youtube1

YouTubeで稼ぐ!著作権侵害と収益無効化。フレーム動画でYouTube動画を作成する方法。

yuuです。


いつも応援クリックありがとうございます。




これまでこのブログやメルマガを介して、
YouTubeアドセンスで稼ぐ為のノウハウや、
マーケティング活用していく為のノウハウをお伝えしてきました。


「YouTube AdSense(YouTubeアドセンス)で稼ぐ方法」の記事一覧


そしてより突っ込んだノウハウなどに関しては、
推奨教材や独自の特典マニュアルを介して提供し、
その実践者の方々も続々と結果を出していっています。


「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧


そこで今日はそんな実践者さん達から、

「YouTubeの動画作成」

においてよく寄せられる点について触れておこうかなと思います。


YouTubeで稼ぐ方向性と、ベースとなる共通ポイント。



ひとえに、

「YouTubeで稼ぐ」

といっても、その方向性をザックリと分けるとするなら、


・投稿した動画のアクセス回数に応じたアドセンス報酬を稼ぐ
・投稿した動画へのアクセスを他のメディアへ誘導して収益化していく



という2通りの流れになるかと思います。


そのあたりについては下記で詳しく解説していますので、
まだ読んでいないという方は一読頂ければと思いますが、


【重要】YouTubeで稼ぐ為の順序と具体的なステップと方法。


要するに、
YouTube内で稼ぐ(アドセンスのみで収益化する)か、
YouTube外で稼ぐ(YouTube外に誘導して収益化する)かの、
2通りの方向性でマネタイズしていく流れになるわけです。


そしていずれにおいてもその「ベース」になってくるのが、

・YouTubeへの動画投稿

になります。


当然、再生回数に応じた広告収入を得ていくYouTubeアドセンスでは、

・投稿したYouTube動画への再生回数(アクセス)

を伸ばしていかなければその広告収入を稼ぐ事はできません。


また、そのYouTube動画の視聴ユーザーを、
他のメディアに誘導していく収益化していくにも、
そもそもその大元となる動画へのアクセスがなければ話にならないわけです。


つまりいずれの方向性でYouTubeで稼いでいくにせよ、


・いかに需要のある動画を作成しYouTubeに投稿していくか
 (多くの人が見たいと思う動画)

・いかにその投稿した動画へ視聴者を集めていくか
 (再生回数を伸ばしていくか)



がベースとして必要な共通ポイントになってくるわけです。


YouTubeに投稿する「動画作成」の方向性。



あたり前の事ですが、

「YouTubeに動画を投稿」

していくには、

「YouTubeに投稿する動画を作成」

する必要があります。


そしてその「YouTubeの動画作成ノウハウ」においては、
今のところ下記2つの教材で学ぶ事を推奨しています。


YouTube Adsense攻略情報共有プログラム(株式会社バロー)特典付きレビュー

エビルユーチューバー(尾上雄二)特典付きレビュー。


ちなみに上記の推奨教材には、
僕の方からそれぞれの教材の欠陥点を補い、
よりYouTubeを効率的に運用し稼いでいく為の、
オリジナルノウハウの方を特典として提供しています。


Giga Tube、エビルユーチューバー、YouTube Adsense攻略情報共有プログラム。結局どれ買えばいいの?それぞれの教材の「欠陥」を暴露。


いずれにしても、
上記の2教材で動画作成ノウハウを学んでいく事ができるわけですが、
それぞれの「動画作成ノウハウの方向性」にも大きな違いがあります。


それぞれの具体的な教材の内容については、
上記の教材レビューの方からご確認頂ければと思いますが、
その「違い」をザックリと解説するなら、


・動画を撮影、編集、投稿していく王道的な正攻法
 →YouTube Adsense攻略情報共有プログラム

・既存の人気動画を編集、投稿していく半ば反則的な方法
 →エビルユーチューバー



というような感じでしょうか。


つまりYouTube Adsense攻略情報共有プログラムの方は、
1から動画を撮影して投稿していく方向性であるのに対し、

エビルユーチューバーの動画作成ノウハウは、
既に人気(需要)が高いと分かっている動画を取り入れ、
その素材を編集して投稿していく方向性になるわけです。


そしてエビルユーチューバーの方では、
その著作権の観点からの境界線を学んでいく事ができるというような流れ。


そのあたりについても、
教材レビューの方で詳しく解説していますので割愛しますが、
上記2つの教材で学ぶかどうかは抜きにしても、

「現状でYouTubeに投稿されている動画の方向性」

は上記の2つ、いずれかに分けられると言えます。


つまり、


・動画の撮影から編集までが全て完全オリジナルの動画
・一部、全部問わず既存の素材や動画を編集して投稿されている動画


に分けられるという事です。


そして、

「YouTubeで再生回数を稼ぐ」

という意味ではどちらの手法でも十分な再現性があります。


実際に僕自身、
現在進行形でどちらの方向性のチャンネルを運用していますが、
それぞれにそれぞれのメリットと強みがあり、
どちらの方向性のYouTubeチャンネルやYouTube動画も、
日々多くの人に再生され、比例して収益を伸ばしていっています。


そのチャンネルによって動画投稿の「目的」によって、
投稿していく動画の内容の方向性も変えているわけですが、
今現在のおおよその割合としては、

7(正攻法):3(反則的な方法)

くらいに落ち着いているような状況です。


まあ、ちょっとそのあたりについては、
話が脱線しますのでまた後日詳しく記事にしますが、
反則的な動画作成、つまり僕が推奨している教材で言えば、

「エビルユーチューバーで学べるような動画作成ノウハウ」

でYouTubeを実践している方から、
よく寄せられる質問について今日はひとつ触れていこうかなと。


画像の中に動画が埋め込まれているYouTube動画が多い理由。



・・で、その質問っていうのが、

「なんでこういう動画があるんですか?」

というもの。


その動画の構成を説明するのが難しいですが、
本来のYouTube動画の枠内に画像が差しこまれ、
その画像の中に動画が埋め込まれて再生されるようなイメージ
ですね。


要するに、一般的な動画であれば下記のようなイメージが、


フレーム動画著作2権保護されたコンテンツが含まれています


画像の中に動画を差し込む事で下記のような感じになるという事です。


フレーム動画


これを僕は勝手に「フレーム動画」と呼んでいるんですが、
最近はとくにこのフレーム動画を良く見かけるような印象を受けます。


それこそ、この手のバラエティ系の動画で、
上位表示されるYouTube動画は大抵フレーム動画である事が多いです。


ちなみに上記の動画例は背景画像が分かり易い例を出しましたが、
多いのは真っ黒の背景の真ん中に部分に、
若干サイズの小さい動画を差し込んでいるパターンですね。


・・で、

「なんでこんな動画が多いの?」

って話なんですがこれは単に、

・YouTubeのシステム探知による収益無効化を避ける為の対策

である場合が殆どだと思います。


あくまでも分かり易いフレーム動画として挙げた、
上記の動画例の「内容」は別として、
既存の人気動画を編集してアップロードしていく場合、
きちんと著作権面のノウハウを押さえていれば法的にも全く問題ありませんが、
その法的な面とは別にYouTubeのシステム探知によって、

「著作権保護されたコンテンツが含まれています」

と引っかかってしまう事があります。


著作権保護されたコンテンツが含まれています


ちなみに少し前であれば、

「第三者のコンテンツと一致しました」

という表記でしたが、意味している事は一緒です。


いずれにせよこれらの表示がされた時点で、
その動画の再生回数が伸びてもアドセンス報酬は発生しない
という状況になってしまいます。(それに対して異議申し立てはできます)


こういった動画をメインに投稿していく場合、
扱っていく動画ジャンルやその動画本数が多くなればなる程、

「あれ、いつの間に・・」

という感じで収益化が無効にされている場合があるわけです。


早い場合だと、アップロードした途端に、

「著作権保護されたコンテンツが含まれています」

と表示されてしまった。なんて経験がある方もいると思います。


そしてその多くが、
YouTubeによるシステム探知によるものであり、
それを「回避」する為にフレーム動画として投稿しているわけです。


「著作権保護されたコンテンツが含まれています」
YouTubeのシステム探知に引っかかる原因とフレーム動画のメリット。



まず前提として言えるのは、
YouTubeはひとつひとつの動画を著作権などの法的な面から識別して、

「著作権保護されたコンテンツが含まれています」

と処理しているわけではないという事です。


そもそも、動画や音声などの著作権においては、
実際に人が目視していく事でしか厳密に判断する事はできません。


ましてYouTubeには数えきれない程膨大な動画がありますから、
全ての動画を個別にチェックしているとはまず考えられず、
システムによってその判断を下していると考えるのが自然です。


勿論、その動画が著作権的に問題のある動画であり、
申立人によって申し立てされる場合もありますが、
そうでない場合は大体がシステム探知によって収益化が無効にされます。


そしてそのシステムは、
「音源」や「映像」を基準に探知されるわけですが、
フレーム動画はその映像自体を変えていく流れになるので
システム探知に掛かりにくくなるというわけです。


勿論、悪用は厳禁ですが、
意図しない収益無効化のリスクを回避していく事が可能になります。



また、フレーム動画にはこの他にも、


・フレーム内からユーザーのアクション(評価やコメント、チャンネル登録など)や、
 関連動画、自身のウェブサイトへのアクセス誘導を促す事ができる

・オリジナルのフレームを使っていく事でオリジナル性を出せる



などのメリットが生まれます。


まあ、個人的には特定の動画の収益化が無効になっても、
その動画へのアクセス自体は集められますので、

「アクセスを巡回させていく為のキッカケ」

にはなりますし、
それで結果オーライだと考えていますが
やはりアドセンス報酬を取りこぼさず収益化した方が良いに決まっています。


それこそ多くの動画ジャンルを扱っていったり、
動画の本数自体が増えていくと、
そのあたりが疎かになってしまいがちですので、
リスクヘッジも兼ねてフレーム動画を作成していくのは有効だと思います。


ちなみにこのフレーム動画の作成については
有料の動画編集ソフトであれば簡単に作成できますが、
無料の動画編集ソフトでは難しかったりします。


その為だけに有料ソフトを購入するのも勿体ない・・と考えるのであれば、
下記ジャックチューブというツールの特典ツールとしても提供されています。



Jack Tube:ジャックチューブ(小西和夫)YouTubeチャンネル登録者増加ツールを買ってみた。


ジャックチューブは

「チャンネル登録者を集める」

事に特化したツール。


詳しいレビューは上記で解説していますので
そちらの方を確認頂ければと思いますが、
ジャックチューブにはその特典ツールとして、

「フレーム動画を作成する仕組み」

が提供されますのでそちらの方も活用していく事で、
より効率的にYouTubeを運用していく事ができるわけです。


「チャンネル登録者を集める事」がいかに重要か、
そしてそれによってどれだけ効率的にYouTubeを運用していけるかなどは、
上記のレビュー及び下記の記事でもお伝えしている通り。


YouTubeで稼ぐ上でYouTubeSEOとYouTubeリサーチの観点からみる「評価」の重要性。

YouTubeで稼ぐ!チャンネル設定時のポイントとYouTubeSEO対策。


また、ジャックチューブには、

ジャックチューブを最大限活用していく為のノウハウ、
YouTubeの基礎を網羅したノウハウ、
投稿した動画へのアクセスアップノウハウや、
その動画へ集めたアクセスを効果的に収益化していくノウハウなどなど、

YouTubeをフルに活用していく為の特典を提供していますので、
是非併せて参考に実践して頂ければと思います。


Jack Tube:ジャックチューブ(小西和夫)YouTubeチャンネル登録者増加ツールを買ってみた。
※詳しい特典内容及び検証事例はこちらから確認できます。


【重要なお知らせ】

YouTubeリサーチ&YouTubeSEOに特化した
ツールとノウハウをリリースしました。

下記で詳しくレビューしておりますので、
YouTubeでガンガン稼ぎたい方は一読ください。

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-(株式会社カルマ)が販売開始。


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuuの「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓

yuu(マーケティングコンサルタント)

投稿者の過去記事

最終学歴、中学一年の2月頃。
履歴書に掛ける職歴、ほぼ0。
持っている資格、0。
持っている知識、0。
持っているスキル、0。
持っている人脈、0。

そんな全て「0」の状態でビジネスの世界に身を投じ、今はそれを人に伝えていっています。
yuuの詳しいプロフィールはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


こんな人の日記です。


最終学歴、中学一年の2月頃。
履歴書に掛ける職歴、ほぼ0。
持っている資格、0。
持っている知識、0。
持っているスキル、0。
持っている人脈、0。
yuuの詳しいプロフィールはこちら

実践者・コンサル生の事例紹介

DRMを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

タグ

Copywriting Archive the teaching Program DRMダイレクトレスポンスマーケティング DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐ DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐネットビジネス Facebook収入プロジェクト JackTubeジャックチューブ JackTube小西和夫 TheMillionWritingミリオンライティング宇崎恵吾 YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI- YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI-特典 「神龍」オートコンテンツビルダーACB エビルユーチューバー エビルユーチューバー実績事例 エビルユーチューバー特典 エビルユーチューバー稼げない エビルユーチューバー評価評判 ギガチューブ コピーライティング ダイレクトレスポンスマーケティング ツイッターアフィリエイト ツイッターブレイン ツイッターブレインTwitterBrain ツイッターブレイン凍結 ツイッターブレイン活用事例 ツイッターブレイン特典 ツイッター稼げない トレンドアフィリエイト稼げない フュージョンメディアアカデミー フュージョンメディアアカデミーFMA フュージョンメディアアカデミー大西良幸 ユーチューブで稼ぐ ユーチューブで稼ぐ方法 ユーチューブ稼ぐ ユーチューブ稼げない ワードプレスアフィリエイト ワードプレスブログで稼ぐ 匿名アフィリエイト 匿名ブログ 匿名ブログアフィリエイト 大西良幸 宇崎恵吾 小西和夫 株式会社イーブックジャパン 田中政信 稼げるワードプレス講座
PAGE TOP