一個人がリモートワークで大企業(組織)に打ち勝つ方法。※お知らせもあり

yuuです。


またまた久しぶりの更新ですね。


今回はここ最近

「改めて確信を持って感じた事」

と、

「ここ最近かなり寄せられている要望」

について
雑記的にですがお伝えしていこうかなと。


ちなみにここ最近の僕はというと、
以前公開終了した

「XMアフィリエイト攻略プロジェクト」

のサポート業務や、
コンサル企画のクラブメンバーへのコンサルティングに加えて、
別の新たな事業の方に注力していました。


■XMアフィリエイト攻略プロジェクトはこちら


(※現在は募集終了しています)


■コンサルティング企画についてはこちら

(※現在は募集終了しています)


上記それぞれの企画参加者の事例なんかも、
引き続きシェアできる範囲でしていこうと思いますが、
それと別に立ち上げたこの新規事業っていうのが、
これまで展開してきたどの事業よりも大きな可能性を秘めていて、
忙殺されながらもアドレナリン全開の毎日を過ごしています。


ちなみにその新規事業はBtoB(企業間の取引)事業で、
個人で実践していくようないわゆる

「ネットビジネス」
「副業(サイドビジネス)」

といった類ではありません。


よってこのブログで詳細を発表するとしても、
結果を出した後の「事後報告」になるかと思いますが、
これまで僕がこのブログで提唱してきた事に通じているのと同時に、

「結局これが全てだよな・・」

という事を改めて実感したので、もしもあなたが

「どの業界、どの時代にも通用する稼ぎのスキルを身に付けたい」

と思っているなら、
是非「他人事」と思わず一読頂ければと思います。


「企業(組織)」に「個人」が打ち勝てるオンライン時代。



・・で。


この新規事業の対象となる市場は
今現在はオフラインが主体のリアルビジネスなんですが、
決して市場自体が「目新しい」というわけではなく、
それなりに歴史もあればライバル企業も多い市場になります。


一応、市場規模的には、
売上だけで少なく見ても「国内だけで数千億規模」で、
この業界に参入しているライバル企業は
どこも数百人単位の人材を抱えているような「組織」です。


普通に考えて、
僕のように多少稼いでいる一般ピーポーが
そこに挑んでいく事自体「無謀」だと思うわけですが、
僕は、その市場に僅か「6人」で打ち勝とうと取り組んでいます。


しかも僕以外の5人も、
言ってしまえばただのフリーランスの集まりです。
(ちなみに、内2人はコンサル企画のクラブメンバーです)


それでも、

「そのライバル企業に打ち勝つ未来が普通に見えている」

ような状況なんですよね。


僅か6人のフリーランスが数百人規模のライバル企業を出し抜ける「3つ」の要因。



なぜそんな事が可能になるのか。


その要因は「3つ」あって、

1、その市場がオンライン(ネット)に疎いアナログな市場だったから
2、企業から反応(受注)を得る事で利益が上がっていく成約型のビジネスモデルだったから
3、1(ネット)と2(反応を得る事)に特化したノウハウとスキルを持ち合わせているから

です。


こう書くと

「僕たちがすごい能力を持っているから」

みたいな印象を持たれるかもしれませんが、
全くそんな事はなくて、
本当にたいして高度なスキルを持っているわけでもないし、
大袈裟でもなんでもなく、あなたにでもできる話なんですけどね。


そのあたりについては後述していくとして、
まず1つ目の、

1、その市場がオンライン(ネット)に疎いアナログな市場だったから


については、
現時点ではあまり細かい事は言えないんですが、
この市場は市場規模が大きいのにも関わらず、
インターネットマーケティングに疎い市場(業種)だったんですね。


今はネットマーケティングが当たり前の時代ですが、
実際のところ未だにアナログな手法で
マーケティングを図っている業種というのはまだまだあります。


この市場はまさにその典型的な市場なんですが、
仮にそういったアナログな市場であっても
利権などの関係によって入り込む余地がない(旨味が無い)場合も多くあります。


その点、この市場においては
特定の企業が独占しているような利権的なものはなかったんですね。


ただ、このビジネスに参入するには、
代理店のような権利を獲得する必要がありました。


そのキッカケとなったのが
その権利を有している方からの事業展開のご相談(簡単なコンサル依頼)で、
その情報を受けてリサーチを重ねれば重ねるほど、

「・・これ、ネット使えば勝てるよね?」

という事で、自分たちで事業として立ち上げた・・という経緯になります。
(その権利を有している方も6名の中の1人になります)


つまり「勝てる」と思った、そもそもの要因の1つに、

「オンラインに疎いアナログな業種だった」

という事があり、
そのアナログなプロセスをオンライン上で完結する事で
人件費や家賃などのコストも大幅に(というか90%以上)カットして、
パフォーマンス(利益)も大きく上げられるのが目に見えて明らかだったんですね。


また、そのキャッシュフローが、


2、企業から反応(受注)を得る事で利益が上がっていく成約型のビジネスモデルだったから



というのも「勝てる」と踏める要因の1つでした。


つまり、このビジネスモデルは、
企業への「営業(売り込み)」が利益を左右する業種で、
逆に言うと企業からの成約(受注)さえ取れれば利益を獲得できる形態だったわけです。


にも関わらず、
電話でアポ(テレアポ)を取って紙の資料を持って営業に行ったり、
足を使って飛び込みで営業していくのが当たり前・・みたいな業種だったんですね。


そりゃ、人も必要になるわけで。


電話を掛けるテレアポの人材、
飛び込みにいく営業マン、
それらを育てる人材だけでも相当な人数が必要になりますし、
それに応じて相当な(莫大な)人件費が発生します。


でもこれって、業種にもよりますが、
ネットマーケティングを使えば
人を使わずに、育成人材も雇わずに
利益率を最大化するスキームを作れるんですよね。


言ってしまえば、

1、企業向けに高い成約率を叩き出す仕組み(HPやLPなど)を構築
(※a、一度作ってしまえば労力は一切掛からない)
(※b、営業マンの営業力によって成約率が変動する事もなくなる)

2、その仕組みに対して営業を投げる人材を数人確保
(※テンプレ化した文章をメールやSNSでのDMで送り、あとはシステム任せでほぼ自動化)

といったスキームさえ構築してしまえば、
ビビるくらい労力対効果を最大化する事が可能になるんです。


人件費などの無駄なコストも不要になるし、
むしろ営業マンの能力によって成約率が下がる要因もなくなります。
(つまり利益率も最大化される)


またHPやLPなどは一度作ってしまえば労力はかかりません。


そしてそういった一連のスキームを構築してしまえば、
企業からの受注(成約)が取れるような業種だったんです。


またテレアポ1つにとっても、
雇う事での人件費だけではなく、
電話を掛ける為の機材費や通信費、
事務所などの固定費もかけずに参入する事が可能になります。


僕自身、過去にいくつかの事業で失敗経験もありますが、
その失敗要因は全て人件費や地代家賃などのコストが大きなベクトルを占めていた業種でした。


いうまでもなく、今は「オンライン」の時代です。



それこそ新型コロナウイルスが流行してから、
テレワークやらリモートワークやらと叫ばれていますが、
やろうと思えば本来、多くの事業でできたはずです。


そもそも人との対面や直接的な施工などを必要としない仕事は
大体オンラインで解決できたりしますからね。


デザイナーやプログラマーなんかは、
会社に出勤するメリット自体が0ですし、
プラットフォームを整えておけば自宅で仕事できるわけです。


それこそ営業やサポート業務だって自宅でできます。


もちろん、モノや建物を作る製造業や建築業、
飲食業や美容室などの接客ありきの業種、
鉄道などのインフラ系の業種や清掃関係の業種、
人のお世話をする介護や保育業などはリモート化できません。


ただ僕らが参入しようとしているこの業種に至っては
上記のようなスキーム(仕組み)さえ作ってしまえば、
受注までをオンラインで完結できてしまうので、
人も事務所も抱えず各自リモートで参入していく事ができるわけです。


そして何より


3、1(ネット)と2(反応を得る事)に特化したノウハウとスキルを持ち合わせているから



これが「勝てる」という確信に繋がった一番の要因です。


先の通り、この市場に関しては、
既存のいわゆるライバル企業が多くいるものの、

「この時代に未だにかよ・・」

と驚くほど、アナログな手法を取っているわけで、
そこに反応率の高いネットマーケティングを取り入れていけば勝てる事が明白でした。


一見入り込む余地がないように見える市場でも、
視点を変えればまさに「ブルーオーシャン」な市場だったわけです。


改めて、あなたに伝えたい「現実」と「可能性」。



ネット上で人から反応を集めていくマーケティングと、その仕組み化。


これはまさに僕の専門分野であり、
これまでこのブログで一貫して提唱しながら、
その具体的なノウハウやスキルをコンサルを通じて伝えてきました。


ネットとリアルで一見「無関係」に思えても、人から反応を得ていくプロセスは「同じ」です。


それが文章であるか、直接会話するか、の違いだけ。


そして反応を取る相手が「企業」だとしても、判断を下すのは「人間」です。


つまり、何が言いたいのかというと、

・アフィリエイトなどのように「個人」を対象として成約を取っていくビジネスモデル
・「企業」を対象として成約を取っていくビジネスモデル

のどちらも、

「反応(成約)を取っていく為の本質は同じ」

であるという事です。


そしてその

「本質を踏まえた情報発信スキル」

さえあれば、どの業界、
どの市場でも駆使して結果を出す事ができるという事。


そしてこの業界に一石を投じるスキームに駆使していくのもまた、このブログで提唱してきた

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

なんです。


DRMについてはこちらの記事で解説していますが、



僕はこのDRMに出会い、
自分の脳みそにスキルとして落とし込んでから、
多くのジャンル(業種)で10年以上に渡って「狙って」結果を出してきました。


それでいて戦略次第では、労力対効果をも最大化できる。


だからこそこのブログやメルマガの読者さんには

「DRMを学ぶべき」

だと終始一貫してお伝えしてきているわけです。


対人間(企業含め)の商売なら、
いつでもどこでも時代と市場を問わず結果を出せる情報発信スキル



これはもう本当に、
ブログを立ち上げてからずっと一貫して伝えてきている事ですが、

コピーライティングもマーケティングも、

「本質」

さえ押さえていれば、狙って結果を出す事はできます。


そしてそれを「スキル(技術)」として落とし込めば、
例え今パソコンがクラッシュして使いものにならなくなっても、
ネットバンクがハッキングされて資産が0になっても、
その日から自分の人生を立て直す事が可能になります。


また、仮にビジネスから10年離れて、
世間一般的な情報に疎い「浦島太郎状態」になっても、
再開した時に同じように結果を出していく事も可能です。


なぜなら、

「文章を通じて人から興味関心を集め、反応を取っていくスキル」

は、どの時代でも変わらず通用するからです。


特別な才能が必要?いいえ、そうではありません。



リアル(現実社会)での“セールス力”は
=“会話力(アドリブ力)”であり「才能やセンス」が必要です。


ただネット上の情報発信ビジネスにおいては、
リアル(現実社会)での「会話」と違って、
1つ1つのコンテンツを自分視点で考えながら作る事ができます。


文章だって、書いては消して、書いては消して・・
完成した状態で表(ネット上)に出す事ができるわけです。


1通1通のメールだって、
送信する前に確認してから送る事ができる。


リアルでの会話だと
1つの発言が取り返しのつかない失言になったりもしますが、
ネット上の文章コンテンツやメールだとそれが無いわけです。


でも読み手からすれば、
書き手が1時間で書き上げた文章も、
1週間で書き上げた文章も「同じ1つの文章」です。


求めているのはその「内容」であり、
読み手からすればその記事を書いた経緯などどうでも良いわけです。


「伝えたい文章(情報)」を「自分のペース」で作り上げる事ができる。


これは情報発信ビジネスならではの「強み」です。


あとそこに必要なのは、

「何をどのように伝え、どのように結果(利益)に繋げていくのか」

という戦略的なノウハウやハウツー、スキルを習得する事。


言ってしまえばそれだけです。


その点に関しては
以下の記事で詳しく解説しているので是非読んで頂ければと思いますが、



ネットにおいては、
特別な才能やセンスがなくても、トップセールスマンになれるんです。


その為に必要なのは才能でもセンスでもなく、

・反応を得る為の最低限のコピーライティングスキル
・反応を得る為の最低限のマーケティングスキル

だけであり、
その習得であればド素人からでも十分に習得可能だという事。


そうでなければコンサル生に結果を出させる事などできるわけがありません。

「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧


上記はごくごく一部の事例ではありますが
ネット上での情報発信ビジネスという括りだけで見ても、
ブログにせよ、SNSにせよ、

「人に情報を発信して反応を取るスキル」

さえ手にしていれば、結局どの市場、ビジネスモデルにも通用するんです。


それこそXMアフィリエイトだって、

「開始わずか1年4か月で1億4300万円」

と突破しているのも、
反応を得るための本質的なノウハウと戦略が「土台」にあったからです。





その土台なくしてはどんなに可能性のある市場でも、
その他大勢の弱者と同じく結果を出せずに撤退する事になります。


これはどのジャンル(テーマ)でも同様で、
それらの「本質」を押さえているかいないかで、
得られる結果は「180度」変わってしまいます。


だからこそXMアフィリエイト攻略プロジェクトでは、
土台となるマーケティング教材も一式提供しているわけです。


そしてコンサル企画の方では、
教材に加え実践環境も完備して伝えているわけで、
だからこそ、ド素人スタートの初心者でも
各々のジャンルで結果(利益)を出していくわけです。


リアルかネットか。



そしてこれはネットビジネスに限ったことではなく、
リアルビジネスにも十分に通用します。


媒体が「紙」か「webサイト」かの違いだけで、
人から興味関心を集め、反応を取っていく本質は同じだからです。


僕は新規事業に参入する際、
その市場やライバルを徹底的に事前リサーチしますが、
この市場に関してはそのライバル企業(組織)の

・ウェブライティングレベル
・ウェブマーケティングレベル

が低かったわけです。


だからこそ、
実質一人会社レベルのなんちゃってフリーランスが
たったの6人で参入できる余地があるという事。


自分一人で稼ぐスキルとネット環境さえあれば、

「自宅でのリモートワーク」

で多数の人材を抱える企業に打ち勝つ事ができるチャンス(スキマ)があったというわけです。


この事象が起きるのは紛れもなくそういった企業(組織や業界全体)に、

「情報発信スキル」
「マーケティングスキル」

が「足りない」からに他なりません。


ここでやっぱり再確認するのは、

「長期的な目線で“何”を身に付けるべきなのか」

が重要であり、
こういった本質的なスキルを身に付ける事での重要性と優位性です。


だって、このスキルを身に付けていなければ
これまで出してきた結果(利益)も、
今回のように新たな業界に殴り込みする事もできなかったわけですからね。


逆にいうと、このスキルさえ身に付けていれば、
一個人が企業に挑戦する事も十分できてしまうという事。


今回引き入れたクラブメンバーとしては
ネット上での情報発信しか実践していなかったので
この規模の話がきて面食らっていますが・・(苦笑)


あなたもこのブログを読んでいるという事は、
少なくとも「自分ひとりで稼ぐスキル」を手に入れる事を目的としているはずです。


それなら、目先の利益を追い求めるその場限りの手法ではなく、
しっかりと長期的に駆使できる「スキル」の習得に注力した方が結果的に合理的ですよ・・というお話でした。


XMアフィリエイト攻略プロジェクトについて。



そんなこんなで、今回は雑記的な感じですが、
次回はXMアフィリエイト攻略プロジェクト実践者の事例の方を紹介していこうかなと。


ちなみに販売を一時終了してから、

「気付いたら販売終了してしまっていました・・」
「いつ再販ですか?」

といった質問や相談が
メールやらコメントやらでかなりの数を頂いています。


メールの方がメインですが、
おそらく累計だと30件以上は同じような相談が寄せられている状況です。


一応、プランBの代行サービスなども含め、
そもそも実践内容自体が極めてシンプル(単純)なのもあって、
サポート体制も落ち着いてきている状況ではあるんですが、
まだ再販についての具体的な日時は決めていないのが実情です。


ただ、

「この企画を紹介してくれているアフィリエイター側」

にも多くの声が寄せられているようで、
あまりにもこういった声が多いと
限定的に再販する事も検討しようかな・・という感じです。
(あくまでもまだ未定ですが・・)


それではまた次回!

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…

関連記事

  1. 教材実践者・コンサル事例

    月収「8桁」のコンサル事例から見る、極めてシンプルな成功原則。

    yuuです。最近は新事業の方がめっぽう忙しくて、コンサル業…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


僅か1年で1億稼いだXMアフィリエイト戦略と「仕組みそのもの」をあなたに。

実践者・コンサル生の事例紹介

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

【削除覚悟】自動売買トレード業界の光と闇を暴露します【検証画像&動画あり】

【事例公開】僕が実践しているトレードロジックを公開します。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

【初心者限定】情報発信における“絶対的スキル”を、ブっ飛んだ条件で習得できる「ゼロ壱計画2.0」のご案内。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    【事例紹介】元「超絶ノウハウコレクター」が4か月で月収212万稼ぎ、DRMでその…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    ド素人がアフィリエイトで7桁(100万以上)稼ぐ為の「具体的なステップ」とは。
  3. 教材実践者・コンサル事例

    トレンドアフィリエイトは今すぐ辞めなさい!って話とコンサル生の事例。
  4. 【投資×資産運用】一箭双雕(いっせんそうしょう)プロジェクト

    【事例公開】僕が実践しているコロナショック異常相場でさえ、利益を積み上げ続けるト…
  5. 教材実践者・コンサル事例

    現役大学生でありながら「新卒の平均年収」を月収として稼ぎ出しているクラブメンバー…
PAGE TOP