クラブメンバー「カズ」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例4

【情弱→月収7桁】カズさんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例

yuuです。


年始のご挨拶で

「今年はコンサル事例をどんどん紹介していきます」

とアナウンスしたわけですが・・全く有言実行できていないので、今回から何回かに分けてクラブメンバーの事例を紹介していきます。





いかんせん、ブログ自体更新できていなかったので、事例紹介云々以前の話なんですが、こんなクソみたいなブログでも記事を更新する度に多くの反響を頂いたりしますので、今年は「投稿数」にも気を配っていければと。


前回なんて、2か月振りのブログ更新でしたし、2018年でこれまでに投稿した記事数はたった6記事ですからね(苦笑)


2018ブログ更新頻度


改めて投稿数を見るとマジで

「どんだけやる気ねーの?」

って話なんですが、僕としてはどうしてもクラブメンバーの育成が最優先になるので、ブログ自体がなおざりになってしまっていました。


ただ既存のクラブメンバーもどんどん育ってきて「指導・育成に掛かる労力」が日に日に減っていっているというのも実情です。


なので、今後はその空いた時間や労力をこのブログの投稿に投じて、少しでもあなたにとって「タメになる記事」を投稿していければと思います。


という事で今日は、クラブメンバー1名の実践事例を紹介していきます。


ちなみにこれまで紹介してきた事例は下記のカテゴリから確認できます。


「教材実践者・コンサル事例」の記事一覧


では早速。


クラブメンバー「カズ」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)事例紹介。



今回紹介するクラブメンバーは「カズ」さんというクラブメンバーになります。


ダイレクトレスポンスマーケティングコンサル事例(カズ)


そんなカズさんのブログはこちら。





彼は「カズ」というキャラクターのメディア以外にも、幾つかのキャラクターでメディア展開しているんですが、分かり易くこの場では「カズさん」と統一して紹介させて頂きます。


・・で、結論から言うと、彼は上記の「カズ名義」のブログからだけで、少なく見積もっても月収7桁(100万円以上)は普通に上がっている状況にあります。(そのあたりの実績については後程紹介していきます)


そんなカズさんと僕との「リアルな出会い」はコンサル企画になるんですが、そもそものキッカケはこのブログで紹介している教材を購入した事にありました。


つまり厳密にいえば、最初は「教材購入者」で、そこで実績を出していく中でコンサルに申込み「クラブメンバー」として密な関係を持つようになった・・という流れです。


こう経緯だけをザックリ書けば

「順風満帆に成功を掴んだ」

みたいな印象を持たれそうなものですが、実は初めてコンタクトを取った当時の彼はなかなかの「悲惨な状況」で、

「借金してまで情報商材に突っ込みながらも全く結果を出せない」

という典型的なノウハウコレクターでした。


その借金は膨れに膨れ上がり、なんと情報商品に投じた借金だけで300万円もあったそうです。


・・で、その一番の原因はまさに

「価値のある商品を見極める目が無かった」

という事にありました。


そのあたりについては以前記事にした事もありますが、





まさに上記の記事で触れているように

「信用できる情報発信者や商品の“見極める力”」

が当時の彼にはなかったわけです。


そもそも彼がネットビジネスに興味を持ったキッカケが、

「自身がブラック企業に身を粉にしながら勤めている事に限界を感じたから」

という事だったようですが、当時は何の知識も経験もないだけに


・誰を信用していいのかわからない
・どの商品を選べばいいのかわからない


ような状況で、よくいる「簡単に稼げます系」の情報発信者や、「クリックだけで・・」みたいなノリのセールスレターを鵜呑みにしては、あれよこれよと言われるがままに商品を購入していったんですね。


実際に購入した商品で結果を出す事ができればよかったんですが、その殆どが

「売る為だけに作られた価値の無い商品」

だったので、いくら愚直に実践しても結果に繋がる事はありませんでした。


そんな負のループに陥り、抱えている借金がみるみる膨らんでいく中で、僕のブログを発見したわけです。


ただ、いかんせん当時の彼は、それまでに散々騙されてきた経緯もあったので、最初は僕の事も信用できず「胡散臭い」とすら思っていたようです(笑)


それでも、「成約率」と「利益率」を最大化し、一連の戦略を仕組み化して「労力対効果」を最大化していく、

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)×アフィリエイト戦略」

には強い興味を持ったらしく、

「強い興味がある」 < 「でも信用するのが怖い」 < 「でもやっぱり気になる・・」

という図式で、まずは手始めに当時僕がアフィリエイトしていた教材を購入した・・という流れです。


このブログやメルマガの読者さんであればご存じかと思いますが、僕はブログ開設当初から一貫して初心者、経験者問わず誰に対しても

「最終的にはブログとメルマガを活用した情報発信ビジネスを行っていくべき」

とブログアフィリエイトやメルマガアフィリエイトを推奨してきました。


その情報発信ビジネスを合理的に効率化していく戦略がまさに

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)×アフィリエイト戦略」

なわけで、実際にそれを伝えている個人コンサルやコンサル企画では

「実績(利益)を荒稼ぎする初心者やド素人」

もどんどん輩出しているわけですが、やはり「ブログ」や「メルマガ」というフレーズを聞くだけで、そこにハードルを感じてしまう方も少なくありません。


そのあたりの「間違えた先入観」「ぶっちゃけたトコロ」に関しては下記の記事で詳しく言及している通りですが





それでもやっぱりそこに高いハードルを感じる方には、

「後々展開していくブログやメルマガへの集客の入口」

としてソーシャルメディアを活用して情報発信していく事を推奨しています。


そしてその実践において有効な教材やツールをアフィリエイトしていたりもするわけですが、それらの教材やツールは僕のコンサルティングよりも遥かに安価です。


加えて当時は今のようにパッケージ化したコンサル企画も発足していませんでしたし、個人コンサルも数百万単位~と高額に設定していました。


その点、当時カズさんが購入したアフィリエイト教材には、特典としてスカイプ形式のサポートも付けていたので、

・段階的なスキルアップ
・金銭的なリスクヘッジ


も兼ねて

「まずはコンサルへのお試し」

くらいの気持ちで購入された形になります。


・・で、実際にその教材の実践に移っていったわけですが、結果から言うと、


・2か月後に月収22万を達成
・半年後には月収50万を達成
・1年後には月収100万円以上を達成



と、そこそこトントン拍子で実績を出していきました。


勿論、「ラクして稼いだ」なんて事はありませんし(そんな魔法は存在しません)、本人の努力あっての結果ですが事実として、

「借金まみれの典型的なノウハウコレクター」

が、上記の結果(実績)を叩き出したわけです。


この事例からも、

「正しい知識と正しい実践があればノウハウコレクターだろうが初心者だろうが結果は出せる」

という事が立証されています。


そのあたりについては、話が脱線するので先程の記事を読んで頂ければと思いますが、実際にスカイプを介してコンタクトを取っていく事で、結果(利益)だけでなく僕とカズさんの信頼関係も日に日に深まっていました。


ブログ&メルマガアフィリエイトへの挑戦~



そんなこんなで、実際にソーシャルメディアで実績を上げていったわけですが、ここで彼はようやく、僕が「次のステップ」として口酸っぱく提唱している

・ブログ
・メールマガジン


での情報発信ビジネスに取り掛かっていく事になります。


それが冒頭で紹介した「カズ」というキャラクターのブログとメールマガジンです。


最初は見よう見まねで「手探り」に実践していったカズさんですが、それまでソーシャルメディアで情報発信してきた経験から

「アフィリエイトで稼ぐ感覚やコツ」

を、ある程度は感覚的に身に付けていた事もあり、実践開始数か月でそれなりのアクセス数と売り上げを上げるブログを作成できていました。


ちなみに当時のアクセス数はおおよそ一日100~200アクセス程。


月間ベースで言えば3000~6000アクセス程で、そこから上がるアフィリエイト報酬は“バラつき”があるものの

「月間ベースで30万円程~60万円程」

という状況でした。


まあ、結果論としてこの数字だけ見れば悪くないようにも見えるかもしれません。


ただ彼としては「理想のブログやメルマガ運営」とは程遠い状況で、漠然とした「不安」を抱えていたんですね。


一見順調に見えるブログ&メルマガアフィリに立ちはだかった「4つの壁」



・・なぜ、彼はその結果に満足する事ができず、さらに不安まで抱えていたのか。


その理由は大きく分けて下記の「4つ」です。


1、継続性の無い一過性の収益構造だった事
2、労力対効果(労力に対して利益)が低かった事
3、LTV(顧客一人当たりがもたらす利益)が低かった事
4、戦略的ではなく先行きが不透明だった事


掘り下げて解説していくと、当時彼は、

「アクセスを集める為に記事を投稿し、そこに集めたアクセスから売上を立てていく」

ようなスタンスでブログを運営していました。


言うまでもなく、

「ブログから商品を購入してもらい、売上を上げていく」

には、商品を購入してくれる見込み客を集めなければなりません。


当然、買う人がいなければ売上は発生しませんから、

「アクセス(購入してくれる見込み客)を集める為の記事」

を投稿していく必要があります。


・・でも、当時の彼のブログは“それありき”になってしまっていたんですよね。


つまりどういう事かと言うと、

「アクセスを集める記事をひたすら書き続けなければ継続的に利益を得られない」
「実践の手を止めてしまう事で、利益も大きく左右されてしまう」


という状況だったので、

「1つ1つの労力と時間を切り売りして目先の利益を追い求めていた」

というわけです。


メルマガにおいてもそう。


利益を出し続けるには、1通1通のメルマガを発行して売上を立てていかなければならない状況だったという事。


だからこそ、非常に「非効率」で「労力対効果」が低かったんですね。


例えばブログなら、


・アクセスを集めなければ売上が上がらない



・だから毎日アクセスを集める為に記事を投稿しなければならない



・結果、一日の大半の時間と労力をブログの記事投稿に投じる


という形で、メルマガにおいても、


・売上を上げる為にメルマガを発行し続けなければならない



・結果、一日の大半の時間と労力を割いているブログの記事投稿に加え、メルマガ発行の労力と時間が掛かる


というような形で、日々の労力と時間を切り売りしなければ、まとまった利益を掴み続ける事ができなかったわけです。


確かに、アクセスもそれなりに集められていたし、売上もそれなりに上がってました。


でも、これじゃあ「一過性のビジネス」に過ぎず、「長期安定的な収入源」として運用していくのは大変です。


つまるところ、

「日々やんなきゃ稼げないし、日々やれば稼げる」

・・そんな状況だったわけで、だからこそ収益にも“バラつき”が生まれ、不安定だったんですね。


そしてその利益を得る為に掛かる「時間」と「労力」が大きかった。


それって結局、サラリーマンと変わんないわけで。


例えるなら、フルコミッション制の営業マンと変わりないわけです。


もちろん、一般的な「仕事の給料」として考えれば、それでも悪い数字では無いかもしれません。


ただ、それでは働いている「場所」が、会社か自宅かの違いなだけで「時間的な自由」「精神的な自由」は手に出来ていないわけです。


それじゃあ、せっかくのネットビジネスの醍醐味が全て「台無し」です。


「そこそこの経済的な自由」を手に出来ても、「時間的、精神的には不自由」なら、やるメリットは無いと思うんです。


突っ込んで言ってしまえば「割に合わない」んですよ。


僕はそれが一番「嫌い」なので、


「1つ1つの労力をいかに継続的な利益にしていくか。」
「いかに労力を掛けずにビジネスを回し、最大の利益を生み出していくか」



を一番の念頭に置きながら、全てのビジネスを仕組み化して「ストックビジネス化」しています。


そのあたりについては下記で詳しく解説していますが、





これをブログアフィリエイトやメルマガアフィリエイトにも当てはめているわけです。


じゃないと、幾つものメディアを運営したり、幾つもの事業を展開していく事は物理的にできませんからね。


それができてしまうのが、ブログとメールマガジンなんです。


そしてそんなアフィリエイト戦略をコンサル企画では1から伝えていっているという事。


効率化できる部分はした方が良いし、利益率は高い方が良いに決まっているし、労力対効果も高いに越した事はないわけで。


・・じゃあ、それをやろうよ、って単純な話です。


また当時の彼は、

「どうすれば利益率を上げていけるか」
「どうすれば顧客をリピーター化できるか」


という点にも悩んでいました。


要するに「どうすればLTVを上げていけるか」って事ですね。


(補足)
LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)
一人の顧客があなたにもたらす総合的な利益


その点については以前紹介したクラブメンバーの事例記事で詳しくお伝えしていますが、





1人の顧客をリピーターに繋げていけば、利益率を大きく上げていく事ができます。


カズさんの場合で言えば、集客の母数(ブログへの訪問者数やアクセス数)は同じでも、発生していくアフィリエイト報酬は数倍、数十倍に跳ね上がるわけです。


それが結果的に「労力対効果を上げていく」事にも繋がるという事。


詳しくは上記の記事で解説していますが、僕や僕のコンサル生は成約率10%なんて当たり前に出します。


30%や40%なんてのもザラで、さらにそこからリピーターに繋げていくので利益率やLTVを最大化できるわけです。


勿論、購入した商品や特典に満足した方が、自主的にリピーターになっていく場合もありますが、

「それをどうやって意図的(戦略的)にリピーター化していくか」

が当時の彼にはわかりませんでした。


また同時に、

「どうすれば成約率を高めていく事ができるのか」

という点や、先に挙げた

「どうすれば一過性の収益構造ではなく継続的な収益構造を作っていけるか」
「どうすれば労力対効果(労力に対して利益)を上げていけるか」
「どうすれば1つの労力を継続的な利益にしていく事ができるのか」


という点においても同様に、現状の「問題点」を頭ではわかっていても、

「何をどうすればその問題を解決できるか」

という「改善策」がわからなかったんですね。


「意図的」に「狙って」結果(利益)を生み出していくという事。



彼がなぜその問題を解決できなかったのかというと、

「そもそもどうすれば、お客さんが自分から商品を購入してくれるのか」
「なぜ(どうして)今の売り上げが上がっているのか」


という本質的な部分を理解していなかったから、です。


要するに意図的に上げている売上ではなかったので、

「これでいいのだろうか」
「この先も同じように売上を立てていけるのか」


という漠然とした「不安」があったんですね。


見よう見まねでなんとなくアクセスを集める事はできて、なんとなく商品を売る事はできても、その「本質」を理解せずにただ“なんとなく”やっていたという事。


見方を変えればそれが「凄い事」なのかもしれませんが、それって「モノ凄くコワい事」でもあり、「致命傷」でもあります。


現に多くの「一発屋」はここを理解していないからこそ、「一発かまして死んでいく」わけです。


たまたまのラッキーパンチがあたって、それが通用しなくなったらハイ終了・・なんて事は日常茶飯事です。


そんなん、

「宝くじにあたった」
「競馬で万馬券を当てた」


のと一緒で、ただの「あぶく銭」です。


それは「スキル(技術)」じゃないって事。


いくら稼いでいたって、それを「再現」できなければ意味はありません。


そして再現していくには、それを「意図的」に作り込まなければならない。


意図的に作り上げるには、根本から本質を「理解」しなければならないわけです。


それを「スキル」として自分の中に落とし込んでいれば、いつ何時でもどんな環境にいたって、何度でも再現していく事ができます。


でも、それがただのラッキーパンチなら再現する事は100%できません。


なぜなら、

「どうやってその結果を意図的に出していくのか」

を理解していないからです。


もっと言うと、

「今の戦略が通用しなくなったら、その“原因”すらもわからず消えていく他無い」

・・って事です。


基礎を知らなければ応用は無いわけで。


当時のカズさんの問題点で言えば、


「どうすればより購買意欲を上げて成約率を高められるのか」
「どうすれば一人の顧客をリピーター化できるのか」
「どうすれば一過性の収益構造ではなく継続的な収益構造を作っていけるか」
「どうすれば労力対効果(労力に対して利益)を上げていけるか」



が見えてこないわけです。


当然、そこが見えていなければ、その次にある

「どうやってそれを仕組み化していくのか」

なんてフェーズ(段階)も全く見えてきません。


逆に言うと、そのスキルさえ習得してしまえば、

「意図的に狙った結果(利益)を叩き出していく事ができる」

し、その上でその一連のフローを仕組み化していけば、

「成約率の高いスキームを仕組み任せに半自動運用していく」

なんて事もできるわけです。


よってまずはその根幹となるスキルを身に付ける必要があるという事。


そしてそのスキルを自分の中に血肉化するには、前提としてその本質や仕組みを理解する必要があるという事。


・・でも、当時のカズさんには、その知識やスキルがなかった。


収入が不安定な上に、将来性が見えない。(もちろん保証もない)


こんな職業を続けていくのに「不安」を覚えないわけがありません。


一刻も早くその問題を「解決」した方が良いに決まっているわけで、そんな当時彼が抱えていた「壁」である

1、継続性の無い一過性の収益構造だった事
2、労力対効果(労力に対して利益)が低かった事
3、LTV(顧客一人当たりがもたらす利益)が低かった事
4、戦略的ではなく先行きが不透明だった事

解決していくのが僕がコンサル企画で伝えている

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)×アフィリエイト戦略」

にあったので、僕のコンサル企画に参加してきた・・というのがリアルな出会いのキッカケです。


カズさんがDRM×アフィリエイト戦略を取り入れていった結果・・



彼は対面コンサル付きのプランで申し込まれたので、まずは一通り教材(全707ページ、36万8,020文字構成)を学んでもらい、スカイプやメールコンサルを踏まえ、対面コンサルも実施しました。


それまではスカイプとメールを介したオンライン上でのやり取りしかなかったので、対面するのは初めてでしたが、ブログのプロフィールとはイメージが違い、

「バリバリの福岡男児」

って感じの男気ある方でした。(ちなみにプロフィール画像は本人です)


まあ、参加直後に教材を学び、メールやスカイプコンサルを行った時点で、ある程度彼が抱えていた問題の解決策は出ていたんですが、対面コンサルではより深掘りして問題点を洗い出し、詳細な方向性やスケジューリングを立てていった形です。


そして実際に当時のブログとメルマガに「テコ入れ」していったわけですが、結論から言うと「カズ名義」のブログからだけで、少なく見積もっても月収100万円以上は普通に上げている状況にあります。


ダイレクトレスポンスマーケティングコンサル事例(カズ)2


ここであえて「カズ名義」と強調した理由は、冒頭でもお伝えした通り、これはあくまでも彼が運営している「1つのブログ」の実績のごく一部で、今では上記のカズ名義のブログ以外にも幾つかのメディアに手を広げている状況にあるからです。


要するに

「彼が運営しているブログの1つから上がっている一部のアフィリエイト報酬」

が上記になるわけですが、例えばこの他の例を挙げると、高額な商品でもひとたび紹介すればバンバン成約を取って速攻で200万位の報酬を普通に叩き出しています。


ダイレクトレスポンスマーケティングコンサル事例(カズ)3


これもあくまでも一例になりますが、同じブログから上がっている報酬です。


そして今ではこれらの報酬を稼ぐ一連のフローを「仕組み化」している為、とくに手を掛けなくても自動的に報酬が上がる状況にあります。


まさにブログとメールマガジンを使って労力対効果の高い仕組みを作り上げ、ストックビジネス化しているわけです。


現にカズさんのブログを見て頂ければ、更新頻度がそう多くない事が見て取れると思います。


毎日必死に目先の利益を追い求めてブログを更新していた当時とは、明らかに作業時間も労力も減っています。


それでいて、得られる利益は数倍に膨れ上がっているわけです。


時給換算するともう「お話にならない」くらい効率化できているわけですね。


DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)×「仕組み化」戦略の優位性と可能性。
初心者だろうがド素人だろうが、誰にだって「習得」&「再現」できるという事実。



そんなカズさんは今や同じような

「利益率と労力対効果の高い収入源」

を1つ、1つと構築している状況にあります。


それもこれも「スキル(技術)」として落とし込んでいるから。


それを自分のスキル(技術)として血肉化していれば、

「何をどうすれば、どのように収益を挙げる事ができるか」

がわかるので、例えなんらかのアクシデントで

「今の収入源が無くなってしまった」

としても、パソコン1台とネット環境さえあれば、いつでも同じように「再現」していく事ができるわけです。


これは「その場限り」の話ではありません。


10年後、20年後、いつの時代でも普遍的に使い倒していく事ができます。


なぜなら僕が伝えているそのスキルは、

「人間心理やマーケティングの本質」

を押さえたDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)スキルだからです。


つまりそのスキルを培っていけば、アフィリエイトに限らずどのジャンルでも、

“インターネットという環境下で”
“セールスを行う相手が「人間」である限り”


どんな時代でも普遍的に、長期に渡って活用していく事ができるという事。


現に僕はこのDRMアフィリエイト戦略を構築してから9年間、全く同じ手法、全く同じ戦略で、全く同じような結果を出し続けてきています


結局のところ、本質さえ押さえておけばどの時代でも通用するんです。


僕がクラブメンバーに継承しているのは、そんな

「いつの時代も通用する不変的な戦略」

だという事です。


だからこそ僕は

「このスキルさえ身に付ければ一生食いっパグれない」

と言っているわけです。


DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)はその戦略次第で、


・どんなに高額な商品でも異常な成約率を「狙って」叩き出す事ができる

・人間心理やマーケティングの本質を軸にしDRMを駆使すれば、「対人間」である限りいつの時代も一生涯に渡って普遍的に通用し続ける

・1つの労力を目先の利益ではなく打ち出の小槌(継続的な収入源)として資産化していく事ができる

・集客から販売までの一連のプロセスを仕組み化(自動化)していくので時間的、労力的な「余裕」を生み出していく事ができる

・そこで生み出した時間を別の実践に充てて、更なる利益を雪だるま式に上げていく事ができる

・費用対効果(利益率)が異常に高い(金銭的負担もほぼ無く多大な利益を生みだせる)

・外部のプラットフォームに依存しないのでどんな変化にも影響される事は無い


というメリットをフル活用していく事ができます。


そのあたりの「理由」「根拠」については下記の記事で詳しくお伝えしていますが、





何よりも念を押しておきたいのは、

「これは誰にでも習得・再現可能な事だ」

という事です。


つまり、仮にもし今のあなたが初心者でも、ド素人でも、

「高額な商品でも意図的にバンバン売っていく(見込み客側から欲しがる)戦略を仕組み化(自動化)」

していく事ができるという事。


改めてもう一度言っておきますが、元はといえば

「借金まみれの典型的なノウハウコレクター」

だった彼が、今の結果を手にしているわけですからね。


僕も最初はガラケーさえもまともに使えない状況で、独学でアフィリエイトを学び、両手の人差し指2本でパソコンを操作して「今」を手に入れました。


ハッキリ言って、

「あなたにできないわけが無い」

んですよね。


だって、明らかにあなたより脳内スペックが低かった(地頭が絶望レベルで悪かった)僕が、こうして手探りでやってこれたわけですから。


それを学ぶ「材料」と「環境」があったなら、より「精度」と「速度」を上げて再現できるわけで。


それをコンサル企画ではそっくりそのまま提供しているわけです。


それをしっかり学んで、しっかり実践すれば、誰だって僕らのようなスキルを手にして、僕らのような結果を叩き出せるんです。


もし僕が初心者の頃にそんな材料や環境があったなら、喉から手が出るほど欲しかったですし、それこそ借金してでも飛び込んでたと思います。


だからこそ、それを体現する企画を発足したわけですが、実際にカズさんもそこに飛び込み、今のスキルと結果を手に入れたわけです。


今では彼自身も、これまでの経験と実績を活かして、コンサルティング活動をしています。


言うまでもなく、自分の中でその原理原則を落とし込んでいなければ、人に伝えていく事はできません。


加えて、彼はその「スキル」を自分に落とし込んだ事で、見よう見まねでアフィリエイトしていた時よりも、コンサルティングやプロモーションなど、

「収益化の選択肢の幅」

も大きく広がったわけです。


そして実際に同じような成功者も生み出していっている状況です。


僕が伝えたスキルを彼が再現し、彼がまた人に伝え、再現させている。


この事実が、「誰にでも再現できる」という事の「裏付け」にもなります。


また「完全クローズド&不定期開催」にはなりますが、僕とカズさんの共同でコンサル企画を開催していたりもします。


そしてそちらの方でもガンガンコンサル生を育て上げている状況です。


まあ、そういった企画に興味が無くても、彼のブログは

「過去に騙され続けてきた」

という経験からこその独自の視点で情報発信されています。


その経緯が経緯なだけに商品等については「辛口」な部分も多いですが、それこそ

「多くの情報に振り回されているノウハウコレクター」

の方からすれば、その着眼点や的確なダメだしなど、的を得ているので

「そういう部分を知りたかった」

と参考になる方も多いはずです。


今ならメルマガ登録でネットビジネスで稼ぐ為のレポート等も「無料」提供されていますので、興味のある方は是非。


僕らの共同企画に興味のある場合も、彼のメルマガ限定で閉鎖的に案内していますので、まずはメルマガ登録して頂ければと思います。


ちなみに僕のコンサル企画は「不定期募集」にはなりますが、下記から応募して頂く事ができます。(登録無料)





また今ならクラブメンバーに渡している「教材そのもの」の一部「無料」で提供しています。





「一生食いっパグれないスキル」をこの上ない「材料」と「環境」で血肉化したい方は是非登録ください。


それでは!


応援クリックして頂けると嬉しいです!




記事をシェアして頂けると更新の励みになります!
↓ ↓ ↓

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. ブログアフィリエイトとDRMとソーシャルメディア。結局何をどうすれば稼げるの?っ…
  2. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  3. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…

関連記事

  1. ツイッター永久凍結→マーケティング事例アイキャッチ
  2. 僕は一体「何」を「どうして」稼いでいるのか。
  3. コンサル生「NS」さんのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)実践事例
  4. 流時×ジャックチューブユーチューブ実践者荒井さんの実践事例
  5. フェイスブック攻略講座アイキャッチ
  6. 匿名アフィリエイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


実践者・コンサル生の事例紹介

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

DRMを血肉化したいあなたに。

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

ピックアップ記事

  1. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。…
  2. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11…
  3. ブログアフィリエイトとDRMとソーシャルメディア。結局何をど…

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 投資×資産運用アイキャッチ4
  2. AdobeStock_121779439
  3. uzakikeigo_sisyo
  4. ダイレクトレスポンスマーケティングの継続性
  5. WaikikiBeach

カテゴリー

  1. 情報発信×壁アイキャッチ3

    インプットとアウトプット

    自分の文章なんて読まれない?・・あなたの文章を読ませ、ファン化させる最も「ラク」…
  2. 中学生ユーチューブアドセンスアイキャッチ

    YouTubeマーケティング講座

    「現役中学生」が「僅か2か月」でサラリーマンの月収を越えてしまった事例。
  3. 2ダイレクトレスポンスマーケティング3

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?【保存版】
  4. ダイレクトレスポンスマーケティングの継続性

    教材実践者・コンサル事例

    「普遍的なマーケティング」を学び「継続的な収入源」を構築する事の重要性。
  5. 新屋山神社画像

    ツイッターマーケティング講座

    フュージョンメディアアカデミーFMAの実践者2名の事例と、yuu式特典提供終了に…
PAGE TOP