タイプ」の収益化方法でも、収益性を大きく引き上げていく事が可能です。ちなみに「一回目の検証事例」を掲載した際は、この方法をテスト的に実践した形での収益化事例でした。ここではその具体的なポイントなどを解説していきます。※実践ハードルは同じです。)


【先着50名限定】「特化型×継続収益タイプB」:Web2.0データ変換ツールによるフロービジネス×ストックビジネス化戦略
(こちらは収益単価自体が比較的大きく1つ1つの発生収益を継続報酬化(ストックビジネス化)しやすい手法になります。また、ショット(単発)での収益も発生可能。「少額×量産タイプ」と同様の作業ハードルになるので、併せて実践して頂ければと思います。)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」:Web2.0データ変換ツール→ストックビジネスを構築するチート(反則)ノウハウ
(こちらは収益単価が超高単価な収益化スキームをストックビジネス化していく戦略になります。もちろん、同時にショット報酬も獲得可能。実践パートはひと手間増えますが、実践ハードルを最低限に収益化を最大化していく事ができます。かなりチート級の裏技になりますが威力は絶大なので是非取り入れてみてください)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」をほぼコピペだけで再現可能にする「独自権利」を提供
(本来、このタイプCで収益化していくにはそれなりにハードルが高いです。つまりこの独自権利ありきで作業ハードルがグッと下がるという事です。今回、当ブログ経由でWMPに参加された方限定でその権利を提供します)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】A~C、3つの収益化タイプを組み合わせて「長所を良い所取り」していく方法
(実は上記のA~Cのタイプはそれぞれ、A→C、B→Cといった形で組み合わせて収益化していく事も可能です。その具体的な方法も併せてお伝えします)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


・分散型メディア×生成AIで実践効率を「10倍」に跳ね上げる実践テクニック
(実践効率は10倍以上に上がります。また持前の知識やスキル、センス不要に「クオリティの高い分散型メディア運用」が可能になるので、是非参考にしてください。)


・分散型メディアに施す「仕掛け」の設定方法
(この点を設定しておくと、収益の取りこぼしなく効率的な収益性アップを狙えます。)


・分散型メディア×「網漁式戦略」で全体収益を底上げする方法
(こちらも分散型メディアならではの戦略になりますが、A~Cの全体収益底上げに繋がる重要な方法になります。※実践ハードルは変わりません)


・分散型メディア活用を「半自動化」する裏技テクと専用プラグイン
(作業効率アップだけでなく、ダイレクト収益アップにも繋がるので必ず設定しておいてください。※設定自体も機械的で簡単です)


・Web2.0では実践不可能になってしまった分散型メディアブーストノウハウ
(既存のWeb2.0では今実践不可能になってしまったノウハウも、分散型メディアなら実践可能。これによって「初速を上げて即日から収益化」も狙えるので、是非参考にしてください)


ちなみに、
上記の項目だけ見ると
いつもよりボリュームが「少なく」見えるかもしれませんが、

「正直、かなり端折って掲載」

しています。


とくに、

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)

これらについては、

「それぞれの仕組みや構造部分から徹底図解説」

していくので
そこの解説だけでもかなり「手厚く」なります。
(まだ未定ですが、これだけで100~200ページになりそうな予感)


とはいえ、

「ページ数が多いから実践難易度が高い」

というわけではなく、

「あくまでもド素人でも難なく実践できるように解説している為のボリューム」

になります。


※全ての項目を掘り下げて掲載すると、
それだけで膨大な項目量になるので割愛した形です。



いずれにせよ、
僕の特典を手にした事がある方はご存知の通り、

「クオリティは間違いない」

ので期待して置いて頂ければと思いますが、
加えてお伝えしておきたいのが、
今回の特典は


「僕自身検証しながら公開していく体制」で
そこに合わせてどんどん「アップデート」していく



という事です。


先の通り今回のWMPについては、

・WMPで提供されるデータ変換ツール
・分散型メディア(非中央集権)


共に、僕自身「初めて触った」ものになります。


そもそも「データ変換ツール」はWMP独自のツールですからね。


なので今後も、

「今回の検証の過程の中で生まれてきたノウハウ」

と同じく

「今後もさらに有効性の高いノウハウ」

がどんどん出てくると思います。
(※これは過去14年の歴があるから、という点もありますが)


もちろんその場合も、
実際に検証(トライ&エラー)を繰り返した上で、

「しっかりと再現性を担保したノウハウ」

しか提供していきませんが、
有用なノウハウや戦略があれば
「事例」を交えながら惜しみなく解放していく所存です。


尚、先ほどの項目に

【先着50名限定】

と記載のある項目については
規定人数に達し次第配布を終了する形です。


【現時点での数量限定特典項目】===


【先着50名限定】「特化型×継続収益タイプB」:Web2.0データ変換ツールによるフロービジネス×ストックビジネス化戦略
(こちらは収益単価自体が比較的大きく1つ1つの発生収益を継続報酬化(ストックビジネス化)しやすい手法になります。また、ショット(単発)での収益も発生可能。「少額×量産タイプ」と同様の作業ハードルになるので、併せて実践して頂ければと思います。)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」:Web2.0データ変換ツール→ストックビジネスを構築するチート(反則)ノウハウ
(こちらは収益単価が超高単価な収益化スキームをストックビジネス化していく戦略になります。もちろん、同時にショット報酬も獲得可能。実践パートはひと手間増えますが、実践ハードルを最低限に収益化を最大化していく事ができます。かなりチート級の裏技になりますが威力は絶大なので是非取り入れてみてください)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」をほぼコピペだけで再現可能にする「独自権利」を提供
(本来、このタイプCで収益化していくにはそれなりにハードルが高いです。つまりこの独自権利ありきで作業ハードルがグッと下がるという事です。今回、当ブログ経由でWMPに参加された方限定でその権利を提供します)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】A~C、3つの収益化タイプを組み合わせて「長所を良い所取り」していく方法
(実は上記のA~Cのタイプはそれぞれ、A→C、B→Cといった形で組み合わせて収益化していく事も可能です。その具体的な方法も併せてお伝えします)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


・・言ってしまえば、


重要項目は「数量限定」特典での公開



になります。


ちなみに上記はほんの「一部」で、
いつも通り今後どんどん追加していく事が

【既に決定】

しています。


そして
今回は時間の関係で掲載していませんが、

【人数限定の追加特典も既に決定】

しています。


ただ、

【先着数を超過してしまった後は配布不可】

となってしまうので、
全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってお申込みください。


【yuu式特典付き】WEB3.0メディアプログラム公式ページ
(※一部先着50名限定特典あり)
(※3月上旬~中旬に順次配信開始予定)

【2024/02/08重要追記】

他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】WMP×分散型メディア0→1チートマネタイズ戦略単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)



それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


目次




yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓





  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


脳死状態で収益化できる核爆弾級のツールが爆裂誕生!

実践者・コンサル生の事例紹介

ただの写真を「資産化」する激ヤバな反則(チート)ツールが爆誕

完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    月収「8桁」のコンサル事例から見る、極めてシンプルな成功原則。
  2. 教材実践者・コンサル事例

    「現役中学生」が「僅か2か月」でサラリーマンの月収を越えてしまった事例。
  3. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト

    投資初心者は即退場?投資・資産運用における嘘と現実。
  4. コピーライティング講座

    自分の文章なんて読まれない?・・あなたの文章を読ませ、ファン化させる最も「ラク」…
  5. MAM/PAMMとは(基礎開設)

    MAMとは?PAMMとは?3年の検証経験から見るFX自動売買EAの“限界”【永久…
PAGE TOP