【緊急配信】3タイプの収益化方法?WMPの新事実とyuu式特典について(※鬼重要)

yuuです。


大変お待たせしました!


今回は、
ここ最近取り上げてきた

「WEB3.0メディアプログラム」

についての、

・実践検証の中で見えてきた「さらなる新事実」について
・【yuu式】限定特典のラインナップの「一部」公開


などの、

「ある意味、レビュー記事より重要な緊急配信」

になります。


※関連記事はこちら。
↓↓↓




(※先着50名限定で完全終了)





まず先に、ですが
今回特典ラインナップの発表が遅れたのは、

「WMPの実践検証と並行していたから」

になります。


当たり前ですが、
僕としても適当な情報は発信できないし、

「間違いのない正しい情報」

を届けていく義務があるわけで。


その上で、
今回のWMPについては、

・WMPで提供されるデータ変換ツール
・分散型メディア(非中央集権)


共に、僕自身「初めて触った」ものになるので、
実際に検証(トライ&エラー)を繰り返した上で、

「しっかりと再現性を担保したノウハウ」

を提供していく必要があったわけです。


その点、
今回は検証に時間と労力を掛けた分、
かなり完成度の高いノウハウ(攻略法)を構築できましたし、

「お待たせした価値は十二分にあった」

と言えますね。


まずその、


検証(トライ&エラー)の中で見えてきた
WMPさらなるメリットとデメリット(※重要)



について。


まあ正直、

「メリットとデメリット」

と言っても

「メリットの方が遥かにデカい」

わけですけど、
メリットの部分から先に結論を言うと、

【かなり面白い検証結果が出ている状況】

になります。
(デメリットも無視できませんが、全部特典で問題なくなります。※後述します)


ちなみに以前、

「実践検証開始~3日時点の検証事例」

は以下で一部公開しましたが、



こちらについては現状、
以下のような数字を推移している状況です。




ただ、

「特筆すべきは上記の数字“ではない”」

んですよね。


っていうのも、
以前も少し触れていた「仕掛け」についてなんですけど・・


※前回配信からの引用はこちら。

↓↓↓

> 先の通り、
> 今回シェアした検証事例は
>
> 「WMPの手法に一部アレンジを加えた結果」
>
> ですが、
> 実際にやっている事は
>
> ・作業内容(手順・工程・ステップ)
> ・作業時間
>
> ともにWMPと変わりありません。
>
>
> また、今回シェアした事例以外にも
> 色々「仕掛け」を施していて、
> そちらの方の「数字」も徐々に表れている状況になります。
>
>
> こちらも近々「利益確定」に繋がり次第、
> その都度シェアしていきますが、
> こちらの仕掛けからの利益は、
>
> 「今回紹介したような事例よりも“遥かに高い”収益性」
>
> を期待できる上で、
>
> 「よりストックビジネス性(資産性)の強いスキーム」
>
> になります。
>
>
> ちみにこのスキームは
>
> 「WMP独自のデータの変換ツールの使い方」
>
> だけでなく
>
> 「Web3.0特有の分散型メディア」
>
> の双方に仕掛けを施している形ですが、
> どちらもWMPと同様、実践ハードルは高くありません。
>
>
> こちらも今回の特典では
>
> 「それらのアレンジノウハウ(手法)も全公開」
>
> していきますので楽しみにしていてください。


この

「上記スキームからの利益もどんどん確定している状況」

にあるんですよね。


ここについては「重要」なので、
少し掘り下げておきますが、
実際に検証を重ねていった上で現時点でわかっているのが


WMPの「データ変換ツール」には「3タイプの収益化方法」がある



という事。


『ん?どういう事?』って思いますよね。


そうなんです。


まさにこの点が文字通り、

「検証を重ねなければわからなかった部分」

になります。


そもそもの話ですが、
WMPのレビューでは

「データ変換ツールがキャッシュポイントを作る上での”肝”になる」

という事はお伝えしていましたよね。


収入源(キャッシュポイント)完成までの作業ハードルが鬼のように低い:


上記から一部引用すると・・


> 先の通り、WMPは、
>
> 「Web2.0ならではの強みを横流しする形で“ネコババ”して、
>  Web3.0の分散型メディアを有効活用して収益化していく」
>
> という
>
> 「Web2.0とWeb3.0を良いところ取りしたビジネスモデル」
>
> になります。
>
>
> ただ、Web2.0のデータを自分自身で作る必要はなく、
>
> 【Web2.0上にある既存のデータを
>  WMPのツールにパズル感覚で「横流し」するだけ】
>
> で
>
> 【キャッシュポイント(収入源)そのものが完成】
>
> するような仕組みになっています。
>
>
> この
>
> 「Web2.0上にある既存のデータを二次利用する」
>
> というのがポイントで、
>
> 「だからこそ作業ハードルが鬼のように低い(コピペ主体)」
>
> 中で実践していく事ができるんですよね。
>
>
> これを可能とするのはまさに
>
> 「WMPで提供される独自の変換ツール」
>
> であり、このWMPの「キモ」の1つになります。
>
>
> ちなみに変換ツール自体は完全にWMPのオリジナルになるので、
>
> 「他で入手する事は不可能」
>
> です。
>
>
> そんなツールを利用した
> WMPの「実践の流れ」としては以下のようになります。
>
>
> 【WEB3.0メディアプログラム(WMP)実践の流れ】
>
> 1、Web2.0(今のネット上)に蓄積されている既存のデータを取得
> (コピーのみ、保存不要。誰でも見つけられない事は「あり得ない」レベル)
>
> 2、WMP独自の専用ツールに入れて変換→二次利用→キャッシュポイント完成
> (コピペのみ。1~3分程度の作業で構築完了)
>
> 3、web3.0特有の分散型メディア(非中央集権)を活用して収益化
> (ここもWMP独自の分散型メディアが提供される)
>
>
> 上記の様に
>
> 「既にネット上(Web2.0)に蓄積されているデータ」
>
> を
>
> 「専用ツールを介して変換していく」
>
> だけなので、
> そこにスキルやセンスが必要になる要素もなければ
> リアルにコピペのみ、1~3分程度の作業で構築完了します。
> (※全行程通して生成AIを使う事もありません。)


上記は実際に「その通り」なんですけど、
このWMPのデータ変換ツールには
大きく分けて「3タイプの収益化方法」があるんですよ。


それこそ前回の検証事例は
そのうちの「1つ」の、いわば「王道的な手法」になります。



(※こちらも、必読です)


まあ、上記の検証事例においても、
若干アレンジを加えているので、

「この時点でWMP単体の実践よりも収益性は高くなっている」

わけですが、

・実践内容(手順・工程・ステップ)
・作業ハードル


も全く同じで、

「コピペ主体で完全にスキルも知識も0で実践できる手法」

になるので、
仮にあなたがどれだけド素人であろうが

「まるで内職のような機械的な作業で今日から再現可能」

な手法になります


その手法のその後の経過が、先に挙げた以下です。




いずれにせよ、
こちらの手法は

「少額利益を量産」

していくタイプの実践方法になるわけですが、

「右肩上がりに上がっていく」

傾向にあるという事もお伝えした通り。
(※それも先ほどの検証記事で解説しています)


その上で、現時点で


「別の2タイプの活用法がある」という事がわかっている



という事です。


そしてそれら別タイプの手法を用いれば、

「同じ実践ハードル」

でも、

・収益性
・ストックビジネス性


を大きく上げていく事ができます。


ちなみに、

「この3タイプの特徴」

をざっくり分けると、

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)

という感じです。


そして、
このタイプBとタイプCに関しても

「実際に実証済み」

だという事。


現時点での詳細なキャッシュポイントの画像は
ネタバレに繋がるので出せないんですけど、

「僅か一週間ほどの実践」



「既に合計で約20万円程度の利益」

になっている状況です。
(※特典内ではその「結果画像」だけでなく、具体的なノウハウも図解説していきます)


いずれにせよ、

・即効性
・収益性
・再現性




【各段に上がっているのが如実に出ているのが分かる事例】

になっているので、

「やっぱWMPとの威力と相性が半端ねえ・・」

と、前回以上に驚いています。


っていうかそもそも

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)

の中で

「一番収益性の低いAのノウハウだけでWMPの代金はほぼ回収」

できちゃっていますからね(苦笑)


この

「たった1つの事例(しかも最も少額の事例)」

からも分かるように、

「そもそも費用対効果の高いツール」

が「WMP」なわけですが、
使い方次第ではこうも収益性が変わってくるので、

【結局、ツールは使い手次第】

だという事がよくわかります。


逆に言うと、

「WMPのマニュアルだけを参考に素直に実践する場合」

は、

・その王道的な手法での収益化しかできない

(アレンジ手法も知る事ができない)

・その他の収益化ノウハウいついても知る事ができない
(より収益額やストック性の高い収益化ノウハウ)

わけで・・。


冗談抜きに、

「同じデータ変換ツール(WMP独自のツール)」

を手にしたとしても、

「かなりの機会損失を生む事」

になってしまうわけです。


ちなみにですが、


これら「3タイプの収益化ノウハウ」は
それぞれを組み合わせて「相乗的に収益化していく事」も可能



です。


つまり、

「WMPのツールを使って構築した1つの変換データ」

から

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)

のそれぞれ単体で収益化するのは当然の事、

「A(特化型×継続収益タイプ)→C(高単価×一点集中タイプ)でも収益化」
「B(特化型×継続収益タイプ)→C(高単価×一点集中タイプ)でも収益化」


という事なんかもできちゃうという事。
(※1、その手法も特典で全公開していきます)
(※2、ただ、Aタイプの手法のみ単体での収益化のみ)



それらのノウハウも全てひっくるめて、
今回は特典教材化していきますが、
その前に


改めて発覚したWMPの「デメリット」



についても触れておくと、
これはやはり、

「マニュアルの説明(解説)不足」

この一言に尽きます。


これは、今回挙げた

「データ変換ツールの活用法(収益化ノウハウ)」

だけでなく、

「活用していく分散型メディアの活用法」

にも言える事です。


それこそレビューの方でもお伝えしていた通りです。


WEB3.0メディアプログラム(WMP)のデメリット:


WMPのビジネスモデル自体は「斬新」で、

・実践ハードルの低さ(コピペレベルでスキル不要)
・実践コストの低さ(資金的リスク0)
・即金性の高さ(確定→最短即日入金可能)


などの面からも、

「初心者にとって実践→収益化しやすいビジネスモデル」

である事は間違いありません。


これはその他のネットビジネスを「凌駕」するレベルだと「断言」



できます。


だからこそ、

『それが可能なのに、なんでこの方法しか解説しないの?』

って思わず口に出てしまった程、
マニュアル解説が「甘い」んですよね。


この

「データ変換ツールの活用法(収益化ノウハウ)」

についての解説不足は
既にお伝えした通りですが、
よくよく実践検証していくと

「分散型メディアの活用法」

についての解説も甘いのが浮き彫りになってきたので

「初心者だと理解が不十分でうまく使いこなせない可能性」

も出てくると思います。


正直、

「実践する事は単純なのに、なんで?」

っていうのが率直な感想です。
(マジ、どんだけ言語化するスキルないの・・)


とはいえ今回の特典では、

「その点も徹底的に補足解説」

していきますのでご安心ください。


尚、今回の特典は、

・WMPのデータ変換ツールの「使い方」
・扱う分散型メディアの「使い方」


の双方で、
従来のWeb2.0の世界観で言えば、

「完全にチート(反則)」

な戦略を網羅的にまとめて解説していく形になります。


なので、

【WMP×分散型メディア0→1チートマネタイズ戦略】

として特典企画化していく事にしました。
(とはいえ、もちろん完全合法です)


そんな特典ラインナップとしては以下になります。
(※今現在確定している項目の「一部」です)


【WMP×分散型メディア0→1チートマネタイズ戦略(※現時点での確定項目)】

・Web3.0特有の「分散型メディア」の歩き方(初期設定のポイントと注意点)
(本編マニュアルではこの分散型メディアそのものについての基礎解説が甘く、初心者だと理解が不十分でうまく使いこなせない可能性も出てくると思うので徹底図解説していきます※実践する事は単純です)


・ダイレクト収益を合理的に伸ばしていく為の「分散型×分散型メディア戦略」とは
(分散型メディアならではの「仕様」を考慮した戦略です。Web2.0市場ではあり得なかった概念ですが、分散型メディアでは可能になってしまいます。ここを設定するだけで「土台」となる収益性の規模が大きく変わってくるので参考にしてください)


・WMPのデータ変換ツールにおける「3タイプの収益化戦略」とは
(実はWMPのデータ変換ツールは、大きく分けて「3通り」の収益化方法があります。WMPの本編マニュアルではその1つのみにフォーカスを充てられていますが、その他タイプの方が「収益性」や「ストックビジネス性」が高い傾向にあります。まずはこのデータ変換ツールを用いた主な「タイプ別収益化戦略」を把握しておきましょう)


・「少額×量産」収益化タイプ:Web2.0データ変換ツール活用術
(まずは王道的な「少額×量産タイプ」データ変換ツール活用法です。WMPのマニュアルでも少し触れられていますが、こちらも解説が甘いのでより詳しく解説していきます。※実践ハードルは同じく低いです)


・「少額×量産タイプA」でも収益性を「5倍~」に引き上げる戦略とは
(実は「少額×量産タイプ」の収益化方法でも、収益性を大きく引き上げていく事が可能です。ちなみに「一回目の検証事例」を掲載した際は、この方法をテスト的に実践した形での収益化事例でした。ここではその具体的なポイントなどを解説していきます。※実践ハードルは同じです。)


【先着50名限定】「特化型×継続収益タイプB」:Web2.0データ変換ツールによるフロービジネス×ストックビジネス化戦略
(こちらは収益単価自体が比較的大きく1つ1つの発生収益を継続報酬化(ストックビジネス化)しやすい手法になります。また、ショット(単発)での収益も発生可能。「少額×量産タイプ」と同様の作業ハードルになるので、併せて実践して頂ければと思います。)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」:Web2.0データ変換ツール→ストックビジネスを構築するチート(反則)ノウハウ
(こちらは収益単価が超高単価な収益化スキームをストックビジネス化していく戦略になります。もちろん、同時にショット報酬も獲得可能。実践パートはひと手間増えますが、実践ハードルを最低限に収益化を最大化していく事ができます。かなりチート級の裏技になりますが威力は絶大なので是非取り入れてみてください)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」をほぼコピペだけで再現可能にする「独自権利」を提供
(本来、このタイプCで収益化していくにはそれなりにハードルが高いです。つまりこの独自権利ありきで作業ハードルがグッと下がるという事です。今回、当ブログ経由でWMPに参加された方限定でその権利を提供します)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】A~C、3つの収益化タイプを組み合わせて「長所を良い所取り」していく方法
(実は上記のA~Cのタイプはそれぞれ、A→C、B→Cといった形で組み合わせて収益化していく事も可能です。その具体的な方法も併せてお伝えします)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


・分散型メディア×生成AIで実践効率を「10倍」に跳ね上げる実践テクニック
(実践効率は10倍以上に上がります。また持前の知識やスキル、センス不要に「クオリティの高い分散型メディア運用」が可能になるので、是非参考にしてください。)


・分散型メディアに施す「仕掛け」の設定方法
(この点を設定しておくと、収益の取りこぼしなく効率的な収益性アップを狙えます。)


・分散型メディア×「網漁式戦略」で全体収益を底上げする方法
(こちらも分散型メディアならではの戦略になりますが、A~Cの全体収益底上げに繋がる重要な方法になります。※実践ハードルは変わりません)


・分散型メディア活用を「半自動化」する裏技テクと専用プラグイン
(作業効率アップだけでなく、ダイレクト収益アップにも繋がるので必ず設定しておいてください。※設定自体も機械的で簡単です)


・Web2.0では実践不可能になってしまった分散型メディアブーストノウハウ
(既存のWeb2.0では今実践不可能になってしまったノウハウも、分散型メディアなら実践可能。これによって「初速を上げて即日から収益化」も狙えるので、是非参考にしてください)


ちなみに、
上記の項目だけ見ると
いつもよりボリュームが「少なく」見えるかもしれませんが、

「正直、かなり端折って掲載」

しています。


とくに、

・A(少額×量産タイプ)※WMPのノウハウ
・B(特化型×継続収益タイプ)
・C(高単価×一点集中タイプ)

これらについては、

「それぞれの仕組みや構造部分から徹底図解説」

していくので
そこの解説だけでもかなり「手厚く」なります。
(まだ未定ですが、これだけで100~200ページになりそうな予感)


とはいえ、

「ページ数が多いから実践難易度が高い」

というわけではなく、

「あくまでもド素人でも難なく実践できるように解説している為のボリューム」

になります。


※全ての項目を掘り下げて掲載すると、
それだけで膨大な項目量になるので割愛した形です。



いずれにせよ、
僕の特典を手にした事がある方はご存知の通り、

「クオリティは間違いない」

ので期待して置いて頂ければと思いますが、
加えてお伝えしておきたいのが、
今回の特典は


「僕自身検証しながら公開していく体制」で
そこに合わせてどんどん「アップデート」していく



という事です。


先の通り今回のWMPについては、

・WMPで提供されるデータ変換ツール
・分散型メディア(非中央集権)


共に、僕自身「初めて触った」ものになります。


そもそも「データ変換ツール」はWMP独自のツールですからね。


なので今後も、

「今回の検証の過程の中で生まれてきたノウハウ」

と同じく

「今後もさらに有効性の高いノウハウ」

がどんどん出てくると思います。
(※これは過去14年の歴があるから、という点もありますが)


もちろんその場合も、
実際に検証(トライ&エラー)を繰り返した上で、

「しっかりと再現性を担保したノウハウ」

しか提供していきませんが、
有用なノウハウや戦略があれば
「事例」を交えながら惜しみなく解放していく所存です。


尚、先ほどの項目に

【先着50名限定】

と記載のある項目については
規定人数に達し次第配布を終了する形です。


【現時点での数量限定特典項目】===


【先着50名限定】「特化型×継続収益タイプB」:Web2.0データ変換ツールによるフロービジネス×ストックビジネス化戦略
(こちらは収益単価自体が比較的大きく1つ1つの発生収益を継続報酬化(ストックビジネス化)しやすい手法になります。また、ショット(単発)での収益も発生可能。「少額×量産タイプ」と同様の作業ハードルになるので、併せて実践して頂ければと思います。)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」:Web2.0データ変換ツール→ストックビジネスを構築するチート(反則)ノウハウ
(こちらは収益単価が超高単価な収益化スキームをストックビジネス化していく戦略になります。もちろん、同時にショット報酬も獲得可能。実践パートはひと手間増えますが、実践ハードルを最低限に収益化を最大化していく事ができます。かなりチート級の裏技になりますが威力は絶大なので是非取り入れてみてください)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】「高単価×一点集中タイプC」をほぼコピペだけで再現可能にする「独自権利」を提供
(本来、このタイプCで収益化していくにはそれなりにハードルが高いです。つまりこの独自権利ありきで作業ハードルがグッと下がるという事です。今回、当ブログ経由でWMPに参加された方限定でその権利を提供します)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


【先着50名限定】A~C、3つの収益化タイプを組み合わせて「長所を良い所取り」していく方法
(実は上記のA~Cのタイプはそれぞれ、A→C、B→Cといった形で組み合わせて収益化していく事も可能です。その具体的な方法も併せてお伝えします)
※こちらの特典は「先着50名」で終了します。


・・言ってしまえば、


重要項目は「数量限定」特典での公開



になります。


ちなみに上記はほんの「一部」で、
いつも通り今後どんどん追加していく事が

【既に決定】

しています。


そして
今回は時間の関係で掲載していませんが、

【人数限定の追加特典も既に決定】

しています。


ただ、

【先着数を超過してしまった後は配布不可】

となってしまうので、
全ての特典付きで参加したい方は
是非迷う事なく奮ってお申込みください。



(※先着50名限定で完全終了)


いずれにせよ、

「WMP単体の実践」

よりも収益性は少なくとも10倍以上は見込めますし、

「盤石なストックビジネス」

として展開していく事ができる事は間違いありません。


よって、
もしもあなたが、

「既存のWeb2.0のビジネスで結果を上げられていない」

ならとくに、
WMP+特典をキッカケに

「来たるWeb3.0時代の先駆け」

としてポジションを確保しておいてほしいと思います。


少なくともWMP単体の実践だけよりも

・収益性
・即効性
・再現性


に「天と地の差が生まれる」という事は

【現段階でも火を見るよりも明らか】

であるはずです。


よって、

「僕からの全ての特典付きでの参加枠を確保しておく」

という方は以下のページよりご参加ください。



(※先着50名限定で完全終了)


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓


  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  2. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  3. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


撮影と報告だけで月収7桁超え?話題のソフトウェア+教材を辛口レビュー

実践者・コンサル生の事例紹介

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

次世代のWEB3.0を「先取り」して収益化する反則(チート)ツールが誕生

【AI業界激震】ノーコードAI構築ツール RabbitX(ラビットX)森本哲也レビュー

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. WEB3.0メディアプログラム(WMP/山田慎太郎)

    【先着50名限定】WEB3.0メディアプログラム(WMP/山田慎太郎)批評レビュ…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    情報発信ビジネスで稼ぐ上でのアウトプットの重要性と、マインドセットについての個人…
  3. コピーライティング講座

    「0ベース」の初心者が情報発信ビジネスで「文章を書けば書くだけ稼ぐ」秘訣。
  4. 教材実践者・コンサル事例

    「普遍的なマーケティング」を学び「継続的な収入源」を構築する事の重要性。
  5. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    奴隷のようなアフィリエイトから脱却する方法。
PAGE TOP