躓く初心者の「4つ」の共通点と0→1収益化事例

yuuです。


前回、

「コンテンツビジネスの0→1突破特設メルマガ作ります!」

と緊急でご案内させて頂きました。


【緊急限定配信】有料教材&有料講義を「無料配布」します!


具体的には

・0→1Twitter戦略についてのノウハウや戦略
・0→1マネタイズ戦略についてのノウハウや戦略
・以前不定期で募集していたコンサル企画(29万~150万円)の教材
・以前不定期で募集していたコンサル企画のメルマガ講義

を配信している形ですが、
結構反響があって嬉しい限りです。


発信のしがいがあるなーと。


ただ口酸っぱくお伝えしている通り、
何となく目を通して学ぶだけでは意味がないので、
必ずアウトプットまで繋げてくださいね。


という事で今回は、
その数ある限定配信や提供コンテンツの中から、
一部だけこちらの公式メディアでもシェアさせて頂こうと思います。


それでは早速。



限定メルマガ(0→1講座)のシェア(一部)


※引用ここから※

前回までのメルマガ講義では、

・初心者がネットビジネスで稼ぎたいならコンテンツビジネスをすべき理由と根拠
・正しい知識を得てアウトプットすればド素人でもコンテンツビジネスで稼げる理由と根拠
・コンテンツビジネスで0→1を突破するならTwitterから始めるべき理由と根拠

というような事を配信しました。


もちろん、他にも色々と掘り下げて解説してきたわけですが、このマニュアルでは、

・コンテンツビジネスで0→1を突破するならTwitterから始めるべき理由と根拠

について、これまでの講義を振り返ったおさらいから、

「Twitterで稼げない人の4つの共通点」

について掘り下げ、

「実際のTwitterのリアル(現実)」

を事例付きで解説&ご紹介させて頂こうと思います。



今回のマニュアルも
前回と同様に「さわり」程度ではありますが、

「稼ぎやすいはずのTwitterで多くの人が稼げない理由と解決策」

を理解しておけば

「稼ぎやすいTwitterの恩恵」

だけを手にして着実に結果に結び付けていく事ができます。


実際のところTwitterは、
簡単なポイントさえおさえていけば誰でも

・発信力(影響力)の高いアカウントを作る事
・そこに見込み客だけを狙って集めていく事
・その見込み客を強烈なファンに変えていく事


ができてしまうのが実情です。


問題点だけでなく解決策や
「収益化の事例」まで公開しているので
何らかの気付きや可能性を感じられるはずです。


初歩中の初歩的な部分ではありますが、
はき違えてしまうと致命的なので、

・コンテンツビジネスで0→1を達成できていない方
・Twitterに取り組んでいるけど結果が出ていない方


はとくに必ず目を通しておいてください。


では早速いってみましょう!


「Twitter」の優位性(おさらい)



その理由を一言で言うなら、

“実践(作業)ハードルが物凄く低いのに、即効かつ圧倒的な集客を見込めるから”

です。もう、これに尽きます。


実践面(作業内容)でのハードルとしては、例えば

・ブログ1記事
・メルマガ1通

だと「文章量」に制限はなく、構成なども考えて作成する必要があるので、それなりに時間と労力を要します。


それこそ初心者さんにありがちな話ですが、1つ1つのコンテンツに完成度を追い求めてしまい(あるいは世に出す事に恐怖を覚えてしまい)

「書いては消して、書いては消して・・」

となってしまうケースも少なくありません。


その点、Twitterであれば

「140文字以内のツイートを投稿するだけ」

で、見込み客に対して情報発信する事ができてしまいます。


よって、1つの文章コンテンツを

「考える」「作る」

時間や労力が大幅に短縮されるので単純に“とっつきやすい”わけです。


そしてTwitterはとっつきやすいだけでなく、戦略やノウハウ次第で、

「1人1人のフォロワーを強烈なファンに変えていく」

事も普通にできます。


もちろん、ただ適当にツイートしていくだけでは意味はなく、しっかりとポイントを押さえて戦略的に運用していく必要はありますが、そのポイントというのも

「押さえているか押さえていないか」
「知っているかしらないか」


レベルのものになるので、0スタートの初心者でも普通に再現していく事ができるんです。


また、

「そのTwitterアカウントへの集客面でのハードル」

でも、Twitterならではの“拡散性”を利用していく事で、短期間で爆発的なアクセス流入を見込んでいく事ができます。


それこそあなたが作った140文字のツイートを

「意図的にバズらせる(拡散させる)」

なんてこともできるようになってくるわけです。


このTwitter集客に関しても、しっかりと戦略立てて実践する事が前提になりますが、ポイントを押さえて実践していけば短期間で

「0スタートのアカウント → 影響力の高いアカウント」

へと育てる事が可能になります。


ビジネスにおいて影響力は=売上(利益)に直結します。


このTwitterにおける「集客面での即効性」は、他のメディアにはない強みです。


ブログなどのオウンドメディアのように検索エンジンで1から集客していくメディアだとアクセス獲得に時間(期間)を要してしまいますので。


その他で言うと、Twitterはコスト面でもスタートから全て「無料」で実践できますし、ツールなどを使っていけば「自動化」していく事もできます。


このようにTwitterであれば、


1、1ツイートが140文字のテキストなので手軽に実践できる
(1からオウンドメディアを作るよりも実践ハードルが低い)

2、スタートもランニングコストも0円
(かかる経費は全て無料)

3、それでいて集客力と即効性が高い
(Twitterならではの拡散力で爆発的な集客を短期的に見込める)

4、半自動化と完全自動化が容易
(BOTツールや予約投稿などによる自動化)

というメリットや強味があるので、初心者でも心労的な負担なく、短期間で集客と影響力の高いメディアを作成して収益化していく事を目指せるわけです。


そして影響力の高いTwitterアカウントを作れば、収益化の方法によっては普通に月収100万円ラインを越えていく事も可能になります


もちろん、収益化ノウハウ次第ではありますが、方法によっては実績やスキル不要に最低限のハードルで売上を発生させ、0→1を早期段階で突破していく事が可能になるわけです。(このあたりのノウハウについても今後追って発信していきます)


なぜ、Twitterなのか。他のSNS(YouTube・Instagram・TikTok)は?



ちなみに以前別のメディアで開催していた0→1モニター企画では希望者がいればYouTubeやティックトックのノウハウもコンサルしていました。


どちらのメディアも経験、ノウハウはあるので、それらを教えていった形ですが、やはりYouTubeやティックトックは

・集客面(拡散面)でのハードルが高い
・労力対効果面でのコスパが他のSNSに比べて低い

ので、基本的には拡散性と集客力の高い

「Twitter集客→マネタイズ(収益化)」

をおススメしています。


単純にYouTubeやティックトックは、1本1本の「動画コンテンツ」を制作する分、かなりの時間と労力が掛かってしまうので、以下の1、2の条件から外れてしまうんですね。


【初心者に推奨するビジネスの4条件】

1、とにかく「実践→収益化までのハードルが低い」もの
2、即金性が高い(収益化までの期間が短い)もの
3、可能な限り「資金的リスクが無い」もの
4、労働型ビジネスではなく「時間的な融通が利く」もの


動画作成経験のある方ならわかると思いますが、顔を出して話す場合はもちろん、出さない場合でも、

・構成
・撮影
・スライドを作成する
・カット割り
・ナレーションを入れる
・テロップを入れる

など、多くの労力が掛かってきます。


もちろん、動画作成にあたっての編集スキルも必要になりますし、ある程度のセンスも必要になってくるわけです。


一部の作業は外注化できますが、ビジネス系となるとやはり自分自身で割かなければならない部分が大半を占めます。


また時間と労力を掛けて作成・投稿したその1つ1つの動画が、見込み客に見てもらえるかどうかはわかりません。


ティックトックの場合は、急に「おすすめ(レコメンド)」に乗るケースもありますが、YouTubeの場合は単体(YouTube内からのみ)で見込み客に発見してもらう事はほぼ難しいといっても差支えありません。


要するにYouTubeもティックトックも、

「自分主導で狙ってターゲティングした見込み客にコンテンツを届けていく事が難しい」

わけです。

とはいえ、「動画」コンテンツは、信頼度や成約率を大きく引き上げていけるので「教育」という面では“かなり効果的”です


ただそれが

「見込み客に届けられなければ何の意味もない」

という事。


よって既にTwitterやブログ、メルマガで抱えている見込み客に対して、「教育」の観点から動画を届けていくのは効果的ですが、現時点の0の段階で新たに「集客」していくという面では、Twitterに比べて利用価値は低いという事ですね。


一方、Twitterに関しては、

「狙ったターゲットに対してこちらから主導でアプローチ」→「集客していく事」

が容易にできてしまいます。


1つ1つのコンテンツ作成に関しても、先ほどお伝えした通り、文章主体で140文字程度の情報を発信するだけですので時間面でも労力面でもハードルが下がります。


ブログの1記事を書くほどのライティング技術も不要ですし、むしろTwitterに関しては文章力が無くても

「伝える内容」

さえ刺されば見込み客を続々と集客していく事ができます。


そして先の通り、その作成するツイートの内容にセンスや才能(文才)などはいらず、基本的に「型」にのっとって簡単なポイントを押さえて作成していけば誰でも「刺さるツイート」を作り、バズらせていく事が可能なんです


くどいようですが、重要なのはその型やポイントを知っているか知らないか、だけだという事。


その上でTwitterは拡散性(集客力)が高いので、「集客→収益化」までのハードルも低いわけです。


このように


・実践ハードルが低いから
(時間・労力面、動画編集スキル・センスも不要)

・拡散力と集客力が高いから
(0スタートからアプローチ→集客しやすい)

という理由から、その他のSNS(YouTube・Instagram・TikTok)よりもTwitterでの情報発信をおススメしています。


この「Twitterは初心者でも稼ぎやすい」という事はネット上でも多く言われている事ですが、その実態として「多くの初心者が稼げていない」のもまた事実です。


そしてそこには明確な「原因」や稼げない人の「共通点」があるわけですが、実はかなり基礎的な部分や簡単なポイントを押さえられていないだけだったりします。


要するに、

・間違えた情報があたかも正しい情報だと広まってしまっている
・その情報を鵜呑みに実践している初心者が多いから挫折してしまう

という状況にあるわけです。



・・と、ここまでが前回までの「おさらい」です。


そこで今回はその問題点について解説していきます。


Twitterで結果が出せない根本的な原因と4つの共通点



先の通り、Twitterは


1、1ツイートが140文字のテキストなので手軽に実践できる
(1からオウンドメディアを作るよりも実践ハードルが低い)

2、スタートもランニングコストも0円
(かかる経費は全て無料)

3、それでいて集客力と即効性が高い
(Twitterならではの拡散力で爆発的な集客を短期的に見込める)

4、半自動化と完全自動化が容易
(BOTツールや予約投稿などによる自動化)


という特徴や強味があり、初心者でも0→1を達成しやすいメディアです・・が、一方でこの「集客の入口」となるTwitterを、しっかりと戦略的に運用できている方が物凄く少ないというのが実情です


本来、Twitterは効果的に使えば短期間で莫大な集客効果を狙っていく事が可能なのに、ただなんとなく運用していては、そのポテンシャルを活かして本来の恩恵を受ける事ができないのです。


その原因はシンプルに


・Twitterの「本質」や「理屈」を理解していない
・Twitterで集客する為の「具体的な方法論」を知らない

からだと言えます。


今現在Twitterを活用していて稼げていない方、そしてこれからTwitterを活用しようと思っている方にまず知っておいていただきたいのが、


Twitterで稼ぐのに根性論は一切「不要」である



という事です。


よく、

「1日20ツイートしましょう」
「いいね!やリプをひたすらしまくりましょう」
「多くのインフルエンサーにひたすら挨拶回りしましょう」


という方がいますが、本質を捉えずに数だけをいくらこなしても何の意味もありません


むしろ逆効果だったりもします。


そんな「中身」の無いアカウントは、アカウント自体へ興味を持ってもらう事もできませんので、当然そこから反応(成約)を引き出していく事もできないわけです。


一方でしっかりと本質を捉えていれば、そういった「根性論は不要」に影響力の高いTwitterアカウントを作り、続々と見込み客を集めながら反応(利益)を引き出していく事が可能になります。


Twitterで稼げない人の「4つ」の共通点



まずTwitterで稼げていない人の共通点はシンプルに以下の4点になります。

【Twitterで稼げない人の共通点】
1、メディアの方向性や発信のコンセプトを間違えている
2、ツイートが読まれない・拡散されない
3、アクションを起こしても見込み客からフォローされない
4、集めた見込み客へのアプローチ(収益化)方法を知らない

かなり基礎的な事ですが、この基礎的な部分から失敗しているケースが多いので、掘り下げてみましょう。


1、メディアの方向性や発信のコンセプトを間違えている



これはもうスタートラインから間違えているケースです


よく見るのが戦略的に考えずに「なんとなく」アカウントを作成してしまっているケース。


Twitterといえど、あくまでもビジネスとして「情報」を発信し、見込み客から「反応」を引き出していく必要があるわけですから、「なんとなく」アカウントを作成しても見込み客に興味を持ってもらう事はできません。


なので当たり前にこのコンセプト設定やメディアの方向性から戦略的に考えていく必要があります。


また、メディアの方向性が定まっていても、

・プロフィールの設定(アカウント名、説明文、位置情報など)
・プロフィール画像や背景画像の設定

これらひとつで大きく見込み客へ与える印象、フォロワーの獲得率や1つ1つのツイートへの拡散力が変わってきます。


「え?そんな事で?」と思われるかもしれませんが、細かい設定ひとつひとつで大きくフォロワーの伸び率の「角度」が180度変わるんです。


上記の例ひとつとっても、意識する事はむちゃくちゃ単純でシンプルです。が、そういった細かいポイントを押さえずにTwitterを運用している方が大半なんですね。


また稀に、

「たまたまフォロワーが伸びた」
「たまたまツイートがバズった」


というケースもありますが、そこに意図的な戦略がないのであればあくまでもそれは「マグレ」です。


よってそこから収益化に繋げたり、新たに(狙った)集客につなげる事はまずできません。


んで、先ほど

Twitterで稼ぐのに必要なのはツイートやリプの「数」ではない(根性論不要)

とお伝えしましたが、それと同じく(いやそれ以上に)重要になってくるのは

フォロワーの「数」も多ければいいというわけではない

という事です。
よく、

「相互フォローでフォロワーを集めましょう」
「アマギフなどを配ってフォロワーを集めましょう」


という方がいますが、そういった質の低いフォロワーの数がいくら増えても何の意味もないんですよね。


そもそもあなたの目的はビジネスとしてTwitterを運用し、最終的に利益に繋げていく事にあります。という事は逆算すると、狙った見込み客のフォロワー以外(利益に繋がらないフォロワー)はいらないわけです


ちなみにですが、Twitterにおいては、例えフォロワーの数が100~300人と少なくても、方法次第で月収数十万~100万程度であれば十分に収益化していく事ができます。


Twitterは色々な意味でフォロワーを集めやすいので、「数字的な感覚」がバグりがちですが、結局質の高いフォロワーはメルマガリストと同価値レベルで質が濃いので、同じように反応を取れるわけです。(ちなみにメルマ読者を1000名集めるとするならそれなりのハードルと期間を要しますが、質の高いフォロワーを1000人集めるのは容易です)


もっというと、相互フォローやアマギフ企画などを打たずに、そういった手法よりも多くのフォロワーを、それも狙った見込み客のみの質の高いフォロワーを意図的にガンガン集めていく事も普通に可能です。


これらの具体的なノウハウについては別途解説していきますが、まずここで押さえておかなければならないのは、

“重要なのはフォロワーの「数」ではなく、フォロワーやアカウントの「質」”

だという事ですね。


そういう面からもメディアの方向性や発信のコンセプトを予めしっかりと決めておく事が重要になってくるわけです。


とはいえ、この点もポイントを押さえているかいないか、レベルの問題なのですが、多くの方は正しい知識を持たずに実践してしまっているんですね。


2、ツイートが読まれない・拡散されない



2つ目は単純に「ツイートをしても読まれない・拡散されない」という問題です。


これも先ほどの

1、 メディアの方向性や発信のコンセプトを間違えている

と同じで、

「戦略的にツイートを作成していないから」
「なんとなくツイートを作成しているだけだから」

というのが根本的な原因になります。(「戦略的」といってもかなり単純なポイントを押さえるだけなんですが・・)


あるいはしっかりとメディアの方向性や発信のコンセプトを固めていたとしても、

「どのようなツイートが見込み客に響くのかわからない」

という方も少なくありません。


ただこれもポイントを押さえてツイートを作成していけば、ジャンル(分野)を問わずに誰でも

1、見込み客に刺さるツイートを発信
2、ファン化したフォロワーがこぞって拡散してくれる
3、新たなフォロワーが続々と強烈なファンになっていく

といった状況を作る事が可能になってきます。


極端な話でも何でもなく、発信していく情報をテンプレ的な「型」に当てはめていくだけでOKなので、そこに専門的なスキルや知識は不要なんですね。


要はこれも「知っているか、知らないか」レベルの話なんですが、多くの方は何も意識せずになんとなくツイートを作成して発信してしまっているわけです。


この具体的なノウハウやテンプレートについても今後お伝えしていきますが、併せて押さえておきたい問題が以下です。


3、アクションを起こしても見込み客からフォローされない



これは先ほどの

1、メディアの方向性や発信のコンセプトを間違えている
2、ツイートが読まれない・拡散されない

の問題点と複合的に絡み合ってくる部分なんですが、逆に上記1と2の問題点を解決できていれば自然とこの「フォローに繋がらない」という問題も解決できます


これからTwitterを運用していこう!という場合、Twitterでプロフィール作って、ツイートをして・・と実践していくわけですが、最初は当たり前にフォロワーが「0人」です。


ここでよく見かけるミスが、フォロワーが0人だから、こちらからフォローしまくって・・リプ回りをして・・・というアクションを起こすケース。


あるいは先ほどお伝えしたように、まさに「根性論」でツイートの数を量産して・・というケースです。


ただ、それこそアカウント設定や日々のツイート内容がブレブレだと、いくらツイートを量産しても、いくらTwitterユーザーにアクションを起こしても、それがフォロワー獲得に繋がる事はありません


単純に相手も人間ですし、Twitterは得られる情報量が膨大で、流れてくるスピードが物凄く速いですから、興味の無いアカウントをフォローする事は無い(というか見向きもされない)わけです。


となると「じゃあ尚更、ツイートを発信しても誰にも見られないんじゃないか。誰にもフォローされていない状態で!」と思ってしまいがちなんですが、実はそうではないんですね。


もちろん、先の通り何も考えずにただツイートを発信していてもフォロワーが増える事はありませんが、しっかりとポイントを押さえてアカウント設定をして日々のツイートを投稿していく事で、“狙った見込み客の方から”質の高いフォロワーとして続々と集まってきて、そのフォロワーを「あなたの強烈なファン」に変えていく事ができるようになります。


Twitterであれメルマガ読者であれ、見込み客を強烈なファンに変える事ができれば、そこから反応(利益)に繋げていく事は容易です。(正直、悪用しようと思えばいくらでもできてしまいますが、ビジネスとして長続きしませんし、人として絶対NGです)


加えてTwitterはその仕様上、それぞれの強烈なファンに「拡散力」があるので、その拡散力を生かしていけば、雪だるま式にフォロワーを増やして影響力をグングンと高めていく事が可能になります


そのあたりの仕様やTwitterの構造についても今後掘り下げて解説していきたいと思っていますが、別途「フォロワー0人からならではのフォロワーの集め方」に関するノウハウもありますので、それらを参考に初速から飛ばしてフォロワーを獲得していって頂ければと思います。


4、集めた見込み客へのアプローチ(収益化)方法を知らない



これまでTwitterで稼げない人の共通点として挙げてきた、

1、メディアの方向性や発信のコンセプトを間違えている
2、ツイートが読まれない・拡散されない
3、アクションを起こしても見込み客からフォローされない

という部分はいわばTwitterでの「集客」における問題点ですが、こちらはそれ以降のマネタイズ(収益化)に関する部分になります。


つまり、

「集客はできているけど、どうやってマネタイズ(収益化)していけば良いのかわからない」
「キャッシュポイントはあるけど、どのようにアプローチしていったらいいのかわからない」


というフェーズになるので、先の1~3よりは「一歩進んでいる状況」ですね。


そしてこのマネタイズ戦略やアプローチ方法に至っては、いろいろな意味でかなり「勿体ない状況」に陥っているケースをよく見かけます。


もちろん単に「具体的なマネタイズ方法を知らない」というケースもありますが、仮にマネタイズを行っていたとしても、

「この手法ならこの価格帯で、この流れでこれを売った方がTwitterにマッチしているのに・・」
「こうすればもっと利益率伸ばせるのに・・」


という形で単純に利益率に対して勿体ないなと思うケースもありますし

「もっと簡単に収益化できるのに・・」
「そこまで作り込まなくていいのに・・」


という感じで、手法によって無駄に「実践ハードル」「作業工数」を上げてしまっているケースも見かけます。


実践ハードルや作業工数という面でいうと、例えばビジネス系のアカウントを運用しながら情報商材のセールスレターを作り込んで、「ハイ、どうぞ!」と言ってもあまり受け入れてもらいにくい傾向にあります。


もちろん、抱えているフォロワーを強烈なファンに変えていれば、それでも普通に成約は取れるんですけど(そのファン化のノウハウも今後お伝えしていきます)、同じ「情報商品」でもセールスレターに流すよりnoteやブレインなどといったプラットフォームを使っていった方がより「幅広くのユーザー」に対してアプローチしていく事ができるんですね。


っていうのも、セールスレターって、バリバリ情報商材感あるじゃないですか(苦笑)


なんていうか、わざわざブログにアクセスしてきてくれる読者さんと違ってTwitterのユーザーは属性が違うというか。まだ「情報商材」ってものに対して抵抗がある層なんです。


一方でnoteやブレイン、タイムチケットやココナラあたりなんかは、普通に著名人も使っていますし、テレビCMなども打っているのでそういった層に対しても売り込みやすいわけです。


そしてセールスレターや販売コンテンツを作り込むよりも圧倒的に実践ハードルが低いので、効率面でいうと10分の1とか、そのくらいの作業工数なのに「同じレベルの利益」を獲得できてしまいます。


だったら、作業効率の良い方で収益化していった方が合理的に決まっているわけで。


もちろん、そういったプラットフォームを使うと手数料は掛かりますが、逃していく見込み客の数を考えると断然使うメリットしかないんですね。


これはあくまでも一例ですが、このように使っていくメディアやプラットフォーム、そこにいるユーザーの属性によって


・キャッシュポイントの種類や単価
・そこまでのマーケティングの流れ

が大きく変わるわけですよ。


それこそ(ジャンルにもよりますが)ブログで主流の物販アフィリエイトは、Twitterではあまり向いていない傾向にあったり、そもそもTwitterではアフィリエイト禁止のASPがあったり。


1つ1つ掘り下げるとキリがないので割愛しますが

「TwitterにはTwitterというプラットフォームならではの集客の仕方や稼ぎ方」

がありますし、Twitterというプラットフォームの属性的に、

「一般的なコンテンツビジネスよりも圧倒的に実践ハードルを下げながら収益化」

していく事ができるんですね。


たとえば以下のモニター生なんかはTwitter集客0スタートでありながら、開始2か月ほどでココナラにてコンテンツ販売を行い、以下の売上をサクッと出しました。


0→1収益化事例



手数料が引かれている上での記載なので半端な金額ですが、5000円程のコンテンツを販売し累計50~60件の成約を取っていった形です。


厳密にはTwitter実践開始1か月目の後半に販売開始し、2か月目の終わりの累計が上記の数字ですが、それでもかなり短期間で収益が発生している事がわかると思います。


正直、ココナラに関しては「ココナラ内にいるユーザーに向けた集客・販売戦略」もあるので、一概にTwitterのフォロワーからの売上だけではないと思いますが、それでも知識・経験、リスク0からこのスピード感でまとまった利益を出せるビジネスモデルはあまりないと思います。(フォロワー数は当時確か800名とか、そのくらいだったはずです。ちなみに「ココナラ内にいるユーザーに向けた集客・販売戦略」についても今後別途解説します


また、以下の方はTwitter運用開始3か月(こちらも0スタート~)で集めたフォロワーに対して3か月目にちょろっとnoteを書いて6,000円で有料販売したところ、一か月で274,500円の売り上げでした。


0→1収益化事例2



当時のフォロワーは確か500名程度で、61名が購入に至った形ですね。


以下の方もTwitter運用開始3か月(こちらも0スタート~)で、獲得フォロワー1000名程に対して、ブレインにてコンテンツ販売を行ったところ、36万円ほどの利益(手数料引き後)が発生しました。


0→1収益化事例3



上記の方は初めてのコンテンツ販売だったのにも関わらず販売単価を高めに設定した(2万円ほど)ので成約数は少なかったですが、それでも「初めてのコンテンツ販売」なのに20名ほどの方が手に取ってくれたという時点で拍手して良いレベルだと思います(しかもこちらはココナラとは違いTwitterユーザーのみからの売上です ※これは販売プラットフォームの仕様上の違い)


それもこれも

・獲得した見込み客フォロワーを「ファン化」させる事ができているから
・そのファン化させる為のアカウント運用を狙うべくして狙ってやっているから

できる事なわけです(しかも簡単)


上記のコンテンツ販売におけるモニター事例は全て別のプラットフォーム(ココナラ、note、ブレイン)を使っていますが、いずれの実践者も当時はオウンドメディアを使わず

「Twitter集客」→「コンテンツ販売」

に繋げている事例になります。


そしてどのモニター参加者に関しても、5~7日くらいでサクッとコンテンツ作成して販売していっているだけなので、「販売コンテンツの作成」における手間という手間はほぼ掛かっていないんですよね。


また、「Twitter集客」の面でもある程度「自動化」させているので、最初の基盤づくりさえ作ってしまえば思っているような日々の労力は掛からないわけですよ。(自動化ノウハウについても今後別途解説します)


だからこの0→1を達成した後に「オウンドメディア構築に使える労力や時間もムリなく捻出できる」わけです。(それもモチベーション下げず利益を得ながら、です


以前からお伝えしている通り僕は、

「1つのプラットフォームに依存するのは危険」

という考えは変わっていません。


これは集客メディアにおいても販売プラットフォームにおいても同様です。


なので集客面にしても、

「後々はブログなどのオウンドメディアに繋げていく事」

を推奨していますが、影響力の高いソーシャルメディアを構築しておけば後に作る

「オウンドメディアまでの集客導線(入口)」

を作りながら、上記のようにソーシャルメディア単体でも早期段階で収益化していけるというわけです。


もちろん、そのオウンドメディアが必ずしも「ブログ」でなければならないわけではありません。


それこそ、

「Twitter」→「リストマーケティング」

という形で、ダイレクトにリスト化していってもOKです。


そのリスト化した見込み客に対して

「集客」→「教育」→「販売」

のプロセスを踏むDRMを組んでいけば「成約率」「顧客単価」を大幅に上げる事ができます。


それこそDRMを挟むだけで月収7桁(100万円以上)という数字を狙うべくして狙っていく事ができるようになります。(※DRMコンサル事例順不同)

■過酷な労働型のアフィリエイターから「月収7桁越え」を「自動化する仕組み」を構築し、その仕組みを幾つも量産しているSさん:



■奴隷のようなトレンドアフィリエイト生活から一転、労力をほぼ掛けずに963万以上稼ぐことになった主婦のコンサル生N.Sさん:



■失敗続きだった「フリマ転売」を捨て、僕のメディア戦略を学び、収7桁(数百万円)越えを果たしているコンサル生Kさん:


■大学生でありながら「新卒の平均年収」を月収として稼ぎ出したコンサル生のYさん:



■500万円を情報商材に投じながらも結果を出せなかった「元超絶ノウハウコレクター」から一転、「4か月で月収212万円」を稼ぎ出したNさん:


■情報弱者の状態から一躍「人気ブロガー」入りし、このメディア戦略によって高額な商品でも飛ぶように売るスキルを身に付けたKさん:




■ノウハウコレクターから月収8桁(11,824,861円+α)を達成したYさん


■完全副業で「累計1000万円越え」のアフィリエイト報酬を稼ぎ出したコンサル生のYさん



挙げだすとキリがないのでこの辺にしておきますが、その流れをステップメールやLステップなどで「仕組み化」しておけば

「ほぼほったらかしでも報酬発生する状況」

も作れるので労力対効果も最大限引き上げながら他の作業に時間を当てて次のステップに移行していけるわけです。


もちろん現段階において経験の無い方や結果を出せていない方からすると「具体的なイメージが湧かない」かもしれません。


ただ、1つ1つのステップを着実に、段階的にこなしていけば

「決して遠い未来ではなく短期間(早ければ数か月)で現実的に到達可能なフェーズ」

なのが実情なんです。


重要なので何度も言いますが、決して難しい事をやっているわけではありません。


もっというと、以下の方は「コンテンツ販売」でもないし「ファン化させるようなツイートもしていません」が、ジャンルやキャッシュポイントによってはコンテンツすら作らずに以下のような「月収」を稼ぐ事ができています

0→1収益化事例4




~※詳細割愛、以下合計※~


ちなみに上記の方は5か月目での実績ですが、月収512,834円をほったらかしで稼いでいるわけです。(フォロワー数2000名程)


こういった収益も、Twitterなら狙うべくして狙っていく事が可能になってくるんですね


つまりTwitterはやり方次第でいくらでも集客・収益化できるし、無限に可能性が広がるという事です。


ブログを運用するよりも圧倒的に実践ハードルは低いし、一般的なアフィリエイトよりも遥かに早く、簡単に着実な利益を目指していく事ができちゃうわけですね。


そんなこんなで今回は主に、「Twitterで稼げない人の共通点」について触れてきました。振り返ると以下です。


【Twitterで稼げない人の共通点】
1、メディアの方向性や発信のコンセプトを間違えている
2、ツイートが読まれない・拡散されない
3、アクションを起こしても見込み客からフォローされない
4、集めた見込み客へのアプローチ(収益化)方法を知らない


現状Twitterに取り組んでいて結果が出ていないなら、おそらく上記のいずれかの共通点に当てはまっているかと思いますので、その問題点発覚のキッカケに少しでもなれたら嬉しいです。


また、今回はここまでの解説とはなりますが、今後別の機会でその収益化のフェーズに“挫折せずに”たどり着く為の「0→1」の収益化に最適なノウハウを、具体的な事例を元に解説していきますのでそちらの方を参照の上、しっかりと早期段階で収益化していって頂ければと思います。


くどいようですが、重要なので何度もいいます。


Twitterはめちゃめちゃ稼ぎやすいですが、稼げていない方が大半です。


ただ一方、その多くの人が稼げていない裏側で、ガツガツ稼いでいる方も少なくないんですね。


集客面に関しても、収益化面に関しても、決して難しくない事をやるだけなのに、「その方法を知らない」から挫折していくんです。


要は、あとはやるかやらないか、だけだという事。


是非楽しみにしていてください。


それでは。


※引用ここまで※


コンテンツビジネスで0→1を突破したいあなたに



上記のコンテンツは限定講座のほんの「一部」で、
その他にもコンテンツビジネスの学習コンテンツとして


・0→1Twitter戦略についてのノウハウや戦略
・0→1マネタイズ戦略についてのノウハウや戦略
・以前不定期で募集していたコンサル企画(29万~150万円)の教材
・以前不定期で募集していたコンサル企画のメルマガ講義

を僕の方から「無料」で発信している次第です。


また、もちろん赤星さんの方からも
コンテンツビジネスについて情報発信がされていきますので
合わせて学んで頂ければ
相乗的に基礎的な知識を培って頂けると思います。


また、上記のような限定コンテンツは

1、以下の電子書籍を無料購読
【無料電子書籍】元手取り17万円(借金200万)の派遣社員が月3100万円を稼ぎ自由になった物語

2、僕の特設メルマガに無料登録
【yuu式】0→1コンテンツビジネス特別講義
(※「2」だけでも問題ありませんが、より効率的に学びたいなら「1」も併用する事を推奨します。)

するだけで配信していますので興味のある方は是非。


では!


※ちなみにこのシリーズは以下より順にお読み頂けます




応援クリックして頂けると嬉しいです!




記事をシェアして頂けると更新の励みになります!
↓ ↓ ↓

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  2. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…

関連記事

  1. 「0→1」コンテンツビジネス攻略講座

    月収8桁稼いでる人も実は・・(※本日終了)

    yuuです。昨日アナウンスしましたが、ファンタジアアカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


9兆円市場で一個人が最短最速で荒稼ぎする方法【0→1最後の砦】

30億円動かす元ファンドマネージャー運用の日利平均1%完全裁量MAM【人数限定】

※投稿以降~収支随時更新中

最短最速で「0→1突破」したいならこの企画しかないです

実践者・コンサル生の事例紹介

【事例公開】僕が実践しているトレードロジックを公開します。

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

【削除覚悟】自動売買トレード業界の光と闇を暴露します【検証画像&動画あり】

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

【初心者限定】情報発信における“絶対的スキル”を、ブっ飛んだ条件で習得できる「ゼロ壱計画2.0」のご案内。

Copywriting Archive the teaching Programと、宇崎恵吾さんの師匠のぶっちゃけ話。

あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。

僕のアフィリエイト報酬の70%をリスク0で、あなたに差し上げちゃいます企画。

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    実践者事例の紹介と、企画限定再公開のお知らせ。
  2. 教材実践者・コンサル事例

    【特典締切告知】転売挫折者が実践開始「約2週間」で「資金2倍」になっている事例。…
  3. 教材実践者・コンサル事例

    コンテンツSEOとSEO対策の今後。(事例付き)
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    ド素人がアフィリエイトで7桁(100万以上)稼ぐ為の「具体的なステップ」とは。
  5. 教材実践者・コンサル事例

    【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
PAGE TOP