【最新AI×マーケ】新講座発足における緊急アンケート(無料)

yuuです。


今回はちょっと

「読者さんからの需要の確認」

の意味も含めた緊急アンケートをひとつ。
(感度の良い方にとっては重要なご案内です。※売り込みは無しです)


という事で、早速本題に入りますね。


画像生成AIの今と、今後の可能性



ここ数か月、
めっぽうAIツールに翻弄されている僕ですが、
最近は「画像生成AI」のプロンプトにもハマっています。


昨今

「AI市場がとんでもないスピードで技術進化している」

という事はこれまでも散々お伝えしてきましたが、
これはチャットGPTのような文章生成型AIに限った事ではありません。


日々、多くの分野で多種多様のAIが目まぐるしく進化していて
AIに精通しているようなインフルエンサーでさえ

「半日、目を離したら置いていかれる」

と言っているような、そんなレベル感なんですよ。


だから僕のような「にわか専門家」は
マジで最新情報についていくだけでも必死なんです。


・・まあ、僕の場合は

「最先端のAI技術を突き詰める」

というよりは

「ビジネス目的に、どうAIを駆使できるかを突き詰める」

事にフォーカスしているので、
ちょっと目的が違うんですが、
それでも日々の進化スピードが早すぎてマジで目を離せません。


そんな中で、なぜ僕が今

「画像生成AI」

に没頭しているかと言うと、
画像生成AIのプロントプト技術を今のうちに極めておけば

「将来的にビジネスの幅が無限大に広がる」

と直感的に確信しているからです。


以前、ChatGPTの解説記事でもお伝えしましたが


その他AIソフト×ChatGPTのあれこれ:


今は画像生成AIで作られた
バーチャルヒューマン(実在しない人間)が

「バーチャルインフルエンサー」

として活躍していたり

「AIコスプレイヤー」

がTwitterでトレンド入りしていたりと盛り上がりを見せています。


AIコスプレイヤーは文字通り、
画像生成AIで作られた

「バーチャルヒューマン(実在しない人間)のコスプレイヤー」

になるわけですけど、
実在する人間の写真ではなく
あくまでも生成した「画像」なので

・顔面偏差値(一流芸能人やアニメ・ゲームキャラレベル‥)
・年齢やスタイル(高身長低身長・3サイズなども自由自在に‥)
・ポーズ(NG無しでどんなポーズでも‥)
・衣装(こちらもNG無しでどんな衣装でも‥)
・場所や背景(大自然だろうが空中だろうが宇宙だろうがw)

などなど、
プロンプトさえしっかりと構築すれば

「リアルでは実現不可能なレベルの事」

を変幻自在に(作者の思い通り)に設定できてしまうんですよね。


【画像】


なので界隈では、

「もはやコスプレイヤーいらないんじゃね?」

とも言われています。


実際にTwitterでは

「AIコスプレイヤーを載せているだけ」

で数万~10万人超えのフォロワーを集めているアカウントもあります






また、これも以前お伝えしましたが、
もう既にAIで生成したイラスト画像を販売している人もいて、
普通に月収100万円以上稼いでる人はめちゃめちゃいると思います。
(これは勝手な僕の予想レベルにはなりますが)


加えて言うと今は既に

・音声生成AI
(AIトークソフトや合成音声ソフト)

・動画生成AI
(自分が作ったイラスト画像に喋らせるAI)

などもどんどん進化してきているので、
画像生成AIで作ったイラスト画像を元に
それらを組み合わせていけば

「VTuber(ブイチューバー)」

みたいな活動もできるわけです。


それこそ以前までなら
VTuber(ブイチューバー)を作ろうと思うと
高価な機材を用意したり、
パソコンに専門的なソフトやプログラムを入れて環境を整えたり
それを使いこなすスキルや知識が必要だったりなど、
様々なハードルによって挫折してしまう方が大半でした。


ただ、今はGoogleアカウントさえあれば
Google Colaboratoryを使って、
無料、インストール不要、ブラウザ上で
すぐにPythonを使える環境を整えることが出来ちゃうし、
各AIツール(これらもインストール不要)を組み合わせていく事で

「超絶素人でも超低コストで超高品質なキャラクターを作る事」

ができるようになってしまっているわけですよ。


しかも、ハイスペックなパソコンや機材も不要、
なんならスマホでできちゃう手法だってあります。



いやーもうホントAI様様ですよね。


以前なら、
VTuberをひとり作るのに何か月もかかっていたのが
今はそれらのAIツールや無料サービスを使うことで
1時間とか、そこらで作る事も全然可能なんです。


それこそチャットGPTを使えば、

・動画の企画発案
・台本の生成

などもAI任せにしていく事もできますし、
適材適所で必要なAIを使っていけば
質の高いコンテンツマーケティングを図る事ができます。


また、アダルト市場においては2008年頃を境に

・「同人誌市場」がアダルトビデオ(AV)の市場規模を逆転している
・逆転して以降、現在もその差を広げ続けている


って知ってました?




同人市場と言えば、

・エロアニメ
・エロ漫画
・エロゲーム
・エロ動画(3DCG含む)

などが人気で
一部のマニア(オタク的な方々)が支えている市場ですが、
もう15年も前から実写のアダルトビデオ(AV)市場を超えているんです。


僕自身、同人誌市場に関して無知だったので、これを知った時は驚きました。


ちなみに矢野経済研究所の調べによると、

「同人誌の小売り金額ベース」

だけでも2020年時点で800億円あります。


(参照):https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/3121


ちなみに先ほど例に挙げたVTuberの市場規模は
2022年時点で579億円と言われていて
いずれもかなり市場規模が大きい事がわかります。


とはいえ、
いくら市場規模が大きくても
クリエイティブなスキルやセンスが必要となる分野なので、
今までは一般人が参入して勝っていくのはほぼ不可能だったわけです。


でも今は「AI」を駆使していく事で

・イラスト販売
・VTuber活動
・AIコスプレイヤー
・同人誌

などなど、
本来スキルがなければ参入が難しかったクリエイティブな市場に対して
てんで「ド素人」が参入していく事ができてしまうんですね。


以前チャットGPTの記事でもお伝えしましたが
上記はほんの一部の話で
こういった動きはAIの進化に伴って
今後もさらに加速していくと思います。


AIによって今の仕事が無くなったりスキルのレアリティが低くなる?:


話を戻して、

「僕が今画像生成AIにハマっている理由」

としては上記のどの活動に移行していくにも
根幹となるのが画像生成AIだと思っているからです。


イラスト販売やAIコスプレイヤーは言うまでもなく
画像生成AIのプロンプトありきで質が決まりますし、
VTuberだってそのキャラクターを生成するのに画像生成AIを使います。


なので、まずは根幹となる画像生成AIの
プロンプトスキルを磨いておきたいなと。


画像生成AIのプロンプトを極めておけば
これから新しいAIツールが出て来たり、
マネタイズ方法が出てきてもすぐにシフトできますからね。


もちろん、
この考えが結果的に違う可能性もありますが、
画像生成AIを使いこなすスキルを手にしておく
メリットはあってもデメリットはないかなと。


あとは

「ライバルが少ないうちに慣れておきたい」

という面もあります。


先の通り画像生成AIに関しては、
まだ「これ」といった
具体的なマネタイズ方法が確立されているわけではありません。


よってその道の専門家的な人が少ない状況にあるので、
今のうちにマスターできるだけしておこうという次第です。


それこそAIコスプレイヤーひとつにしても
そこにコミットしてやり込んでいる人は
まだまだ「少ない」のが実情なので
個人的には超絶「穴場」な市場だと思います。

(決してアダルトと、かけてはいませんw)


もちろん、以前レビューしたラビットエキスパートも含め、

「利益に直結させる事ができるAIの検証」

も常にメインで行っていますが、



空き時間があれば画像生成AIを触っている感じですね。


・・そこで今回の本題なんですけど、こういった


最新のAI情報を発信していくのって需要ありますか?



という事を聞きたかったんですよね。


例えば今回の流れでいえば、
ここからさらに掘り下げて

・画像生成AIの具体的な使い方や事例など
・画像生成AIで生成したイラストをどう活かしていくかなどのノウハウ


などを解説していくようなイメージで
それを各ジャンル(あるいはAI)毎に公開していく事に
需要があるのかどうかを知りたいんです。


っていうのも、このブログやメルマガって、
もともとはネットマーケティングや
ネットビジネス関係の発信に特化していたじゃないですか。


もちろん、AIがビジネスシーン全体に
大きな影響を与えてくる事は間違いない
(というか既に与えている)んですけど、

『ビジネスや利益に直接繋がる情報以外はいらないよ』

という読者さんも、中にはいるかもしれないなと思って。


僕的には、あらゆるジャンルのAIにアンテナを張って

「いつ何が起きても臨機応変に対応できる体制」

を整えておく事がベストだと思っていますし、
僕自身が今現在AIに没頭しているのもあるので、
今後も最新情報をガンガン発信していきたいのですが、
読者さんからの需要がなければやる意味もないので。


そこでひとつ需要確認の意味も込めて、
専用フォームを用意しました。


【yuu式】最新AI事情×マーケ攻略マガジン登録フォームはこちら(※無料)


こちらのフォームの登録者が少なければ
読者さんからの需要も少ないという事なので
今後は上記の専用メルマガのみでAI情報を発信してこうと思います。


逆に、登録者が多ければ公式メルマガでもどんどん配信していきます。


いずれにせよ、

『AIの最新情報や攻略ノウハウをいち早く取り入れたい』

という方は上記のフォームに登録して頂ければと。


※メッセージ欄(任意)もあるので、
今後のメルマガに期待している事やご自身の目標など、
何かあれば書いてくれると嬉しいです。



プロンプトを制する者が「AI時代」を制する



今回は画像生成AIについて触れましたが、
画像生成AIにせよ文章生成AIにせよ、
その他のAIにせよやっぱり

「プロンプトの出し方ひとつで回答の精度は別物レベルに変わる」

ので、

「ここをしっかりと突き詰めるのが重要だな」

と改めて感じています。


ホント、どんなに優秀なAIツールでも、
プロンプトの出し方ひとつで得られる回答に天と地ほどの差がでます。


チャットGPTひとつにしても、
GPT3.5だろうがGPT4だろうが、
しっかりとプロンプトを打てなければただのガラクタです。


正直、使いこなせなければ
検索エンジン以下の利用価値だと思います。


実際、チャットGPTを使って、

『チャットGPTって全然使えなくない?』

と言っている人も多いわけですけど、
それはただ単にプロンプトのスキルがないだけです。


これも以前お伝えしましたが、


今後のAI時代で「勝つ」為の「3つ」の捉え方


ChatGPTに限らず

「AIをうまく使い倒す人間」

がこれからの時代を勝ち抜いていきます。


インターネット黎明期に

「俺、インターネットが得意だよ!」
「私、ホームページを作れるよ!」


という人材が重宝されたように
年齢やこれまでの学歴は一切関係なく

「AIをどう使えば(どう使いこなせば)、
 自分の生活や経済活動を効率的に進められるのか。」


ここを考えられる

「AI使い」

ともいえる人材の価値が
今後「確実」と言えるレベルで高まるという事。


そのあたりのプロンプト技術も含めて、
今後は専用メルマガなりで配信していきたいと思うので、
興味のある方は今の内にご登録頂ければと。


【yuu式】最新AI事情×マーケ攻略マガジン登録フォームはこちら(※無料)



AIの進化スピードに乗り遅れないように



上記のメルマガでは、

・AIの最新情報
・そのAIをビジネスに活かしていく為のノウハウ


なども随時配信していくつもりです。


毎度毎度お伝えしている通り、
AIは今指数関数的に進化していてスピードが半端じゃありません。


なのでその情報をいち早く取り入れていく事が何より重要です。


それこそ今回例に挙げた画像生成AIで言うと、

・Stable Diffusion(ステープルディフュージョン)
・Midjourney(ミッドジャーニー)
・DALL-E2(ダリ)
・Novel AI(ノベルエーアイ)

このあたりが元々の有名どころでしたが、
この短期間で画像生成AIはめちゃめちゃリリースされていて、

・Adobe社がAdobe Firefly(アドビファイヤーフライ)をリリース
・CanvaがCanva AIをリリース
・マイクロソフトがBing Image Creatorをリリース
・Midjourneyをベースにした、にじジャーニー(nijijourney)がリリース
・Shutterstock(ストックサービス大手)が画像生成AIサービスを開始

などなど、挙げだすとキリがないくらい
もうめちゃくちゃ乱立してるんですよ。
(有名どころのAPIを使っているサービスが多いですが)


これ、年単位ではなく週単位、日単位の話ですからね。


もうビビるくらい物凄いスピード感です。


そしてこれは画像生成AIに限った話ではなく
どのジャンルのAIにも同じ事が起こっているんです。


ChatGPTも、
今年の秋ごろには最新版である「GPT-5」がリリース予定との事。


GPT5がリリースされてAPIが公開されれば
また新たなAIツールがどんどんリリースされますし、
それによってどんどん出来る事が広がっていきます。


もうほんと目が離せません。


また視点を変えると、

「今通用している事が来月通用しているかわからない」

という事もあるので、
その面でも常に最新情報にアンテナを張っておく事はかなり重要です。
(※例えば、今は無料で使えているけど使えなくなるとか)


そのあたりも含めて配信していきますね。


【yuu式】最新AI事情×マーケ攻略マガジン登録フォームはこちら(※無料)


という事で、今回はそんな「調査配信」でした!


それでは。


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ





yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓





  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…

関連記事

  1. 特別企画

    【ツイッター完全攻略企画】特設サイトのご案内。

    どうも、yuuです。以前、再募集を始めたツイッターブレイン…

  2. 特別企画

    保護中: 「you」x「yuu」企画についてのお知らせ。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 特別企画

    各【yuu式限定特典】を「格安」で手に入れる方法。

    どうも、yuuです。今日はかなり多くの方から寄せられている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


撮影と報告だけで月収7桁超え?話題のソフトウェア+教材を辛口レビュー

実践者・コンサル生の事例紹介

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

次世代のWEB3.0を「先取り」して収益化する反則(チート)ツールが誕生

【AI業界激震】ノーコードAI構築ツール RabbitX(ラビットX)森本哲也レビュー

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. ネットビジネス講座

    他人を批判、誹謗中傷しまくって稼ぐマーケティング戦略とは。
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    奴隷のようなアフィリエイトから脱却する方法。
  3. 教材実践者・コンサル事例

    「現役中学生」が「僅か2か月」でサラリーマンの月収を越えてしまった事例。
  4. MAM/PAMMとは(基礎開設)

    MAMとは?PAMMとは?3年の検証経験から見るFX自動売買EAの“限界”【永久…
  5. 教材実践者・コンサル事例

    【3か月で月収210万】郵便局員Hさんの0→1コンテンツビジネス実践事例
PAGE TOP