投資×資産運用アイキャッチ4

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

yuuです。


今回はわりと「重要なお知らせ」も含んでいるので最後まで一読頂ければと思います。


ちなみに、そのお知らせについては、僕がこのブログでいつも発信している

・ネットビジネス関連
・マーケティング関連
・コピーライティングや心理学関連

の情報とは「畑の違う分野」についての情報になりますので、読む方にとってはとくに不要なお知らせになってしまうかもしれません。


ただ、ビジネスに限らず

「とにかくお金を稼ぎたい」

という方にとっては、少なからず(人によってはもの凄く)興味を抱くお知らせになるかと思います。


それこそ

「ネットビジネスって難しそう・・」
「情報発信とか、コンテンツ作成なんて、自分にはできないんじゃないか?」
「今現在ネットビジネスに取り組んでいるけど、上手くいっていない」
「実際に情報を発信しているけど、やっぱり苦手だ」


というような、

「今現在結果を出せていない」or「踏み込む事に躊躇している」

方だったり、既に結果を出す事ができていても、

「毎日忙殺されていて、次にいけない(良くて現状維持)」

という方にとっては有益な情報になるはずです。


・・で、その分野って、何?



まず本題に入る前に、年始あたりに

「新たな事業に挑戦しています」

的な事をさらっと書いたんですが、覚えていますか?





その挑戦している新規事業というのが「3つ」あるんですが、今回触れていく分野が、そのうちの1つです。


勿体ぶっても仕方ないので種明かしすると、その分野は「投資」になります。


大きな括りでいうなら「資産運用」ですね。


具体的に実践しているのは、株とか為替(FX)とか、仮想通貨とか。
(ちなみに不動産投資も勉強中ですが、まだ実際には手を出していません。)


といっても、まだまだどれも勉強中の身で、ビジネス以上に「甘ちゃん」です。


もう、経験者の先輩方からすると、ド素人もド素人。


元々地頭が悪い上に全く知識が無い分野だったので、経験豊富な友人やメンター(先生)に教えを乞い、基礎的な知識から具体的なテクニックなどなど、僕の0ベースの頭に叩き込みながら、実際に資産運用している状況です。


そのあたりの詳細は後述していくとして、まずは


僕が投資を始めた「2つ」の理由と動機。



について触れておきます。


僕が実際に投資を始め出した(勉強含め)のは去年の年末の事。


まあ、2013年頃から興味は持っていたんですが(この辺も後述します)、実際に始めたのは4年後の去年の年末あたりからです。


なので、まだまだ投資歴8か月の甘ちゃん中の甘ちゃん。


こう言うと結構、

「え、投資やってなかったんですか?」

と言われたりもするんですが(これも詳しく後述します)・・そんな僕が投資を始めたのには大きく分けて「2つ」の理由(動機)があります。


それが

1、今とは別次元のフェーズ(段階)に行く為
2、嫉妬と復讐の念


です。


「2」については個人的なものなので、上記だけでは意味不明だと思いますが、ひとまず置いといて「1」の方から解説していきますね。


今とは別次元のフェーズ(段階)に行く為



投資を始めた一番の理由が、まず何と言ってもこれ。


僕のブログやメルマガをお読み頂いている方ならご存知頂いていると思いますが、僕はビジネスに対して何よりも

「労力対効果」

を求めます。


だからこそ僕はコンサルティング業務以外の全ての事業において、

「限りなく少ない労力で最大の利益を生み出す仕組み」

を構築していっています。


そのあたりの僕の収入源や秘訣などについては、下記の記事で事例を交えながら詳しく解説していますが、







全てをストックビジネス化しているからこそ、幾つもの事業を、ほぼ「仕組み任せ」に運用していく事ができているわけです。


そこに加えて今現在は、

「さらに労力対効果を高める為」

にコンサルティング企画を立ち上げています。





ここで、

「ん?コンサルティングで労力対効果を高めるってどういう事?」

と思われるかもしれませんので、念のために補足しておくと・・


まず上記の企画は

1、参加者を一流のマーケッターへ育て上げる(参加者の利益)
2、育て上げた参加者と組んでビジネスを展開していく(僕の利益)


という

「参加者と僕、双方にとっての利益を生み出すWin-Winな関係」

を築く事を目的に立ち上げた企画になります。


そこから参加者(クラブメンバー)が一丸となって、

「ガチで最強のマーケティング精鋭チーム(コミュニティ)」

を作り、

「より大きな影響力と相乗効果を生み出していく事」

を最終的な目的としています。


これはブログ発足当初から言っている事なんですけど、最初は結構鼻で笑われたりもしました。


「ガチで最強のマーケティング精鋭チーム」って・・ぷっ(苦笑)ってな感じで。


ただ、今は実際にそれぞれの目的を着々と達成している状況にあります。


例えばクラブメンバーの実践事例は下記で一部紹介していますが、

「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧

実際のところ、まだまだ他にも成功事例が沢山ありますし、ブログでも殆ど紹介しきれていない状況です。


また同時に水面下では、育て上げたクラブメンバーと組んで、プロモーションや企画を幾つも発足しています。


中には一部の企画をご存じの読者さんもいるかもしれませんが、これまでに10件以上のプロモーションや企画が生まれていますし、今現在準備中のものも3件ほどあります


勿論、それらも全て例外なく仕組み化しているので、一度販売スキームさえ作り上げてしまえば、次回以降は労力的な負担なく継続的に収益化する事ができるようになっています。


要するに、クラブメンバーと僕とで

「利益率と労力対効果の高い仕組みを“共有”するWIN-WINな企画」

を1つ、また1つと構築していっているわけです。


もちろん、それらから発生する「利益」も重要なんですが、僕としてはそれよりも

「労力的な負担をより抑えられる」
「より良いモノ(満足度の高いもの)を作れる」


という点が何よりのメリットなんです。


物理的に考えて、一人よりも二人で協力した方が「出来る事」も広がるし、自分自身に掛かる労力も最小限に抑える事ができますからね。


もちろん、パートナーとなるクラブメンバーを、そこにいくまで(育て上げるまで)のコンサルティング業務については仕組み化できません。


そしてクラブメンバーひとり一人の育成には決して少なく無い労力や時間が掛かります。


ただ、そこを乗り越えてクラブメンバーを

「力のあるマーケター」

へと育て上げてしまえば、そのコンサルティングに投じた労力以上の対価(利益)が生まれます。


もちろん、人ひとりを育て上げる過程や、それによって感謝される事を楽しんでいる自分もいます。(それがなければモチベーションが持たないので)


要するに「目先」ではなく、その「後」を見据えているからこそ、そしてそれを「楽しめる」からこそ、労力対効果に超絶シビアな僕でも、労力を惜しまずコンサルに没頭できるわけです。


まあ、そのあたりについては話が脱線するので割愛しますが、つまるところ「何が言いたいのか」というと、


あくまでもビジネスは結局、「足し算」でしかない



って事に気付いたわけです。


いくら労力対効果を高めても、いくら効率化しても、結局のところは、それが「ビジネス」である以上、

「活動の対価として利益を頂く」
「そこで発生した利益が資産に加わっていく」


という図式に変わりはないわけで。


その利益を2倍、3倍にしていくには、その分ビジネスを広げていく(仕事をこなしていく)しかないんですよね。


例えばアフィリエイトなら、

・扱う商品を増やしキャッシュポイント(収入源)を増やしていく
・マーケティング網(集客の間口)を広げて顧客の絶対数を増やす
・全く別のメディア(同じような仕組み)を新たに構築する


などして、利益を拡大していく。


それがシステム開発やプロモーションなら、

・新たな商品の企画、制作指示(受注の場合は制作のみ)
・それを売り出すステップメールやセールスレターの制作
・そこに集客するマーケティング網の構築


など、新たに1から作り上げていく。


飲食店の場合、ジャンルによっては

「ネット通販を始める」

という選択肢もありますが、僕のお店はそういうジャンルではないので、

・マーケティング網(集客の間口)を広げて顧客の絶対数を増やす
・店舗そのものを増やす


しかありません。


またコンサルティングに関しては、そもそも目先の利益は度外視しているので、こちらでどうこうしようとは思いません。


ただ、仮にそこでも利益拡大を求めるなら、

・既存の企画の募集人数を限定せずに募集する
・クローズドではなくオープンに募集する
・価格設定を引き上げる
・別のコンサル企画を新たに用意する


などで展開していく形になります。




・・要するに。




いずれにせよ今以上の結果(利益)を手にしていくには、それに応じて「仕事を増やすしかない」って事です。


でも、それではやっぱり「天井」ができて頭打ちになってしまいます。


いくらそれぞれのビジネスを仕組み化しているとはいえ、もちろん最初はその仕組みを「作る」必要があるからです。


決して難しいものではありませんが(現に初心者に再現させていますので)、やはりそこにはそれなりの労力が掛かります。


そしてその仕組みが出来上がっても、完全にほったらかしというわけにはいきませんので、少なからずではありますが継続的な労力が発生します。


飲食店を新たに出店するなら当然、費用も掛かればリスクも伴いますし、コンサルティングの場合は一定人数を超えると質が落ちたり、手が回らなくなってしまいます。(だからこそ限定して募集しています)


このように、

「今ある利益を2倍、3倍にしていく」

だけでも、それに応じた労力と時間が伴うわけです。


まあ正直、今の2~3倍程度であれば現実的に目指せます。


でも、5~10倍となると、ぶっちゃけキツイ。


とはいえ、これは、

「自分ひとりの力では」

という前提の話で、実際に、クラブメンバーとの最終的な目的(チームの構築)を達成すれば、

「今の5~10倍というラインを達成するビジョン」

も既にあります。(読みながら頷いているクラブメンバーも多いはず)


つまりそのラインをビジネスで達成する事も射程圏内に入ってはいるんですが、

「自分ひとりの力」

ではどうしても難しいわけです。


つまるところ、僕に立ちはだかる目前の現実として、

・やればやった分稼げるものの、結局はそこに労力が発生する
・今の利益の2~3倍は現実的に目指せるが、一人の力で5倍~10倍を達成するは難しい
・それを達成したとしても、さらにそこから倍々ゲームに増やしていく事は不可能に近い


というのが実際のところだったんです。


あたり前と言えば当たり前の話ですよね。


正直、労力対効果の低いビジネスに取り組んでいる方なんかは、

「忙しすぎて現状維持が精一杯」

というような状況だと思います。


今の「1.5倍」の利益を目指す余裕すらもないと思うんです。(現に僕も昔はそうだったので)


一般的なサラリーマン(給料を貰って働いている方)なんかで考えると、今の収入を「倍」にしていく事自体、時間的な面から難しかったりするわけです。


・・そんな中で、

「自分ひとりの力」

で今の10倍、20倍、ひいては100倍という

「突き抜けた結果(利益)」

を叩き出していくにはどうしたら良いのか。


となると、


結局、「1」の労力で「100」の利益を生み出せるのは投資しかなかった。



わけです。


株式投資や為替(FX)などへの投資は、言うまでもなくその「投資金額」でリターンの規模が変わります。(勿論、投資法ありきの話ですが)


利率は同じでも、投資金額が大きければ大きい程、リターンも比例して大きくなるわけです。


例えば利回り1%で運用すると、

・10万円投資する事で1,000円の利益
・100万円投資する事で10,000円の利益
・1,000万円投資する事で100,000円の利益

が発生する事になります。


まあ、小学生でもわかる計算ですが、ここで念押ししたいのは

「そこに掛かる労力は同じ」

だという事です。


違うのは「投資金額」だけ。


実際の取引(売買)に掛かる労力は同じなので、ビジネスのように「利益を拡大する為の新たな労力」が発生しません


ただ、上記はあくまでも「単利」の話。


さらに投資は、上がった利益を「複利」で運用できるのが最大の強みです。


「単利」と「複利」の違い。



この「複利」については、ご存じの方も多いと思うので改めて説明する必要もないかもしれません。


でも、一応知らない方の為に分かり易く説明しておくと、複利は

「元本+利息(利益)に利息(利益)が付いていく」

というものになります。


・・って一言で言われても良く分からないですよね。(僕もわかりませんでした)


そこで

「単利と複利の違い」

についての「例え」が分かり易かったサイトがあったので、そこから一部引用させて頂きます。


あなたは一匹のガチョウを飼っています。このガチョウは毎年1つの卵を産みます。

1.ガチョウが産んだ卵をすぐに料理して食べてしまうと、あなたは将来においても、毎年1つの卵しか手に入れることができません。(これを「単利」といいます)

2.ガチョウが産んだ卵を食べずに我慢して、その卵を孵化させます。

すると翌年、あなたが飼っているガチョウは2匹となり、あなたは翌年から毎年2つの卵を手に入れることができます。(ガチョウの成長に年月はかからないものとします)

入手した2つの卵を食べるのを我慢して、さらに孵化させると、翌年あなたは4匹のガチョウを飼うことになり、あなたが翌年から手に入れられる卵は4つになります。

「1つが2つに、2つが4つに、4つが8つに…」

資産が加速度的に増えるこの考え方が複利効果です。

引用元:https://oneinvest.jp/fukuri-kouka/



まさにこのままです。


例えば、100万円を年利回り10%で回していたなら、そのリターン(利益)は10万円です。


つまり単利で投資していた場合は、2年後も3年後も、10年後も20年後も、その元本である100万円に対する10万円のリターンしか得る事ができません


その点、複利で投資していった場合(得た利益をそのまま再投資していった場合)は、「元本が増える」ので下記のようにリターンが次々と膨らんでいきます。


複利シュミレーション100



上記の赤枠にある「単利と複利の差額」を見て頂ければ、そこに雲梯の差が生まれる事がわかると思います。


このように投資は「得た利益をそのまま再投資していく事」で、まるで雪だるま式に資産を増やしていく事ができるわけです。


「これが40年後、50年後になったら・・?」
「元の投資額(元本)がさらに大きかったら・・?」
「利回り(利率)がさらに大きかったら・・?」
「これが1年単位ではなく半年、1か月単位なら・・?」



と考えると、鳥肌が立つ程とんでもない「開き」が出てきますよね。


この「複利効果」は、かの有名な科学者アルベルト・アインシュタインも「複利は人類史上最大の発見」と大絶賛している程です。


あの「投資の神様」と呼ばれているウォーレンバフェットも、複利によるリターンで大成功しました。


ちなみに


ウォーレンバフェットの年平均リターンは「22.6%」



と言われています。


22.6%のリターンを37年間継続していく事で「世界一の大富豪」になったわけです。


仮に元本が100万円だったとしても、37年で資産は


「1,879,954,753円」


になる計算です。


桁が多すぎて一瞬、目を疑う数字ですが「18億円」です。


僅か100万円が18億円に膨れ上がっていく。(投資元本の約1,900倍・・!)


元本が1000万円なら180億円、仮に10万円でも1億8000万円に膨らんでしまう。


これが「複利の力」です。


僅か10万円からでも1億8000万・・って考えると、可能性を感じませんか?ワクワクしませんか?


ただこれは勿論、ウォーレンバフェットのようなトレードができればの話です。


実際、ウォーレンバフェットのような莫大な規模の資産を同じ利率で回し続けるなんて現実的ではありません。(そんな事が可能なら世界に称賛されるファンドになっているはずなので)


・・ただ一方で、



ウォーレンバフェットのような規模じゃない(少額投資)だからこその「強み」もあります。


場合によっては「より高い利回り」で資産を運用する事も可能になるんですよね。


ここだけ抜き取ると「胡散臭い話」になってしまいますが、少額投資であれば市場に影響を与える事も無いので、「利回り」という点だけで言えば「現実的に超える」事ができたりもするんです。


そのあたりついては後程触れていくとして・・


とにかく、ビジネスでの限界値を超えるには投資しかなかったわけです。


ビジネスが「足し算」なら複利投資は「掛け算」で運用していける。



だからこそ僕は「重い腰」を上げて投資を始めました。


「重い腰を上げた」=「それまで腰を上げなかった」という事。


正直、この「現実」は2013年頃から、ひしひしと感じていました。


当時は既にストックビジネスを幾つも構築していたものの、

「突き抜けた結果(利益)を出すには投資しかない」

という事はわかっていたんです。


そして同時に、その可能性も目の当たりにしていました。


っていうのも、当時から株投資や為替(FX)で生計を立てている友人や知人も数人いたので、

「投資で成功したらこうなる」

的なモデル像みたいな人が身近にいたんですよね。


その内の1人の友人は、主に為替(FX)で生計を立てていて、今でもよく遊んだり旅行にいったりする仲なんですが、実際に彼の

「規模の違う稼ぎっぷり」

とか、それでいて

「時間自由がたんまりある生活っぷり」

とかを間近でみていると、正直興味を抱かざる得ませんでした。


ロールスロイスやベントレーなどの高級車を十台以上所有してたり、趣味のバギーやジェットを幾つも所有していたり、超高級タワーマンション以外にも数々の別荘持ってたりして、好きな事ばっかやって人生を謳歌しているわけです。


素直に羨ましいっていうか。


半分(っていうか殆ど?)「妬み」みたいな感情もありました。


「俺、こんな頑張ってこの月収なのに、こんな短時間でこんなに稼ぎやがって・・こん畜生・・」みたいな(笑)


まあ、嫉妬ですよね、嫉妬。


でも、羨むだけで、


どこか「自分」には遠い世界に感じて、「自分もやってみよう」とはならなかった



んです。


もちろんその友人からは、

「ビジネスで稼いだそのお金、投資で回していったら・・」

みたいな話も散々されていました。


なんなら、

「やる気があるなら付きっきりで教えるよ」

と、ありがたい提案までしてもらったりもしていました。


つまり飛び込む絶好のキッカケも、環境もあったんです。


・・でも、僕は行動に移さなかった(やらなかった)んですよね。


今ではむっちゃ後悔していますが、当時は

「今はビジネス一本でいきたいから・・」
「別に収入には困ってないし・・」
「将来的にまた機会があったら・・」

みたいな、「言い訳になっていない言い訳」をして断っていたんです。


もちろん、これはあくまでも建前。


本音を言うと、


めっちゃ興味アリアリなくせに、新たな事に挑戦するのに「ビビってた」



んです。


こんな地頭の悪い(とくに数字に弱い)自分が、投資なんて理解できるんだろうか。


今までビジネスで築き上げてきた資産を溶かす事にならないだろうか。


・・と、とにかく「投資」というフレーズそのものに、根拠のない「リスク」「不安」を感じていたんです。


実際、投資法によっては、リスクを抑えながら堅実にトレードする事もできるのに。


ホント、「無知」とは怖いもので、全く知識が無いアホな僕は、自分の中での勝手な固定概念と、おかしな偏見だけで判断していたわけです。


これは本当にホントにほんとーーーーに、勿体ないし「反省」すべきところ。


この反省っていうのは、

「あの時やっておけば今は・・」

とか、そういう事じゃなくて。


もちろんそれもあるけど、それよりも自分の中での勝手な固定概念と、おかしな偏見だけで

「飛び込めなかった自分自身の甘えや弱さ」

に対して、腹が立つわけです。


まして、ビジネスという分野では、

「同じような不安を抱えている方」

に対して偉そうにアドバイスしている立場にあるくせに、


「いやいやお前、何言っちゃってんの」



って話。


例えばこのブログ(yuu’s Lab)を例に出すと、何らかの企画とか、商品に興味を持ってくれる方から

「これまで数々の商品を買ってきたんですが結果が出なくて・・」
「ネットビジネスは詐欺ってよく聞きますが・・」


みたいな相談をされる事がよくあります。


興味はあっても、可能性を感じていても、やっぱり不安だし、胡散臭いものが多い業界なだけに、どうしても半信半疑な感情が生まれてしまう。


初心者であればある程、その不安が大きくなるのは当然です。


勿論、気持ちは痛いほどわかるし、僕も始めたばかりの頃は同じ不安を抱えていました。


でも実際のところ、僕が提唱しているビジネスは全て、

「学ぶ為の材料」
「実践(再現)できる環境」


があれば、初心者でも再現できる事(むしろ初心者だからこそ再現しやすい事)を僕は知っています。


だからこそ、そういった相談が寄せられた場合は、

「必要なのは今までの経験値ではなく、材料と環境ですよ」

という旨をそのまま伝えるわけですが、それによってどう行動するかは人それぞれです。


行動を起こす人もいれば、起こさない人もいる。


もちろん、それは本人の自由です。



ただ、そこで行動を起こさなければ、その先も当然「無い」わけで。


結局は「そこに飛び込む勇気」と「行動力」があるかないかなんですよね。


あくまでもこれはビジネスに限った話ですが、

「学ぶ為の材料」
「実践(再現)できる環境」


があるなら、あとは「やるかやらないか」だけの話なんです。


それを再現する材料や環境があれば、誰にだって「できない事」は無い。


だからこそ現に結果を出す初心者がどんどん表れているわけです。


「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧


・・でもこれって、僕が「分かっている事」だから人様に自信を持って言えるのであって。


それがいざ「自分の知らない世界」の事になると、確証もないし自信も持てないしで、僕はビビって行動を起こせなかったわけです。


だから僕にも「その先」が無かった。


それと

「人に言われてやるのは、なんか負けた気がする」

という下らないプライドもありました。(いや、ほんと全くもって下らないですが)


そしてそれらを自己正当化するように、

「どうせ投資なんてあぶく銭だろ」
「リスクもあるし一生食っていけるスキルではないだろ」
「それなら100%裏切らないビジネスに精を出すべきだろ」
「だから俺は俺の道をいく」

みたいな謎のよくわからん思考を自分に押し付けていました。


・・もう、むっちゃ「矛盾しまくり」ですよね。



だって、

「突き抜けた結果(利益)を出すには投資しかない」

ってわかってるのに、ビビってやらないし、さらにはそれを正当化しちゃってるんです。


今思えば、

「甘ったれて逃げてんじゃねーよ」

と、5年前の自分を張り倒してやりたい気分です。


未知の分野だから?確証が無いから?自信も無いから?


そんなのあたり前です。


ビジネスと一緒で、みんなそこからのスタートなんですよね。


勉強してみて、やってみて、ダメだったらダメで良い。


ダメならダメで原因を追究して再スタートしていくか、それでも自分に合わなければ辞めて別の事にシフトしてしまえば良い。


やってみなきゃ、何も分からないし、やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が大きいわけです。


そして現にその「やらなかった後悔」が日を追うごとに膨らんでいく事になります。


「やらなかった後悔」が、どんどんと・・



そんなこんなで僕はそれから約4年くらい、興味アリアリな投資にビビり続けて、ビジネス一本でやってきました(笑)


このブログも、ちょうど4年程前に立ち上げたブログです。


このブログの収支については下記で一部公開していますが、





このブログに限らず、他のメディアの運営やその他もろもろの事業など含め、ビジネス一本でやってきたわけです。


一方で友人はその間にも、資産を順調に増やしていってました。


僕の資産もそれなりに増えてはいましたが、

「足し算」VS「掛け算」

では、やはりその比率がケタ違いで、その現実を目の当たりにする度に、

「あの時やってれば今頃は・・」

と「やらなかった後悔」が増幅していくわけです。


・・で。


さらにその後悔を加速させていったのが、


自分の教え子にあっさりと追い抜かされていった



事です。


っていうのも、このブログの立ち上げから今に至るまで、コンサルティングなどを介して多くの方と出会ってきたわけですが、結構、

「巣立っていく方にありがちな面白い共通点」

があるんですよね。


それが、

「僕を踏み台に0→1を達成」

してから、

「次のステップとして投資に移っていく人が多い」

という事です。


パターンとしては、

1、ビジネスで元手の資金(基盤)を手に入れて投資に回していった
2、ビジネスよりも投資の方が「性に合っている」から投資にのめり込んでいった

この2パターンが多い傾向にあります。


例えば、ブログの更新は週1回程度に抑えて、残りの6日はブログから出た利益を投資に回していった結果、ブログの数倍の利益が出ている・・とか。(メルマガはステップメール化しているので放置でも売上が上がる)


僕から学んだ事を軸に、新たに投資系(仮想通貨系)のブログを立ち上げてアウトプットを繰り返していく中で、自らも投資を実践していたら、そっちの利益が元手の数百倍へと膨らんでいる・・とか。(ブログからの広告収入も別途数百万発生)


逆に、ブログとメルマガでそれなりの月収(数十万程)を維持していたけど、「自分には合わない」と思って、それを売却して投資に専念していった結果、年間数億円の利益を上げている・・とか。


いきなり連絡が途絶えたコンサル生が、気付いたらメディアで取り上げられるような有名な投資家になっていたり・・とか。


あくまで連絡を頂いた方の事しかわかりませんが、

「俺、普通にぶっこ抜かれてるやんけ・・」

ってケースも多々あるわけです。


もっと言えば、教えてた側なのに、大化けしてもう背中が見えないところまでいっちゃってたり。


人の考えや好みは十人十色なので、

「ビジネスは性に合わなかったけど、投資は性に合う」

という人が少なく無いのも実際のところです。


勿論、逆もありますけどね。


こう現実を突き付けられる度に、

「やっぱ投資かあ・・」

と思うと同時に

「俺だってあの時やってれば今頃は・・」
「こんちくしょーーーーー!」


という思いも日に日に強くなっていくわけです。


さらには元々教え子だった方に、

「投資やってないなんて意外ですね」
「え・・何故やらんのです?絶対やった方がいいっすよ」


と逆に諭されてしまう始末・・(トホホ)


このあたりでようやく、

「いつかやらなきゃ」

が、

「虚勢張ってる場合じゃねえ・・マジで勉強しはじめよう」

という気持ちにシフトしはじめていたんですが、

「いざ実際に投資を始める決定打」

となったのが、資産をハッキングされた事でした。


気付けば4000万くらい失ってた。



これ、気付くのがムチャクチャ遅かったんですが、いつの間にか資産がハッキングされて盗まれてたんですよね。


その資産っていうのがリップル(XRP)という暗号通貨。


まあ、2017年の年末あたりから暗号通貨(仮想通貨)の認知度が総じて一気に上がったので、今ではリップル(XRP)の存在をご存じの方も多いと思います。


ただ僕はそんなバブル以前の2015年の4月頃に、「なんか面白そう」と思って、ちょっとだけリップル(XRP)を買っていたんです。


投資したのは10万円程で、当時のレートは覚えていませんが、なんだかんだ115,000XRP程は持っていました。(後の掲載画像参照)


でも、当時遊び心で買っただけだし、金額も少なかったので、買った直後からそのリップル(XRP)を持っていた事を忘れていたんですね。


・・で、その2年後くらいに暗号通貨(仮想通貨)バブルが来た。



まあ、年末のあれ(暴騰)がバブルだったかどうかって話は、キリが無いので置いておいて。


当時はテレビCMやタクシーでも取引所のCMがバンバン流れてましたよね。


テレビ番組でも、億り人がどうのこうのだという特集とか、仮想通貨とは?みたいな番組が頻繁に流れてました。


当時、地元のアホな友達ですら仮想通貨でいくら儲かっただの、怪しいねずみ講に引っかかってるやつもいたりと、はっちゃかめっちゃかだったので、

「これ、“靴磨きの少年状態”で、もう終わるんじゃね・・?」

とか他人事のように見てました。(有名な話ですが知らない人は「靴磨きの少年 ケネディ」とかでググってみてください)


ただそこでふと、思い出したんです。


「あれ、そういや俺、何年か前にリップル買ってたよな・・?」
「あの時、いくらでいくら分買ってたっけ?」
「今、それ暴騰してるんじゃね・・?」



ちょっとした「宝くじあたってるかも」みたいな興奮を覚えながら(笑)、速攻で過去のメールからアカウント情報漁り出して・・


うんぬんかんぬんして・・


と、詳しくは(需要があれば)別の記事で解説しますが、結論からいうとその約115,000XRPがハッキングされて盗まれてたんですよね。


リップルXRPハッキング2017


上記の通り、何者かからのハッキングによって

「rfYH6PVTWKLZvYSrCGtjit3JoLKGcS6hJ5」

というアドレスに不正に送金されていたんです。


もう、

リップルXRPハッキングl

って感じ。


それを知った時はさすがに

「おいおい、そりゃねーだろー」

と思いましたよ。


でも、

「投資した金額は10万円くらいだし、忘れてた自分も悪いし・・」

と普通に諦めていたんです。


そしたら、どんどんどんどん・・・・・・リップル(XRP)が暴騰していく。


ハッキングに気付いた時はせいぜい1XRP60円とか80円とか、そんなもんだったと思うんですが(それでも60倍~80倍になってる)、年末年始なんか一時400円程までつけていましたから、当時のレートに直すと4000万以上になっていたわけです。


となるとさすがに、

「あの10万円・・今、4000万になってるやんけ!」

となるわけで。


いくら実質的な金銭的損失は大した事は無くても、こうも実際に価値がどんどん暴騰しているところを見ると・・いや、見れば見るほど・・


リップルXRPハッキング2


とフツフツ煮えたぎるものがあったわけですよ。


チャートを見ながら、

「本当なら今●●●万になってたのか・・」

と思うと、


ハッキングした犯人に、おもっくそ右ローキック入れてから、左の膝蹴りを水月(みぞおち)にえぐり入れて、腰が折れたところをフロントチョーク極めて、そのまま首の骨をへし折ってやりたい


リップルXRPハッキング膝蹴り


・・そんな気分に・・・なって・・しまうわけです。(あくまでも冗談ですよ?冗談じょうだん・・)


そんなこんなで、最終的にはこの出来事をキッカケに、いよいよ投資を学ぶ事を決意しました。


投資を約8か月学び、実践して見えてきた事。



実際に「投資」を始めよう(勉強しよう)と思った僕は、独学でやってもしゃあないのはわかってたので、

「まずその道のプロから学ぶ事が最短距離だ」

と思い、株やFX、仮想通貨など、それぞれの分野にメンター(先生)を付けました。


今は基礎知識を培いながら自宅の余剰資金をひっぱり出してきて、実際に少しずつ分散投資を行い、感覚を磨いている状況です。


仮想通貨投資
(小汚い画像ですみません)


よって今はビジネスの合間に、経験豊富な複数の有識者に教えて頂きながら、「守破離」の「守」を徹底しているフェーズです。


ちなみに「守破離」については下記の記事で触れています。





・・で。


今のところそれぞれの分野で順調に資産を運用できている状況なんですが(後程のご案内の中ではリアルな実践模様も公開していきます)、投資を始めた当初の僕の中では、株もFXも、仮想通貨も、

「全くの別物」

みたいな固定概念がありました。


だから、

「株式投資はこの先生」
「為替投資(FX)はこの先生」
「仮想通貨投資はこの先生」


というような感じでキッパリと分けていたつもりだったんです。


ただ、実際に多くの事を学び、実践していると、

「意外と共通している部分も多いんだなー」

という事が見えてきました。


投資の対象が違っても、ファンダメンタルやテクニカルな部分では全ての投資に共通する部分があったりもするし、考え方や投資法が人それぞれで違ったりもするんです。(この時点で専門用語が理解できなくても何の問題もありません)


今はそれぞれのメンターに言われた事を愚直に守り、

「投資」

という分野全体の理解と経験を積み重ねていく事に注力していますが、ある程度自分の中に落とし込めたら、それぞれのエッセンスを吸収しながら、自分なりにブレンドしてみたりもしようと思っています。


こういう発見があるとやっぱり、

「やってみなければわからない事が大半だなあ」

と再認識しますよね。


それと同時に、

「何事も“やらない”は損だな」

と改めて思います。(←お前が言うなって話ですが。)


そしてもう一点、見えてきたのが、


投資もビジネスも「本質」は一緒



っていう事です。


いやほんと、結局、

「学ぶ為の材料」
「実践(再現)できる環境」


があれば「勝てる」んですよ。


ビジネスで言うと、コピーライティングスキルやマーケティングスキルを一度自分の脳ミソに焼き付けてしまえば、

「いつでもどこでも0スタートからビジネスを展開して荒稼ぎする事」

が当たり前にできるようになります。


大袈裟でもなんでもなく、

「パソコン一台とネット環境」

さえあれば、いつでもお金を生み出せるので、極端な話、今の資産が0になっても何の不安もないし、食いっパグれる事はなくなるわけです。


それと一緒で、

「投資(トレード)」

においても

「本質的な知識とスキル」

さえ身に付ければ、

「パソコン(あるいはスマホ)一台とネット環境」

があれば、いつ、どこにいたって、すぐに利益を確定していく事ができるわけです。


それこそ少ない資金でも複利で回していけば、大きなリターンを獲得できる。


勿論、ツールを使ってどうのこうの・・とか、この投資案件はどうのこうの・・とか、そんな怪しい話じゃありませんよ?(笑)


要するに、


投資もビジネスも、本質的なスキルさえ身に付けてしまえば「一生モノ」



って事です。


もちろん、ビジネスも投資も

「教わる人(メンター)」

が、最も重要なファクター(要因)になってきます。


それこそビジネスと同様に情報商材やツール、塾やサロン、コンサルティングやセミナー・・などなど、今は「投資」を対象にした多くの商品が乱立している状況ですが、その殆どが

「売る為に作られただけの商品やサービス」

だったりするのが実情です。


以前、ビジネス面においてのメンターの選び方(見極め方)をお伝えしましたが、





それと同じで

「投資に関する情報発信をしている人」

を見極める場合は、まさに上記のポイントを確かめるべきです。


加えて投資のメンターを選定する場合は、

「実績を一時的ではなく継続的に出し続けている人」
「そのパフォーマンス(実績)を目の前で実証できる人」
「そのパフォーマンス(実績)を他人に再現させる事が出来ている人」


を見極めていくのがポイント。


投資もビジネスも、


教わる人(メンター)の見極めで「天国」か「地獄」に分かれてしまう



わけです。


僕もその教わる人(メンター)を間違えていれば、投資で結果を出す事ができずに「即退場」していたと思いますし、そもそも今の考えには至らなかった(本質に気付けていなかった)と思います。


なので、それぞれのメンターには感謝しかないわけですが、実際のところ

1、正しいノウハウや知識、スキルを学ぶ「材料」
2、その知識とスキルを自分のモノとして習得する「環境」
3、その1と2を教えてくれるメンター(先生)

さえ揃えば、ビジネスと同様に初心者でも結果を出していく事はできるわけです。


むしろ


ビジネスよりも投資の方が、遥かに「実践ハードル」は低い。



のも大きな特徴です。


ルールを覚えて機械的にトレードしていく場合は「センス」も必要ないし、ビジネスのように収益化までの準備期間もないので、「やろう」と思えばすぐにでも利益を獲得していく事ができてしまうわけです。


この「ビジネスとの共通点」や「実践ハードルの低さ」も、

「やってみなければわからなかった事」

の1つ。


先の通り、僕は投資を始める以前、

「こんな地頭の悪い(とくに数字に弱い)自分が、投資なんて理解できるんだろうか。」

という不安を抱えていたわけですが、それ自体がそもそも間違っていたわけです。


また、

「投資にはリスクは付き物」
「今までビジネスで築き上げてきた資産を溶かす事にならないだろうか。」


という固定概念もありましたが、実際は投資法によって

「リスク(損失)を最小限に抑えながら堅実に利益を得ていく事」

も普通に可能になります。


一般的に

「ハイリスク・ハイリターン」

と言われているFX投資でも、

「リスクを極限まで抑えながらハイリターンを得ていく事」

も可能なんです。


実際に僕は今、

「リスク(損失)を最小限に抑えた投資法」

や、

「日利5%以上(利回りだけで言えばウォーレンバフェット以上)を荒稼ぎする投資テクニック」

などを教えてもらって、実際にそれを再現している状況です。


ここだけ抜き取ると「胡散臭さMAX」ですが・・(苦笑)


現実としてそれを再現していく事ができるし、ガチで僕はそれを再現しているんですよね。


これもまさに、

「やってみなければわからなかった事」

の1つ。


結局は、知ってるか知らないか。


それを習得できる環境があるかないか。


それが現実なので、ここもまさに「ビジネスと一緒だなー」と実感しました。


だからこそ、その現実を知った今となっては、

「当時ビビって飛び込めなかった自分」

に喝を入れてやりたくなるわけです。


実際に投資に身を投じてみて発見した自分の本性。



冒頭からお伝えしている通り、今こうして投資を学び、徐々に実践しているものの、

「投資にのめり込んでいる」

というわけではありません。


あくまでもビジネスがメインで、投資は「選択肢の1つ」に過ぎない状況です。


そんな利回りを確保できるのに、何故「投資一本」に没頭していかないのか。


これも

「実際にやってみなければわからなかった事」

ですが、「性格的に投資一本にはできない」んですよね。


確かに、投資を勉強し始めた当初は、全てが新鮮で面白くて、トレードに没頭してました。


実際に、ビジネスとは比較にならない程の少ない労力で、圧倒的に稼げますしね。


・・でも、実際にやっていくと、利益は得られても

「なんかこれ、違うな・・」

と思う部分が出てきたわけです。


結局のところ、


やっぱり僕は、ビジネスが「好き」



なんですよね。


人との関わりもそうだし、感謝される事も好き。


それで稼げるなら、なお結構。


だから労力対効果にシビアな自分でも、労力の掛かるコンサルにも「やりがい」を感じるし、没頭できる。


そんな自分の本当の性格に気付いてしまったわけです。


今もこんな僕に付いてきてくれている教え子が沢山いますしね。


その教え子もむっちゃ大切だし、人と関わる事ができるビジネス自体は好きなので、おそらくいくら投資で成功してもビジネスを辞める事は「無い」と思います。


あえて今抱えているビジネスやキャッシュフローを手放すメリットもありませんし。


・・それと、「自分の時間」がやっぱり大切でした。



投資に没頭すると、相場によってはパソコンに張り付かなければいけない状況もあるので、

「いつでも好きな時に、好きな事ができる」

という状況を「常に作る」事はできないわけです。


投資法によっては1時間とか、数十分とか、下手したら「数分のスキマ時間」でトレードを行い、利益を確定する事も十分できます。


そして実際にそれができているんですが、

「自分以外の何かに時間を制限される」

という事自体が性格的に合わなかったりするわけです。


それがイヤだからこそ僕はストックビジネスを構築してきたわけですし。


なので今は、仕事の合間の気が向いた時だけ実践しているわけですが、逆に言えば

「利益のみを追求」

していけば、大袈裟でも何でもなく

「いくらでも稼げる」

と思います。(というか「断言」できます)


それくらいのノウハウやテクニックを学んでいるので。


・・でも僕は、そこ(利益)を追求するよりも、


「僕は僕のやりたい人生」を生きたい



んです。


家族(嫁と子供と、わんこがいます)との時間を大切にしたいし、自分の時間(趣味)も大切にしたい。


でも、利益も向上していきたい。


むっちゃくちゃ我儘ですが・・(笑)


なので今はそれこそコンサルとコンサルの合間とか、趣味の時間の合間とかに、気が向けば相場とにらめっこしてる感じで、わりとライトに実践してます。


割合的には

ビジネス(3割):趣味(6割):投資(1割)

くらいの感じですね。


先の通り、コピーライティングやマーケティングと同じく、相場も

「一度身に付ければ一生使い倒せるスキル」

なので、

「あくまでも短期的ではなく、長期的な視点で投資の技術を学んでいる」

というスタンスです。


なので、

「実は投資家になりました!」

みたいな話でもないし、大きな事も言えないんですが、それでも

「投資に可能性を感じている初心者」

に向けて「タメになる情報」は発信できると思います。


実際に、没頭していけば「大成」できるノウハウは既に持っているので。


そこで・・・です。



これが今回の「お知らせ」になるんですが、この度、僕が本物の億万長者から学んできた事を「特設メルマガ」限定で配信していこうと思います。


→ 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~(登録無料)


僕もまだまだ勉強中の身ではありますが、このメルマガでは、

「そんな僕がどんな手法を学び、実践しているか」

などを事例を交えながらシェアしていければなと。


それこそこの記事を読んでいる方の中には、当時の僕のように

「投資に魅力を感じてはいる」
「けど、全く知識の無い分野なだけに漠然とした不安を抱えている」


という方も沢山いると思います。


・・実際ね、最初の無知な頃って、

「投資」

と聞くだけでなんかハードルを感じるし、実際に専門書とか買ってみても、

「専門用語ばっかりでよくわからない。」

という状況だったり、そもそも論、

「っていうか、まず何から学べばいいのかわからないんだけど。」

っていう状況だったりすると思うんですよ。


そして

「いつかやろう」

になってしまう。


実際に僕もそうだったので気持ちは痛いほどわかります。


でも、ここまでお伝えしてきた通り、実際のところそれは「間違えた偏見」なんですよね。


じゃあ、そんな

「0ベース(完全なる無知)」

の状態から

「損失リスクを最小限に投資で稼ぎ続けるスキル」

を手に入れていくにはどうしたらいいのか。


そのあたりについてもメルマガではお伝えしていくつもりです。


・・あ、ちなみに「よくある胡散臭い投資情報」じゃないのであしからず(笑)



先程もお伝えした通り、インターネット上では、株や為替(FX)、仮想通貨などの

「投資」

に関する情報商材やツール、塾やサロン、コンサルティングやセミナーが「乱立」しています。


ただ、その実態は

「売る為だけに作られた商品やサービス」

が多いのが実情です。


いうまでもありませんが、そんなものにいくら身銭を投じても結果を得る事はできません。


でも、無知な方は、無知なだけに

「どれを選んでいいのかわからない」

ので、謳い文句にのせられてそのまま購入して失敗してしまうんですよね。


それこそ

「このツールで・・」
「AIがなんちゃらで・・」
「インサイダー情報を・・」
「独自のルートで・・」


みたいなものも腐る程ありますが、僕がお伝えしていく情報は、そんな似非情報じゃないので、もしそんな情報を求めているならスルーしてください。


あくまで僕は、

「投資で勝ち続けていく為の本質的なノウハウとスキル」

しか学んでないし、それしか伝えるつもりはない(っていうか、伝えられない)ので。


・・だから「これに投資すれば、確実に●●●倍!」みたいな話もないです。(っていうか、そんな話はありえない)


ただ、実行すれば手堅く日利で4%とか、5%とか6%とか、そんな

「常識破りな利回り」を「手堅く叩き出す」

事ができるようなノウハウやスキルを知る事ができます。


ここまで読んでくれているあなたなら、

「それを複利で回していけば・・」

おのずととんでもない利益を得ていける事は容易に理解できるはずです。


例え最初の投資元本が5万円でも10万円でも、そこから雪だるま式に膨らんでいく


さらに言うと僕が学んでいるのは全て


「投資における本質的なスキル」だからこそ「どの市場でも普遍的」に使えます。



株でもFXでも仮想通貨でも、そこに「チャート」がある限り普遍的に使い倒して荒稼ぎしていく事ができるわけです。


そのあたりの「実践事例」なんかも踏まえて、

「実際に再現性を立証した手法やテクニック」

を特設メルマガの方では公開していきます。


あくまでも僕自身が講義を行っていくというよりも(僕もまだまだ勉強中の身なので)イメージ的には、あなたと同じ立ち位置から再現性のある情報だけを厳選して「シェア」していく感じですね。


なので、

「胡散臭い情報ではなく本物のノウハウを手に入れたい」
「でも、何から学べばいいいのかわからない」


という場合は何かしらのヒントやキッカケを得られると思います。


勿論、初心者目線で情報を発信していきますので、今現在投資に関する知識が無くても、専門用語が分からなくても問題ありません


ここまででも散々お伝えしてきましたが、結局

1、正しいノウハウや知識、スキルを学ぶ「材料」
2、その知識とスキルを自分のモノとして習得する「環境」
3、その1と2を教えてくれるメンター(先生)

があれば誰だって投資で「結果」を出す事はできるのが「投資」です。


なので、投資への興味の動機が僕と同じように、

・ビジネスのさらに「上のフェーズ」を目指したい
・投資によって自分の視野や人生レベルでの選択肢を広げたい


場合ももちろん、

・ビジネスで結果を出せていない(性に合わない)
・ビジネスに踏み込む事に躊躇している


という方にとっても有益な情報になるかと思いますので、興味のある方は是非登録頂ければと。


→ 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~(登録無料)


ちなみにタイトルにある

「一箭双雕(いっせんそうしょう)」

という四文字熟語は

「1つの矢で、鷲(ワシ)を2羽射る事」

を意味します。


意味合い的には「一石二鳥」と同じです。


このタイトルの通り、こちらの特設メルマガでは、

「投資で食いっパグれないノウハウと技術・環境」

をお伝えするとともに、

「ビジネスで食いっパグれないノウハウと技術・環境」

も合わせて提供できればと思っています。


投資とビジネス、どちらか一本に集中してもよし、両方とも獲得していくのも良し。


投資に回す資金をビジネスで稼ぐも良し。


いずれにせよ「成功」が目に見えている環境と材料が既に用意されているという事です。


まさに一箭双雕(いっせんそうしょう)、一石二鳥を獲得していく唯一無二の企画です。


もしもあなたが

「今の現状を変えたい」

と思っているなら、是非奮ってご登録ください。


追伸



ちなみに投資関連の情報はこちらの、

「特設メルマガ限定でのクローズド配信」

になります。


公式メルマガは今後も、ビジネスやマーケティング関連のみの情報発信になりますので、投資や資産運用に興味のある方は上記から登録して頂ければと思います。


また「いつまで公開するか」も未定になりますので、そのあたりも予めご了承頂ければと思います。


登録は無料ですし、いつでも解除できますので。


→ 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~(登録無料)


これがあなたにとって、「成功へのはじめの一歩」になれば幸いです。


それでは!


応援クリックして頂けると嬉しいです!




記事をシェアして頂けると更新の励みになります!
↓ ↓ ↓

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. ブログアフィリエイトとDRMとソーシャルメディア。結局何をどうすれば稼げるの?っ…
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

  1. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~シークレットアイキャッチ2
  2. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~シークレットアイキャッチ2

    投資&資産運用

    保護中: (特設メルマガ読者限定コンテンツ)_【0ベース→1→100】スタートアップガイド

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~シークレットアイキャッチ2
  4. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)通信~億万長者からの教え~シークレットアイキャッチ2

    投資&資産運用

    保護中: (特設メルマガ読者限定コンテンツ)_先人達からの「教え」と「答え」。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


実践者・コンサル生の事例紹介

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

DRMを血肉化したいあなたに。

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

ピックアップ記事

  1. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡している…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11…
  3. ブログアフィリエイトとDRMとソーシャルメディア。結局何をど…

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. クラブメンバー「永世」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例3
  2. 桜
  3. AdobeStock_121779439
  4. 匿名アフィリエイト
  5. yuuのコンサル生がDRMで結果を出す理由

カテゴリー

  1. ストックビジネスとフロービジネス2

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    ストックビジネスとフロービジネスをネットビジネスの視点から考えてみた。その2(事…
  2. 投資×資産運用アイキャッチ4

    投資&資産運用

    あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  3. コンサル生「NS」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    トレンドアフィリエイトは今すぐ辞めなさい!って話とコンサル生の事例。
  4. クラブメンバー「カズ」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例4

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    【情弱→月収7桁】カズさんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例…
  5. 批判誹謗中傷マーケティングhack

    アフィリエイト講座

    他人を批判、誹謗中傷しまくって稼ぐマーケティング戦略とは。
PAGE TOP