YouTubeで稼ぐ上でYouTubeSEOとYouTubeリサーチの観点からみる「評価」の重要性。

yuuです。


いつも応援クリックありがとうございます。




今日は久しぶりにYouTube攻略講座です。


以前、YouTubeで稼ぐ為の「リサーチの重要性」をお伝えしました。


YouTubeで稼げない人の共通点とリサーチの重要性。


また、YouTubeで稼ぐ為のアクセスアップ面で重要になる、
「YouTubeSEOの重要性」や具体的なノウハウも幾つか紹介してきました。


動画SEO対策とは?YouTube攻略の明暗を分ける戦略ポイント。

アノテーションを用いたアクセスの巡回とYouTube動画SEO対策。 

YouTube「カード」機能を活用した動画巡回率を上げていくポイントとYouTube動画SEO対策。


そしてそのYouTubeSEOにおけるノウハウをまとめた教材を、
下記の教材の特典として提供しています。


Giga Tube(ギガチューブ)とEvil Youtuber Subject(エビルユーチューバー)を解剖してみた。


YouTubeアドセンスにしろYouTubeマーケティングにしろ、

「YouTubeで稼ぐ」

という事を目的としているならば、

「YouTubeリサーチ」と「YouTubeSEO」

を徹底して動画を投稿していけば、必然的に結果を出していく事ができます。


つまり誰でも上記の2つを押さえていけば、

「バンバン再生される動画を量産していくチャンネルを構築できる」

という事です。


・・で、YouTubeSEOについては、
上記の教材の特典として提供している、

・YouTubeマスターズプログラム【攻略の経典】

である程度網羅しているのですが、

「YouTubeリサーチ」

については、本格的に教材化してはいない為、
幾つか似たような質問や相談が寄せられている状況です。
(YouTubeSEOについての完全版は近々公開する予定です)


YouTubeリサーチの方向性



まあ、リサーチしていくべき項目というのは、
そのリサーチの「目的」によって変わってきますので一概には言えませんが、
ザックリとその方向性を分けるとするなら、

・YouTube動画のリサーチ
・YouTubeチャンネルのリサーチ


の2つに分けられると思います。


それが「YouTube動画のリサーチ」なのであれば、


・どんな動画がどんなキーワードでYouTube検索上位に表示されているのか
・どんな動画にどれだけの再生回数があるのか(需要があるのか)
・どんな動画にどれだけの評価が付いているのか(需要があるのか)
・どんな動画にどれだけのコメントが付いているのか(需要があるのか)
・需要のある動画はどんな構成(内容)の動画なのか
・需要のある動画はどんなタイトルを付けているか
・需要のある動画はどんな説明文にしているのか
・需要のある動画はどんなタグを設定しているのか
・需要のある動画はどんなサムネイルを設定しているのか
・需要のある動画はどんなアノテーションを設定しているのか
・需要のある動画はどんなカードを設定しているのか
・需要のある動画はどんな再生リストを作成しているのか


などがそれにあたりますし、
それが「YouTubeチャンネルのリサーチ」なのであれば、


・どんなチャンネルがどんなキーワードでYouTube検索上位に表示されているのか
・どんなチャンネルにどれくらいのチャンネル登録者が付いているのか(人気があるのか)
・人気のあるチャンネルはどれだけの動画本数を投稿しているのか
・人気のあるチャンネルの動画一本あたりの再生回数はどれくらいか
・人気のあるチャンネルの動画一本あたりの評価数はどれくらいか
・人気のあるチャンネルの動画一本あたりのコメント数はどれくらいか
・人気のあるチャンネルはどんなチャンネル名にしているのか
・人気のあるチャンネルはどんなチャンネル説明文にしているのか
・人気のあるチャンネルはどんなチャンネルキーワードを設定しているのか
・人気のあるチャンネルはどんなアイコンを設定しているのか


などがそれにあたるわけです。


つまり上記全てをリサーチしていく事で必然的に、


・人気のあるYouTubeチャンネル
(チャンネル登録者が多いチャンネルや検索上位を狙えるチャンネル)

・需要の高いYouTube動画
(再生回数や評価、コメントを獲得できるYouTube動画)



を作成していく事ができるという事。


ちなみに僕はそれらのリサーチを全てツールによって自動化しています。
(ツール販売については多数のご要望がある為、今現在販売準備中です)


・・で。


僕は上記の教材以外にもYouTube教材を特典付きで紹介しているわけですが、
その特典実践者や僕のコンサル生に、

「YouTubeの稼ぎ方」

を教えている事もあってこの、

「YouTubeリサーチ」

においての質問や相談を寄せられる機会も多くあるような状況です。


上記の通りYouTubeリサーチひとつにおいても、
それぞれにリサーチするべきポイントがあるわけですが、
初心者であればなおさら、


「ここ、なんでリサーチするの?」
「何故、それが重要なの?」
「ここをリサーチする事で何がわかるの?」



というリサーチに対する疑問点なども出てくるんですね。


勿論リサーチはあくまでも自身の「結果」に繋げていく為のリサーチですから、


・なぜ、それをリサーチするのか
・そのリサーチで何がわかるのか



が明確ではない中で、ただ闇雲にリサーチしていくだけなら、
それはリサーチではないし、リサーチする「意味」もありません。


そこで今日は1つ、
よく質問や相談が寄せられるリサーチポイントである、
YouTube動画の「評価」について少し触れておこうかと思います。


YouTubeユーザーが起こせるアクション



YouTubeで視聴ユーザーが起こせるアクションとしては、

・チャンネル登録
・お気に入り
・コメント
・高評価
・低評価

などがそれにあたります。


つまり、

「フラットにYouTubeを眺めているユーザー」

は投稿されているYouTube動画や、
その動画を投稿しているチャンネルに対して、
上記のような反応をしていくというわけです。


YouTubeSEOにおける「チャンネル登録者」数の重要性。



まず、チャンネル登録者についてですが、
勿論チャンネル登録者が多ければ多い方が、
多くのユーザーに求められているチャンネルというわけですから、
YouTube内での影響力も高まってきます。


「多くのユーザーに求められているチャンネル」は、
「自然とYouTubeに評価される」わけです。



また、チャンネル登録者のマイページ内では、
そのチャンネル動画の一覧が表示される事になりますし、
そのチャンネルが動画の新着動画も通知される形になるので、
チャンネル登録者の「数」は、
再生回数の初動や「伸び」にも直結してくる需要なポイントになります。


今回はテーマが違うので、
そのあたりについての詳しい解説は割愛しますが、
チャンネル登録者を集める、
具体的なメリットなどについては下記で詳しく記事にしていますので、
まだ読んでいないという方はご確認頂ければと。


Jack Tube:ジャックチューブ(小西和夫)YouTubeチャンネル登録者増加ツールを買ってみた。


で、次。


YouTubeSEOにおける「お気に入り」数の重要性。



YouTubeのお気に入りは、
一般的に「あとで再生する」という形で使われる事が多い機能です。


つまりそれだけ「再生しよう」と思われている動画になりますので、
こちらも多ければ多いほど、「需要がある」と判断できます。


勿論、

「多くのユーザーにお気に入りされている動画」

であればあるほど、

「多くの視聴ユーザーに求められている動画」


という事になりますので、

「YouTube検索の上位表示」や「関連動画への表示頻度」


が上がる形で、YouTubeから評価され易くなると言えます。


また、お気に入りに追加した動画は、
その視聴ユーザーの再生リストに追加されますので、
ある意味そのユーザーから「被リンク」を得る事ができる形になります。


また、そのお気に入りに追加した動画が再生リストに入っていれば、
その後も継続的に再生される確率も上がります。


つまり、「お気に入りの数」を調べていく事で、
再生回数とは別の面から人気動画をリサーチしていく事が可能になるわけです。


これもひとつのリサーチポイントになってきますし、
自身でYouTube動画を投稿していく際も、
お気に入り登録を促していくような構成にしていった方が、
YouTubeSEO的にも有利に実践していけると思います。



次に、


YouTubeSEOにおける「コメント」数の重要性。



について。


YouTubeの「コメント」機能について、
改めて説明する必要はないかと思います。


要するに、
特定の動画について視聴ユーザーから寄せられたコメントが、
動画再生ページのコメント一覧に表示されるわけですが、
この「コメント数」もYouTubeSEOにおいては重要なポイントになります。


コメントされるという事は、
それだけ「視聴維持率」が高く「再生時間」が長いという事。



視聴しているユーザーは当然動画を視聴して、
その内容についての感想や意見などをコメントするわけですから、
それだけある程度の時間、動画を視聴したユーザーであるという事ができます。


「動画を見ないでコメントする」なんて考えにくいですからね。


視聴維持率や再生時間があればある程、
ユーザーが見たい動画(需要の高い動画)という事になりますから、
YouTubeSEOにも有利に働いてくるというわけです。


また、最近は動画の再生回数よりも、
視聴維持率や再生時間が重要視されてきている傾向もありますし、
再生時間はアドセンス報酬にも影響してきます。


そしてリサーチ対象の動画のコメント数を見ていけば、
再生時間や視聴維持率を垣間見るひとつの指標にできるという事です。


勿論、その動画のコメントの内容をみていけば良くも悪くも、

「どんな動画にどんなコメントが入っているのか」

もわかりますので、
それを自身の動画作成の参考にしていくことも可能になります。


いずれにせよストレートに、

「コメントの多い動画は盛り上がってる」

というイメージでそういう動画は、
YouTubeにもユーザーにも評価され易いという感じですかね。


そしてそのひとつの指標となるのがコメント数とその内容だという事。


その動画の視聴維持率や、再生時間を、
「コメントの数」からも垣間見れるという事です。



同じ再生回数でも、よりコメント数の多い動画の方が、
視聴時間も視聴維持率も高い人気動画だという事。


実際、ある程度再生回数を稼いでいるチャンネルや、
有名ユーチューバーがコメントをお願いしている点からも、
コメントの重要性は見て取れるかと思います。


そしてそんな人気動画やチャンネルが、
視聴ユーザーに「チャンネル登録」や「コメント」以外にも促しているのが、

「YouTube動画への評価」

です。


YouTubeSEOにおける「評価」の重要性。



・・で、前置きが長くなりましたが、
今回のテーマはこの「評価」について。


特典実践者やコンサル生から、
リサーチについて寄せられる相談の中で多いのがこの、

「評価」

についてだったりします。


YouTubeの視聴ユーザーは特定のYouTube動画に対して、
「高評価」と「低評価」という形で評価を付けていく事ができます。


嫌がらせで低評価を意図的に付けるようなユーザーも稀にいますが、
基本的にはその動画が良いと思えば高評価、
悪いと思えば低評価を付けていくようなシンプルなものです。


そしてこの「評価の数」もYouTubeリサーチや、
YouTubeSEOにおいては重要なポイントのひとつになります。


まず挙げられるのが、
「評価が多い」という事は「コメントが多い」場合と同様、
その動画の再生時間が長く視聴維持率が高い傾向にあるという事。



これは先ほどのコメントと同様ですが、
嫌がらせは別としてその動画に「評価」を付けるという事は、
その動画を視聴した上で、
評価なりコメントなりをしていくわけですから、
最後まで再生している、あるいはそれなりの視聴時間がある可能性が高いわけです。


そして視聴維持率や再生時間がアドセンス報酬や、
YouTubeからの評価に影響を与える事は先述の通り。


つまり高評価が入っている動画ほど需要のある動画だと判断できるわけです。


また、YouTubeに「高評価」を付けたユーザーのページには、

「高評価を付けた動画」

という形で再生リストに追加・表示されますので、
先ほどの「お気に入り」と同様に、
ある意味そのユーザーから「被リンク」を得る事ができる形になります。


そしてこれも「お気に入り」に追加した場合と同様に、
その動画が再生リストに入っていれば、
その後も継続的に再生される確率も上がります。


その面からも、

「高評価が多い動画」=「ユーザーから支持されている動画」

という事になりますので、YouTubeに評価され易く、
必然的にYouTube検索上位への出現頻度、
関連動画への出現頻度、アドセンス報酬額も上がってくるといわけです。


YouTube動画の高評価が多くても、
低評価が多い動画は参考にならない?



上記のように、
「高評価が多い動画は参考にすべき」という事は直観的にわかるにせよ、
そこで疑問になってくるのが「低評価」についてだと思います。


つまり、

「高評価が多くても、低評価が多い動画は参考にならない?」


という事ですね。


ただこれは特に気にしなくても良いと思います。


高評価を入れた視聴ユーザーのマイページには、

「高評価を付けた動画」

という形で再生リストに追加・表示されますが、
低評価を入れた場合はそれがないものの、
とくに悪い意味で影響を与える事はないと思います。


そもそも視聴している全員が全員に、
高評価を付けられるような動画を作れるなら申し分ありませんが、
それは現実的に考えて難しいですし、
動画の視聴者(再生回数)が増えればアンチも生まれてきます。


その視聴者の判断で、
高評価なり、低評価なりを入れられていくわけですが、
少なくとも「その動画を視聴した」という事には変わりはありません。


つまり、どちらにせよ視聴維持率の高い動画であるという事は垣間見れるわけです。


また、掲示板などで低評価を促し、
嫌がらせで低評価を入れられるケースも事実としてある為、
その低評価の数がYouTubeSEOに影響していくとは考えにくいと思います。


よって、「動画のリサーチを行っていく」という面からは、
低評価数は気にせず高評価数の多い動画を参考にしていく形で、
自分が投稿している動画に低評価が多く入っていても、
とくに気にする事はないという事です。


自身が投稿した動画に低評価のみがバンバン入るような状況でしたら、
その経験を次の動画作成に繋げていけばいいだけの話です。


・・まあ、
YouTubeのアルゴリズムはブラックボックスになりますので、
先の「チャンネル登録者」にせよ「お気に入り」にせよ、
「コメント」にせよこの「評価」にせよ、断定的な事は言えません。


ただ少なくともこれまで触れてきたポイントを踏まえていけば、
再生回数以外の面から人気動画を見極めてリサーチしていくことが可能になります。


そしてそんな人気動画の内容や投稿の仕方を参考にしながら、
自身の動画作成や投稿していけば、
必然的に結果に繋げていくことができるわけです。


言ってしまえば、
そのリサーチした人気動画をカンニングしていく事ができるわけですからね。


上記のポイント以外の動画投稿におけるポイントや、チャンネル情報も全部そう。


以前もお伝えした通り、YouTubeは「答え」が出ているんです。


YouTubeで稼げない人の共通点とリサーチの重要性。


「リサーチする」

と聞くと小難しくて面倒に感じるかもしれませんが、
実際にリサーチしていく事は極めて単純で簡単です。


そしてそのリサーチを自身のYouTube動画やチャンネルに生かしていく事も容易。


そのたったひと手間を加えるだけで、
同じ動画でも得られる結果を一気に伸ばしていくことができるんです。


正直、自分が取り組んでいる市場について
リサーチしないという事自体、ちょっと・・という感じですが、
実際、YouTubeを活用しているのに、
そのYouTubeをリサーチをしていないユーザーが殆どです。


現に結果を出せていないユーザーの殆どが、このリサーチをおざなりにしています。


もしあなたが今YouTubeに取り組んでいて、
思うような結果が出ていないのであれば、
一度YouTube内の人気チャンネルや人気動画をリサーチして、
あなたのチャンネルや動画を見直してみていって頂ければと思います。


また機会があれば、
より詳しくそれぞれをかみ砕いた解説などもしていきますね。

【重要なお知らせ】

YouTubeリサーチ&YouTubeSEOに特化した
ツールとノウハウをリリースしました。

下記で詳しくレビューしておりますので、
YouTubeでガンガン稼ぎたい方は一読ください。

YouTube Trend-Movie Maker「流時」-RYUJI-(株式会社カルマ)が販売開始。


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuuの「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

こんな人の日記です。


最終学歴、中学一年の2月頃。
履歴書に掛ける職歴、ほぼ0。
持っている資格、0。
持っている知識、0。
持っているスキル、0。
持っている人脈、0。
yuuの詳しいプロフィールはこちら

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

カテゴリー

タグ

Copywriting Archive the teaching Program DRMダイレクトレスポンスマーケティング DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐ DRMダイレクトレスポンスマーケティングで稼ぐネットビジネス Facebook収入プロジェクト JackTubeジャックチューブ JackTube小西和夫 TheMillionWritingミリオンライティング宇崎恵吾 YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI- YouTubeTrend-MovieMaker「流時」-RYUJI-特典 「神龍」オートコンテンツビルダーACB エビルユーチューバー エビルユーチューバー実績事例 エビルユーチューバー特典 エビルユーチューバー稼げない エビルユーチューバー評価評判 ギガチューブ コピーライティング ダイレクトレスポンスマーケティング ツイッターブレイン ツイッターブレインTwitterBrain ツイッターブレイン凍結 ツイッターブレイン活用事例 ツイッターブレイン特典 トレンドアフィリエイト稼げない フュージョンメディアアカデミー フュージョンメディアアカデミーFMA フュージョンメディアアカデミー大西良幸 ブログアフィリエイトやり方 ユーチューブで稼ぐ ユーチューブで稼ぐ方法 ユーチューブ稼ぐ ユーチューブ稼げない ワードプレスアフィリエイト ワードプレスブログで稼ぐ 匿名アフィリエイト 匿名ブログ 匿名ブログアフィリエイト 大西良幸 宇崎恵吾 小西和夫 株式会社イーブックジャパン 田中政信 稼げるワードプレス講座

このページの先頭へ