AI Concession Business(ACB/立花浩)批評レビュー。【30名完全締切】

【2023/06/09重要追記】
他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】AI Concession Business限定特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


yuuです。


今回は幾つかレビュー依頼を頂いて購入した

AI Concession Business(ACB/立花浩)

についてレビューしていこうと思います。


AI Concession Business


ちなみに今回、

「限定性の高い情報」

も含んでいますので

『AIを上手くビジネス活用できていない』
『AIでの収益化がなかなか思うようにできない』


という方や、

『メディア構築などの期間の掛かるビジネスではなく、
 即効性の高いAIビジネスを実践したい』


という方は、
このまま一気に読み進めて頂ければと思います。


それでは、早速いってみましょう。

立花浩さんのAI Concession Business(ACB)とは。



この立花浩さんの
AI Concession Business(ACB)ですが、
直訳すると

「AIを使った利権ビジネス」

という事で、レターの方を読む限り

「2つのオリジナルシステム(AI連動)」

を駆使したビジネスモデルになっているという事。


とはいえレターの方では
その「肝」となる部分は明かされていないので
正直当初は

「うーん、気乗りしないなあ」

と思いながら

「まあ、レビュー依頼も来ているし・・」

という事で購入してみたのがキッカケです。


ただ、蓋を開けてみると内容は

「現代のAI時代ならではのビジネスモデル」

で、

・ド素人でも「0→1」の壁を突破しやすい
・ノウハウ次第で面白い展開(収益化)もできる


スキームになっていますね。


・・で。


結論から言っちゃうとまず、
AI Concession Business(ACB)では

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)
2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

それぞれの利用権が付与される形で、
その2つのツールを使っていく事で

「本来数日~数週間レベルで掛かる作業を1時間程度で完結できてしまう」

という構図になっています。


性質上、ここで全てをネタバレする事はできないんですが、
一定の需要のある市場である事は間違いない中で、

「供給側が少ない」

というのが実情としてあります。


その理由が

「供給側に掛かる作業工数(時間や労力)」

にあって、
要は供給側からすると
労力や時間が相当掛かるので割に合わず、

「需要に対して供給が足りていない」

という状況にあるんですね。


その点、
AI Concession Business(ACB)で使うAIツールを使えば

「そのデメリットとなる作業工数をAIツールを使う事で解消できる」

・・という感じです。


それこそ先の通り

「本来数日~数週間レベルで掛かる作業を1時間程度で完結できてしまう」

ので、
ガンガン供給側に回っていく事ができちゃうわけですね。
(※ただ、注意点もあるので後述します)


今回に限った事ではありませんが
ホント、生成AIの登場によって

「どんどん人間が行う事が少なくなってきている」

のを改めて実感します。


ちなみに先ほど挙げた、

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)

については他のAIでも代用可能っちゃ可能です。


ただ、同じ事を再現しようとすると、

「それなりのプロント(AIへの指示)技術は必要」

になります。


その点を「コピペだけ」で形にできるので
この時点でそれなりに優位性があると言えますね。



その上で、

2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

については
本来特殊な技術がいる工程を
独自にプログラミングしているツールになるので
他のAIツールでは代用ができません。


つまり、このビジネスモデルで収益化していくには
AI Concession Business(ACB)への参加が必須になるという事。



そして

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)
2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

で生成したデータを収益化していく、という流れ。


ちなみに収益化までの流れも極めてシンプルなので、
どんなに初心者でも実践で行き詰まる事はありませんね。

(とはいえ、こちらも注意点もあるので後程詳しく後述します)


いずれにせよ一般的なAIツールや

「僕がこれまでレビューしてきたAIツールと違う点」

は、

・そのAIを使ってメディアを構築していく
・そのAIを使ってビジネスを効率化していく


というわけではなく、
AI Concession Business(ACB)は各AIツールを使って、

「直接的な収益化コンテンツそのものを生成していく」

という点になります。


ここは重要なポイントなので深堀して解説しますね。


AI Concession Business(ACB/立花浩)の特徴と他AIビジネスとの違い



先ほど挙げた

「直接的な収益化コンテンツそのものを生成していく」

という点が、
僕がこれまでレビューしたAIツールとの

「一番の大きな違い」

になります。


例えば以前このブログでレビューした

・ラビットエキスパート
・ブレインライター


は、どちらも文章生成AIで、もちろん

・機能そのもの(できる事)
・それによる強み(活用法など)


こそ違いますが、基本的には

「自分のメディアの構築(記事コンテンツ生成)」

を効率化する為に使っていく形になります。
(※それぞれの特典では別の使い方も解説していますが)


要は、ブログの記事にせよ
その他のコンテンツにせよ、
コンテンツ「制作」の部分でヒントを得たり、
AIツール任せに効率化できますが、

「そこで生成したコンテンツをどう活かすか」

はあくまでも自分次第になるわけです。


ブログ記事ならブログにアップして
そのブログに集客→反応を得て初めて収益化に繋がっていく。


その見込み客に対してコンテンツを売るなら、
そのコンテンツ作成をAIで効率化して、
その完成したコンテンツをクロージング→販売していく。
(もちろん、ここもAIツールで効率化できる)


これはOpen AIのChat GPTや
MicrosoftのBING、GoogleのBardを始め、
その他AIを使う場合でも同じです。


一方でAI Concession Business(ACB)で使う、

・収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIシステム(オリジナル)
・その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

この2つのAIツールは単純に

「収益化コンテンツ(キャッシュポイントそのもの)を生成する」

ものになります。


そして

「その完成コンテンツでそのまま収益化していく」

流れになるので、

「そもそも自分のメディアに集客して云々かんぬんという概念が無い」

わけです。


これは人によっては大きな魅力なんじゃないかと。


ここも後程かみ砕いて掘り下げますが、
その点も踏まえた
AI Concession Business(ACB)の特徴やメリットとしては以下が挙げられます。


【AI Concession Business(ACB)の特徴とメリット】


・自分のメディアを構築する必要が無い
(ブログへの集客→反応を取っていく工程が無い)

・故に、収益化までのスピードが早い
(メディアの準備や育成期間など不要に即収益化に移っていける)

・読み手の精読率を上げる為の工夫がいらない
(「読んでもらう事」を前提とした生成コンテンツの手直しなどが不要)

・ACBで生成した収益化コンテンツは一度作ればあとは放置でOK
(ブログなどのように継続的なメンテンナンスも不要)

・副業感覚でもフロービジネスではなくストックビジネス化していける
(一度の作業を継続的な収入源にしていく事ができる)

・収益化コンテンツ生成の実践ハードルが転売以下
(ほぼコピペの機械的な作業のみで完結)

・ACBの取得元データは無限にあるのでネタ切れで困る事もあり得ない
(加えてスキマ時間での実践も可能)

・ツールの設置などの面倒が無い
(サーバーやドメインなども不要)

・ランニングコストがほぼ無い
(APIの利用料くらいで月数百円もあれば十分)


要するに、

『AI凄いけど、使いこなせねー!』

という方にとってはかなり

「取っつきやすい案件」

になっているんですね。


という事で、ここからさらに深堀していきます。


ACBは自分のメディアを構築する必要が無い(ブログへの集客→反応を取っていく工程が無い)



先の通り、
AI Concession Business(ACB)で使う、

・収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIシステム(オリジナル)
・その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

この2つのAIツールは単純に

「収益化コンテンツ(キャッシュポイントそのもの)を生成する」

という形になるので、

「ブログなどのメディアを立ち上げてそこに集客していく」

という工程がありません。


なので、

『情報を発信していく事が苦手』

という方や、

『AIを上手く使いこなせていない』

という方でもサクサク実践していく事ができます。


即効性も高く実践ハードルもかなり低いので、
モチベーションが下がる事も無いのもメリットかなと。
(※この点についても別途後述します)


故に、収益化までのスピードが早い(メディアの準備や育成期間など不要に即収益化に移っていける)



前途の通り、
AI Concession Business(ACB)は、
メディア構築そのものが無いので
メディア育成や集客などの準備期間が「不要」です。


よって仮に今日実践開始したとしても、

「今日明日から即収益化に向けて実践していく事」

ができます。


ただこの「即効的な収益化」という面では、
一部「コツ」も必要になりますが、
AI Concession Business(ACB)のマニュアルには
その解説がないので僕からの特典で補強していきます。



ACBは読み手の精読率を上げる為の工夫がいらない(「読んでもらう事」を前提とした生成コンテンツの手直しなどが不要)



ブログ記事やLP、セールスレターなど、

「情報発信を目的とするコンテンツ」

で収益化していくには

1、文章で興味付け→読み込ませる
2、特定の商品やサービスの必要性を感じてもらう
3、最終的に反応(登録や購入)してもらう


というプロセスが必要不可欠になります。


つまり、

「読み手からの反応」

を引き出すには
そもそも「読んでもらう」為の文章を作る必要があるという事。


もちろん、AIを使えば
コンテンツ生成を効率化する事ができますが、
当然AIだけで完璧なコンテンツを作れるわけではありません。


よってAIで生成したコンテンツの
不自然な部分を手直ししたり、
精読率を上げる為に見出しをリライトしたり・・
などの作業が必要になってきます。


その点、
AI Concession Business(ACB)のビジネスモデルは、

1、文章で興味付け→読み込ませる
2、特定の商品やサービスの必要性を感じてもらう
3、最終的に反応(登録や購入)してもらう


という概念そのものや、プロセス自体が「無い」ので

・文章を「読んでもらう」事
・文章で「反応してもらう」事


を意識する必要もなく、
言ってしまえば機械的な作業のみで完結してしまいます。


その分

「実践ハードルが各段に下がる」

という事は言うまでもありません。


ACBで生成した収益化コンテンツは一度作ればあとは放置でOK(ブログなどのように継続的なメンテンナンスも不要)



情報発信系のブログの場合、
アクセス数や読者の反応率を見ながら、
定期的にメンテナンス(手直し)していく必要が出てきます。


その点、
AI Concession Business(ACB)で作る収益化コンテンツは

「一度作り上げてしまえばあとは放置」

なので、
ブログ構築などのように

「継続的なチェックやメンテナンスが必要になる事」

もありません。


イメージ的には
せどりや転売ビジネスのように

「一度の作業がそのまま利益に直結する」

といった感じです。


これも大きな強みだと言えるんですが、
併せてお伝えしておきたいのが


副業感覚でもフロービジネスではなくストックビジネス化していける(一度の作業を継続的な収入源にしていく事ができる)



という事です。


せどりや転売ビジネスの場合、

「一度の作業がそのまま利益に直結する」

とはいえ、
ただのフロービジネスである事に変わりありません。


つまり、せどりや転売の場合、

1、商品のリサーチ
2、商品の仕入れ
3、商品の出品
4、商品の梱包・発送

など、

「利益を生み出す為にはその都度作業が必要」

になりますよね。


なので、
商品の仕入れ値や単価、相場によっては、
結局俯瞰的に時給換算してみると

「コンビニバイト以下だった」

という事も普通にあります。
(マイナスなんてこともザラにあります)


ただ
AI Concession Business(ACB)で作る収益化コンテンツは
あくまでも「デジタルデータ」なので複製可能ですし、
モノの売買のように「売り切れ」という概念が無いので、

「一度の作業をストックビジネス化」

して継続的な収入源にしていく事ができます。


それこそ情報発信ビジネスのように
PDFファイルや動画に在庫や原価という概念が無いのと同じです。


よって勿論、
仕入れコストや資金的リスクもありません。


それでいながら定期的なメンテナンスもいらないという事ですね。


ACBの収益化コンテンツ生成の実践ハードルは転売以下(ほぼコピペの機械的な作業のみで完結)



これまで転売と比較してレビューしてきましたが、
実践ハードル自体は転売ビジネスよりも遥かに「低い」です。


流れとしては以下の通りで、


1、ACBのシステムツールに登録する
(5分程度で完了)

2、ネット上から取得可能なデータをコピペ
(マニュアルに沿っていけば誰も躓く事があり得ないレベル)

3、取得したデータをコンテンツ生成用のデベロッパーAIシステムに入力
(管理画面内から指定の窓にコピーペースト→実行のみ)

4、2~3の機械的な作業を複数回繰り返す
(平均5~10回程度)

5、ACBのコンパイルツールで収益化コンテンツ(データ)に変換
(クリック作業のみで完結)


ほぼコピペのみで
収益化コンテンツ(データ)を自動生成していく事ができます。


一連の作業自体、コピペが主体なので
どんなに初心者でも躓く要素は一切ありません。



ACBの取得元データは無限にあるのでネタ切れで困る事もあり得ない(加えてスキマ時間での実践も可能)



AI Concession Business(ACB)の
デベロッパーツールで生成していく収益化コンテンツの
取得元のデータについても無限に存在するので、
ネタ切れで困るという事もあり得ません。


それこそ転売やせどりの場合、

「ロジックはわかったけど条件に沿った対象の商品が無い」

というケースも多くありますが、
そういった事はあり得ないという事です。


そして先の通り、

「一度作り上げてしまえばあとは放置」

なんですが、
まとまった時間に一気に生成しなくても問題ありません。


よって空いたスキマ時間に実践しながら、
どんどんキャッシュポイントを生み出していく事ができます。


ACBはツールの設置などの面倒が無い(サーバーやドメインなども不要)



AI Concession Business(ACB)で使う

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)
2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

は、どちらも

「独自のデベロッパーツールに会員登録して利用していく形」

になります。




よってブレインライターやラビットエキスパートのように、
自分のサーバーにプログラムを設置していくなどの作業も不要です。



OpenAIのアカウントは必要になりますが、
こちらもただ登録するだけなので躓くポイントはありませんね。




ACBはランニングコストもほぼ掛からない(APIの利用料くらいで月数百円もあれば十分)



先の通り、
AI Concession Business(ACB)はサーバーやドメインも不要なので
それらに掛かるコストもありません。


また、扱うデータも仕入れなどの概念が無いので、
ランニングコストほぼ0で実践していく事ができます。


一応、

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)

を稼働していくにあたって
OpenAIのAPI利用料は掛かりますが
フル稼働しても月数百円もあれば十分なレベルです。
(※一度のコンテンツ生成で数円~数十円程度)


・・と、ここまではメリットにフォーカスしてきましたが、
個人的な見解として

AI Concession Business(ACB)のデメリット

についても触れておきます。

AI Concession Business(ACB)のデメリット



まあ、これはデメリットというデメリットではないのかもしれませんが、
AI Concession Business(ACB)はビジネスモデルの性質上、

「将来的(長期的)に使える普遍的な知識やスキル」

を身に付ける事ができるものではありません。


それこそ転売なども同様ですが、
1つの作業で着実に収益化する事はできるものの、
その1つ1つの作業が自分の血となり肉となり、
今後別のビジネスモデルにも応用していく事が出来る性質ではないという事。



とはいえ、転売とは違い、
ストックビジネス化していく事もできるので、
正直比較のしようが無いんですけどね。



いずれにせよ僕は基本的に
将来性のある事に時間と労力を投じたい派なので、
ここに全ツッパするのではなく、

「あくまでも短期的な案件として収益化していく副業感覚」

でスポット的に実践するくらいが丁度良いんじゃないかと。


それこそ、

1、今後長期的に稼ぐ為のメディアを育てつつ
2、その合間にAI Concession Business(ACB)で収益化していく

という流れであれば

「モチベーションを保ちながらメディア構築の準備期間にも収益化」

して合理的に穴埋めしていけると思います。


収益性もそれなりに高いですからね。
(※この点についても重要なので後述します)


もちろん、他のビジネスとの併用も可能なので、
自分のメディアが軌道に乗った後も相乗的に活用できますし、
AI Concession Business(ACB)が無駄になる事はありません。
(※これもノウハウ次第で大きく変わってくる部分ですので特典でお伝えします)


いずれにせよ、
今現在AIを使っている・使っていない関係なしに
現時点でネットから結果を出せていない方からすると

「手軽で簡単に実践できる副業案件」

である事には変わりはないですね。


AI Concession Business(ACB)は2プラン



AI Concession Business(ACB)には

・月額プラン:29,800円 ※執筆時点
・フリープラン38,800円 ※執筆時点


の2プランが用意されています。


要は実践のキモとなる

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)
2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

月額で使うか、使い放題で使うか、
という話なんですけど
これはフリープラン一択ですね。


月額プランだと2か月目以降に
月額3980円が毎月掛かってくるので、
3か月目で同等の金額になってしまいますし、
4か月目以降はどんどん損していく事になってしまいますので。


AI Concession Business(ACB)の致命的な欠陥。



ここまで、
AI Concession Business(ACB)の
メリットやデメリットについて触れてきましたが、
注意点が無いわけではありません。



AI Concession Business(ACB)は
確かに収益性もそれなりに高いし、
即効性も高いんですけど、
個人的な見解を率直に言ってしまうと、

「より確実な再現性を求める上でのノウハウが薄い」

というのが実際のところです。


っていうのも、
これまでお伝えした通り、
AI Concession Business(ACB)は

「需要に対して供給が足りていない市場」

に対して、

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)
2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

の2つのツールを使っていく事で

「本来数日~数週間レベルで掛かる作業を1時間程度で完結」

させながら
ガンガン供給側に回っていく事が可能になります。


そして実際にAI Concession Business(ACB)に参加して

「月に数万~10万円程度の収益性を出すストックビジネス」

は構築できます。


でも、ぶっちゃけ

「数十万~レベルの収益性を狙って出していくのは難しい」

んじゃないかと。


これは
既にAI Concession Business(ACB)に参加している方も感じているはず。


っていうのも
AI Concession Business(ACB)のマニュアルでは、

「収益化データ生成部分における各ツールの操作ノウハウ」

については解説されていますが、

「データ生成後の収益化に特化したノウハウ」

についてはかなり「薄い」んですよね。


ただこれって、僕や実践者さんからすると

「一番重要な部分」

なわけで。


だって

「全く同じツールを使って生成した全く同じデータ」

でも

「ノウハウ次第で一気に収益性を引き上げる事ができる」

のに、
そこを知る事ができないって
言ってしまえばメチャメチャ「勿体ない」じゃないですか。


リアルに、

「そのノウハウがあるかないか」

だけで数倍、10倍レベルで変わってきますので。


もちろん、
AI Concession Business(ACB)はあくまでも
ツールありきの商品になるので、

「そこまでのノウハウを求める事自体が間違い」

なのかもしれません。
(そもそも完璧な商品なんて無いので)


・・とはいえ

「実践側としては、そのツールを120%活かしたい」

に決まっているわけで。


その点、
読者さんはご存知の通り、僕自身、

「AI市場やAIツールそのもの」

に関してはチャットGPTの登場以前から
約半年に渡って日夜没頭して検証しているし、

「収益化に特化したマーケティング」

に関してはもうかれこれ
13年に渡って精通しているので、
そういう細かい部分が

「めっちゃ浮彫に見えちゃう」

んですよね。


【yuu式】AI Concession Business(ACB)限定特典



そんなこんなで今回は、
このブログからAI Concession Business(ACB)に参加する方への
僕からの限定特典として


・AI Concession Business(ACB)を120%フル活用するノウハウ
(マニュアルでは触れられていない実践ノウハウを1から徹底解説)

・収益単価を上げるデベロッパーツール活用のベースとなる考え方と実践ポイント
(同じデータ生成でもデベロッパーツールの使い方次第で収益性が変わります。そのベースとなる考え方や実践ポイントを具体的に図解説していきます)

・【マニュアル未公開】コンパイルツール×収益率アップする裏技
(コンパイルツールの使い方次第でデータの質を上げる=報酬単価を上げていく事ができるようになります。実際に行う事はほぼ同じなので参考にしてください)

・AI×AI Concession Business(ACB)でデータ生成を「超効率化」する方法
(既存のAIを駆使してACBの実践を超効率化していく具体的な方法を「事例付き」で公開していきます。)

・ラビットエキスパート×AI Concession Business(ACB)でブログ不要に「需要MAX」のデータ生成を「量産」していく方法
(ラビットエキスパートを所有している方は是非参考に実践してください)

・作業効率を5~10倍上げる専用ツール×デベロッパーツール活用ノウハウ
(本来掛かる作業を5倍以上効率化していくノウハウを徹底図解説していきます)

・AI(人工知能)の特性をデベロッパーツールに取り入れ「僅か数秒」のコマンド入力でデータ生成の「質」を上げる活用術
(マニュアルでは触れられていませんが、かなり使える活用術なので必ず参考にしてください)

・同じ生成データからの収益性を大きく跳ね上げるマネタイズノウハウ
(一度の作業から最大限収益化していく具体的なノウハウを掘り下げて徹底図解説)

・AI×デベロッパーツールで雪だるま式に報酬を伸ばしていく禁断の収益化ノウハウ
(ACBとは全く別の市場でAI×デベロッパーツールを駆使し、報酬単価を引き上げながら雪だるま式に収益化していくノウハウを公開)


ひとまずこのあたりに特化して教材化していこうかなと思います。


上記はあくまでも現時点で執筆予定の内容になるので
いつも通り執筆の中で熱が入って
どんどんバージョンアップ事になるかと思います(苦笑)



ちなみに特典で解説(教材化)していく
実践内容は全てシンプルなもので、

「どんなに初心者でも再現可能なもの」

に限定していくのでご安心ください。


一部ジャンルを絞った形で解説していく部分もありますが、
収益性や再現性は「お墨付き」です。


普通に

「AI Concession Business(ACB)単体での実践の10倍以上の収益性」

は見込めますね。


まあ、このブログの読者さんであれば

「僕の特典の質(クオリティや再現性)」

については
既に言うまでもなくわかってくれていると思います。


これまで提供してきた特典内容や
その特典に対する声、
特典を元にした実践者の事例を見れば一目瞭然かなと。


少なくともそこら辺に落ちている特典とは
別次元のものを提供するので楽しみにしていてください。


【yuu式】限定特典付きでのご参加はこちら(AI Concession Business)


(注意)申し込みの際は、決済画面で次の表示が出ている事を必ずご確認ください。


※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり上記の特典表記がある段階であれば各特典提供範囲内です。)


【2023/06/09重要追記】
他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】AI Concession Business限定特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


尚、特典項目については順次公開しますが
配布開始は6月中旬以降を予定しています。


【yuu式】AI Concession Business(ACB)限定特典の「限定数」について。



また、今回の
AI Concession Business(ACB)限定特典についてですが

「収益化(マネタイズ)部分のノウハウ」

に関しては公開の範囲次第で
実践者同士で競合発生してしまう可能性があるので

【限定30名】

で完全に締め切らせて頂きます。


ちなみに

「現時点で公開していて締め切る予定」

なのは以下の項目ですが


・同じ生成データからの収益性を大きく跳ね上げるマネタイズノウハウ
(一度の作業から最大限収益化していく具体的なノウハウを掘り下げて徹底図解説)

・AI×デベロッパーツールで雪だるま式に報酬を伸ばしていく禁断の収益化ノウハウ
(ACBとは全く別の市場でAI×デベロッパーツールを駆使し、報酬単価を引き上げながら雪だるま式に収益化していくノウハウを公開)


この項目自体もまだこれから追加予定です。


よって限定(締切)される項目はもっと増えると思います。


読者さんならご存知の通り、僕どんどん追加しちゃうので。


ただその追加分に関しても、

「競合面での懸念がある項目(ノウハウ)」



「たとえ限定数超過後の項目公開であっても提供不可」

となるので、
全ての特典付きで参加したい方は今のうちにご参加頂ければと思います。


【yuu式】限定特典付きでのご参加はこちら(AI Concession Business)


(注意)申し込みの際は、決済画面で次の表示が出ている事を必ずご確認ください。


※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり上記の特典表記がある段階であれば各特典提供範囲内です。)

【2023/06/09重要追記】
他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】AI Concession Business限定特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


まだAI(人口知能)時代の「波」にまだ乗れていないなら。



そんなこんなで「まとめ」です。


AI Concession Business(ACB)は

「需要に対して供給が足りていない市場」

に対して、

1、収益化を前提としたコンテンツ生成用のAIデベロッパーシステム(オリジナル)
2、その生成コンテンツで収益化していく為に必要なコンパイルツール(オリジナル)

の2つのツールを使っていく事で

「本来数日~数週間レベルで掛かる作業を1時間程度で完結」

させながら
ガンガン供給側に回っていけるビジネスモデルになっています。


その上で、
AI Concession Business(ACB)が一般的なAIツールや

「僕がこれまでレビューしてきたAIツールと違う点」

としては、

・そのAIを使ってメディアを構築していく
・そのAIを使ってビジネスを効率化していく


というわけではなく、
各AIツールを使って、

「収益化コンテンツ(キャッシュポイントそのもの)を直接生成する」

という点にあり、
だからこそ以下のようなメリットがある事もお伝えした通りです。


【AI Concession Business(ACB)の特徴とメリット】


・自分のメディアを構築する必要が無い
(ブログへの集客→反応を取っていく工程が無い)

・故に、収益化までのスピードが早い
(メディアの準備や育成期間など不要に即収益化に移っていける)

・読み手の精読率を上げる為の工夫がいらない
(「読んでもらう事」を前提とした生成コンテンツの手直しなどが不要)

・ACBで生成した収益化コンテンツは一度作ればあとは放置でOK
(ブログなどのように継続的なメンテンナンスも不要)

・副業感覚でもフロービジネスではなくストックビジネス化していける
(一度の作業を継続的な収入源にしていく事ができる)

・収益化コンテンツ生成の実践ハードルが転売以下
(ほぼコピペの機械的な作業のみで完結)

・ACBの取得元データは無限にあるのでネタ切れで困る事もあり得ない
(加えてスキマ時間での実践も可能)

・ツールの設置などの面倒が無い
(サーバーやドメインなども不要)

・ランニングコストがほぼ無い
(APIの利用料くらいで月数百円もあれば十分)


ただ、将来的に使える知識やスキルが身に付くわけではないので、
個人的には
長期的な「ビジネス」という観点で

「これ一本で食っていくぞ」

というよりは

「割のいい副業感覚」

で、

「スポット的に実践していくくらいが丁度良い」

というのもお伝えした通り。


とはいえ、

『AIを使いこなせていない方』

にとってはかなり

「取っつきやすい案件」

になっている事は間違いありませんし、
収益性も数十万レベルなら普通に狙えます。
(その点も特典では重点的に解説していきます)


それこそ「即効性」という面では、
今日から初めて明日に収益発生・・なんて事も普通に可能です。



なので、

「今現在ビジネスで結果を出せていない初心者」

としては、

「最初のキッカケ」

としては取り組みやすく御の字だと思いますし、
長期的なビジネス視点で見ると、

1、今後長期的に育てていくメディアを構築しながら
2、その合間にAI Concession Business(ACB)で収益化していく


という流れが一番合理的かなと。


もちろん、

「既にネットビジネスで結果を出している方」

にとっても、

「既存のビジネスのブースト材料」

として1つの収入源にできますので、
誰にとってもメリットしかないのが
AI Concession Business(ACB)だと言えます。


いずれにせよ、
人数限定特典に関しては、

【限定30名】

で完全に締め切らせて頂きますし、
今後の追加分に関しても、

「競合面での懸念がある項目(ノウハウ)」



「たとえ限定数超過後の項目公開であっても提供不可」

となるので、
全ての特典付きで参加したい方は今のうちにご参加頂ければと思います。


【yuu式】限定特典付きでのご参加はこちら(AI Concession Business)


(注意)申し込みの際は、決済画面で次の表示が出ている事を必ずご確認ください。


※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり上記の特典表記がある段階であれば各特典提供範囲内です。)

【2023/06/09重要追記】
他サイトからご購入された方より特典の単独販売のご要望が多数寄せられている為、以下にて決済リンクをご用意致しました。

【yuu式】AI Concession Business限定特典単独購入リンク

※尚、人数限定特典に関しては定員に達し次第、項目から削除させて頂きます。
(つまり決済画面に表示されていれば枠内という事です)


それでは!


応援クリックして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


目次




yuu式「無料メール講座」のご案内


不特定多数に公開してしまうブログでは、
“とてもじゃないけど書けない過激な裏話”などは、
メルマガの方でこっそりと公開しています。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティだと思います。

メルマガ限定の無料プレゼントや、限定企画なども用意していますので、
ぜひぜひ、一度登録してみてください。


  ↓ ↓


  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で月収8桁(11,824,861円+…
  2. 【限定企画】ブログ?ソーシャルメディア?結局何をどうすれば稼げるの?って話です。…
  3. あなたの「資産」を「1000倍」にする嘘のようなホントの話。
  4. 初心者にDRMに飛び込んでもらう為に、コンサル生に渡しているマニュアルの一部を「…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ただの写真を「資産化」する激ヤバな反則(チート)ツールが爆誕

実践者・コンサル生の事例紹介

完全自己完結型スキーム×次世代型錬金術。全く新しい月収7桁攻略法

【前代未聞】2億8583万円生み出した「証拠」を公開します。

独占されてきた市場を僅か3ステップで完全攻略する全く新しいAIシステムプログラム

【完全図解】年間2016億円市場から「二次的な権利収入」を合法的に獲得する次世代戦略

ドルと日本円を同時にリアルタイムの即入金で稼ぐ「非AIビジネス」

急成長中の6000億市場から少額権利収入を積み重ねる初心者向け次世代ビジネス

【初心者向け】スキル0→最短最速で稼ぐInstagram0→1戦略

【ガチ事例公開】画像生成AI×マネタイズの決定版

you x yuu affiliate club -継承- Ver.1.2のクラブメンバーから寄せられている「生の声」と実際の「事例」

「不変」のDRMスキルを血肉化したいあなたに。

yuu公式メールマガジン

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・してみる?

おすすめ記事(掘り出しランダム)

  1. 教材実践者・コンサル事例

    トレードでコツコツ稼ぎながら、別途「隙間時間のメモ書き」で月収121万円超えを達…
  2. コピーライティング講座

    売れる文章を書く為の「見込み客」の選定方法。ペルソナは必要?不要?
  3. 教材実践者・コンサル事例

    キャラクタービジネスと匿名ビジネスのメリットとデメリット。
  4. DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)講座

    ソーシャルメディアが死ぬ日。
  5. ネットビジネス講座

    ネットビジネス初心者の殆どが稼げない「理由」と「共通点」。その2。
PAGE TOP